ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スキルアップ」最新記事一覧

IoTスペシャリストを目指そう(2):
第2問 人工知能「ディープラーニング」について
IoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していく連載。第2回はIoTシステムの構成と、センサー、通信、クラウドといった各要素の役割について説明し、最後にディープラーニングによる分析に関する内容を出題します。(2016/5/23)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(8):
なぜ、GPSをオフにしても「位置情報」が取得できるの?――最低限押さえておくべき位置情報取得の仕組み
セキュリティ関連のキーワード関する“素朴な疑問”を解消する本連載。第8回では、「位置情報」をテーマに、スマホアプリなどが端末の位置情報を取得する仕組みを解説します。(2016/5/18)

トラパパ@TORAPAPA:
配属されたばかりの新卒に伝えたい、新社会人の心得7箇条
社会人生活をスタートさせたばかりの新人たちには、これからいろいろな試練が降りかかってきます。そのとき、どう考え、どう対処すればいいのか――。配属されたばかりの新卒に伝えたい、社会人の心得7箇条を紹介します。(2016/5/13)

英語力が問われる会社ランキング、1位は?
アルバイト情報サイトなどを運営しているリブセンスは、同社が運営する「転職会議」に寄せられた口コミに基づき「英語力が問われる会社ランキング」を発表した。(2016/5/11)

仕事の「あるある」、食い違いを解消するこんなコツ:
PR:コミュニケーション上手は生まれつきではない、学習可能な「スキル」
リクルートスタッフィングが開催した「エンジニア・クリエイターのコミュニケーション能力の向上を図るセミナー」では、グローバルナレッジネットワークの人材教育コンサルタント、田中淳子氏が、コミュニケーション力を高める具体的なコツを伝授。学習可能なスキルであると説明し、できるところから実践してみてほしいと呼び掛けた。(2016/5/10)

コミュニケーションの「もやっ」「イラッ」はなぜ生まれる?:
PR:察する力を培って、無駄に費やしていたエネルギーを本業に
ITスタッフィングを運営するリクルートスタッフィングでは、ITエンジニアやクリエイターとして働く派遣社員がスキルアップし、付加価値を高められるようサポートする取り組みを始めた。その第一弾として開催された「エンジニア・クリエイターのコミュニケーション能力の向上を図るセミナー」の模様を紹介する。(2016/5/9)

就活のトリセツ(7):
資格がないと就職できないって本当?――いまさら過ぎて誰にも聞けない、IT業界就活の「超キホン」
IT系の資格は何を持っていたらいいの? SPIは対策はいらないって本当?――IT業界に就職したい、エンジニアになりたい、そんな就活生の素朴な疑問にお答えします。(2016/4/28)

IoTスペシャリストを目指そう(1):
第1問 マイクロコンピュータとシングルボードコンピュータの違い
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2016/4/25)

コミュニティー活動で魅力を伝える
27歳と47歳、メインフレームに魅了される2人のエンジニアが語ること
47歳のメインフレームプログラマーが部署の中で最年少だとしたら、もっと努力をして若いIT担当者をメインフレーム関連の仕事に引き込む必要があるのではないだろうか?(2016/4/25)

ITエンジニア職業図鑑(7):
華々しい成果をすぐに出したい人は向いていない――データサイエンティスト
プログラマ、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第7回は、以前、米「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌で今世紀で最もセクシーな職業と評された「データサイエンティスト」を解説する。(2016/4/20)

キャリアニュース:
今年度の新入社員は「ドローン型」、変化にあおられながらも目標地点に着地
日本生産性本部「職業のあり方研究会」が「2016年度の新入社員の特徴」を発表。めまぐるしい変化にあおられながらも自律飛行を保ち、目標地点に着地できた者が多かったことから「ドローン型」と評した。(2016/4/12)

えんじにあ解体新書(7):
IT資格は水戸黄門の杖(つえ)?〜資格不要論の「りある」
SEの現実を分かりやすく解説する本連載。今回のテーマは「資格」です。SEに資格は必要なのでしょうか? @IT読者の「りある」な資格取得実数と共に解説します。(2016/4/7)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(7):
なぜ、「私が興味を持ちそうな広告」が表示されるの?
セキュリティ関連のキーワードについて、とことん基礎から解説する本連載。第7回では、Webサイトなどがユーザーの行動を追跡(トラッキング)する仕組みについて解説します。(2016/4/4)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(10):
PR:アンドロイド(人型の)開発から、アンドロイド(人型の)による開発へ!
ボク、梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド(ただし人型の)を開発しています。「退職したい」と会社に言い続けていたら、なぜか昇進しちゃいました。(2016/4/1)

キャリアニュース:
半数以上がパラレルキャリアを希望――実際に活動している人は2割
人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、「パラレルキャリア」についての調査結果を発表。35歳以上の半数以上がパラレルキャリアの実践を望んでいるものの、本業以外で活動をしているのは2割程度であることが明らかになった。(2016/3/31)

「共有」と「自動化」が鍵に:
PR:対応のスピード化や現場の人材不足を解消する「脅威対策ライフサイクル」とは?
高度化する脅威にセキュリティ対策の現場は、限られた人材や予算で対応せざるを得ず、膨大な作業量と有事対応の長期化という課題を抱える。インテル セキュリティは、そうした課題を抱える組織が効率的で迅速な対応によって、継続的にセキュリティを強化していくための方法を提案する。そのアプローチはどのようなものか。(2016/4/11)

寸法を実感する! 測定講座(2):
幾何公差と寸法公差、測定方法は何が違うの?
幾何公差や寸法測定の課題に対する幾つかの取り組みを紹介していく本連載。第2回は幾何公差と寸法公差での測定方法の違いについて解説する。(2016/3/24)

2016年度の新入社員は「ドローン型」、どういう意味?
日本生産性本部の「職業のあり方研究会」は3月23日、この春就職する新入社員の特徴を発表した。(2016/3/23)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(6):
なぜ、「セキュリティポリシー」が必要なの?――自社のセキュリティポリシーを一度も読んだことがない方へ
セキュリティ関連のキーワードについて、とことん基礎から解説する本連載。第6回のテーマは、「セキュリティポリシー」です。「人的要因」によるセキュリティ事故を防ぐためのポリシーの策定・運用・変更のポイントについて解説します。(2016/3/15)

短期集中! 情報セキュリティマネジメント試験攻略法(4):
「情報セキュリティマネジメント試験」を受けるメリットはあるの?
「情報セキュリティマネジメント試験」本番に向け、重要ポイントを総ざらいする本連載。第4回では、本試験を受験するメリットや、学習のコツなどについて解説します。(2016/3/2)

解析ツールを「育成ツール」の視点で、JVCケンウッドの組み込み設計改革
組み込みソフトはチームでの開発が主となっているが、その際に問題となるのが、メンバー間のスキル差だ。「静的解析ツールが開発チームを活性化する」そう紹介するJVCケンウッドの阿部博己氏が語る、組み込み設計改革とは。(2016/2/19)

いまさら聞けないTPM(2):
TPM活動の進め方、ロス撲滅のための8つの活動
本連載「いまさら聞けないTPM」では、TPM(Total Productive Maintenance)とは何か、そして実際に成果を得るためにどういうことに取り組めばいいかという点を解説している。第2回となる今回は、「TPMの進め方」について紹介する。(2016/2/18)

目的志向・継続的・個別指導型:
トランスコスモス、コールセンターの品質改善に戦略的コールモニタリングサービスを開始
トランスコスモスは、独自の評価指標体系とシステムを活用した目的志向・継続的・個別指導型の戦略的コールモニタリングサービス「QICTO」のトライアル導入を2016年3月より開始すると発表した。(2016/2/16)

@ITメルマガ購読キャンペーン:
高精細なRetinaが魅力の「MacBook Pro」、プレゼント!
今回は、アップルの「MacBook Pro」を抽選で1名さまにプレゼント致します。(2016/2/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(9):
PR:せんぱい! わたしがゴールじゃダメなんですか!
ボク、梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド(ただし人型の)を開発しています。職場が激務で退職したいのに、美人上司と可愛い過ぎる後輩の引き留めにあって、正直ツラいんです。(2016/2/1)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(4):
SCMプロを証明する“免許証”「CPIM」とは
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。3回目は、SCMに関するグローバルスタンダードとなるAPICS資格制度の「CPIM」について解説する。(2016/1/29)

Googleのディープラーニング「AlphaGo」がプロ棋士に完勝
コンピュータがついに囲碁で人間のプロに勝利した。Googleのディープラーニングシステム「AlphaGo」がプロ棋士に5戦5勝した。AlphaGoは3月には国際棋戦で10勝以上している李世ドル氏と対戦する。(2016/1/28)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
企業・組織で高まる標的型攻撃の脅威、対策の再点検を考える
2015年は国内企業・組織を狙う標的型攻撃の脅威が改めて注目された。情報資産やシステムを守る方法をどう見直すべきか――ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは専門家らが標的型攻撃対策のポイントを解説してくれた。(2016/1/19)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(3):
なぜ、「鍵マークの確認」が必要なの?――「HTTPS通信」のメリットを理解しよう
セキュリティ関連のキーワードについて、とことん基礎から解説する本連載。第3回のテーマは、「HTTPS通信」です。「通信の暗号化」や「サーバー証明書」の役割を理解し、インターネット利用時のリスクから身を守るための最低限の確認事項について把握しておきましょう。(2015/12/16)

スキルアップしながらも、やっぱりおもしろい成果物に:
「日本人にしか読めない難読化ツール」がfunction(鮨)と返してくる
「!function(鮨){var 鮭=5,鯛=3,鯖=8;console.log(鮭,鯛,鯖)}(window);」。読めるのは読めるけれど……。(2015/12/13)

おおたオープンファクトリーとは(後編):
大田区町工場の「仲間回し」が織り成すオープンファクトリー
町工場を観光資源として考える理由やオープンファクトリーを開催するまでの経緯、関連する取り組みや将来像などを関係者に聞いた。後編では町工場の視点からみた、おおたオープンファクトリーを紹介する。(2015/12/4)

アイティメディアのエンジニアが赤裸々に語る:
PR:ITエンジニアが業務時間外で技術に触れる場所、時間、目的と、スキルアップへの取り組み
ITエンジニアが業務時間外で技術に触れる際に費やす金額と使い道、技術に触れる時間と場所、目的、方法やスキルアップへの取り組みについて、アイティメディアのエンジニア2人が、日本マイクロソフト エバンジェリストの高橋忍氏、井上章氏と語った。(2015/12/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(8):
PR:彼女が浴衣に着替えたら……ぼく、困っちゃう!!
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業で働くITエンジニア。転職を決意するも、美人上司と可愛い過ぎる後輩にあの手この手で阻止されて、今日もアンドロイド開発(ただし人型の)にいそしんでいます。(2015/12/1)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(2):
なぜ、「ソフトウエアのアップデート」が必要なの?
社内の業務連絡などで、「ソフトウエアのアップデートを行うように」という通知を受けることがしばしばあるのではないでしょうか。普通のユーザーにとっては手間のようにも感じられる「ソフトウエアのアップデート」は、どうして必要なのでしょう。第2回では、ソフトウエアアップデートの必要性や、修正プログラムの適用時に留意すべき事項について解説します。(2015/11/16)

明日から使えるシステム開発プロジェクトの進め方 再入門(4):
基本設計をスムーズに進めるための5つのポイント――要件定義書の読み合わせ、データ構造、IPO、外部接続
本連載では、システムを外部に発注する事業会社の側に立ってプロジェクトをコントロールし、パフォーマンスを最大化するための支援活動をしてきた筆者が、これまでの経験を基に、プロジェクト推進の勘所を解説していく。今回は、「基本設計」をスムーズに進めるための5つのポイントについて解説する。(2015/10/30)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(1):
なぜ、「標的型攻撃」で情報が漏れるの?――標的型メールのサンプルから攻撃の流れ、対策の考え方まで、もう一度分かりやすく解説します
近年取り上げられるセキュリティ関連のさまざまなキーワードについて、「素朴な疑問」から出発し、セキュリティ初心者の方にも分かりやすく解説することを目指した本連載。第1回のテーマは、「標的型攻撃」です。(2015/10/27)

15周年記念特別企画「創業者は語る」:
スマートニュース藤村厚夫氏に聞く、@ITの歴史でたどるエンジニアの「これまで」と「これから」
2000年5月22日にサイトオープンした「@IT」は、2015年に15周年を迎えた。この15年で、エンジニアを取り巻く環境はどのように変わったのか、そして今後どのように変化していくのか。@IT、そして@IT自分戦略研究所を立ち上げた藤村厚夫氏に、15年の歴史を振り返りつつ、サイトやサービスが誕生したバックボーンや、それぞれに込めた思い、そしてこれからのエンジニアに期待していることなどを伺った。(2015/10/23)

ITエンジニアの未来ラボ(6):
日本の技術者が“いま”実現したいこと、業務時間外での取り組み、次世代技術のビジネス活用まとめ
“いま”実現/チャレンジしたいこと、業務時間外に技術に触れる時間、場所、金額、方法、興味がある次世代技術、次世代技術をどの業種に、どう生かすかなど、400人に聞いたアンケート結果をリポートする。(2015/10/9)

法律は敵か味方か?:
「派遣切り」の悪夢再び?――改正労働者派遣法が派遣エンジニアに与える影響とは
改正労働者派遣法が9月11日に成立し、30日より施行された。「派遣期間の上限3年」「特定派遣の廃止」など、派遣エンジニアにとって影響が大きい本改正のポイントを、エンジニア派遣を行っているビーブレイクシステムズの高橋氏に伺った。(2015/10/6)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(7):
PR:せんぱい! せまーい密室で二人きりになりませんか?
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業で働くITエンジニア。転職を決意するも、美人上司と可愛い過ぎる後輩にあの手この手で阻止されて、今日もアンドロイド開発にいそしんでいます。(2015/10/1)

プロジェクトを成功させるモデリングの極意(1):
UMLやSysMLを活用できないエンジニアのための実践的活用術(前編)
モデリングの手法やツールの基礎を覚えるだけでなく、モデリングの目的やその本質をつかんで、ソフトウェアの開発現場で実際に役立つように基本を学んでいきましょう。(2015/10/1)

どんな資格を持ってるの? 勉強会参加は月に何時間?:
@IT読者調査|スキル編にご協力お願い致します。抽選で3名さまにAmazonギフト券1万円分をプレゼントします
@IT読者はスキルアップのためにどのような勉強をしているの? 時間は? 費用は? 手段は?――読者調査|スキル編にご協力お願い致します。(2015/9/29)

「仕事ができるやつ」になる最短の道:
サラリーマンが出世するための、ただ1つの方法
サラリーマンとなったからには出世したい。それが普通だ。しかし、「どうすれば出世できるか」ということについて、多くは語られていない。(2015/9/18)

機械安全:
世界に羽ばたく日本発の安全資格「セーフティアセッサ資格認証制度」とは?
注意を払っていても発生する事故――。製造業にとって工場やそこで使用する機械の安全性は避けては通れない大きなテーマである。こうした事故を防ぎ「安全な機械」を設計する日本発の資格制度が「セーフティアセッサ資格認証制度」である。本稿では、セーフティアセッサ資格制度の概要について紹介する。(2015/9/18)

Yuta 何しにベトナムへ?〜エンジニア海外奮闘記(3):
ベトナム人は社員旅行が好き〜対話やホワイトボードやピザを駆使してベトナム人社員をマネジメントする
単身ベトナムに移住し、法人立ち上げ、現地エンジニア採用などに携わっているエンジニアの姿を通じて「グローバル」な働き方のノウハウや心構えなどをリポートする本連載。今回のテーマは「チームビルディング」。ベトナム人メンバーとのコミュニケーションの取り方や、スタッフレイヤーごとのマネジメントのポイントなどを紹介します。(2015/9/15)

標的型攻撃やIoTに関する問題も用意、スキル磨く「一つの機会に」:
トレンドマイクロがCTF開催、優勝者にはHITCON CTF参加権も
トレンドマイクロはセキュリティに関する知識や技術を競う競技会、「Trend Micro CTF Asia Pacific &Japan 2015」を開催する。まず9月26日から27日にかけてオンライン予選を行い、上位10チームが攻防戦形式の本戦に進む予定だ。(2015/9/14)

『GOETHE』の弟版『YOUNG GOETHE』創刊 テーマは「求められる男になる!」
表紙はサッカー界をはじめ、ファッション誌などでも活躍する内田篤人さんが飾っている。(2015/9/10)

また昭和な転職で失敗してるの? きのこる先生の「かろやかな転職」(3):
Wantedly、CodeIQ、カンファレンス 本当に有効なのはどの手段?――転職2.0現状確認会
プログラマーにしてWeb系企業の採用担当の「きのこる先生」が指南する、転職サービスに依存せずソーシャルなつながりなどを利用する「転職2.0」の活用法。今回は、カンファレンス転職や、コーディング型転職支援サイトなど、最近のエンジニア転職“界隈”のトレンドを紹介する。(2015/9/4)

「何でもやらされた」は「何でもやらせてもらった」だった:
PR:全ての経験は、未来のキャリアにつながる「点」である
やりたい仕事があるけれど、今のスキルでは正社員として働くのは難しい。そこで彼女が選んだのは、派遣社員として経験を積みながらスキルアップするというものだった。(2015/8/31)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
甲子園を制した東海大相模と準Vの仙台育英――指揮官の指導法に迫る
夏の甲子園が終わった。ご存じのとおり、優勝は東海大相模、準優勝は仙台育英。メディアはさまざまな切り口で両校を取り上げているが、本コラムの筆者・臼北氏は両監督の指導法に注目した。(2015/8/22)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。