ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「福利厚生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「福利厚生」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

福利厚生が充実した企業が人気:
働く女性が「転職したい企業」、2位はトヨタ 1位は……?
働く女性が、いま最も「転職したい」と考えている企業は?――パーソルキャリア調べ。(2018/6/4)

学生に待遇よりも社員の生き様を伝える:
カギは企業と学生の「共感」 AI使ったOB訪問システムが若手の離職防止に効く訳
OBと学生をマッチングさせるサービス「VISITS OB」が着目されている。求人情報でなく互いに共感し合った学生とOBが結び付き採用につながるため離職防止になるという。(2018/5/30)

HR Techで臨時スタッフを生かしきる
デジタル時代の人事戦略では、人事責任者の役割がますます重要に
デジタル時代の人事戦略では、自動化や埋め込み分析、使い慣れたサービス同様のインタフェースなどの導入が進み、人事責任者の役割はますます戦略的なものに変わりつつある。(2018/5/30)

世界でも珍しい「ボートシェア」が人気、カーシェア成長のヒントになるか
自動車の「保有」から「利用」へという流れも出てくる中、ファンの裾野を着実に広げているボートシェアの現状は示唆に富んでいる。(2018/5/28)

既婚女性600人に聞く:
「夫の仕事」が原因で離婚したい妻は12% どんな不満を抱えている……?
「夫の仕事が原因で離婚したい」と考える妻が一定数存在する。その要因は?――リスクモンスター調べ。(2018/5/25)

経済インサイド:
保有から利用へ 「ボートシェア」人気はカーシェア成長のヒントになるか
規制緩和の遅れもあり、民泊やライドシェア(相乗り)などシェアリングサービスの“後進国”と揶揄(やゆ)される日本で、世界でも大規模なサービスは珍しいボートのシェアリングが会員数を順調に伸ばしている。(2018/5/25)

従業員エンゲージメントツールを含めるか、など
人事がRFPに盛り込むべきHRMシステムの要件と機能
人材管理(HRM)システムを決める場合は、人事(HR)部門の現在と将来のニーズを把握し、このニーズについての情報を、まずはHR関連ソフトウェアのRFP(提案依頼書)プロセスに盛り込む必要がある。(2018/5/23)

PR:ポイント制の人事評価システムは何がすごい? ITmediaの営業チームが使ってみた
(2018/5/21)

機能だけでなく、外部委託なども考慮に入れよう
人材管理(HCM)システム主要6製品を比較 自社に合うオプション機能は?
人材管理(HCM)システムの市場は規模が大きく活気にあふれ、大手企業から小企業まで幅広く対応している。HRソフトウェアツールを調査すれば、ニーズに合った適切なHCMシステムが手に入るだろう。(2018/5/16)

「Search Inside Yourself」を採用
AI時代の人材活性化策「マインドフルネス」とは? GoogleやSAPが実践
GoogleやSAPといった大手ITベンダーが、従業員の人間的な成長の支援を目指した「マインドフルネスプログラム」に資金をつぎ込んでいる。その内容とは。(2018/5/15)

SQNで開発した「ラクラス人事クラウドサービス」の販売も開始:
ノンプログラミングで大規模システムを開発可能、ラクラスがフレームワーク「SQN」を発表
ラクラスは、プログラミングを必要とせずに大規模情報システムを開発できるフレームワーク「SQN」を開発した。クラス図やフローチャート、各タスクに対するデータ操作をそれぞれ定義することで、所望の処理を実行させる。(2018/5/14)

コスト削減、生産性向上などの難題を解決?
福利厚生としてのヘルスケアサービスに注目集まる、導入企業の狙いは?
雇用主は、労働者にオンサイトでヘルスケアサービスを提供するベンダーに注目している。それは、健康管理の費用を削減し、就業率や生産性を向上するためだ。(2018/5/2)

同一労働同一賃金を考える:
日本郵政、正社員の手当削減はタブーなのか
日本郵政グループが正社員のうち約5000人に対する住居手当を2018年10月から段階的に削減し、最終的には廃止することを決めた。背景には「同一労働同一賃金」の考え方がある。今回の郵政グループの対応はどう評されるべきだろうか。(2018/4/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
なぜメルカリはホワイトな労働環境をつくれるのか?
メルカリの福利厚生がホワイトすぎると話題だ。多くの日本企業は働き方改革を実践するため、残業時間の規制などに躍起になるが、根本的な誤解も多い。メルカリの取り組みを知ることで働き方改革の本質が見えてくるはずだ。(2018/4/12)

国内BPOサービス市場は年3.6%成長、2022年に8769億円と予測――IDC Japan調べ
IDC Japanが国内BPOサービス市場予測を発表。2017年から2022年の年間平均成長率を3.6%と予測する。国内BPOサービスベンダーは、BPOサービスを業務改革の一環と捉える動きを受け、新旧のテクノロジーを駆使するとともに、他ベンダーとの協業体制も重要と分析している。(2018/4/5)

経営陣との意思疎通もスムーズ:
完全リモートワークの会社で盛り上がる社内イベントとは?
完全リモートワークを実践している社員30人の会社がある。経営陣が命令しているわけではないのに、社員が次々と社内行事や勉強会を企画している。その原動力はどこにあるのか?(2018/3/30)

飲食業界の働き方改革:
ウソの求人情報を出すブラック飲食店の言い訳
人手不足に悩む飲食業界。人材が定着しないことが大きな原因の1つだ。抜本的な改善策は従業員の待遇改善だが、だましだまし求人活動を行う飲食店も少なくない。(2018/3/29)

JAL・ANAも人気:
就活生の「就きたい職業」、トップは国家公務員 あの企業の順位は……?
2019年卒の大学生が就きたい職業は?――リスクモンスター調べ。(2018/3/29)

キャリアニュース:
年収1000万円以上のミドル層、転職理由の1位は「自分の能力を試したい」
転職サイト「ミドルの転職」が「転職の理由・きっかけ」についてのアンケート調査結果を発表した。転職理由のトップは、全体では「会社の考え・風土が合わない」、年収1000万円以上の回答者では「自分の能力を試したいから」だった。(2018/3/29)

各機能のさまざまなユースケースをおさらい
人材管理システムの主要コンポーネントと失敗しない選び方
最適な人材管理システムを見極めるには、人事ソフトウェアの機能とメリットを調べる前に、自社の現状と今後のニーズを特定することから着手する必要がある。(2018/3/28)

NTTグループ、同性パートナーを「配偶者」に 福利厚生など適用拡大
NTTグループが4月1日から、扶養手当や福利厚生など配偶者に関わる制度全般を、同性パートナーにも適用する。(2018/3/27)

給与条件の正しい見比べ方、知ってます? 求人情報にだまされないためのポイント
「入社したらイメージと違った……」なんて悲劇を起こさないためにも。(2018/3/28)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
日本のCEOの約3割が「デジタル人材の獲得は非常に困難」と回答──PwC Japanグループ調査
デジタルビジネスの本質を理解し、情報やデータをつないで価値を創造することができる人材を欲しがる企業は多いですが、現実的には日本の約3割のCEOが、デジタル人材の獲得は「非常に困難」だと答えています。(2018/3/23)

人材管理、もしくは人的資本管理をどう捉えるか
いまさら聞けない人事管理システム、「HRM」「HCM」の必須機能とは
HRMやHCMなどの人材管理支援システムは、福利厚生管理や応募者の追跡から、優秀な社員の確保、その報酬まで、さまざまなことに対応する。企業は何に注目してシステムを導入すればいいのだろうか。(2018/3/23)

データサイエンティストも人気:
「待遇に満足できる仕事」ランキング、下位に「警備員」「整体師」 1位は……?
働く人が、給与や福利厚生といった待遇に満足している職種は?――Vorkers調べ。(2018/3/20)

製造マネジメントニュース:
日本企業は「成長への自信」を回復、ただデジタル人材獲得に課題
PwC Japanグループが「第21回世界CEO意識調査」の日本調査結果を発表した。今後12カ月で自社が成長する自信は世界の傾向と同様に大きく回復。一方で、デジタル人材の獲得に向けた取り組みには消極的であることが分かった。(2018/3/15)

PR:「派遣会社なんてないほうがいい」 派遣業界の闇に一石を投じる派遣会社「リツアンSTC」社長が語る本音
「ピンハネ屋」などと言われる派遣業界の実態について詳しく聞いてきました。(2018/3/6)

「3%以下」6割:
景気が良くても……日本企業、昇給に及び腰 アジア各国と対照的
2018年、日本企業の昇給幅は「3%以下」が6割を占め、過半数の企業が「6%以上」を予定している中国などと対照的だ。(2018/3/2)

「不機嫌な職場」よりも「ご機嫌な職場」で
社員のストレスを軽減するユニークな福利厚生7選 電子メールや会議の廃止も
多くの人はストレスにさいなまれている。その主な理由は仕事への不安だ。従業員が幸せを感じて働き、転職しないようにするために、雇用者側が実施している福利厚生の対策を紹介する。(2018/3/2)

ボーナスも大盤振る舞い:
「休日を毎年3日ずつ増やす」 串カツ田中の狙い
高い離職率に悩まされてきた串カツ田中が新しい福利厚生策を導入する。「外食産業は待遇が悪くて離職率が高い」というイメージを払拭できるだろうか。(2018/2/23)

モノづくり、女性の力:
いまこそ“メカジョ”を経営戦略に、国家GDPを8%引き上げる女性の力
モノづくり現場において女性の力を効果的に生かしていくためには何が必要となるだろうか――。オートメーションと計測の先端技術総合展「SCF2017/計測展2017 TOKYO」では、「モノづくりの最前線で輝く女性たち」をテーマに日本機械学会会長の大島まり氏が講演した。(2018/2/20)

従業員の健康管理は重要な経営課題
次に来そうな健康増進テクノロジー7選 チャットbotやIoTは「健康経営」に効果あり
少子高齢化の時代、従業員の健康管理は企業の重要課題といえよう。チャットbotやウェアラブルデバイス、DNA検査キットなど、テクノロジー主導の健康増進プログラムについて、次に来そうなトレンドを紹介する。(2018/2/20)

Ethereumではじめる“スマートコントラクト開発”(3):
「Enterprise Ethereum」はなぜできた? 「Ethereum」のビジネス活用の問題点とは
「Ethereum」がブロックチェーン技術、スマートコントラクト技術の1つとして企業に注目されている。しかし、Ethereumをビジネスで活用するにはさまざまな課題がある。そこで今回は、「企業向けスマートコントラクト」の要件を考えてみたい。(2018/2/8)

常見陽平のサラリーマン研究所:
社畜が悪いのではない “ダメな社畜”がいかんのだ
「自由な働き方をしましょう」と言われても、いきなり会社から離れるのは困難だ。手っ取り早く幸せになる方法は、今の会社で楽しく生きる方法を発見することではないだろうか。(2018/1/26)

社員が輝く職場:
PR:週3日はノー残業 島津製作所が働き方改革で目指すもの
「働き方改革」が叫ばれているが、企業の多くは何よりもまず労働環境の是正に力を入れているといった状況だ。そうした中、以前から残業時間を少なくして成果を出し、働き方改革でも先を進んでいる会社がある。島津製作所だ。(2018/1/22)

医療機器ニュース:
IoTで予防歯科の啓蒙と促進を「入れ歯は確実に防げる」
富士通とサンスターグループ オーラルケアカンパニーはIoTスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」と歯科医院向けクラウドサービスが連携する先進予防歯科サービスを販売する。富士通の歯科医院向けクラウドサービスを利用する、日本の予防歯科における第一人者、日吉歯科診療所 理事長である熊谷崇氏が、予防歯科の意義や課題について訴えた。(2017/12/26)

「オフィスに音楽」効果はどう? 導入企業の担当者に話を聞いてみた
さまざまなアプローチからの「働き方改革」が試みられる中、職場(執務室)に“音楽を流す”という動きが見られる。オフィス内に流れる音楽は、職場の空気を変えるのか――実際に導入した企業に話を聞いた。(2017/12/24)

残業減った企業がランクイン:
1年間で「働きやすさ」が向上した企業 1位は……?
この1年間で「働きやすさ」が向上した企業は?――Vorkers調べ。(2017/12/18)

正社員と同じ待遇を:
パートにも退職金 「時間制正社員」で介護職員の離職防止へ
パナソニック エイジフリーはこのほど、介護職員を対象に時給制で勤務時間を選べる「時間制正社員制度」を2018年4月から導入すると発表。正社員と同じ福利厚生を受けることができ、退職金も支給するという。(2017/12/14)

セゾン、カフェで使える社内仮想通貨を運用開始 ブロックチェーン技術活用
セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨の利用を開始した。(2017/12/11)

Facebook、Glassdoorの「働きやすい企業」ランキングで首位に
Glassdoorが毎年発表する従業員の投票による「働きやすい企業」ランキングで、昨年2位だったFacebookが1位にランクアップした。Appleは84位に大幅ダウン。(2017/12/7)

石川温のスマホ業界新聞:
トーンモバイルがシニアをターゲットにしたサービスを強化――ARPU・1700円で、MVNOとして生き残る道を模索
トーンモバイル(TONE)が、主にシニアをターゲットとしたサービス強化を発表した。レッドオーシャン化が叫ばれて久しいMVNO業界において、このような差別化戦略はうまく行きそうだが、課題もある。(2017/12/1)

「正社員以外は社員食堂使用禁止」の企業と「アルバイトにも年金を払う」企業 “待遇格差”是正のカギは?
「働き方改革」や東京オリンピックによる影響も。(2017/11/30)

HR Tech最前線:
「残ってほしい人材を辞めさせない」 人材大手が取り組む「退職予測」
「活躍している社員が辞めてしまう」――こうした課題を解決するため、人材大手のパーソルホールディングスは、社員の退職確率を予測するプロジェクトを進めている。どのようにして社員の退職リスクを「見える化」しているのだろうか。(2017/11/27)

「遊びではない」 2次元キャラとの「婚姻届」受け付ける狙い Gateboxに聞く
2次元キャラクターとの「婚姻届」を受け付ける「次元渡航局」を、ベンチャーのGateboxが開局。ネット上で大反響した企画の仕掛け人は、同社のマーケティング部……ではなく「人事部」。その狙いは。(2017/11/25)

TONEの「ライフログ」機能がリニューアル 端末の「お試しレンタル」と「値下げ」も
トーンモバイルが提供する「トーンモバイル(TONE)」端末に搭載されている「ライフログ」に、新機能「お元気ナビ」「お薬ナビ」が追加される。また、その他のTONEサービスも拡充される。(2017/11/22)

パートタイマーの給与、正社員と同水準に パナソニック子会社
パートタイマーが無期雇用で、正社員(月給制)と同水準の時給を受け取れるようにする制度を、パナソニック エイジフリーが2018年4月に導入。(2017/11/22)

HR Tech最前線:
“社風”に合った人を採用できる「ミツカリ」が目指す世界
AIが応募者の価値観やタイプを分析し、応募者と企業を「社風」でマッチングさせるサービス「ミツカリ」――。既に700社が導入するなど急成長しているという。(2017/11/21)

キャリアニュース:
「入社前の情報収集が足りなかった」と20代転職経験者の3人に1人が後悔
プレシャスパートナーズが、20代を対象とする「転職活動に関する調査」の結果を発表。3人に1人が「入社前の情報収集が足りていなかった」と後悔していた。転職活動時に知りたい情報は「給与などの待遇・福利厚生」が最も多かった。(2017/11/13)

「人生を無駄にしない会社の選び方」:
元人事が語る「ブラック企業」の見抜き方・抜け出し方
「ハードワークで低賃金」「福利厚生が未整備」といった環境下で働いており、「自分の会社は『ブラック企業』かもしれない」「会社に残るべきか、辞めるべきか」――などの悩みを抱えている人の指針になるのが、「人生を無駄にしない会社の選び方」だ。(2017/11/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。