ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「福利厚生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「福利厚生」に関する情報が集まったページです。

キャリアニュース:
トヨタ、30代が働きやすい企業ナンバー1に
企業口コミ・給与明細サイトの「キャリコネ」が「30代が働きやすい企業ランキング」を発表。子育て支援策に力を入れている「トヨタ自動車」「ソニー」「荏原製作所」がトップ3となった。(2018/12/14)

ライフスタイルへの合わせやすさも重視:
契約社員が「働きやすい企業」ランキング 福利厚生が充実している企業などが選ばれる傾向に
契約社員が働きやすい企業はどこ? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが口コミ評価をもとに「労働時間の満足度」「仕事のやりがい」「ストレス度の低さ」などの6項目を評価した結果、2位はトヨタ自動車(3.91点)だった。1位は……(2018/12/11)

モノづくり業界転職トレンド(3):
製造業で外資系企業の人気が高まっている理由
製造業外資系企業への転職が直近4年で3.3倍になるなど大幅に増加している。外資系企業の人気が高まっている理由や日系と外資系の働き方の違いについて転職コンサルタントに聞いた。(2018/12/10)

マナーも重要、面接で聞かれるリスクも:
「試用期間中」に退職を考えた人が知っておくべき4つのこと
試用期間中に会社を辞めたくなった場合はどうすればいいのか? 労働者が知っておくべき知識を解説する。監修は、弁護士法人グラディアトル法律事務所 原田大弁護士。(2018/12/9)

メーカーが上位を独占:
人生の転機迎える「30代」が働きやすい企業、リコーやソニーなど上位 1位は……
30代が働きやすい企業は? グローバルウェイが調査結果を発表。メーカーが上位を独占していた。(2018/12/8)

Facebook、Glassdoorの「働きやすい企業」ランキングで首位から7位に転落
米キャリア情報サイトGlassdoorが毎年発表する「雇用者が選ぶ最も働きやすい企業」ランキングの米国版で昨年度首位だったFacebookが7位に転落した。同社は現在、データ流出やフェイクニュース拡散などで批判にさらされている。(2018/12/6)

キャリアニュース:
「3年後は勤務し続けていないと思う」――若手社員の51%が回答
リスクモンスターが「若手社員の仕事、会社に対する満足度調査」の結果を発表。新卒1〜3年目の若手社員の51.0%が「3年後は勤務し続けていないと思う」と回答し、半数以上が3年以内の転職を意識していることが明らかになった。(2018/12/6)

ここが変だよ、日本の「働き方改革」:
残っても地獄、辞めても地獄……多くの日本人が悩む働き方の現実
「会社を辞めるべきか、このまま続けるべきか」。そんな悩みを持つサラリーマンは多いだろう。筆者も相談をよく受けるという。しかしながら、日本の場合は「残っても地獄、辞めても地獄」ということが多々あるので、よほどの強い覚悟が必要なのだ。(2018/12/6)

福利厚生に満足する声も:
販売系職種が「働きやすい企業」ランキング 1位は世界的なコーヒーチェーンの……
販売系職種が最も働きやすい企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが評価した結果、2位はジンズ。1位は……(2018/12/5)

行動の真意を探り、防止を図る
内部関係者によるソースコードや設計データの盗難はなぜ起きる?
知的財産の盗難には、内部関係者や不満を抱く従業員が関与していることが多い。本稿では、知的財産の盗難と、このような内部関係者による攻撃を防ぐ方法を取り上げる。(2018/11/30)

勤務時間は改善傾向:
約半数の人は現在の勤務条件に「満足していない」 改善要望、かなったのは15%のみ
総合求人情報サイトなどを運営するディップはこのほど、勤務条件について実施した調査結果を発表。現在の勤務条件に満足しているかどうか聞いたところ、約半数の人は「満足していない」「全く満足していない」と回答した。(2018/11/27)

サイヤ人向けポータルサイト「ヤフー惑星ベジータ」公開 ニュースやブログ形式でサイヤ人の情報が見れっぞ!
サイヤ人なら毎日チェックしたい。(2018/11/27)

働き方改革の影響も:
若手社員の半数以上は「3年後は今の企業で勤務していないと思う」 その理由は?
3年後も今の会社で勤務し続けていると思う? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが若手社員を対象に仕事や会社に対する満足度について意識調査を実施。「3年後は勤務し続けていないと思う」と回答した若手社員は半数以上いた。(2018/11/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
資本主義経済に対するテロ行為 ゴーン問題の補助線(1)
元日産自動車会長、カルロス・ゴーン氏の逮捕を受けて、世の中は大騒ぎである。日仏経済界や政治レベルでの懸案にまで発展しかねない様相を呈している。今回はこの事件について整理してみたい。(2018/11/26)

働き方改革にもつながる:
PR:人事総務担当者のイライラを解消! 社員の質問に自動回答してくれるAIチャットボットが登場
(2018/11/19)

働き方改革を推進する部署を設置する企業も:
管理部門が「働きやすい企業」ランキング 2・3位はリクルートG 1位は……
管理部門が働きやすい企業は? 企業口コミサイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが評価をまとめた結果、2位はリクルートスタッフィングで3.93点だった。1位は……(2018/11/15)

グローバル展開を支える次世代リーダーの育成を加速――大塚製薬、グループ全体の人材管理に「Workday HCM」を活用
大塚製薬はグローバル人材の育成と組織力の最大化に向け、ワークデイの人材管理クラウド「Workday ヒューマン キャピタル マネジメント」を導入。グループ全体の人材を一元管理する人材プラットフォームを構築する。(2018/11/7)

半数以上は「転職後に年収上がった」:
年収アップ経験者の3割は「100〜149万円」上がったと回答 「ミドル」の転職事情 
30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンが35歳以上の転職経験者を対象に転職後の年収について調査を実施。52%が転職後に「年収が上がった」ことが分かったという。(2018/10/31)

パナソニックが描く未来の“カデン”:
ランチ難民を救い、健康経営を支援――パナソニックの後付けIoTサービス
パナソニックは、創業100年を記念したプライベートイベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」(2018年10月30日〜11月3日、東京国際フォーラム)を開催中だ。その中で、家電事業を担当するアプライアンス社は未来の“カデン”を提案するユニークなコーナーを設けた。(2018/10/31)

対象業務の選定が重要:
RPAの導入企業は過半数に満たず課題も多い、日本CHO協会が調査
日本CHO協会は、RPAの導入と活用に関する調査結果を発表した。RPAを導入している企業は半数に満たず、導入しても一部の業務でしか利用されていないなど、課題を抱える企業があることが分かった。(2018/10/31)

スピン経済の歩き方:
だから「移民」を受け入れてはいけない、これだけの理由
安倍政権が「移民政策」を押し通そうとしている。人手不足の分野で外国人労働者を受け入れるというものだが、筆者の窪田氏は危機感を覚えているという。外国人を受け入れることで人手不足が解消するはずなのに、なぜ危機感を覚えるのか。(2018/10/30)

営業職へのインセンティブが手厚い:
人材業界の平均年収ランキング、リクルートVS.マイナビの差は……
人材サービス業界の中で平均年収が最も高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はマイナビで507万円だった。1位は……(2018/10/29)

「贔屓は人生の灯台」オタク女が宝塚で“運命”に出会い、精神と肉体の健康を得るまで
「贔屓への思いを自覚して早4カ月、10キロ痩せた」。(2018/11/4)

有休は月1回取得:
機械業界の「残業が少ない企業」ランキング 1位は月19.4時間の……
機械業界の中で残業が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位は小松製作所で月23.5時間だった。1位は……(2018/10/25)

「求める人材が来ない」嘆くより動け 企業に求められる主体性
Indeed Japanが、企業が能動的に採用活動を進める「オウンドメディアリクルーティング プロジェクト」を発表。日本でも深刻化する雇用のミスマッチ問題を解決する狙い。(2018/10/24)

福利厚生や働き方改革の推進などが鍵:
20代が選ぶ「最も働きやすい企業」ランキング 1位はインフラ系の……
20代が選んだ最も働きやすい企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが「労働時間」「やりがい」「給与」など6項目を評価した結果、2位はヤフー(5段階評価の3.94点)だった。1位は……(2018/10/24)

組織づくりの新スタンダード:
100%コミットは前時代的 「全員複業ベンチャー」というTOMOSHIBIの新しい働き方
「複業元年」と言われる2018年。企業も複業推奨を始めているが、実際に社員に複業を許すとなるとモチベーション維持やプロジェクト進行、マネジメントなど、会社側としては数々の課題が浮かんでくる。複業する人が増えていく中で、チームや組織として成果を最大限上げていくためにはどのような組織づくりが必要なのだろうか? メンバー全員が複業をしているという「全員複業ベンチャー」のTOMOSHIBI代表取締役の田中駆さんに話を伺い、これからの組織のあり方を探った。(2018/10/24)

競争力ある報酬制度:
コンサル業界の年収ランキング、2位はデロイトトーマツ 1位は……
コンサルティング業界の中で平均年収が最も高い企業は?転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はデロイトトーマツコンサルティングで844万円だった。1位は……(2018/10/23)

「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」の結果(2):
建設技術者が転職先企業を決める時に重視する条件
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に実施した「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」の結果について詳しく紹介する。建設技術者にフォーカスした調査は非常に少なく、本調査の結果が、建設技術者の転職に関する実態を的確に把握して、その採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。(2018/10/23)

隣の芝は青い?:
「うらやましい」友人の勤め先、3位はトヨタ 1位・2位は安定の……
「うらやましい」と感じる友人の勤務先は? リスクモンスターが調査結果を発表。3位はトヨタ自動車がランクイン。2位・1位は……(2018/10/22)

メンタルヘルス不調者は増加傾向:
なぜ「ストレスチェック制度」は浸透しないのか?
2015年に導入されたストレスチェック制度。しかしその活用は、まだあまり進んでいないようだ。企業におけるメンタルヘルス不調者数の状況とストレスチェック制度の実施状況を確認し、今後の制度活用について検討する。(2018/10/20)

ワークライフバランスも重視:
広告・マスコミ業界の平均年収ランキング 2位は博報堂 1位は……
広告・マスコミ業界の中で平均年収が最も高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位は博報堂で794万円だった。1位は……(2018/10/19)

負のスパイラルから脱却:
採用してもすぐ辞める…… バイトを定着させる3つのポイント
アルバイト・パートをうまく採用したとしても、次から次へと辞めてしまったのでは、根本的な問題解決にはならない。採用した人材に長く働き続けてもらうために、どのような工夫が必要なのだろうか?(2018/10/18)

トップは賞与が充実の……:
運輸業界の平均年収ランキング JR3社、ANA、JALの中で最も稼げる企業は?
運輸業界の中で平均年収が最も高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を実施。JR3社、航空大手2社などがランクインした。(2018/10/18)

データ分析プロセスや人事情報システムの整備が急務
HRテクノロジー活用を考える人が目指すべき9つの役職
人材管理はテクノロジーの発展とともに進化し、複雑化している。人事部門とIT部門の新しい仕事には、アナリティクスの活用やHRシステムの管理も含まれる。人事戦略の実行や人事データ活用に必要な9つの役職とは。(2018/10/17)

女性の悩みを解決:
「転職先が見つからない」「新しい会社になじめない」――こんな不安を解消するには?
「転職先が見つからないのでは」との不安を抱える女性が多いことがエン・ジャパンの調査で判明。転職できた場合でも、なじめるかなどを心配する人が多かった。こんな不安を解消するための方法は?(2018/10/15)

歩合給4割の企業も:
「情報・通信業界の年収」ランキング 2位は日本マイクロソフト 1位は平均1000万円超え……
情報・通信業界で平均年収の高い企業は? 口コミサイト「キャリコネ」を運営する人材会社グローバルウェイの調査によると、2位は日本マイクロソフトの931万円だった。1位は……(2018/10/10)

キャリアニュース:
グーグル1位、退職者が「辞めたけど良い会社」と評価した企業
退職者が選んだ「辞めたけど良い会社ランキング2018」をヴォーカーズが発表。退職者から高い評価を得た企業のトップ3はグーグル、P&G、マッキンゼー・アンド・カンパニーだった。(2018/10/10)

都内のブライダル企業が実施:
「睡眠時間が長い社員」に報酬 福利厚生で健康経営・生産性向上へ
ブライダル企業のCRAZYが、「睡眠をしっかり取る社員」に報酬を与える福利厚生制度を始める。一定の頻度で1日6時間以上の睡眠を取った社員に対し、社食などで使えるポイントを付与する。社員の健康促進と組織の生産性向上を図る狙い。(2018/10/9)

昼寝する人は「出来る人」 企業も注目
「昼寝」に注目が集まっている。昼寝を“業務の一環”と推進する企業が現れ、寝具メーカーもチャンスをうかがっている。(2018/10/9)

年収1億円超えの人も:
「保険業界の年収」ランキング 2位は損保ジャパン 1位は賞与が年3回の……
保険業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイの調査によると、2位は損害保険ジャパン日本興亜(582万円)だった。1位は……(2018/10/4)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
ファーストキャリアの選び方 「本当にやりたい仕事」にたどり着くための、会社選びの7つの基準
「本当にやりたい仕事」とは、会社に入った後、仕事でいろいろな経験を積みながら、自分の好みや強み、得意・不得意などを見極めて見つけるもの。その仕事にシフトしていくには「ジョブチェンジ・転職に困らない能力」を身に付ける必要もある。その過程を見越した「会社選びの7つの基準」とは?(2018/10/3)

チャットbotで煩雑さが劇的に減少
今まさに広がりつつあるAI人材選考、人間による評価とのすみ分けは
有望な求職者を見極める採用活動にAI技術を取り入れる動きが、企業の間で広がっている。だが注意しなければならない幾つかの落とし穴が存在する。(2018/10/3)

実力主義で高報酬:
「証券業界の年収」ランキング 2位は三菱UFJモルスタ証券 1位は……
証券業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイの調査によると、2位は三菱UFJモルガン・スタンレー証券(692万円)だった。1位は……(2018/9/28)

24時間診療を受けることも可能に
拡大するモバイル医療アプリ、病院ではどのように使われているのか
モバイル医療アプリを活用して遠隔診療を提供する流れは定着しつつあり、専門家は今後も拡大し続けると予測する。病院だけでなく、ドラックストアチェーンなどの参入も進んでいる。(2018/9/28)

就職と転職に悩む若者へ:
“終のすみか消滅”時代 「大企業かベンチャー企業か」という質問が愚問である、これだけの理由
20代の約半数が「転職を考えている」という調査結果が最近発表された。1社を「終のすみか」とする時代が終わりを告げて久しい。東証一部上場企業、海外の企業、外資系企業、ベンチャー企業と転職を重ねる中で、さまざまな職場を経験してきた筆者が贈る「真剣にキャリアを切り開きたい若手」に対するアドバイス。(2018/9/27)

やっぱりあの会社:
IT・通信業界の「働きやすい会社」ランキング ヤフー、メルカリなど上位 1位は……
インターネット業界でワークライフバランスの良い企業は? キャリアや転職に特化した匿名相談サービス「JobQ」を運営するライボの調査によると、3位はヤフー、2位はメルカリだった。1位は……?(2018/9/25)

ゲーマー日日新聞(出張版):
遊ぶにつれて感情を失い、やがて冷酷な資本家となる―― なぜ「ダーケストダンジョン」は“ブラック企業RPG”と呼ばれるのか
次々発狂し、心が壊れていく仲間をどう扱うか。(2018/9/22)

5.8カ月分の賞与支給:
「自動車・輸送用機器業界」の平均年収、 ホンダ・トヨタを超えて1位だった会社は?
自動車・輸送用機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、2位はブリヂストンの660万円だった。1位は……?(2018/9/19)

居心地が良すぎて退職:
退職者が「辞めたけど、良い会社だった」と感じる企業、2位はP&G 1位は……
退職者からの評価が高い会社は? 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が調査を行った結果、2位はP&Gだった。1位は……?(2018/9/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。