ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「ThinkStation」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ThinkStation」に関する情報が集まったページです。

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
“ミレニアル世代”のワークスタイルに合わせたデバイスの選び方とは?
テクノロジーの活用には、世代によって大きな違いが存在する。今後、職場の大多数を占めることになるミレニアル世代に焦点を当て、職種ごとに求められるテクノロジーやデバイスの選び方を紹介する。(2018/6/13)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
専門職の生産性を高めるには? 世代で異なるデバイスの好みと活用法
専門性の高い業務に従事し、最先端のテクノロジーを必要とする専門職にとって、デジタルデバイスが業務の効率化に果たす役割は大きい。そんな彼らが求めるデバイスの要件には、世代ごとに違いがあるという。(2018/6/12)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
世代別に見る、デスクワーカーに最適なデバイスの条件
組織内業務を主とするインターナルワーカーだが、そうしたスタッフに利用されるデバイスに求められる要件は、世代ごとに明確な違いがあるという。ミレニアル、ジェネレーションX、ベビーブーマーという3世代の違いとはどのようなものか。(2018/6/12)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
モバイルワーカーが求めるコンピューティング、その要件に世代間の差はあるか?
多くの組織では、そこに従事するスタッフに対し、職務内容に応じた多様な働き方を用意している。その中でも機動性を重視するモバイルワーカーだが、こうした層が求めるコンピューティングの要件は、意外なことに世代別に違いがあるという。(2018/6/12)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
1960年代半ば〜1970年代生まれの特徴は? 世代で見るテクノロジー活用の傾向
1960年代半ばから1970年代生まれを、ジェネレーションX世代と呼ぶ。キャリアの早い段階から、インターネットやモバイルなど、さまざまなテクノロジーに慣れ親しんできた彼らが求めるコンピューティングの要件とは何か。(2018/6/12)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
世代で分かれるデバイス活用の傾向――「ベビーブーマー」の場合は?
1946年から1964年ごろに生まれた世代のことを、米国では「ベビーブーマー世代」と呼ぶ。現在、多くの組織で管理職や専門職を担う彼らの生産性と効率性を最大限に引き出すため、どのようなデジタルデバイスが求められているのか。(2018/6/12)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
「誰でもすぐ使える」は本当? Web会議専用デバイスを実際に使って試してみた
Web会議の導入効果を実感できない企業の多くが、システムの使い勝手に不満を抱えている。従来の対面会議に劣らない効率化を実現するには、リテラシーにかかわらず全てのユーザーが満足できる、使用感に優れた専用デバイスが有効だ。(2018/5/25)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
1台でスマート会議室を実現、画面共有も楽々のWeb会議専用デバイスとは?
働き方改革の後押しもあり需要が増すWeb会議だが、足を運ばずやりとりできる反面、準備の手間や音声品質の低さから生産性が落ちる場合もある。こうした問題を解決し、Web会議の効率化を実現する専用デバイスの魅力に迫る。(2018/5/25)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー:
PR:低コストで小規模なミーティングスペースを有効活用する方法
ビデオ会議の増加に伴い、小規模なミーティングスペースの価値が見直されている。しかし、小規模なミーティングスペースは設備が整っておらず、その価値を発揮できないケースが多いという。これを有効活用する方法とは?(2018/5/24)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
低コストで小規模なミーティングスペースを有効活用する方法
ビデオ会議の増加に伴い、小規模なミーティングスペースの価値が見直されている。しかし、小規模なミーティングスペースは設備が整っておらず、その価値を発揮できないケースが多いという。これを有効活用する方法とは?(2018/5/24)

PR:「会社のWeb会議システム環境を改善せよ!」 働き方を改革したがる上司のむちゃぶりに応えるには?
(2018/4/9)

PR:「Web会議」で生き残る会社、生き残れない会社 あなたはどっち?
(2018/3/30)

PR:Web会議をもっとスムーズにしたい! スマート会議を実現する「ThinkSmart Hub 500」の実力
(2018/3/30)

レノボ、最大18コア対応のXeon Wを採用したデスクトップWS
レノボ・ジャパンは、Xeon Wプロセッサの搭載に対応したメインストリーム向けデスクトップWS「ThinkStation P520」など3機種を発表した。(2018/2/13)

最大56コア/112スレッドのデュアルXeonを搭載可能な「ThinkStation P920」に課せられた役割とは
レノボ・ジャパンがハイエンドワークステーション「ThinkStation P920」と「ThinkStation P720」を投入した。実機の概要を見ていこう。(2017/11/9)

レノボ、最大56コア構成も可能なデュアルXeon対応ハイエンドWS「ThinkStation P920」
レノボ・ジャパンは、Skylake-SP世代の最新Xeonを標準で搭載するハイエンドワークステーション「ThinkStation P920」など2製品を発表した。(2017/11/7)

レノボ、超小型なワークステーション「ThinkStation P320 Tiny」を発表
レノボ・ジャパンは、ISV認証済みの超小型ワークステーションを発売。NVIDIA Quadro P600を搭載可能で、製造・建築分野の設計やデジタルコンテンツ制作など、幅広い用途に訴求していく。(2017/7/21)

レノボ、1Lボディーのワークステーション「ThinkStation P320 Tiny」を発売 外部GPU搭載構成もあり
レノボ・ジャパンが、コンパクトなデスクトップワークステーションを発売した。ISV認証済みワークステーションとして世界最小となる、「NVIDIA Quadro P600」搭載の構成も選択可能だ。(2017/7/20)

CADニュース:
高性能GPU搭載ワークステーションの組み込みモデルを発売
GDEPソリューションズは、レノボ・ジャパンのワークステーション「ThinkStation」シリーズに、グラフィックスボード「ELSA GeForce」シリーズを搭載した、ゲーム開発およびVRアプリケーション向けの組み込みモデルを発表した。(2016/7/15)

レノボ、Xeon E5を標準搭載したミドルレンジWS計2シリーズを発売
レノボ・ジャパンは、Xeon E5-1600 v4シリーズの搭載に対応したミドルレンジクラスモデルとなるデスクトップWS「ThinkStation P410」「同 P510」を発表した。(2016/7/6)

Lenovoのプリインストールアプリに重大な脆弱性、アンインストール呼び掛け
セキュリティ企業に重大な脆弱性を指摘されたことを受け、プリインストールアプリのアンインストールを促した。(2016/6/3)

レノボ ThinkStation P710/P910:
安心してCAD設計業務が行えるハイエンドワークステーション
レノボ・ジャパンは、法人向けハイエンドワークステーション「ThinkStation P710/P910」の販売開始を発表した。(2016/5/24)

レノボ、最大22コア構成にも対応したハイエンドWS「ThinkStation P710/P910」
レノボ・ジャパンは、Xeon E5-2600 v4ファミリーを2基まで搭載可能な高機能デスクトップWS「ThinkStation P710」「同 P910」を発表した。(2016/5/17)

2016年PC/タブレット春モデル:
モバイルワークステーションも“Yoga”へ――「ThinkPad P40 Yoga」など4機種
レノボ・ジャパンは、用途によって形を変えられるマルチモード対応の14型モバイルWS「ThinkPad P40 Yoga」や、エントリークラスWS「ThinkStation P310 Tower」など、新製品計4機種を発表した。(2016/1/19)

メーカー別のサポート情報:
「Windows 10」無料アップグレード対応PCまとめ
今使っているPC/タブレットに「Windows 10」をインストールしても問題ない?(2015/7/27)

Lenovo製品のアップデート機能に深刻な脆弱性、更新版で対処
公衆無線LANなどを通じて通信に割り込む中間者攻撃を仕掛け、Lenovoの実行可能ファイルを不正な実行可能ファイルに入れ替えることも可能だったという。(2015/5/7)

“エアーバッフル”で空冷強化:
さらに進化した冷却機構をハイエンドWSに導入──レノボ「ThinkStation P900/P700」を発表
新登場のデスクトップWSは、従来よりさらに高度な能力を求める「ウルトラ・ハイパフォーマンス」で活躍する。その性能を実現するために導入した新機軸とは。(2014/11/6)

3Dモデリングコンテスト:
「夏といえば?」をカタチに、「3Dモデラボ コンテスト 〜2014夏〜」結果発表
総データ数156(全144作品)と非常に多くの作品が寄せられた「3Dモデラボ コンテスト 〜2014夏〜」の審査がようやく完了した。果たして3Dプリンタやワークステーションが贈られる優秀賞は誰の手に!?(2014/9/29)

レノボ、新設計のPCケースで拡張性アップ「ThinkStation P500」
搭載するのは最新の“Haswell-EP”世代Xeon。これに、Quadroシリーズ、または、Teslaという強力布陣のワークステーションが登場する。(2014/9/17)

3Dモデラボ コンテスト 〜2014夏〜連動特別企画:
PR:構想設計に最適な「PTC Creo 3.0」の強化ポイント――アイデアを形にしコンテストへ応募しよう!!
頭の中にあるアイデアを、設計に落とし込む際に重要となる「構想設計」。「PTC® Creo®」であればイメージを具現化する構想設計が容易に行えるだけでなく、詳細設計との連携も可能だ。その最新版「PTC Creo 3.0」では、さまざまな機能強化とともに使い勝手が大幅に向上しているため、初めて触る方や初心者にも最適だ。(2014/8/4)

3Dモデラボ通信(4):
ノートPCやタブレット端末で手軽に3Dスキャン――そして時代は変わる?
3Dモデルデータ共有サービス「3Dモデラボ」事務局です。今回は「3Dモデラボ コンテスト 〜2014夏〜」参加者向けの「PTC Creo勉強会」のお知らせと「モデラボBLOG」の紹介。そして、人気クリエーターランキングを発表します(集計期間:2014年7月8日〜7月21日)。(2014/7/22)

レノボ、Xeon対応の法人向けエントリーWS「ThinkStation P300」
レノボ・ジャパンは、法人向けとなるエントリークラスのデスクトップWS「ThinkStation P300」を発表した。(2014/6/3)

レノボ、新デザイン筐体を採用したXeon E3対応のエントリーWS「ThinkStation E32」
レノボ・ジャパンは、最新のXeonプロセッサ搭載に対応したエントリーWS「ThinkStation E32」シリーズを発表した。(2013/9/3)

レノボ、8万円台からのCore i3/Xeon搭載対応エントリーWS「ThinkStation E31」
レノボ・ジャパンは、エントリークラスモデルとなるデスクトップ型ワークステーション「ThinkStation E31」「ThinkStation E31 SFF」を発表した。(2012/5/29)

レノボ、Xeon E3/E5の搭載に対応したデスクトップ型WS計3モデル
レノボ・ジャパンは、同社製タワー型ワークステーション「ThinkStation」シリーズにXeon E3/E5シリーズに対応した新ラインアップを追加した。(2012/4/10)

レノボ、“Xeon E3”シリーズに対応したエントリー向けWS「ThinkStation E30」
レノボ・ジャパンは、同社製エントリー向けワークステーション「ThinkStation E」シリーズの新モデル「ThinkStation E30」を発表。最新のXeon E3シリーズを利用可能だ。(2011/5/17)

10万円級サーバで何ができる?──ThinkServer TS200vを手軽に使う
サーバというと、導入やら運用やらでなにかと費用と手間がかかる印象がある。だが、専属管理者がいない小規模オフィスでもTS200vなら大丈夫、というがどうかな?(2010/10/28)

まるで雲をつかむような話:
「Lenovo JAPAN Partner Council 2010」の会場でThinkPad Edge 11”に迫る
レノボ・ジャパンは、販売パートナーに向けたイベント「Lenovo JAPAN Partner Council 2010」を行い、2010年における業績や、今後の事業展開について説明した。(2010/10/6)

仕事だってガシガシできます:
仕事で使う“フォトフレームPC”「ThinkCentre M90z」の使い勝手とは?
レノボ・ジャパンの「ThinkCentre」シリーズは、ビジネス重視のイメージがある。そのラインアップに液晶一体型最上位モデルが登場。現場での使い勝手はいかに?(2010/8/23)

「ただのグラフィックスカードじゃない」というQuadroの実力を見せつける
2010年7月末に登場した“Fermi”世代のQuadroは、従来世代から大幅に性能を向上させた。企業導入率90%というQuadroの実力を米本社幹部がアピールする。(2010/8/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
“兄貴”復活「レノボ祭り in 秋葉原」――レノボ製品が勢ぞろい
秋葉原UDXの2階でユーザーイベント「レノボ祭り in 秋葉原」が開かれた。そこにはレノボのハッピを着た土居憲太郎氏の姿があった。(2010/7/25)

デュアルCPU仕様でクラス最小のボディ:
レノボ、最大“16モニター”仕様にもできる省スペースなパワフルWS「ThinkStation C20/C20x」
レノボ・ジャパンは、Xeon 5600番台を搭載するワークステーション「ThinkStation C20/C20x」を投入。パワフルなデュアルCPU仕様ながら、高度にエアフローを考慮したクラス最小の省スペースボディを特徴とする。(2010/6/22)

レノボ、ミニタワー筐体採用のエントリーWS「ThinkStation E20」
レノボは、エントリークラスモデルとなるミニタワー筐体採用ワークステーション「ThinkStation E20」を発表した。(2010/2/9)

異国で80台のThinkPadを2週間ごとに接続する
10月4日に本戦が行われたF1日本グランプリで、レノボが支援するマクラーレン・メルセデスが3位に入賞した。彼らを支えるレノボのシステムと“苦労”に迫る。(2009/10/10)

“Think”のノウハウをワークステーションに凝縮──「ThinkStation S20」の内部に迫る
レノボの「ThinkStation」は、HPCで求められる高い信頼性とメンテナンス性はもちろん、ワークスペースで必要な「もう1つ」の特徴を備えていたのだ。(2009/7/14)

Lenovo、「パーソナルスーパーコンピュータ」にもなるワークステーション発表
LenovoのThinkStation新モデルはIntel Xeonプロセッサを搭載、パーソナルスーパーコンピューティング用に構成することも可能だ。(2009/3/25)

独自ソフトウェアで導入・運用を支援:
レノボ・ジャパン、中小企業向けサーバを投入
(2008/10/29)

「IBMから買い取った事業ではありません」──レノボ、ThinkStation仕様公開
レノボが投入する初のワークステーションブランドが発表されてから2カ月が経ち、ようやくその仕様が公開された。(2008/1/22)

Lenovo、初の独自Thinkブランド「ThinkStation」
LenovoがIBMのPC部門買収以来初めて、独自のThinkブランドを発表。ワークステーションを2008年1月に発売する。(2007/11/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。