ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「和解」最新記事一覧

乗客を強制的に降機させ物議を醸したユナイテッド航空 「不本意な乗客を降ろさない」など対応変更を発表
年内に10種の再発防止策を講じる方針。(2017/4/28)

ユナイテッド航空、オーバーブッキングで降りる客に最大約110万円補償へ
オーバーブッキングを理由に乗客を無理やり降ろしたとして、批判の声が高まっていた。(2017/4/28)

スピン経済の歩き方:
提訴がダメなら「くら寿司」はどうすればよかったか
ネット掲示板に「何が無添なのか書かれていない」などと書き込みをした人物の個人情報開示をめぐる訴訟に敗れた「くらコーポレション」に対して、厳しい言葉が投げかけられている。では、どうすればよかったのか。(2017/4/25)

Google、ロシアでの独禁法裁判で和解 約8.5億円の罰金支払い
ロシア検索大手のYandexの2015年の申し立てで始まったロシアにおけるAndroid端末の独禁法違反をめぐる裁判で、Googleが和解に応じ、約4.4億ルーブルの罰金を支払う。今後はロシアで販売されるAndroid端末にはGoogleと競合するアプリもプリインストールできるようになり、ユーザーは検索エンジンを選べる。(2017/4/18)

引きずり降ろされた際に負傷:
ユナイテッド航空の被害男性、提訴の公算 鼻骨折し歯2本折る
ユナイテッド(United)航空の被害男性は同社を提訴する公算が大きい。(2017/4/14)

Amazon.com、子どものゲーム内課金問題で7000万ドル以上返金へ
米連邦取引委員会(FTC)は、Amazonのアプリストアのゲームで子どもが親に無断でアイテムを大量に購入した問題をめぐる訴訟で、Amazonが苦情を申し立てたユーザーに払い戻すことで合意したと発表した。総額は7000万ドル(約78億円)に上る。(2017/4/5)

Intel Security、セキュリティ企業McAfeeとしてスピンオフ
Intelが2010年に買収し、一旦はIntel Securityというブランド名にしたセキュリティ企業McAfeeが、再度McAfeeという社名でスピンオフした。(2017/4/4)

立ちどまるよふりむくよ:
梯郁太郎氏はなぜAppleから距離を置いたのか
DTMステーションに掲載された2011年の梯郁太郎氏インタビュー「亡くなったローランド創業者・梯郁太郎さん、スティーブ・ジョブズを語る」が超絶面白かったので、Apple側の動きを中心に補完的な情報をまとめてみた。(2017/4/4)

「小1の時に1+1がどうして2になるのかわからなくて、強迫神経症になった話」―― エッセイ漫画に共感の声が集まる
ある優しい言葉で心が軽くなったそう。(2017/3/16)

ポルノ動画をファイル共有サイトにアップロード、DLしたユーザーを脅す――弁護士が詐欺で有罪認める
自分が権利を持っている動画をダウンロードさせて脅すという手口。(2017/3/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプは「独裁者」になりつつあるのか
「トランプ大統領は独裁的な傾向があるのではないか」といった指摘が出ている。法の支配が確立している米国では、そう簡単に暴君が生まれることはないと思うが、トランプが“独裁者”になっていく可能性はあるのだろうか。(2017/2/23)

「デイリーポータルZ」、ノジマ傘下でどうなる? どうする? 編集長・林雄司さんに聞く
ニフティの親会社が富士通からノジマに変わる。ニフティの“看板”とも言える人気サイト「デイリーポータルZ」はどうなるのか。編集長の林雄司さんに改めて聞いた。(2017/2/17)

“二重苦”に陥る可能性:
Qualcomm/NXPの合併に立ちはだかる米中政府の壁(前編)
QualcommによるNXP Semiconductorsの買収は、2016年に発表された大型M&A案件の1つである。この買収は2017年末に完了する見込みだが、米国政府と中国政府という2つの大きな壁によって、買収完了が長引く可能性がある。(2017/2/6)

「そうさ今こそ!」 歌詞の引用、どこから著作権侵害? JR東「ドラゴンボール」ポスターめぐり議論
JR東日本各駅などに張られた「ドラゴンボール」のポスターで使われているフレーズ「そうさ今こそ!アドベンチャー」などをめぐり、難しい著作権の問題が持ち上がった。焦点は(2017/2/6)

「マジで死にかけたんですけど」 突然壊れる“自爆自転車”の恐怖
自転車を運転中に突然壊れ、けがをする事例が続発している。欠陥自転車をどう見抜けばいいのか。(2017/1/27)

FTCに続きAppleも提訴に踏み切る:
Qualcommへの圧力が強まるスマホ市場
FTC(米国連邦取引委員会)が独占禁止法の疑いでQualcommを提訴した直後、今度はAppleがQualcommを提訴した。Qualcommは米国だけでなく、中国や韓国でもロイヤリティーなどをめぐる問題で訴えを起こされている。飽和しつつあるスマートフォン市場で独占的な地位を築いているQualcommに対し、風当たりが強くなっているようだ。(2017/1/27)

父の理不尽な怒りっぽさを妹が親戚前でパワポでプレゼン 発想&実行力がTwitterで称賛浴びる
「根本的な原因はあなたにあります」→クリック→「あまりにも器が小さい(太字で大きくバーン!)」(2017/1/6)

明治が「きのこの里」「たけのこの山」を商標出願 「きのこの山」「たけのこの里」に新種誕生・和解・侵略かでネット民ざわつく
この戦いにもついに終わりの時が……!?(2016/12/28)

DeNAキュレーションサイト問題、スタッフに「元炎上バイラルメディア」の影 採用理由について南場会長「再度チャンス与えたかった」
問題視されているマニュアルの作成に彼らが関わっていたのでは――と推測する向きもありますが、現時点では「関連についてはまだ分かっていない」とのこと。(2016/12/7)

踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
動画撮影者にけがはありませんでした。(2016/12/5)

「かに道楽」商標権バトル勃発 「道頓堀のシンボル」の“敵”は愛知のかまぼこ……どっちに軍配?
「かに道楽」と聞いて、何を連想するだろうか。浪速っ子なら、大阪・道頓堀の巨大な動くカニ看板だろう。だが、愛知県の老舗練り物会社が販売しているかまぼこも、実は「かに道楽」という名なのだ。(2016/11/18)

カニ看板では過去に和解も:
おなじみ「かに道楽」商標権バトル勃発 道頓堀のシンボルVS. 愛知のかまぼこ
「かに道楽」の商標権をめぐり、巨大なカニ看板がシンボルである大阪・道頓堀のカニ料理専門店「かに道楽」が、同じ名称のかまぼこを販売している愛知県の老舗練り物会社を提訴した。訴訟の行方は……。(2016/11/8)

あのキャラに花束を:
友達できてよかったね……! 「バーナード嬢曰く。」SFオタクで暴走気味、神林しおりの青春
それはまるで恋のように。(2016/11/10)

Gawkerがハルク・ホーガンと3100万ドルで和解 セックス動画をめぐるプライバシー侵害訴訟で
Gizmodoが売却される原因となった訴訟が終結した。この訴訟ではPayPal創業者の1人であるピーター・ティールが資金援助していた。(2016/11/4)

AAAタイトルは開発者を破壊する 「アンチャーテッド」ディレクターが語る過酷な「デスマーチ」事情
海外では“Crunch”と呼ばれ問題視されているようです。(2016/10/13)

製造マネジメントニュース:
スズキとトヨタが業務提携の検討をスタート、鈴木修氏から豊田章一郎氏に打診
ダイハツ工業を完全子会社化したトヨタ自動車に、スズキが業務提携を持ちかけた。今後、両社で協業について検討を開始する。トップ同士が話し合ったのは2016年9月末で、「具体的なことはこれからゆっくり考える」と口をそろえて話す。(2016/10/13)

ITはみ出しコラム:
さよならNexus 14モデルの歴史を振り返る
2010年に登場した「Nexus One」から6年。Nexusブランドはその幕を閉じようとしています。(2016/10/9)

分裂していたArduinoが和解して1つに
オープンソースのハードウェア+IDEの「Arduino」をめぐって2つに分かれて争っていた創業者らが和解し、基板などを販売するArduino Holdingとコミュニティー運営の非営利団体Arduino Foundationを設立すると発表した。(2016/10/3)

「和解しがたい不和」 ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー、離婚の衝撃
「ブランジェリーナ」は存在しなくなってしまうのか……。(2016/9/21)

世界を「数字」で回してみよう(33) 人身事故:
鉄道人身事故に打つ手なし!? 数字が語るその理由
鉄道への飛び込みはどうもお手軽らしい。それは前回、明らかになりました。もしかすると鉄道会社はそれを体感的に知っているのかもしれません。対策を取ろうとは、しているのです。ところが、これは遅々として進みません。なぜか――。その理由は、ちゃんと数字が伝えてくれているのです。(2016/8/24)

スピン経済の歩き方:
出光が恐れているのは何か、昭和シェルが嫌っているのは誰か
出光興産と昭和シェル石油の合併が難しくなっている。国内ガソリン市場が縮小する中で出光にとってシェルとの統合は決して悪い話ではない。それなのに、なぜ出光の創業家は合併に反対しているのか。(2016/8/9)

極楽とんぼ・山本「めちゃイケ」10年ぶり出演 番組「十分な社会的制裁を受けたと判断」
番組は「十分な社会的制裁を受けていると判断した」とテロップで説明。(2016/7/30)

スピン経済の歩き方:
「マルちゃん ハイラーメン」が静岡だけで50年以上も売られているワケ
静岡県で発売されている「マルちゃん ハイラーメン」をご存じだろうか。発売は1962年。新商品はたくさん発売されているのに、なぜハイラーメンは静岡県だけで生き残ることができたのだろうか。(2016/7/26)

「OKしてない!」→「ビデオ撮ってるし!」 テイラー・スウィフトとカニエ・ウェスト夫妻の“ビッチ言うな”戦争がカオス
ディスりディスられてこそヒップホップ。(2016/7/20)

知って納得、「セキュリティ法制度対応」の具体策【第4回】
不正競争防止法の「営業秘密」として守られるための“3大条件”とは?
2015年の改正で、営業秘密の取扱いに関するセキュリティ法制度としての役割が明確化された「不正競争防止法」。法的保護を受けるための最低限の条件の内、特に情報システムとの関わりが深い点を中心に解説する。(2016/6/29)

まだ残る“不満分子”:
Atmelの元従業員、Microchipに異議を申立て
Microchip TechnologyによるAtmel買収は、すんなりとは終わらないようだ。退職金や解雇などをめぐり、募った不満は、まだくすぶり続けている。(2016/6/27)

びっくりにゃん! 紙袋と遊ぶ子猫ちゃんが意外な結末を迎える
なぜか袋に入らない、猫の日常ミステリー。(2016/6/22)

「しゃぶしゃぶ温野菜」ブラックバイト問題でレインズがコメント 「解決に向かっていると認識していた」
傷害行為について報告書に記載がなかったのは、「他の従業員から証言がなかった」ためとのこと。(2016/6/19)

高須院長、出版したばかりの自著を絶版に 小学館からの「不適切な表現」書き直し要求を拒否
高須院長はその後小学館と「手打ちしました」と報告。(2016/6/3)

「ハイスコアガール」連載再開 単行本も販売再開
著作権をめぐる紛争で連載中止となっていた漫画「ハイスコアガール」が再開へ。単行本の販売も再開する。(2016/5/23)

Twitterトレンドに急浮上「スモハラ」ってなんだ? 「相撲ハラスメントかと思った」と困惑する人が続出
「かわいがりとかのこと?」「飲み会で相撲をとらせられるハラスメントかと思った」といった声も(2016/5/19)

水曜日のカンパネラ、楽曲「ヒカシュー」を「名無しの権兵衛」に改名 バンドのヒカシューから要請を受け
ヒカシュー側は紛らわしさに少しの憤りがあったそうですが、すでに両者は和解しているとのこと。(2016/5/10)

あのカレーチェーンに学ぶ「ログ管理」の重要性
企業に1つ用意しておきたいセキュリティの「かかりつけ医」
相次ぐセキュリティインシデントの経緯から、全ての侵入を防ぐのは困難なことは明らかだ。必要なのは、ログを監視して不審な兆候にいち早く気付き、迅速に対処できる体制整備だ。(2016/4/12)

新「イソジン」のカバ似キャラ、変更へ 8月末で使用終了
新「イソジン」のパッケージにあしらわれたカバ似キャラの使用は8月末で終了。新キャラに変更する。(2016/4/6)

巨大ゴジラがうがい 「イソジン」人間なら50万回分
巨大ゴジラがうがい──イソジンのPR企画が東京・新宿で行われている。(2016/4/5)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニバイトもブラック化する? 「最大28分タダ働き」のカラクリ
先日、コンビニでバイトをしている高校生に未払いの賃金が支払われることになったという報道があった。賃金が未払いになった原因は何だったのか。今回は、社会問題になったブラックバイトの現状と原因について取り上げる。(2016/4/4)

テイラー・スウィフト、「Apple Music」のCM動画に出演(痛そう)
かつてAppleのアーティストの扱いに抗議し、和解したアーティストのテイラー・スウィフトが、「Apple Music」のCM動画に出演し、自身のTwitterで紹介した。(2016/4/2)

「イソジン」めぐる明治とムンディの対立、和解へ 「カバくん」は今後もうがい薬に使用
互いに仮処分命令を申し立てる状況でしたが、円満な合意のもと和解したとのこと。(2016/3/25)

初代「ディアブロ」の海賊版ユーザーが19年の時を経て開発者へ謝罪し代金を支払う
GDCであったちょっと良い話。(2016/3/21)

セキュリティ対策は1回で完結するようなものではない
「ベンチャー気分のIoTは“炎上”する」 専門家が警告するIoTの落とし穴
「IoT(モノのインターネット)のデバイスには早い段階でセキュリティを組み込むべきである。さもないと大変なことになる」――これが「RSA Conference 2016」からのメッセージだ。(2016/3/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。