ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「のぞき見対策」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「のぞき見対策」に関する情報が集まったページです。

エレコム、Surface Pro・Go用のマグネット着脱対応のぞき見防止フィルター
エレコムは、マグネット式装着に対応したSurface Pro用、Surface Go用のぞき見防止フィルターを発売する。(2018/9/11)

PR:AIがクラウドにもたらす進化 「自律型クラウドサービス」の衝撃とは
(2018/8/30)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
万が一に備える――紛失やのぞき見からPCを守る方法
社外でモバイルPCを利用する場合、特に注意しなければならないのが、紛失や盗難、のぞき見などによる情報漏えいだ。現在では、働き方改革によって社外でモバイルPCを利用するケースも増えている。これらのリスクに対する備えは急務だ。(2018/5/17)

2017年度の出荷台数が40%アップ スマートフォンAQUOSが好調の要因
シャープのスマートフォンAQUOSが好調だ。BCNランキングでは、2017年のAndroidスマートフォンの販売数1位を達成し、2016年度から出荷台数が40%増えた。新製品の「AQUOS R2」と「AQUOS sense plus」で、さらなる飛躍を目指す。(2018/5/9)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
ビジネスPCと個人向けPCって何が違うの?
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。PCには個人向けとビジネス向けでカテゴリーが分けられています。できることはほぼ同じ……一体何が違うのでしょうか。(2018/5/9)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第15回】
テレワーク導入企業が直面するセキュリティ問題にどう取り組むか?
働き方改革の旗の下、政府はテレワーク制度の普及を推進しています。持ち出したモバイルデバイスをオフィス以外の場所で使う際に必要となるセキュリティ対策について解説します。(2018/4/17)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
万が一に備える――紛失やのぞき見からPCを守る方法
社外でモバイルPCを利用する場合、特に注意しなければならないのが、紛失や盗難、のぞき見などによる情報漏えいだ。現在では、働き方改革によって社外でモバイルPCを利用するケースも増えている。これらのリスクに対する備えは急務だ。(2018/2/21)

PR:このデザインを待っていた! 「EDGEST」が復活した「AQUOS R compact」の新しさ
シャープの新型スマートフォン「AQUOS R compact」が登場。「EDGEST fit」デザインを採用することで、狭額縁とラウンドフォルムを両立させた。機能も妥協しておらず、小型ボディーと性能のどちらも求める人にオススメしたい。(2017/12/18)

ASUS、約1.05kgの薄型軽量筐体を採用した14型ノートPC
ASUS JAPANは、MIL規格準拠の堅牢設計を実現した薄型デザインの14型ノートPC「B9440UA」を発表した。(2017/12/13)

「Windows 10 時代への対策」集中セミナーレポート:
PR:Windows 10の導入や運用で企業が考えるべきこと――リコージャパンと日本HPが解説
2020年のWindows 7サポート終了を控え、Windows 10の導入と運用を検討する企業担当者はいま何をすべきか。「Windows 10 時代への対策」と題した集中セミナーの様子をレポートしよう。(2017/11/17)

特定の眼鏡を掛けた人にだけ見えるPCディスプレイに驚きの声多数 「謎技術」「どうなってんだ」「これ欲しい」
ニヤつき過ぎには注意です。(2017/8/24)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
日本の常識を世界に 海外で“のぞき見防止PC”が受け入れられた理由
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回は日本ではおなじみの機能が後から海外で流行する理由を紹介します。(2017/8/21)

クイズ! セキュリティ「20の事例」(9):
「空港のラウンジなら電源あるし、待ってる間に仕事するか」
セキュリティの基礎をゆるーいクイズでおさらいする週末連載。何かとやらかしがちな会社員「茂礼手(もれて)課長」の“ITやらかし”をクイズ形式で出題していきます。今回は、移動中などにノートPCで仕事をするときのお話です。(2017/8/10)

iPhone 7 Plusにのぞき見防止フィルム「ITG Stealth」を導入して感じたこと
スマホを公共の場で使う際、周囲の人に画面を見られてしまうことに抵抗を感じる人は多いだろう。そこでオススメしたいのが、のぞき見防止フィルターを搭載したフィルム。KODAWARIが販売している「ITG Stealth - Impossible Tempered Glass -」を使ってみた。(2017/3/29)

KODAWARI、iPhone用のぞき見防止ガラスフィルム「ITG Stealth」発売
KODAWARIは、iPhone用覗き見防止ガラスフィルム「ITG Stealth」の取り扱いを開始。独自の技術を加えた三重のフィルターを使用し、ディスプレイ部分のみが覗き見防止仕様となるため端末本来のデザインを損なわずに利用できる。(2017/3/3)

PR:AQUOSならSIMフリーでも安心! 防水&おサイフ対応の「SH-M04」をレビュー
シャープの「AQUOS SH-M04/SH-M04-A」は、SIMロックフリースマホでは数少ない、日本メーカー製のモデル。省電力のIGZO液晶ディスプレイを搭載し、防水やおサイフケータイにも対応する。そんな本機の魅力をチェックしていこう。(2017/2/24)

ポメラ「DM200」徹底レビュー どれくらい快適に打てるのか?
テキスト入力に特化したキングジム「ポメラ」の最新モデル「DM200」は、使いやすいキーボードなどの特徴はそのままに、外部とデータをやりとりするための機能を新しく搭載したことが目玉だ。まずは携帯キーボードマシンとしての実力をチェックする。(2016/11/8)

カスペルスキーが個人向けセキュリティソフトの新版、脆弱性対策を強化
主要なソフトウェアの更新を一括してできる機能などを追加した。(2016/10/12)

KODAWARI、のぞき見防止やフルカバー仕様のiPhone 7/7 Plus用ガラスフィルム3種を発売
KODAWARIは、iPhone 7/7 Plus用ガラスフィルム3種を発売。アルミノシリケートを使用した高強度の「ITG Silicate」、のぞき見を防ぐ「ITG Privacy」、液晶全体を覆う「Full Cover Tough Shield」を提供する。(2016/9/14)

PR:認識不足が招く組織内部からの情報漏えい、知られざる実態と取り組むべき対策とは?
情報漏えい対策ではサイバー攻撃など組織外部の脅威に注目しがちだが、IPAの調査では組織内部の関係者に起因する脅威への対策が進まず、深刻な事態に陥りかねない状況にあることが分かった。組織関係者による情報漏えいの実態から、企業や組織が講じるべき対策を紹介する。(2016/8/29)

NECの「ARmKeypad」:
作業者の腕をキーボード化するUI、実際に見てきた
NECは、「第5回 IoT/M2M展」でウェアラブルグラス用のUI「ARmKeypad」を展示した。スマートグラスのカメラと、スマートウォッチの加速度センサーを連携させることで、スマートグラス利用者の腕にボタンをAR表示し、タッチ入力を可能にする。2016年中の製品化を予定しているという。(2016/5/16)

SHOWCASE、オンラインサイト限定・iPhone SE製品の30%オフキャンペーンを実施
SHOWCASEは、iPhone SE向け製品の30%オフキャンペーンをオンラインサイト限定で実施する。(2016/4/14)

SHOWCASE、Amazonストアで割引キャンペーン――iPhone SE向け製品を30%オフに
SHOWCASEは、iPhone SE向け製品の割引キャンペーンをAmazonストアで実施。保護ケースやフィルムを30%オフで提供する。(2016/4/5)

R25スマホ情報局:
「他人のLINE覗き見」4割以上が経験
KUROCK NETWORKがLINEのぞき見に関する調査を実施。その結果、電車の中でのやりとりや新着のポップアップなどをのぞいた経験のある人は4割以上ということが分かりました。(2016/2/9)

PR:マイナンバーのセキュリティ、システム改修で足りない対策を今すぐ講じるには?
従業員から収集したマイナンバーの安全管理措置は、人事・給与システムの標準機能だけでは足りないことをご存じだろうか。NECの「マイナンバー安心セット」でマイナンバーのセキュリティで最優先すべき部分での対策方法を紹介する。(2016/1/8)

NEWS
急務のマイナンバー制度対応、NECは中堅・中小企業向けに「安心セット」を提供
NECは、2015年11月12、13日の2日間、東京国際フォーラム(有楽町)にて、同社の最新技術・製品を紹介する「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2015」を開催。展示内容から、マイナンバー対応に関する製品の一部を紹介する。(2015/11/12)

ディーフ、「Xperia Z5」シリーズ3モデルに対応した液晶保護ガラスプレート2種を発売
ディーフは「Xperia Z5」「Xperia Z5 Compact」「Xperia Z5 Premium」に対応した液晶保護ガラスプレート「High Grade Glass Screen Protector」と「Chemically Toughend Glass Screen Protector」を発売する。(2015/10/19)

ディーフ、Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premium対応アクセサリーを10月下旬に発売
ディーフは「Xperia Z5」「Xperia Z5 Compact」「Xperia Z5 Premium」に対応した液晶保護ガラスプレートやバンパーなどを10月下旬から順次発売する。(2015/9/30)

ディーフ、iPhone 6s/6s Plusの3D Touchに対応した液晶保護ガラスプレート6種を発売
ディーフは、iPhone 6s/6s Plusの3D Touchに対応した液晶保護ガラスプレートを発売。指紋やのぞき見防止、ブルーライト低減などを備えたモデルと、特殊ガラス「Dragontrail X」を採用したモデルをラインアップした。(2015/9/24)

ASUS、13Mインカメで自撮りに強い「ZenFone Selfie」を9月18日に国内発売
インカメラにも自然に撮れるデュアルカラーLEDフラッシュ搭載。メインカメラには素早くピントを合わせられるレーザーオートフォーカス。(2015/9/16)

PR:人事・給与システムの改修だけで大丈夫? マイナンバーの安全を守る最適解とは
2016年1月のマイナンバー制度開始まで半年を切り、企業では対応が急がれる。その作業では業務システムの改修だけではなく、12桁のマイナンバーの保護が肝心だ。残り少ない期間でマイナンバーの安全を確保するための方法を紹介しよう。(2015/8/24)

エレコム、リアルガラスを採用したiPhone 6用液晶保護ガラス7製品を発売
エレコムは、高い透明度と滑らかな指すべりを実現する「リアルガラス」を採用したiPhone 6用の液晶保護ガラスを発売する。(2015/5/12)

廃棄時は現金輸送車で確実に:
ALSOK、マイナンバー管理支援サービス「ALSOKマイナンバーソリューション」開始
ALSOKが企業向けマイナンバー管理支援サービスを開始。侵入監視や入出管理、アクセスや持ち出し管理を強固にするメニューとともに、安全確実な廃棄対策も深く考慮した。価格は基本料金3万円/月から。(2015/5/8)

SoftBank SELECTION、360度のぞき見を防ぐiPhone 6/iPhone 6 Plus専用ケース「EQUAL Privacy」発売
SoftBank SELECTIONから、のぞき見を防ぐアクリル製スクリーンとフリップケースが一体になったiPhone 6/iPhone 6 Plus専用ケース「EQUAL Privacy」が5月1日に発売となる。(2015/4/22)

SoftBank SELECTION、ブランドスローガンを体現した「EQUAL」シリーズ第2弾のiPhone 6/iPhone 6 Plus用ケース
SoftBank SELECTIONは、「EQUAL」シリーズ第2弾となるiPhone 6/6 Plus用ケース2種を発売。「MWC 2015」への出展も行う。(2015/2/27)

R25スマホ情報局:
液晶保護フィルム、最近の売れ筋は?
スマホと一緒に購入するアクセサリーといえば、まず何を置いても液晶保護フィルムと言えましょう。(2014/12/10)

R25スマホ情報局:
覗き見をブロック! スマホ画面を隠す方法
最近特に大きくなったスマホの画面。他人に見られていないか、ちょっと気になりませんか?(2014/12/8)

ランサムウェア対策強化や高リスクの無線LANへの警告など:
近年増加する脅威への対策を強化、カスペルスキーが個人向けセキュリティ製品の新版
ファイルを暗号化し「身代金」を要求するランサムウェアや、PCに内蔵されたWebカメラによる「盗撮」を防止。カスペルスキーの個人向けセキュリティ製品が一新した。(2014/10/7)

Webカメラの乗っ取り防止機能も:
“人質”に取られたユーザーファイルを復元――「カスペルスキー2015年版」発表会
「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」では、Webカメラのぞき見防止機能と公衆無線LANの安全度チェック機能が加わったほか、ランサムウェア対策やオンライン決済保護の強化などが図られている。(2014/10/6)

カスペルスキー、盗撮対策を搭載した2015年版セキュリティソフト発表
最新版の個人向けセキュリティ製品ではWebカメラの不正操作による盗撮対策などが搭載され、ランサムウェア対策も大幅に強化された。(2014/10/6)

カスペルスキー、“無線LAN安全診断”機能なども備えた「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」
カスペルスキーは、同社製の個人向けセキュリティソフト「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」シリーズの新版を発表。新たに、Webカメラ遠隔操作の防止機能などを備えた。(2014/10/6)

ワイヤレスジャパン2014:
KODAWARIが見せる“こだわり”――MILスペック準拠の衝撃吸収フィルムに曲がる液晶保護フィルム
KODAWARIのブースは、耐久性の高いiPhone用液晶保護フィルムや薄型アルミバンパーなどを展示。需要が高いというネックストラップ付きケースも並ぶ。(2014/5/29)

ワイヤレスジャパン2014:
耐摩擦、のぞき見防止、ブルーライトカット――iPhoneをまるっと守る“欲張り”液晶フィルム
サンクレストのiPhone用液晶保護フィルムは、のぞき見防止やブルーライトカットなどさまざまな性能を備える。ケース類もカワイイ系や大人の男性向けまで幅広くラインアップする。(2014/5/28)

ハイスペック:
ディズニーモバイル、スマホの新モデル「DM016SH」を1月24日に発売
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、1月24日にスマホの新モデル「DM016SH」を発売する。事前予約をするとオリジナルケースが2つもらえる。(2014/1/17)

突撃! あなたの隣のスマホ女子・最終回:
あなたのスマホ、見せてください!
電車の中などでかわいい女の子がスマホを触っている様子が気になったことはありませんか?「突撃! あなたの隣のスマホ女子」では、編集部の池田がいろいろな女性に突撃取材。どんなスマホをどう使っているのか、毎週インタビューしていきます。【4月11日にFile 12を更新】(2014/4/11)

「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」の“ここ”が知りたい 第4回:
ホーム、文字入力、便利機能――「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」の使い勝手を試す
“ここ”知り第4回では、「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」の文字入力や便利機能などの使い勝手をチェックした。端末に手をかざすだけでのぞき見を防止できる機能も備えているので、試してみた。(2013/12/17)

慢心、ダメ、絶対:
ここから選ぶ! 「ディスプレイ保護シート」編
“無事な個体”を探すほうが難しいスマートフォンのひび割れディスプレイ。「私は扱いがていねいだから大丈夫」というそこのあなた、頭にフラグたってますよ。(2013/12/13)

バッファロー、iPhone向け背面保護&のぞき見防止フィルムを発売
ロゴマーク周りも美しく貼り付け可能なiPhone 5s/5向け背面保護フィルムと、360度からのぞき見を防ぐiPhone 5s/5c/5向け液晶保護フィルムがバッファローより登場。(2013/11/21)

ディーフのiPhone 5向け液晶保護フィルムが5s/5cに対応――光沢タイプほか4種を発売
ディーフのiPhone 5向け液晶保護フィルムが5s/5cにも対応。光沢タイプ/マット(アンチグレア)タイプ/ダイヤモンドタイプ/のぞき見防止(プライバシー)タイプの4種をラインアップ。(2013/10/22)

なんとなく、“クリスタル”:
写真で解説する「ARROWS Z FJL22」
富士通製の「ARROWS Z FJL22」は、透明感のあるクリスタルデザインが特徴のauスマートフォン。10分で1日使える急速充電にも対応し、LTEとWi-Fiの同時接続も可能にした。(2013/10/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。