ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「下取り」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「下取り」に関する情報が集まったページです。

総務省が「モバイルサービス・端末」と「MNP」のガイドライン改定案を公表 意見募集中
総務省が「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」「携帯電話・PHSの番号ポータビリティの実施に関するガイドライン」の改定案を公表。これに伴い、6月7日から各案について意見(パブリックコメント)を募集している。(2018/6/7)

半径300メートルのIT:
ついにパスワードにさよならの時? それでも手放しで喜べないわけ
ヤフーとソフトバンクがパスワードなしのログイン機能を発表し、とうとうパスワードにさよならの時が来たかと思った人、ことはそう単純ではありません……。(2018/5/22)

「料金プラン」「ZTE問題」「楽天」「ブロッキング」――KDDI決算説明会 一問一答
KDDIが2017年度の通期決算を公表した。高橋誠社長が就任してから始めて行われた決算説明会における質疑応答の模様を簡単にまとめる。(2018/5/10)

Mobile Weekly Top10:
総務省が考える“契約縛り”の問題点/国内でも影響が出始めた「ZTE制裁」
総務省の「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」が報告書案をまとめました。これに基づいて、同省は大手通信事業者に対して行政指導(または要請)を行うものと思われますが、特に注目すべきは「契約縛り」です。(2018/5/7)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが段階制の料金プランを導入する狙い auピタットプランとの違いは?
ドコモが、使ったデータ量に応じて4段階に料金が変動する「ベーシックパック」と「ベーシックシェアパック」を導入する。多くのユーザーがお得になるよう設計されている。なぜ、このタイミングで新料金プランの導入に踏み切ったのか?(2018/4/28)

サブブランド優遇、2年縛りなど各種問題点の結論は? 総務省が“報告書”を公開
総務省は4月20日、「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の第6回を開催。過去5回に渡る討議の論点がまとめられた「報告書(案)」が公開された。今回の会合では報告書(案)の内容が説明され、構成員が意見交換を行った。(2018/4/23)

モバイル通信市場の「公正競争」促進には何が必要? 総務省の検討会が論点整理
2017年度内に開催されると思われた「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の第5回会合が、年度をまたいで4月9日に行われた。総務大臣への提言にむけた論点整理が行われたが、その「論点案」は多岐に渡る。(2018/4/10)

メルカリ、中古スマホ売買に注力 iPhoneで「下取りよりお得」な例も
メルカリが中古スマホ売買に注力。iPhoneでは「大手キャリアへの下取りよりもお得」な例もあるという。(2018/4/10)

「ライカ認定中古カメラ」販売へ 認定技術者が50項目の点検整備
ライカカメラジャパンは「ライカ認定中古カメラ」の販売を開始する。(2018/3/16)

サイコム、Crucial製SSDが5000円引きされる「春の新生活応援キャンペーン」
サイコムは、同社製BTOデスクトップPC購入者を対象とした「春の新生活応援キャンペーン」を開始した。(2018/3/7)

Apple、「ガラケーからiPhoneへ」キャンペーン 下取り価格増額も
Appleが「ケータイユーザーのみなさん。さあ、iPhoneへ。」と題したキャンペーンを展開中。テレビCMも流している。(2018/2/28)

携帯下取りサービス、日本より米国の方が利用意向あり MMDの調査から
MMD研究所の「日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査」によると、携帯電話の下取りサービスの利用意向は日本61.1%、米国69.4%に。米国は中古端末に寛容な回答が集まり、意識の差が明らかとなった。(2018/2/26)

石野純也のMobile Eye:
端末を交換できなくなったFREETELの「とりかえ〜る」 救済措置はあるのか
POMが経営破綻し、楽天がMVNO事業、MAYA SYSTEMが端末事業を引き継いだ。一件落着を迎えたかのように見えるが、じつは「とりかえ〜る」の利用者が中ぶらりんになっている。楽天とMAYA SYSTEMの双方が、POMからとりかえ〜るを受け継いでいないためだ。(2018/2/24)

スマートフォン利用率は日本77.9%、米国93.0% 日本の中古端末購入率は4.5%に
MMD研究所がオークネット総合研究所と共同で実施した「日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査」の結果を発表した。スマートフォンの利用率は日本77.9%、米国93.0%となり、日本の中古端末購入率は4.5%と016年4月から2.7ポイントアップしたという。(2018/2/7)

Mobile Weekly Top10:
日本でモバイル決済が普及しない理由/ドコモのAndroid TV STB
日本ではモバイル決済があまり普及していません。一体なぜなのでしょうか?(2018/2/2)

定期契約の“自動更新”が競争を阻害? 大手キャリアの考えは?
大手キャリアの基本プランは、1〜3年の「定期契約プラン」が基本だ。このプランの「自動更新」について、一部のMVNOが「他社への乗り換えを妨げとなっている」と主張している。当の大手キャリアはどう考えているのだろうか?(2018/1/30)

「海外」に流出? 大手キャリアの「下取りスマホ」の行方
他の先進国と比べて「中古携帯電話端末市場」の立ち遅れが指摘される日本。その原因の1つとして、大手キャリアが下取りした端末の「海外流出」が挙げられている。大手キャリアは、下取りしたスマートフォンをどのように扱っているのだろうか。(2018/1/23)

「サブブランド」「2年縛り」「SIMロック」――MVNO3社が語る“公正競争”の課題
2017年12月下旬に総務省が立ちあげた「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」。この記事では、第2回会合においてMVNO3社が指摘した「競争上の課題」をまとめた。(2018/1/17)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(9月編):iPhoneのトップ10制覇を阻んだアノ機種
アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。9月はiPhoneが発表される「お祭り」の月。2017年は3つのiPhoneが発表され、大いに業界をにぎわせてくれました。(2017/12/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
思わず乗り換えたくなる! ワインレッドカラーの「Galaxy S8」
2017年にロングセラーとなった「Galaxy S8/S8+」。海外では6色展開ですが、韓国はブルゴーニュレッドが追加されました。ワインの産地で有名なブルゴーニュの名前を冠するだけあって、深みのある落ち着いた色合いです。(2017/12/28)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(6月編):孫社長の「訪日旅行客向けWi-Fi」不要論/キャリアの「MNP優遇」再び……?
ソフトバンクグループの孫正義社長の「訪日外国人向けWi-Fiサービスは不要」という旨の発言が注目を集めた6月。賛否両論を集めましたが、海外旅行中の通信手段についていろいろ思いを巡らせるきっかけになりました。(2017/12/25)

石野純也のMobile Eye:
大手キャリアの“逆襲”が目立った2017年/MVNOは「勝ち組」「負け組」が明確に
2017年は大手キャリアにとって「逆襲の1年」だった。大手3社の解約率は大幅に下がり、MVNOへの流出は止まりつつある。その影響を受け、MVNOは成長が鈍化するところや、事業が破綻するところも出た。(2017/12/23)

受注は好調:
マツダCX-8 乗ってみて感じたプラスαの価値
マツダの新型SUV「CX-8」の受注が好調。3列シートSUVの狙いと価値とは何か。試乗して体感した。(2017/12/15)

中古携帯の動向を追う:
急成長を遂げる中古携帯市場 課題は「参入障壁」と「ユーザー心理」
急成長を遂げている日本の中古市場。今後成長する上で鍵を握るのは? 今回は中古携帯市場の現状と課題を掘り下げます。(2017/12/7)

高いセキュリティと経済性を提供:
“シリコンレベルの信頼性”を備える――HPE、AMDのEPYCプロセッサ搭載サーバ「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表
Hewlett Packard Enterprise(HPE)は「HPE Gen10」サーバの新モデル「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表した。AMDの「EPYC」プロセッサを搭載し、最適なパフォーマンスとセキュリティを提供するとしている。(2017/11/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
顧客優先か労務管理優先か? ハイラックス復活の背景
トヨタが13年ぶりにハイラックスの国内販売を再開した。世間一般には国内再投入の理由はおろか、そもそもなぜハイラックスの国内販売が中止されたのかすら知らないだろう。そこには何があったのだろうか?(2017/11/20)

予約なしでiPhone Xをゲットするために準備しておくこと
発売日当日ゲットは可能なの? 購入前に何を準備しておくべき?(2017/11/2)

携帯市場、iPhone 8ほか3機種の買取価格1万円アップキャンペーンを実施
携帯市場は「iPhone 8」「iPhone 7 Plus」「iPhone 7」の3機種を通常買取価格より1万円アップするキャンペーンを実施。同社が運営する中古携帯の買取サイト「携帯電話買取.com」、「スマートフォン買取.jp」、中古携帯販売店「携帯市場」の3店舗で行う。(2017/11/1)

ソフトバンクの「iPhone X」は一括13万〜14万円台 半額サポート適用で実質2万円台〜
ソフトバンクが「iPhone X」の価格を案内。一括だと13万〜14万円台。「半額サポート for iPhone」を適用すると、実質価格は2万7000円〜4万920円になる。(2017/10/20)

「iPhoneは強いと再認識」 榛葉副社長に聞く、ソフトバンクのモバイル戦略
iPhone 3GからiPhoneを扱ってきたソフトバンクでは、必然的に“iPhone商戦”に力が入る。2017年はiPhone 8/8 Plusの発売に合わせ、「半額サポート for iPhone」や50GBの「ウルトラギガモンスター」を発表。同社のモバイル戦略を、iPhoneを中心に榛葉淳副社長に聞いた。(2017/10/20)

ソフトバンクのAndroidも実質半額に 「半額サポート for Android」
ソフトバンクが「半額サポート for Android」を提供する。iPhone向けと同じ内容で、分割払いの半分が免除される。(2017/10/17)

PR:ワークスタイルに“快”をもたらす「VAIO Pro」という選択
企業の働き方改革を推進するうえで、多様なワークスタイルに対応できるクライアントPCの選定は重要だ。ビジネスニーズを追求した末に誕生したVAIOの新たなPCソリューションの提供価値に注目する。(提供:VAIO株式会社)(2017/10/17)

PR:新iPhone、ランニングコストで選ぶなら「au」がお得な理由
新しいiPhoneを使う上で重視したいのがランニングコスト。機種代と通信料を含めたランニングコストは、auが特にお得なのだ。その理由は「新料金プラン」にある。どれだけ安いのかをチェックしていこう。(提供:KDDI)(2017/10/13)

中古携帯の動向を追う:
「iPhone 8」発売が中古携帯業界に与える影響
「iPhone 8/8 Plus」は総務省の新指針対象となり、6s/6s Plusの下取り金額やSIMロック解除のルール緩和などによって、さまざまな影響を及ぼしそうです。中古携帯業界にとって大きな転換点となるのでしょうか。(2017/9/29)

石川温のスマホ業界新聞:
13ヶ月後の機種変更で4万ポイントを付与するNTTドコモ――吉澤社長「実質の価格は最も安いiPhone 8になる」
9月22日、大手キャリア各社は旗艦店で「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の発売記念イベントを開催した。各社の社長が囲み取材に応じる中、NTTドコモの吉澤和弘社長は何を語ったのだろうか。(2017/9/29)

Mobile Weekly Top10:
ランキングをiPhone関連記事が独占!/auの新iPhoneはVoLTE専用
今回の週間アクセスランキングは、トップ10を全てiPhone関連の記事が占めました。(2017/9/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタGRカンパニーとは何か?
トヨタは2016年4月、巨大な組織を7つのカンパニーに分割。その1年後、予想外の部署が新たなカンパニーとして加えられた。それが「GAZOO Racing Company」(GR)だ。(2017/9/25)

ドコモ、au、ソフトバンクがiPhoneの下取り価格を改定 従来より安く
ドコモ、KDDI、ソフトバンクがiPhoneの下取り価格を変更。改訂日は9月18日または22日。iPhone 8/8 Plus購入のタイミングでは従来より安くなる。(2017/9/18)

iPhone 8/8 Plus/X どれを買う? ITmedia Mobile編集部の場合
「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」が発表されました。今回はどのモデルが買いなのでしょうか? ITmedia Mobile編集部3人のコメントをまとめました。(2017/9/17)

ドコモ、最新iPhoneに「機種変更応援プログラム」適用
NTTドコモが「機種変更応援プログラム」の対象端末にiPhone 8/8 Plus/Xを追加。(2017/9/15)

auのiPhone 8/8 Plusの価格が決定 一括9万1440円(税込)から
au(KDDIと沖縄セルラー電話)の直営店における「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の販売価格が決定。新サービスや購入促進プログラムも実施する。【追記】(2017/9/15)

ドコモのiPhone 8/8 Plus価格発表 実質3万円台(税込)から
ドコモが「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の価格を発表した。一括価格は8万円台後半、実質価格は3万円台前半から(いずれも税込)。各種キャンペーンも実施する。(2017/9/15)

次期iPhoneはどうなる?:
新型iPhoneの「価格」「ネットワーク」は? 「SIM」目線で気になるところは?
新iPhoneが日本で発売されたときに注目したいのが、通信キャリアの施策。価格はキャリアがコントロールするところでもあるが、2017年はどうなる? 通信速度の高速化や、MVNOとの関係も気になるところ。(2017/9/12)

サイコム、Ryzen搭載モデルを一律1万5000円引きするキャンペーン 10月22日まで
サイコムは、Ryzenを採用した同社製BTO PCの値引きを行う「AMD Ryzen モデル一律 15,000 円引きキャンペーン」を開始した。(2017/9/8)

中古スマホを大量買い取り&再生 ゲオの「名古屋プロセスセンター」に潜入してきた
2017年8月から本格稼働しているゲオの「名古屋プロセスセンター」。スマートフォンの大量買い取り・商品の再生とEC化率アップを推進することが狙いです。このプロセスセンターの内部を見てきました。(2017/8/31)

中古携帯の動向を追う:
総務省の新ガイドラインが中古携帯業界に与える影響
実質0円の廃止や長期利用ユーザーの優遇などで大きく変動している携帯電話業界。中古業界にはどのような影響を及ぼすのでしょうか? これまでの経緯を確認しながら解説していきます。(2017/8/28)

石川温のスマホ業界新聞:
アップルが日本市場で「ガラケーからiPhone」乗り換え施策を展開――キャンペーン終了日の9月12日は何を意味するのか
Appleが日本独自の「ケータイからiPhoneへの乗り換えCM」を流し始めた。それに合わせてApple Storeにおけるケータイの下取り価格が期間限定で値上げされているが、そのキャンペーンが「9月12日」まで。一体、どうしてなのだろうか。(2017/8/18)

ドコモ、iPhone 7/7 Plus(256GB)の月々サポート増額 FOMAから機種変更で大幅割り引きも
ドコモがiPhone 7/7 Plus(256GB)の月々サポートを増額している。FOMAからiPhone 7/7 Plus(32、128、256GB)への機種変更で端末購入サポートを付ける施策も実施。どちらも10月10日まで。(2017/8/14)

ガラケーからiPhoneへの切り替えキャンペーン、日本オリジナルCM連動で開始
テレビでスタートした日本独自CMと連動し、Apple Storeでのケータイ下取りキャンペーンがスタートした。(2017/8/12)

石野純也のMobile Eye:
分離プランやユーザー還元策の影響は? 3キャリアの決算を振り返る
新料金プランが好調のドコモとau。一方、Y!mobileブランドが好調なソフトバンクは、分離プランに対しては静観の構えを見せる。ドコモは減益、国内通信事業に限るとソフトバンクも減益となるなど、ユーザー還元策の影響が出ている。(2017/8/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。