ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「後継者」最新記事一覧

「3分の1ルール」に抵触:
創業家側のまさかの秘策――昭和シェル石油と出光興産の合併の行方は?
石油元売り2位の出光興産と5位の昭和シェル石油の合併計画をめぐる経営側と創業家の対立が第2ラウンドに突入した。(2016/8/19)

空白の10年に迫る…… 「デスノート」最新映画につながるオリジナルドラマ3作がHuluで配信決定
3人の主人公、3つの物語。(2016/8/10)

映画「デスノート」最新作にスタイリッシュ死神“アーマ”現る!
めっちゃ高貴そう。(2016/8/5)

激変した「甲子園」宿泊事情 「旅館で雑魚寝」今は昔 高校球児も「個室」主流
かつて高校球児たちの宿舎は市内の旅館が大半だったが、現在はほとんどの出場校が大阪市内などのビジネスホテルを利用するという。今大会、西宮市内の旅館を利用するのは、わずか3チームだ。(2016/8/4)

東京・西日暮里製の高級畳がUAE・ドバイで人気
人口減少などにより国内市場が縮小していく中、畳店や小物雑貨など内需依存の中小・零細企業が海外市場に目を向け始めた。(2016/7/28)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
無名な店ばかりなのに、客が集まる商業施設が浅草にあった
消費者の目が厳しくなった今、単に安くて良いものが買えるというだけでは繁盛店にはなりません。そうした中、昨年12月に開業したばかりの東京・浅草の商業施設は、なぜ連日のように大勢の人たちで賑わっているのでしょうか。その理由を探ります。(2016/7/28)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
中川政七商店が考える、日本の工芸が100年先も生き残る道とは?
全国各地の工芸品を扱う雑貨屋「中川政七商店」が人気だ。創業300年の同社がユニークなのは、メーカーとしてだけでなく、小売・流通、そして他の工芸メーカーのコンサルティングにまで事業領域を広げて成功している点である。取り組みを中川淳社長が語った。(2016/7/20)

何やこの女神…… 武田玲奈の表情豊かなサイレント動画が圧倒的かわいさ
「かわいすぎか」「でれかわいい」などの声多数。(2016/6/30)

Weekly Access Top10:
たまに行くならこんなダム
略して「たまダム」。(2016/6/27)

Pepperが優れた経営判断をするようになったら、孫社長はどうする?
「もしPepperが、ご自身よりも優れた経営判断をするようになったら、孫社長はどうする?」――ソフトバンクグループの株主総会で、孫社長がこんな質問に答えた。(2016/6/23)

Pepperが次期社長になる可能性も?――孫正義氏が社長続投を決めた理由
「さらに毛が抜けた」と孫氏が言うほど悩んだ社長続投。次期社長の最有力候補だったニケシュ・アローラ氏には「申し訳ない」と話したという。当初は60歳までと考えていたソフトバンクグループ社長の続投を決めた理由とは――。(2016/6/22)

退任したアローラ氏、役員報酬は64億円 最高額更新
ソフトバンクグループの副社長を退任したニケシュ・アローラ氏の役員報酬額は過去最高を更新した。(2016/6/22)

孫社長「悩んでさらに毛が抜けた」 “後継者”アローラ氏退任の理由を語る
ソフトバンクグループの孫社長は、“後継者”ニケシュ・アローラ氏の退任について「とても悩んだ」と明かした。「シンギュラリティ」を迎えるに当たり、「あと5年、10年は社長でいたい」と考えを変えたという。(2016/6/22)

ソフトバンク退任のアローラ氏、「マサとは今でもお互いを敬愛している」とツイート
ソフトバンクが代表取締役副社長のニケシュ・アローラ氏の退任を発表した後、アローラ氏は自身のTwitterアカウントで約3時間にわたってフォロワーからの質問や激励に答えた。(2016/6/22)

孫社長の後継者候補、ニケシュ・アローラ副社長が退任
ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ副社長が6月22日の株主総会をもって代表取締役と取締役を退任する。ニケシュ氏は孫正義氏の後継者候補だったが、当面は孫氏が社長を継続する。(2016/6/21)

ソフトバンク孫社長の後継者・アローラ氏が退任 トップ交代時期の意向に隔たり
ソフトバンク孫社長の後継者・アローラ氏が退任へ。(2016/6/21)

スピン経済の歩き方:
「角栄ブーム」で得をするのは、誰なのか
「角栄ブーム」の勢いが止まらない。石原慎太郎さんの『天才』は70万部を突破。昨年から書店だけではなくコンビニ本などでも刊行ラッシュが続いている。過去にも大物政治家ブームは何度かあったが、なぜこのタイミングで「角栄ブーム」が起きているのか。(2016/6/7)

船越英一郎、お前もか! 「デスノート」最新作で最高裁判事のノート所有者役
最高裁判事にしてデスノート所有者というチートな役柄。(2016/6/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
ISとアルカイダが合併? 最恐テロ組織が誕生する可能性
イスラム原理主義勢力タリバンのリーダーが、米軍の爆撃で死亡した。このニュースは世界中で大きく取り上げられたが、日本ではあまり大きく報じられていない。ただ日本も、テロの脅威に対して、対岸の火事だと片付けるべきではない。なぜなら……。(2016/6/2)

高校のない町にネットの力で新たな教育環境を 「N高」と連携した「Nセンター」、地方に開設
通信制高校「N高校学校」と連携したネットを活用した教育拠点「Nセンター」が全国3カ所に開設する。高校のない地域に高校相当の教育を届け、キャリア教育や進路選択に関する情報も提供する。(2016/5/27)

終了宣言したランサムウェアに後継者? より悪質な“更新版”が出現
活動終了を宣言した「CrypTesla」と同様の手口を使いながら、感染したユーザーに身代金を支払わせるための手段をより巧妙化させているという。(2016/5/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
決算発表と2人の巨人 鈴木修と豊田章男
自動車メーカー各社の決算が出そろった。いくつかの決算発表会に足を運び、経営トップの声を直接聞く中で、ある共通点が見えてきた。(2016/5/16)

家庭用ゲーム機の歴史を解説する動画シリーズ「ゲーム機大戦」ついに完結!! 制作者を代えつつ5年にわたり制作
超大作。(2016/5/9)

人間って、やっぱおもしろ! リュークも喜ぶ「デスノート Light up the NEW world」特報映像解禁
弥海砂も帰ってきたぞ!(2016/4/27)

グループトップに約24年君臨:
セブン&アイの鈴木会長が晩節を汚す結果を招いたワケ
7日、セブン&アイ・ホールディングスの中興の祖であり、カリスマ経営者として名をはせた鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83)が自ら辞任を表明した。(2016/4/18)

映画「デスノート 2016」 幾何学折紙を楽しむサイバーテロリスト・紫苑優輝の場面写真が公開
メロとニアのトリッキーなキャラクターに現代っ子感を少し足したイメージ(菅田将暉さん)。(2016/4/5)

ふてぶてしい“L座り”やひょっとこの面も継承してる! 池松壮亮演じる「デスノート2016」竜崎も魅惑的
まがまがしすぎるひょっとこ面姿も披露。(2016/3/31)

KISSのコラボ浮世絵「浮世粋男接吻四人衆之内宝琉須丹礼」が粋でいなせ
江戸から伝わる技術。(2016/3/21)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
生涯でたった1度しか笑わなかった上杉景勝
上杉謙信から家督を継ぎ、重臣・直江兼続とともに上杉家の発展に大きく寄与した上杉景勝。その人物像は無口で武骨、何と言っても生涯で1度しか家臣の前で笑わなかったそうです。(2016/3/19)

「デスノート2016」は10月29日公開 戸田恵梨香さんがミサミサとして再び出演
前作から10年後、ミサミサはアイドルから女優に。(2016/3/9)

ソフトバンク、中間持ち株会社を海外・国内事業でそれぞれ新設
ソフトバンクグループが海外・国内事業をそれぞれ統括する中間持ち株会社2社を月内に設立すると発表した。(2016/3/8)

Lの後継者は禍々しいひょっとこ? 「デスノート2016」で新たな伝説が始まる
中二心をくすぐるお面だ……。(2016/2/26)

異世界「イヴァ=ラキ国」で国土調査に挑む――「統計」テーマのファンタジー小説、茨城県がWeb連載
茨城県が県内のクリエイターとコラボし、「統計」をテーマにした異世界ファンタジー小説「異世界統計数唄」をWeb連載している。(2016/2/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
型に始まり型に終わる能の精神――文化や伝統を守りながらも革新性を追求
4代続く能楽の流派のひとつである梅若家。人間国宝でもある当主の56世梅若六郎氏を中心に、「型に始まり型に終わる」と言われる能の基本的な型を生かしながら、新しい表現、革新的な表現の実現に取り組んでいる。(2016/2/15)

スマートアグリ:
ソーラーシェアリングの課題解決へ協会が本腰、影分布シミュレーションなど
営農型発電設備の公正で健全な発展を目指す全国営農型発電協会(Farm X)は同発電設備の導入や運営の際の課題を解決するための取り組みを進めている。(2016/2/10)

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が三つどもえの頭脳戦! 映画「デスノート 2016」は天才だらけ
天才vs天才vs天才。「駄目だったらネットで叩いてください」(池松壮亮さん)。(2016/2/5)

TwitterのドーシーCEO、幹部4人の退社をツイートで発表
Twitterの“リーダーシップチーム”10人中4人が退社すると、ジャック・ドーシーCEOがツイートで発表した。後継者はまだ決まっておらず、COOとCTOが暫定的にカバーする。(2016/1/25)

会社の休廃業・解散件数、減少しているが
2015年の休廃業・解散件数は2万6699件(前年比2.4%減)で、2年連続で前年を下回っていることが、東京商工リサーチの調査で分かった。(2016/1/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「SMAP」はどうなってしまうのか スポーツ界で最も慌てたのは
独立騒動の渦中にあるSMAPが、グループの存続を宣言した。テレビを見て「すっきりしないなあ」と思われた人も多いと思うが、スポーツ界も同じ。中でも最も慌てているのは……。(2016/1/19)

PR:社会貢献活動からICT農業まで 富士通と奥野田ワイナリーの“マリアージュ”
富士通がワイン作りに取り組んでいるのをご存じだろうか。山梨県の奥野田ワイナリーが運営するブドウ農園の一角に「富士通GP2020ワインファーム」を設け、従業員やその家族が年に数回足を運び、作業に勤しんでいるのだ。(2016/1/12)

人材戦略を再考せよ:
PR:なぜ日本企業ではタレントマネジメントシステムの活用がうまくいかないのか?
欧米企業を中心に広まってきたタレントマネジメントシステムは、数年前から日本企業でも導入が活発になってきた。しかしながら、成果という点では、大きな実績はまだ乏しいと言わざるを得ない。乗り越えるべき課題とは何なのだろうか……?(2015/11/16)

スイッチオンで即、農業IoT “ITかかし”が切り開く農業の新境地
ハードルが高い“農業×IoT”を、もっとカンタン、手軽に――。そんな思いから生まれた“21世紀のITかかし”が注目を集めている。このソリューションは、人手不足、後継者不足に悩む農家の救いになるのだろうか。(2015/10/15)

「Nexus 5X/6P」「Android 6.0」は何が変わったのか?――グーグルが説明
Googleが、Android 6.0のリリースに合わせて記者説明会を開催した。「Nexus 5X」「Nexus 6P」や新サービスを紹介したほか、日本未発表のAndroid Wearも展示した。(2015/10/7)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(7):
PR:せんぱい! せまーい密室で二人きりになりませんか?
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業で働くITエンジニア。転職を決意するも、美人上司と可愛い過ぎる後輩にあの手この手で阻止されて、今日もアンドロイド開発にいそしんでいます。(2015/10/1)

4000分超の大河歴史ドラマや特別映像を収録した『隔週刊 三国志DVD&データファイル』10月1日創刊
中国人民解放軍15万人、馬1万頭が撮影に参加した「三国志 Three Kingdoms」95話を全32巻にわたり完全収録。コーエーテクモゲームス、DeNAとのコラボ特典も付属する。(2015/9/30)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(2):
プールの“お掃除ロボ”でシェア1位! 自社製品でニッチ市場を制した下町企業の挑戦
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。第2回となる今回は大阪市此花区でポンプ関連製品の販売、メンテナンス事業などを手掛ける四柳だ。(2015/9/18)

有識者対談:
なぜGEは“システム思考”を全社に浸透できたのか?
あらゆる企業から経営のお手本とされる米GE。同社が今なお輝きを放ち続ける理由はさまざまだが、その一因として「システム思考」の実践が挙げられるという。具体的にどういうことなのだろうか……?(2015/9/17)

製造マネジメントニュース:
新規就農者育成を支援する、農業ICTソリューションを提供
NECソリューションイノベータは、新規就農者育成を支援し、地方創生に貢献する農業ICTソリューションの提供を発表した。新規就農者の学習・自立を支援し、営農指導者による技術指導の効率化を盛り込んだシステムになっている。(2015/9/3)

孫社長の“後継者”アローラ氏、約600億円相当のソフトバンク株を市場で買い付けへ
ソフトバンクグループは、副社長のニケシュ・アローラ氏が個人で、約600億円分の同社株を買い付けると発表した。(2015/8/19)

zenmono通信:
「東大阪に“こども金型職人”を生み出す発信基地を作りたいねん!」
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、中辻金型工業 総括部長の戸屋加代氏にお話を伺った。(2015/7/24)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。