ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「後継者」最新記事一覧

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
業績好調! 日高屋の「ちょい飲み」が成功した理由
ラーメンチェーン「熱烈中華食堂 日高屋」の業績が好調だ。特に近年は「ちょい飲み」ユーザーに支持されており、高収益の体質につながっている。(2017/4/25)

設計図などを“立体化”:
「HoloLens」導入で、建設業界はどう変わる?
日本マイクロソフトが小柳建設と協業し、「HoloLens」のビジネス活用に向けたプロジェクトを始める。(2017/4/20)

EMOハノーバー2017:
“世界一”の国際金属加工見本市「EMO」がインダストリー4.0の故郷で開催
ドイツの展示会運営会社ドイツメッセとそのパートナーである日本能率協会は、工作機械メーカーなどが出展する国際金属加工見本市「EMOハノーバー2017」の概要を発表した。開催規模は前回の2013年を上回り「世界一の工作機械展示会と言っても過言ではない」(オークマ 取締役 海外本部 本部長の山本武司氏)という。(2017/4/5)

先代の財産を力に:
家業を「ベンチャー」に 事業承継の新しい形
家業を引き継ぎながら新たなアイデアを取り入れて発展させる経営者がいる。既存の取引先との関係や会社の信用、保有資産を活用して新規事業に挑戦するスタイルは「ベンチャー型事業承継」として注目され始めた。(2017/3/24)

池田園子の「マーケ目線」 第4回:
「ボケない大阪移住プロジェクト」に学ぶ、“ツッコミ”から始まる好感度アップの方法
「ボケない大阪へ、ツッコメ」のキャッチコピーと、文字通り大阪の大地に頭から突っ込んだ人々を描いたインパクトあるポスターが話題を呼んだ「ボケない大阪プロジェクト」。企画に携わったNPO法人に話を聞いた。(2017/3/31)

世界を「数字」で回してみよう(40) 人身事故(最終回):
人身事故を「大いなるタブー」にしてはならない
「人身事故」という、公で真正面から議論するには“タブー”にも見えるテーマを取り上げた本シリーズも、いよいよ最終回となります。今回は、「飛び込み」を減らすにはどうすればいいのか、という視点を変え、「飛び込み」さえも構成要素として取り込む鉄道インフラシステムについて考えてみたいと思います。(2017/3/13)

出版不況の影響受け:
16年の書店倒産は25件 太洋社破産の連鎖倒産も
東京商工リサーチが、2016年の書店の倒産件数を発表した。(2017/3/9)

東京商工リサーチ調べ:
老舗企業の苦戦続く 6年連続で倒産企業の3割超占める
東京商工リサーチが、2016年の老舗企業と新興企業の倒産件数を発表した。(2017/3/9)

書店の倒産急増 16年は前年の1.5倍に 小規模事業者の苦境際立つ
東京商工リサーチによると、2016年に倒産した書店は25件と前年比1.5倍に急増した。(2017/3/8)

人工知能ニュース:
ディープラーニングで画像認識をお手軽に、狙いは製品検査含む「3M領域」
NTTコムウェアは、ディープラーニング技術を活用した画像認識プラットフォームを発売する。製造業の製品検査工程などでの活用を目指す。2017年度の売上高は5000万円を目指している。(2017/3/1)

スピン経済の歩き方:
地方の焼酎が、10年後に世界一になったワケ
熊本県で「世界一の焼酎」が売られていることをご存じだろうか。「川辺」という銘柄だ。創業115年の酒造がつくったものだが、なぜ世界一になることができたのか。背景を調べてみると、その老舗は以前から世界の常識・日本の非常識に取り組んでいて……。(2017/2/28)

1440億円でローソンを子会社化:
三菱商事が流通強化にアクセルを踏んでいる
三菱商事は1440億円を投じ、ローソンの持ち株比率を33.4%から50.11%に引き上げ、9日に子会社化した。同時に地方食品スーパーとの連携強化も進め、商社ならではの強みを生かして業界での巻き返しを狙う。(2017/2/27)

日産“脱カリスマ依存”なるか ゴーン氏の強烈なリーダーシップ、将来の懸念材料に
日産のカルロス・ゴーン社長が退任。会長としてルノーや三菱自動車との3社連合の規模拡大に集中する。ただ、ゴーン氏の強烈なリーダーシップに頼る構図は、将来の懸念材料になる恐れがある。(2017/2/24)

金正男氏暗殺容疑でマレーシア警察が女を逮捕 韓国情報機関は「北朝鮮が5年前から計画」と報告
胸に「LOL」と入ったTシャツを着た、ベトナム人を名乗る女が逮捕された。(2017/2/16)

超ナイスガイだったのに……金正男氏と“まさかの遭遇” 「撮影OK」にびっくり
まさか……。ニュース速報にビックリした。超ナイスガイだったのに……。(2017/2/16)

北朝鮮最高指導者の兄、金正男氏が空港で暗殺
女性工作員からの毒物噴霧により殺害されたとされているが、真相は究明中だ。(2017/2/15)

くにさきOYSTERの挑戦:
なぜヤンマーはカキ養殖に取り組むのか?
産業機械メーカーのヤンマーがカキの養殖に取り組んでいる。しかも産地は、これまでカキの生産実績がなかった大分県国東市だ。ヤンマーがカキ養殖に乗り出した理由、そこにはある男の強い思いがあったのだ。(2017/2/8)

平均年齢は61.19歳:
社長の年齢と業績の相関関係
2016年の社長の平均年齢は、前年より0.3歳上昇し61.19歳であることが、東京商工リサーチの調査で分かった。年齢と業績の相関関係を調べてみると……。(2017/2/3)

よみがえる「地球ゴマ」……「地球ジャイロ」誕生 精度高めた職人魂、1万8000円も人気殺到
一昨年夏に生産が途絶えた科学玩具「地球ゴマ」が、さらに精度を高めた“次世代”の新製品「地球ジャイロ」としてよみがえった。(2017/2/3)

経営陣の平均年齢は62.4歳:
セブン&アイ、フレッシュと言い難い新体制
セブン&アイグループの新経営体制が固まった。新体制は比較的高齢で、カリスマに長く依存した弊害から世代交代が難しくなっている内情もにじむ。(2017/1/18)

トップの退陣相次ぐ:
日本でプロ経営者が定着しないワケ
企業を渡り歩きトップを務める“プロ経営者”の退陣が平成28年も相次いだ。なぜ日本ではプロ経営者が根付かないのか。ヘッドハンティングを主力業務とする「ヘッドハンター」のサーチファーム・ジャパンの武元康明会長と読み解く。(2017/1/17)

Appleに加えMicrosoft、GoogleもFlash排除へ
「Flashの終わり」をセキュリティ専門家が願う“切実な理由”
Googleが状況に応じてFlash形式のコンテンツの再生をブロックする方針を打ち出し、Microsoftも同じ方針で臨む考えだ。こうした動きはFlashの“終わり”を早めるだろうと専門家は指摘する。(2017/1/5)

頭脳放談:
第199回 時代は再び真空管へ?
いまや真空管を見かけることはほとんどない。しかし、電気的な性能でトランジスタに負けていたわけではない。カリフォルニア大学サンディエゴ校が新しい真空管(?)を開発したという。その特徴は……。(2016/12/21)

高齢化社会の課題に取り組んだエンジニアたち――「JDA 2016」
「第11回 ジェームズ ダイソン アワード 2016」(以下、JDA)の国内表彰式が開催された。今年は、“高齢化社会”の課題に取り組んだ作品が国内審査の1位と2位を占めた。どちらも製品化を目指して改良中だ。(2016/12/13)

前作との違いは:
映画『デスノート』脚本家 今だから語る秘話
最新映画『デスノート Light up the NEW World』が注目されている。作品の中で、脚本家の真野勝成氏はどのような点にこだわったのか。普段あまりメディアで語ることのない真野氏が、本作について脚本家目線で語ってくれた。(2016/12/7)

続・企業CSIRTの最前線:
急増するCSIRT、立ち上げ後に考えたい次なるステップへの視点
企業ではCSIRTを設立する動きが広まる。新たに立ち上げたCSIRTが活動を推進していく上で考えておきたいポイントはどのようなものだろうか。日本シーサート協議会での取り組みをもとにまとめてみたい。(2016/11/21)

「農業女子」向けの下着、ワコールが発売 農水省と共同開発
ワコールは農業に従事する女性向けの下着を来年2月から販売する。(2016/11/11)

IT導入完全ガイド:
事例でつかむ! 「マニュアル作成ツール」7つの活用ポイント
これまでWordやExcel、PowerPointなどを使い、時間と労力をかけて作成していた業務マニュアル。だが近年、簡単・迅速に作成し、配布やメンテナンス作業も含めて解決する「業務マニュアル作成ツール」の導入例が増えている。本稿では、業務マニュアル作成ツールを導入した企業の事例を紹介しながら、導入メリットなどについて詳しく解説する。(2016/10/25)

うおおおおおお! 松山ケンイチ、デスノート新作映画で8年ぶりに「L」を演じる
「やはり私は間違ってなかった…が……ま……」の意図が明かされるのか?(2016/10/7)

キャリアニュース:
年収1000万円以上の転職――採用が多いのは外資系・大手企業
転職サイト「ミドルの転職」が「年収1000万円以上の転職実態調査」の結果を発表した。年収1000万円以上のポジションで採用が多いのは、外資系・大手企業の本部長クラス。既存事業拡大のためにスペシャリストを募集するケースが多いようだ。(2016/9/27)

廃墟遊園地「化女沼レジャーランド」が引き取り手を募集中 かつては年間20万人が訪れた人気レジャー施設
閉園後も当時の遊具がそのまま残っており、廃墟マニアの聖地として一部では有名でした。(2016/9/18)

伊藤園や中古車販売のIDOMが総力戦で挑む変革とは?
ビジネス環境が目まぐるしく変化する中、企業がさらなるビジネス成長を遂げるためには全社一丸となった総力戦が不可欠だ。本稿では伊藤園やIDOMの取り組み事例を紹介する。(2016/9/16)

東芝とアルパイン、産業用ドローンを用いたインフラ点検
東芝とアルパインが、産業用ドローンを用いた電力インフラの巡視点検サービスにおける提携関係構築に合意した。(2016/9/5)

空白の10年に迫る…… 「デスノート」最新映画につながるオリジナルドラマ3作がHuluで配信決定
3人の主人公、3つの物語。(2016/8/10)

映画「デスノート」最新作にスタイリッシュ死神“アーマ”現る!
めっちゃ高貴そう。(2016/8/5)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
無名な店ばかりなのに、客が集まる商業施設が浅草にあった
消費者の目が厳しくなった今、単に安くて良いものが買えるというだけでは繁盛店にはなりません。そうした中、昨年12月に開業したばかりの東京・浅草の商業施設は、なぜ連日のように大勢の人たちで賑わっているのでしょうか。その理由を探ります。(2016/7/28)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
中川政七商店が考える、日本の工芸が100年先も生き残る道とは?
全国各地の工芸品を扱う雑貨屋「中川政七商店」が人気だ。創業300年の同社がユニークなのは、メーカーとしてだけでなく、小売・流通、そして他の工芸メーカーのコンサルティングにまで事業領域を広げて成功している点である。取り組みを中川淳社長が語った。(2016/7/20)

何やこの女神…… 武田玲奈の表情豊かなサイレント動画が圧倒的かわいさ
「かわいすぎか」「でれかわいい」などの声多数。(2016/6/30)

Weekly Access Top10:
たまに行くならこんなダム
略して「たまダム」。(2016/6/27)

Pepperが優れた経営判断をするようになったら、孫社長はどうする?
「もしPepperが、ご自身よりも優れた経営判断をするようになったら、孫社長はどうする?」――ソフトバンクグループの株主総会で、孫社長がこんな質問に答えた。(2016/6/23)

Pepperが次期社長になる可能性も?――孫正義氏が社長続投を決めた理由
「さらに毛が抜けた」と孫氏が言うほど悩んだ社長続投。次期社長の最有力候補だったニケシュ・アローラ氏には「申し訳ない」と話したという。当初は60歳までと考えていたソフトバンクグループ社長の続投を決めた理由とは――。(2016/6/22)

退任したアローラ氏、役員報酬は64億円 最高額更新
ソフトバンクグループの副社長を退任したニケシュ・アローラ氏の役員報酬額は過去最高を更新した。(2016/6/22)

孫社長「悩んでさらに毛が抜けた」 “後継者”アローラ氏退任の理由を語る
ソフトバンクグループの孫社長は、“後継者”ニケシュ・アローラ氏の退任について「とても悩んだ」と明かした。「シンギュラリティ」を迎えるに当たり、「あと5年、10年は社長でいたい」と考えを変えたという。(2016/6/22)

ソフトバンク退任のアローラ氏、「マサとは今でもお互いを敬愛している」とツイート
ソフトバンクが代表取締役副社長のニケシュ・アローラ氏の退任を発表した後、アローラ氏は自身のTwitterアカウントで約3時間にわたってフォロワーからの質問や激励に答えた。(2016/6/22)

孫社長の後継者候補、ニケシュ・アローラ副社長が退任
ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ副社長が6月22日の株主総会をもって代表取締役と取締役を退任する。ニケシュ氏は孫正義氏の後継者候補だったが、当面は孫氏が社長を継続する。(2016/6/21)

ソフトバンク孫社長の後継者・アローラ氏が退任 トップ交代時期の意向に隔たり
ソフトバンク孫社長の後継者・アローラ氏が退任へ。(2016/6/21)

スピン経済の歩き方:
「角栄ブーム」で得をするのは、誰なのか
「角栄ブーム」の勢いが止まらない。石原慎太郎さんの『天才』は70万部を突破。昨年から書店だけではなくコンビニ本などでも刊行ラッシュが続いている。過去にも大物政治家ブームは何度かあったが、なぜこのタイミングで「角栄ブーム」が起きているのか。(2016/6/7)

船越英一郎、お前もか! 「デスノート」最新作で最高裁判事のノート所有者役
最高裁判事にしてデスノート所有者というチートな役柄。(2016/6/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
ISとアルカイダが合併? 最恐テロ組織が誕生する可能性
イスラム原理主義勢力タリバンのリーダーが、米軍の爆撃で死亡した。このニュースは世界中で大きく取り上げられたが、日本ではあまり大きく報じられていない。ただ日本も、テロの脅威に対して、対岸の火事だと片付けるべきではない。なぜなら……。(2016/6/2)

高校のない町にネットの力で新たな教育環境を 「N高」と連携した「Nセンター」、地方に開設
通信制高校「N高校学校」と連携したネットを活用した教育拠点「Nセンター」が全国3カ所に開設する。高校のない地域に高校相当の教育を届け、キャリア教育や進路選択に関する情報も提供する。(2016/5/27)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。