ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「後継者」最新記事一覧

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
決算発表と2人の巨人 鈴木修と豊田章男
自動車メーカー各社の決算が出そろった。いくつかの決算発表会に足を運び、経営トップの声を直接聞く中で、ある共通点が見えてきた。(2016/5/16)

家庭用ゲーム機の歴史を解説する動画シリーズ「ゲーム機大戦」ついに完結!! 制作者を代えつつ5年にわたり制作
超大作。(2016/5/9)

人間って、やっぱおもしろ! リュークも喜ぶ「デスノート Light up the NEW world」特報映像解禁
弥海砂も帰ってきたぞ!(2016/4/27)

グループトップに約24年君臨:
セブン&アイの鈴木会長が晩節を汚す結果を招いたワケ
7日、セブン&アイ・ホールディングスの中興の祖であり、カリスマ経営者として名をはせた鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83)が自ら辞任を表明した。(2016/4/18)

映画「デスノート 2016」 幾何学折紙を楽しむサイバーテロリスト・紫苑優輝の場面写真が公開
メロとニアのトリッキーなキャラクターに現代っ子感を少し足したイメージ(菅田将暉さん)。(2016/4/5)

ふてぶてしい“L座り”やひょっとこの面も継承してる! 池松壮亮演じる「デスノート2016」竜崎も魅惑的
まがまがしすぎるひょっとこ面姿も披露。(2016/3/31)

KISSのコラボ浮世絵「浮世粋男接吻四人衆之内宝琉須丹礼」が粋でいなせ
江戸から伝わる技術。(2016/3/21)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
生涯でたった1度しか笑わなかった上杉景勝
上杉謙信から家督を継ぎ、重臣・直江兼続とともに上杉家の発展に大きく寄与した上杉景勝。その人物像は無口で武骨、何と言っても生涯で1度しか家臣の前で笑わなかったそうです。(2016/3/19)

「デスノート2016」は10月29日公開 戸田恵梨香さんがミサミサとして再び出演
前作から10年後、ミサミサはアイドルから女優に。(2016/3/9)

ソフトバンク、中間持ち株会社を海外・国内事業でそれぞれ新設
ソフトバンクグループが海外・国内事業をそれぞれ統括する中間持ち株会社2社を月内に設立すると発表した。(2016/3/8)

Lの後継者は禍々しいひょっとこ? 「デスノート2016」で新たな伝説が始まる
中二心をくすぐるお面だ……。(2016/2/26)

異世界「イヴァ=ラキ国」で国土調査に挑む――「統計」テーマのファンタジー小説、茨城県がWeb連載
茨城県が県内のクリエイターとコラボし、「統計」をテーマにした異世界ファンタジー小説「異世界統計数唄」をWeb連載している。(2016/2/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
型に始まり型に終わる能の精神――文化や伝統を守りながらも革新性を追求
4代続く能楽の流派のひとつである梅若家。人間国宝でもある当主の56世梅若六郎氏を中心に、「型に始まり型に終わる」と言われる能の基本的な型を生かしながら、新しい表現、革新的な表現の実現に取り組んでいる。(2016/2/15)

スマートアグリ:
ソーラーシェアリングの課題解決へ協会が本腰、影分布シミュレーションなど
営農型発電設備の公正で健全な発展を目指す全国営農型発電協会(Farm X)は同発電設備の導入や運営の際の課題を解決するための取り組みを進めている。(2016/2/10)

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が三つどもえの頭脳戦! 映画「デスノート 2016」は天才だらけ
天才vs天才vs天才。「駄目だったらネットで叩いてください」(池松壮亮さん)。(2016/2/5)

TwitterのドーシーCEO、幹部4人の退社をツイートで発表
Twitterの“リーダーシップチーム”10人中4人が退社すると、ジャック・ドーシーCEOがツイートで発表した。後継者はまだ決まっておらず、COOとCTOが暫定的にカバーする。(2016/1/25)

会社の休廃業・解散件数、減少しているが
2015年の休廃業・解散件数は2万6699件(前年比2.4%減)で、2年連続で前年を下回っていることが、東京商工リサーチの調査で分かった。(2016/1/22)

“3日天下”にならないように:
「万年4位」の伊藤忠が最終利益でトップに、理由は?
資源価格の一段安で三菱商事や三井物産が苦戦する中、2015年度の大手商社の最終利益で、伊藤忠商事が初の業界首位に立つ見通しになった。(2016/1/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「SMAP」はどうなってしまうのか スポーツ界で最も慌てたのは
独立騒動の渦中にあるSMAPが、グループの存続を宣言した。テレビを見て「すっきりしないなあ」と思われた人も多いと思うが、スポーツ界も同じ。中でも最も慌てているのは……。(2016/1/19)

PR:社会貢献活動からICT農業まで 富士通と奥野田ワイナリーの“マリアージュ”
富士通がワイン作りに取り組んでいるのをご存じだろうか。山梨県の奥野田ワイナリーが運営するブドウ農園の一角に「富士通GP2020ワインファーム」を設け、従業員やその家族が年に数回足を運び、作業に勤しんでいるのだ。(2016/1/12)

一部業者が買いだめ:
バターはどこへ消えた? 毎年起こる品薄の衝撃舞台裏 
ケーキ需要が高まるクリスマスを前に、材料となるバターの品薄が問題となっている。毎年のように繰り返される“バター騒動”に終止符を打つには、国内の乳業業界が抱える構造的な問題と向き合う必要もありそうだ。(2015/12/18)

人材戦略を再考せよ:
PR:なぜ日本企業ではタレントマネジメントシステムの活用がうまくいかないのか?
欧米企業を中心に広まってきたタレントマネジメントシステムは、数年前から日本企業でも導入が活発になってきた。しかしながら、成果という点では、大きな実績はまだ乏しいと言わざるを得ない。乗り越えるべき課題とは何なのだろうか……?(2015/11/16)

スイッチオンで即、農業IoT “ITかかし”が切り開く農業の新境地
ハードルが高い“農業×IoT”を、もっとカンタン、手軽に――。そんな思いから生まれた“21世紀のITかかし”が注目を集めている。このソリューションは、人手不足、後継者不足に悩む農家の救いになるのだろうか。(2015/10/15)

「Nexus 5X/6P」「Android 6.0」は何が変わったのか?――グーグルが説明
Googleが、Android 6.0のリリースに合わせて記者説明会を開催した。「Nexus 5X」「Nexus 6P」や新サービスを紹介したほか、日本未発表のAndroid Wearも展示した。(2015/10/7)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(7):
PR:せんぱい! せまーい密室で二人きりになりませんか?
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業で働くITエンジニア。転職を決意するも、美人上司と可愛い過ぎる後輩にあの手この手で阻止されて、今日もアンドロイド開発にいそしんでいます。(2015/10/1)

4000分超の大河歴史ドラマや特別映像を収録した『隔週刊 三国志DVD&データファイル』10月1日創刊
中国人民解放軍15万人、馬1万頭が撮影に参加した「三国志 Three Kingdoms」95話を全32巻にわたり完全収録。コーエーテクモゲームス、DeNAとのコラボ特典も付属する。(2015/9/30)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(2):
プールの“お掃除ロボ”でシェア1位! 自社製品でニッチ市場を制した下町企業の挑戦
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。第2回となる今回は大阪市此花区でポンプ関連製品の販売、メンテナンス事業などを手掛ける四柳だ。(2015/9/18)

有識者対談:
なぜGEは“システム思考”を全社に浸透できたのか?
あらゆる企業から経営のお手本とされる米GE。同社が今なお輝きを放ち続ける理由はさまざまだが、その一因として「システム思考」の実践が挙げられるという。具体的にどういうことなのだろうか……?(2015/9/17)

製造マネジメントニュース:
新規就農者育成を支援する、農業ICTソリューションを提供
NECソリューションイノベータは、新規就農者育成を支援し、地方創生に貢献する農業ICTソリューションの提供を発表した。新規就農者の学習・自立を支援し、営農指導者による技術指導の効率化を盛り込んだシステムになっている。(2015/9/3)

孫社長の“後継者”アローラ氏、約600億円相当のソフトバンク株を市場で買い付けへ
ソフトバンクグループは、副社長のニケシュ・アローラ氏が個人で、約600億円分の同社株を買い付けると発表した。(2015/8/19)

zenmono通信:
「東大阪に“こども金型職人”を生み出す発信基地を作りたいねん!」
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、中辻金型工業 総括部長の戸屋加代氏にお話を伺った。(2015/7/24)

“攻めのIT”には何が必要か 「HCMクラウド事業」を推進するオラクルの意図
オラクルがクラウド型人事アプリケーション「Oracle HCM Cloud」の機能拡張を発表。攻めのITには“次世代型の人材”が必要。ソーシャルも評価する概念を取り入れた、新時代の人事・人材戦略のあり方を日本市場でも推進していく。(2015/7/9)

ソフトバンク、孫社長の“後継者”アローラ氏に報酬165億円
孫社長の“後継者”ニケシュ・アローラ氏にソフトバンクが支払った報酬が、165億円あまりだったことが明らかに。国内企業としては異例の高額報酬だ。(2015/6/22)

“SoftBank 2.0”で「世界のソフトバンク」に――情報革命のカギを握る3つの分野
6月19日に開催された株主総会で、ソフトバンクの孫社長は「SoftBank 2.0」を掲げて海外を中心に事業展開していくことを宣言。IoT、AI、スマートロボットの分野に注力し、ソフトバンクが掲げる「情報革命で人々を幸せに」の実現を目指す。(2015/6/19)

「アトムに心をあげたかった」と孫社長 感情を得た「Pepper」一般発売 世界展開へ
Pepperが自らの“感情”を獲得。喜怒哀楽を表現できるようになった。孫社長自身が感情機能の開発を推進。自ら100件ほどの特許を出願したという。原点には「アトムに心をあげたかった」という気持ちがある。(2015/6/18)

RPGで理解する生産管理(5):
RPGで学ぶトヨタ生産方式の本質
製造業にとって重要な要素である「生産管理」ですが、なかなか初心者には理解するのが難しい……。そんな生産管理初心者に向け、RPG(ロールプレイングゲーム)になぞらえて分かりやすく生産管理を解説する本連載。最終回となる今回は、トヨタ生産方式の本質についてご紹介します。(2015/5/25)

孫正義氏、ヤフー会長を退任 “後継者”アローラ氏に交代
孫正義氏がヤフー会長を退任。“後継者”のニケシュ・アローラ氏に交代する。(2015/5/22)

ソフトバンク 2.0:
孫氏、ニケシュ氏を後継者に指名――社名も変更して「世界のソフトバンクになる」
「ソフトバンクグループ」へと社名を変更することを発表したソフトバンク。その裏には、グローバル戦略を加速させ、「世界のソフトバンクになる」という思いが込められている。(2015/5/11)

孫社長、“後継者”に元Google幹部アローラ氏を指名 「世界のソフトバンクに」 海外ネット企業に集中投資へ
「世界のソフトバンクに生まれ変わる」と孫社長は宣言。元Google幹部のニケシュ・アローラ氏を代表取締役副社長に昇格させ、実質的後継者に指名した。(2015/5/11)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
注目されているカープの中で、注目されていない監督に迫る
今年もプロ野球が開幕する。ヤンキースからOBの黒田投手が復帰したことで、広島カープは12球団の中で最も注目されているが、今季から指揮をとる緒方監督のことはあまり報じられない。気になったので、調べてみると……。(2015/3/26)

製造ITニュース:
水産業にも広がるICT活用、NECが“フィッシュカウンター”を開発
NECソリューションイノベータは、2015年4月よりスマートフォンを利用した水産養殖業向けの魚類カウントシステム「NEC フィッシュカウンター」の提供開始を発表。水産業に対してICTを活用した支援の動きが広がっている。(2015/3/18)

ああ、絶望(前編):
エリート集団の裁判所が、「ブラック企業」と呼ばれても仕方がない理由
「裁判所」と聞いて「誠実で公平な人ばかりが集まっている」と想像する人も多だろう。しかし、本当にそうなのか。最高裁などを歴任した瀬木比呂志氏に、ジャーナリストの烏賀陽弘道氏が迫ったところ、信じられない事実が……。(2015/3/2)

農業IT×ロボット:
日立がチャレンジする「自動運転トラクター」は、日本の農業を救えるか?
高齢化や後継者不足に伴う農家人口の減少など、日本の農業が抱える課題の解決に向け、「農業IT」への期待は高まっている。日立とヤンマーが協力して開発を進める、自律操縦機能を備えたトラクターは、これからの農業にどのような影響を与えるのだろうか。(2015/2/24)

日本マクドナルド、原田氏が会長退任へ
日本マクドナルドホールディングスは、原田泳幸会長が3月に取締役と会長職から退任する役員人事を発表した。(2015/2/20)

ITエンジニアのチームリーダーシップ実践講座(16):
優秀なエンジニアと優秀なチーム、日本企業が欲しいのはどっち?
業務で目的を達成するためには、活力あるチームを作り、運営していくことが重要だ。本連載では、ITエンジニアのリーダーシップスキルの向上に役立つツールや考え方を詳しく紹介する。今回は個人よりもチームが企業に評価される理由を解説する。(2015/2/17)

「家庭教師ヒットマンREBORN!」「太臓もて王サーガ」「ダブルアーツ」の復刻連載が「少年ジャンプ+」で決定!
あの「ニセコイ」作者・古味直志さんの初連載作品まで! これは気になる。(2015/2/4)

実家の家業を継げと言われたら……
企業の後継問題を解決するためのヒント。(2015/1/22)

製造マネジメントニュース:
“真のグローバル化”に向け富士通が社長交代、アジア地域統括の田中氏が昇任
富士通は、指名委員会の提案により、社長交代人事を発表した。(2015/1/19)

窪田順生の時事日想:
“ヒトラー安倍”にご用心!? 日本の「群衆」を操作してきたのは誰なのか
毎週日曜日に放送されているTBSの『サンデーモーニング』。1月4日には「群衆と戦後70年」をテーマに、コメンテーターたちが議論していたが、筆者の窪田氏はあるパネルを見て驚いたという。(2015/1/6)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(9):
エンジニアも知っておきたい出世のコツ四箇条
エンジニアが出世するために必要な行動とは何だろうか――上司にゴマをすること? 身を粉にして働くこと? いや、真実はもっとシンプルだ。(2015/1/5)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。