ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ワタミ」最新記事一覧

電力供給サービス:
ワタミが「仮想発電所」を構築、宅配営業所に蓄電池導入
日本国内で「仮想発電所」を構築する実証試験が相次いで始まっている。このほど外食大手のワタミの子会社であるワタミファーム&エナジーも実証を開始した。同社の営業所に蓄電池を設置し、遠隔制御により需給調整などに活用する。(2016/9/12)

合コンをしたいと思う企業は? 上位に選ばれたのは……
合コンをしたいと思う企業は?――グローバルウェイ調べ。(2016/8/9)

7月から新サービスも:
年内に100店舗を計画 「相席屋」が事業を急拡大している理由
最近、繁華街で居酒屋チェーン「相席屋」の看板を見る機会が増えていないだろうか。2014年に1号店をオープンして以来、破竹の勢いで右肩上がりに売り上げや店舗数を伸ばしているのだ。さらには「マッチング」をキーワードに新たなサービスにも乗り出した。同社の取り組みに迫る。(2016/7/26)

マネーの達人:
保険の加入やレジャー施設の利用も 「労働組合」のお得な割引制度
労働組合は労働問題の相談だけでなく、保険の加入やレジャー施設の割引などお得な制度があります。今回は、労働組合に加入するメリットについて紹介します。(2016/7/8)

zenmono通信:
きっかけは居候の若者!? ――町工場発のモノづくり拠点「Garage Sumida」の誕生前夜
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、潜水艦や電気自動車の開発、モノづくり拠点の運営など、ワクワクする新しい取り組みに積極的に取り組む町工場・浜野製作所の浜野慶一氏に話をお伺いした。(2016/7/4)

それでも海外が日本の「karoshi」に注目する意外な理由
過労死に関する海外メディアの報道が、最近になって相次いでいる。2012年に中国が日本を超える「過労死大国」になったと伝えられた後、日本の「karoshi」が再び注目を集めはじめた形だ。(2016/6/1)

太陽光:
アサヒ飲料がワタミと提携、電力自由化で「自販機と電気」のセット割を提供
2016年4月1日からの電力小売全面自由化を目前にアサヒ飲料が「自動販売機と電気のセット割」というユニークな商品を発表した。既に電力小売事業への参入を発表しているワタミとサンコーライテックと提携して提供する。ワタミからの電力購入とアサヒ飲料の自動販売機の設置を同時契約すると電気料金がよりお得になるという。(2016/3/30)

電気料金の新プラン検証シリーズ(30):
「グリーン」を目指すワタミ、狙いは高齢者世帯――電源の3割はFIT電気
外食チェーンなどを展開するワタミグループは、家庭向け電力小売事業に参入することを発表した。2016年3月から受け付けを開始し2016年5月から電力の供給を開始する。(2016/3/28)

ワタミ、米卸大手の神明HDと資本業務提携 経営再建待ったなし
居酒屋チェーン大手のワタミは、回転ずしレストラン「元気寿司」などを運営する神明HDと資本業務提携した。自己株式175万株を売却する。(2016/1/22)

スピン経済の歩き方:
「中年フリーターが増えると日本は危ない」は本当か
メディアが「中年フリーター」が増えていることに警鐘を鳴らしている。2000年代に入ってから増え始め、2015年には273万人に達しているそうだ。しかし、筆者の窪田氏は「中年フリーター」という言葉から、スピンコントロールの要素を強く感じるという。その理由は……。(2015/12/15)

「ブラック企業大賞」、2015年はセブン-イレブン・ジャパンに
引越社関東(アリさんマークの引越社)は「ありえないで賞」を受賞。(2015/11/29)

ワタミ、今期営業益はゼロに 外食・宅食とも不振続く
ワタミが16年3月期通期の連結業績予想を修正し、13億円の黒字を見込んでいた営業損益はゼロになる見通しに。(2015/11/11)

「ブラック企業大賞2015」ノミネート企業6社が発表に セブンイレブン、明光義塾、アリさんマークの引越社など
Web投票では今のところアリさんマークの引越社が優勢のようです。(2015/10/27)

ワタミ復活のために求められる「理念経営」との訣別
外食チェーン大手のワタミは、2015年4〜6月期の連結決算を発表しました。発表された連結決算を見ると赤字幅が拡大し、大変厳しい結果となっています。このような状況のもとで、ワタミの復活は本当に可能なのでしょうか?(2015/9/14)

「タバコを吸ってシワシワ顔を手に入れよう!」禁煙呼びかける逆転の発想
禁煙を呼びかける米国のNPO団体ASHが、禁煙を喚起するキャンペーン動画をYouTubeで配信しました。喫煙やタバコの有害性というネガティブかつ耳タコなメッセージをいかに大衆に伝えるか――。1分43秒の映像には、人の興味を誘う工夫が施されています。(2015/8/23)

SNSの影響も:
これからの「ネットと宗教」の関係 国際ヨガの日に浮かび上がった課題とは
6月21日は「国際ヨガの日」でした。世界各地でヨガの催しが行われ、近年のSNSの浸透も後押しして、インターネットを通じてその規模が大きくなり、世界中の人々が参加する大イベントに発展しました。一方で「宗教」に関わる問題も浮かび上がってきました。(2015/7/13)

ワタミの外食事業、既存店売上高10.8%減 客数も減少続く
ワタミが5月の事業実績を発表。居酒屋チェーンを主力とする外食事業は長らくマイナス成長が続いている。(2015/6/10)

15年3月期決算:
“ブラック企業”問題も影響 ワタミ創業初の営業赤字 最終損失は126億円に
主力の国内外食事業を中心に業績不振が続くワタミ。2015年3月期通期の決算は大幅な減益など厳しい結果となった。(2015/5/13)

客足伸ばせ:
ワタミが日本酒ブランド「獺祭 等外」を限定販売
人気の日本酒ブランド「獺祭」のシリーズ商品をワタミフードシステムズが店舗で限定販売する。客足が遠のくのを抑えるきっかけとなるか。(2015/4/7)

客離れ防げるか:
10年ぶりの値下げ 「原点回帰」で業績立て直す――ワタミ・清水社長
低迷が続くワタミが「和民」などの居酒屋チェーンで価格引き下げを断行。「取りこぼしたシェアを取り戻す」と清水新社長は力を込める。(2015/3/19)

身体を張って検証しました:
7週間で4キロ減――「宅配食」生活のメリット&デメリットまとめ
7回にわたって試した宅配食。最終的に約4キロやせることに成功したが、メリット&デメリットはなんだろうか。そしてオススメの宅配食は何か。最後にまとめてみた。(2014/12/10)

身体を張って検証しました:
ウェルネスダイニング「たんぱく制限減塩食コース」でやせる!
今回はかなり病院食風の食事配達サービスに挑戦。冷凍で一括配送という仕組みは筆者にとってありがたいのだが、味は? 体重は? なんとなく効果はあったようだ。(2014/11/13)

不振で2期連続の大幅赤字:
居酒屋低迷に人材不足が追い打ち 出口見えぬワタミ
人口減少や若者のアルコール離れなどで居酒屋業界が窮地に追い込まれている。そうした中、ワタミは今年度に100店舗以上を閉鎖するなど厳しい現実を突きつけられている。(2014/11/12)

身体を張って検証しました:
ワタミ「宅食」でやせられるか!? 1週間チャレンジ
毎日の食事に栄養、カロリーに気を使った「食事配達サービス」を用いて、健康にやせる……そんなことは可能なのか。3週目に突入した今回は知名度抜群のワタミの「宅食」にチャレンジ!(2014/11/11)

経営者のイメージが強いと感じる日本企業はどこ?
経営者のイメージが強いと感じる日本企業は? 年間売上高2500億円以上、従業員数5000人以上の200社の中から、20〜50代のビジネスパーソンに選んでもらったところ……。リンクモンスター調べ。(2014/11/5)

身体を張って検証しました:
毎日配達「セブンミール」で無理なくダイエットは可能か?
健康重視の食事を配達するサービスが続々と始まっている。ネットで簡単に注文できるのでダイエットに最適かも? そこで実際に試してみることに。だが、そう都合よくはいかなかった……。(2014/10/24)

「第3回 ブラック企業大賞」ネット投票スタート セクハラやじ問題で東京都議会もノミネート
公式サイトにはそれぞれのノミネート理由が掲載されています。(2014/7/30)

コンサルタントがラーメン屋の店員に転職 “現場”で得た気づきとは?
船井総研のコンサルタントから、ラーメン屋の皿洗いに転職したという原邦雄さん。彼がラーメン屋という“現場”で得た“気づき”とは? 原さんご本人にお話を伺いました。(2014/7/17)

社長が語る:
都市部への出店、カニバリ……丸亀製麺が抱える問題、どうするのか?
丸亀製麺で讃岐うどんを食べたことがある人も多いだろう。地方のロードサイドを中心に出店してきたが、今後は都市部も検討しているという。しかし、ネックになるのが……。(2014/6/6)

東京の地図を塗り替えた男:
『まんがで学ぶ 成功企業の仕事術 森ビル編』配信スタート
電子書店「BookLive!」と電子書籍専用端末「BookLive!Reader Lideo」書店で、BookLiveオリジナルビジネスコミック『まんがで学ぶ 成功企業の仕事術』シリーズの最新巻「森ビル」編(全1巻)を配信する。(2013/11/18)

ISSCC 2014プレビュー:
ISSCC 2014の概要発表――論文数で日本は2位を維持
2014年2月に開催される「ISSCC 2014」の概要が明らかになった。ISSCCは、半導体集積化電子回路技術およびシステム集積化技術に関して、最先端の研究成果が発表される国際会議である。日本からは25件(前回は30件)の論文が採択された。(2013/11/6)

高齢者は何歳まで働きたいと思っている?
一般的には65歳ごろから「高齢者」と呼ばれるが、実際の50〜70代の男女は自分のことを「高齢者」だと思っているのだろうか? ワタミタクショク調べ。(2013/9/17)

自然エネルギー:
ワタミがメガソーラー事業へ、北海道で出力15MW
ワタミは再生可能エネルギーの利用拡大を目指している。2012年には風力発電のプロジェクトに相次いで出資、2013年には自社工場の屋根を太陽光発電システムで利用するほか、北海道南部のメガソーラープロジェクトに出資する。出力は約15MWだ。(2013/8/23)

メディアとWebと人材と:
ブラック「企業」という捉え方で、ブラック「業界」問題から目を背けないで
8月11日に「ブラック企業大賞2013」が開催されました。大賞を受賞したワタミフードサービスにとっては不名誉な賞だったと思います。今回はブラックな「企業」ではなく、「業界」という単位で考えてみたいと思います。(2013/8/20)

「ブラック企業大賞2013」はワタミ 一般投票でもダントツ1位に
ワタミは大賞と一般投票賞のダブル受賞となった。(2013/8/11)

窪田順生の時事日想:
ブラック企業問題はなぜ「辞めればいいじゃん」で解決しないのか
従業員を劣悪な環境で働かせ、使い捨てにする――。いわゆるブラック企業が社会問題になっているが、なぜそこで働く人は会社を辞めようとしないのか。その背景にあるのは……。(2013/7/30)

総RT数1位は三宅氏、特番ピークは池上さんと公明党──Yahoo!リアルタイム検索から見る参院選
Yahoo!リアルタイム検索から見える、ソーシャルメディア上の参院選は。(2013/7/22)

真の暗黒王はどこだ:
「ブラック企業大賞2013」Web投票開始 ノミネートはワタミなど8社
ワタミやベネッセ、王将フードサービスなどがノミネートされた。(2013/6/28)

手帳2014:
文具の老舗メーカー「レイメイ藤井」、2014年版は綴じ手帳もシステム手帳もスマホ対応
明治23年創業のレイメイ藤井は、システム手帳を中心に発売する総合文具メーカーだ。気になる2014年版のラインアップは、従来のスマホ対応路線を継続したものとなっている。(2013/6/4)

ワタミ会長、「ブラック企業」と呼ばれることに反論
数字を挙げて反論しているが、納得していないネットユーザーも多いよう。(2013/6/3)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
日本で培った力を生かす 外食産業のアジア市場進出における成功要因
「クールジャパン」が象徴するように、日本の文化が海外に広まりつつある。日本食も一つのブームとして、海外にビジネスを展開する日本の外食企業は増加しつつある。中でも近年ホットなのが、アジア市場である。(2013/5/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「おしい!広島県」の作り方――戦略的広報とは何か?
広島県が話題になっている。人任せではなく、現場が情報の伝え方を考え抜き、リーダーが決断。過去の慣習にとらわれずやればできる。(2013/3/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/2/13)

自然エネルギー:
3台の風車でグループ全体の10%の電力を発電、2号機と3号機が稼働開始へ
外食大手のワタミは風力発電事業を手掛ける企業と連携し、再生可能エネルギー市場を推し進めていく。現在建設中の2台の風力発電機の事業に、出資、資金貸付という形で事業に参画する。(2013/2/13)

ねとらぼが選ぶ「2012年ネットニュース大賞」は「ステマ騒動」に決定! 読者投票上位は「大津いじめ」「ココロコネクト炎上」など
今年1年を振り返り、もっともネットを騒がせたニュースを投票で決める「ネットニュース大賞」。栄えある第1回大賞は――。(2012/12/29)

ISSCC 2013 プレビュー:
日の丸半導体の先行開発は脱・民生へ、“半導体のオリンピック”概要が公開
半導体回路技術で世界の企業・研究機関がトップ性能を競う国際会議「ISSCC」。2013年3月に開催される「ISSCC 2013」の概要が明らかになった。日本は国・地域別の論文採択数で米国に次ぐ第2位に返り咲いた。日本からの採択論文の内容を見ると、先端領域の研究開発で“脱・民生アプリケーション”を探る傾向がある。(2012/11/20)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第3回 もう生活者を欺けない
ありとあらゆるものがオープンな場で評価され、それが即時に可視化される。そして共感や反感をまとった言葉は、燎原の火のごとく世界に向けて拡散されていく――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/10/29)

経営理念はなぜ大事?:
支持/共感される企業文化を持たない企業は淘汰される時代が到来
経営理念やスローガンなどのステートメントを掲げる企業は多いが、それが単なるお題目と化しているケースも少なくない。これらのステートメントを企業文化構築の礎とするためには、教育/研修などを通じて全社的な浸透を図るとともに、積極的な権限委譲により従業員の当事者意識を醸成していくことが肝要であろう。(2012/10/19)

「ちょいデキ」仕事術を盗め:
「まんがで学ぶ成功企業の仕事術」シリーズ、サイボウズ編がリリース
BookLiveとバラエティ・アートワークスの新刊「まんがで学ぶ 成功企業の仕事術 サイボウズ」が登場。(2012/9/10)

ねとらぼ知ったかぶり:
ツインテールのためのイベント「ツインテールまつり」開催決定!
日本ツインテール協会がリアルイベントを仕掛けてきたぞー!(2012/8/3)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。