ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「福利厚生」最新記事一覧

フリーランス協会の入会金を負担:
サムライト、業務を依頼するフリーランサーの福利厚生制度入会費を全額負担
サムライトは、同社が業務を依頼するフリーランサーを対象に、プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会への入会費を全額負担すると発表した。(2017/8/15)

セゾンが社員区分を撤廃し全員と正社員契約 無期雇用で福利厚生や賃金を統一し賞与も年2回
テレワークや短時間勤務など働き方改革も実施。(2017/8/14)

雇用期限も撤廃、月給制に:
クレディセゾン、全従業員を正社員扱いに
クレディセゾンが9月16日から新しい人事制度を導入すると発表。パートタイマー扱いの「メイト社員」など複数の社員区分を設けている現行の人事制度を撤廃し、アルバイトを除く全従業員を「正社員」として雇用する。(2017/8/14)

クレディセゾン、全従業員を正社員化 背景に「AIやFinTechの興隆」
クレディセゾンが全従業員を正社員に。時給制のパート社員など2200人を、月給制・無期雇用の正社員にする。(2017/8/14)

文化的な対立改めて鮮明に:
Google「メモ職員」解雇に揺れるシリコンバレー
Googleが会社の女性雇用方針を批判するメモを書いた男性技術者を解雇したことを受け、シリコンバレーでは文化的な対立が改めて鮮明になっている。(2017/8/10)

変わる若者の意識:
若手が転職活動で注目するのは「ワークライフバランス」
転職で注目するポイントは、若手とミドルで違いがあるのか?――キャリアインデックス調べ。(2017/7/26)

キャリアニュース:
入社前のイメージと違ったのは「現在の待遇」――若手社会人の4割が失望
「fabcross for エンジニア」が、若手社会人を対象にした「入社前のイメージと現状のギャップ」の調査結果を発表した。能力や人柄が、思っていたよりすごかったのは「先輩」。また、現在と将来の待遇について、約4割が不満を感じていた。(2017/7/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
Googleの生産性はなぜ高いのか
なぜ効率化するのか? 仕事を1時間早く終わらせることがゴールではない。(2017/7/20)

Amazon“デリバリープロバイダ”問題、ヤマト撤退で現場は破綻寸前 「遅延が出て当たり前」「8時に出勤して終業は28時」
実際に現場の声を取材しました。(2017/7/16)

若手社会人の約4割が待遇に落胆? 働き出して感じた「入社前のイメージと現状のギャップ」のアンケート結果
入社1〜3年目の若手社会人を対象にした意識調査です。(2017/7/14)

「壊し屋」アマゾン ホールフーズ買収の衝撃
昨今の米国は「健康」ブームだが、米食品スーパー、ホールフーズ・マーケットはその先駆けである。(2017/7/10)

江梨佳、28歳の場合:
PR:仕事だってプライベートだって楽しみたい――現代型キャリア女子の華麗なる溜池ライフ!
やりがいのある仕事に充実した研修制度、長期休暇を利用して海外旅行――仕事もプライベートも100%満喫する、そんなエンジニアライフなんて夢物語でしょ?(2017/6/20)

プロエンジニアインタビュー(5):
教えて! キラキラお兄さん「どうしたらシリコンバレーでエンジニアとして働けますか?」
米国在住15年、シリコンバレーでエンジニアとして働く@elcaminoreal255さん(エル氏)は、「生涯プログラマーを貫くなら、シリコンバレーがオススメ」と言う。エル氏がそう考える理由、そして米国のエンジニアの日常とは――?(2017/6/19)

日経報道「関東ITソフトウェア健保」申請書受理拒否、コジマプロダクション否定せず 健保理事長はコナミ取締役
コジマプロダクションは現在、全国健康保険協会に加入中。(2017/6/15)

手軽さが売り:
「家で食べる」もあり 広がる“宅配型”社食
本格的な社食を設置しなくても、“宅配型”の社食サービスを利用するという方法もある。食堂やカフェとは違う、多様な使い方とは……。(2017/6/15)

働き方の質を変える“社食”改革:
“安い・早い・多い”だけじゃない 社食で企業価値向上へ
社食といえば、安くて早くて量が多くて……というイメージはもう古い。コミュニケーション活性化や企業のブランドイメージ向上などを実現するためのツールとしても活用されている。最新の社食は、会社で最も“いい場所”にあるのだ。(2017/6/12)

アドビ、忌引休暇を最大4週間に 「愛する誰かを失ったときの負担を軽くするため」
「会社に大切にされていることを感じてもらう」ことを目指しているという。(2017/6/7)

「MaaS」は“Passenger Economy”全体の43%を生み出す:
自動運転車の経済効果は2050年までに約780兆円 Intelが試算
Intelが「自動運転の普及が将来の経済にどんな影響を与えるか」を調査した報告書を発表。自動運転車の経済効果は2050年までに780兆円規模に上るとされ、中でもモバイルサービスは全体の43%を占めると試算された。(2017/6/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタアライアンスの現在地
これまで自動車業界の世界一争いは、トヨタ、フォルクスワーゲン、GMによる1000万台の年間生産台数が基準だった。そこにルノー・日産アライアンスが加わったわけだが、さらにトヨタは新たなアライアンス構築によって、唯一1600万台という巨大アライアンスへと踏み出した。(2017/6/5)

ヤフー、同性・内縁パートナーも「配偶者」認定 福利厚生の対象に
ヤフーが同性や内縁のパートナーを配偶者と認め、法律婚の場合と同等の福利厚生を適用する。(2017/6/1)

左利きやAB型とほぼ同じ割合……LGBTにビジネスチャンス
経済界でLGBTへの対応が急ピッチで進んでいる。(2017/5/31)

PR:働き方改革の第一歩 場所と時間にとらわれない申請・承認業務を実現するには?
現在、「働き方改革」の機運が高まっている。ただし、多くの企業では依然として紙ベースの業務が残っており、テレワークなどの働き方改革を進める上でのボトルネックになっている。こうした中、改めて注目されつつあるのが、ペーパーレスかつ場所と時間にとらわれない申請・承認を可能にするワークフロー製品だ。(2017/5/29)

失敗フォローでやる気向上:
新人のやる気を奪う言葉、1位は「仕事に向いていない」
社会人1〜2年目の若手社員にとって、やる気のアップ・ダウンにつながる要素は?――ソニー生命保険調べ。(2017/5/10)

「レベルの高い魔物は勇者の村へ直行で」 人間界の有能秘書が魔王の世界征服にバリバリ協力する「魔王の秘書」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第82回。さらってきた人間の奴隷は、超有能な女性秘書だった!(2017/5/14)

20代と30代では差アリ:
「現在の仕事に満足していない」理由、1位は?
仕事の満足度についての調査結果が発表。「仕事に満足している」「満足していない」それぞれの理由の1位は?――エン・ジャパン調べ。(2017/4/29)

「merci box」活用されるワケ:
男性育休取得率92.1% メルカリ人事制度のカギは?
ベンチャーでありつつも手厚い人事制度「merci box」で知られるメルカリ。「女性の育休取得率が100%、男性の育休取得率は92.1%」といった成果も出している。社員に活用される人事制度のカギとは?(2017/4/28)

創業以来のビジネスの中核:
デルがインサイドセールスを大幅増員、その組織と業務を紹介
デルは2017年4月26日、中堅企業向けのインサイドセールス(内勤営業)を大幅に増員すると発表。業務の内容や組織体制、求められる人材像などについて責任者が語った。 (2017/4/27)

運輸業界が特に注力:
人材確保に取り組む企業は7割 求める人材は「意欲的」
企業の人材確保に関する取り組みの実態は?――帝国データバンク調べ。(2017/4/21)

こんなはずじゃなかった:
新入社員が入社後に感じる「ギャップ」 1位は……?
新入社員が入社後に感じる、イメージとのギャップは?――Vorkers調べ。(2017/4/17)

人材確保を狙う:
社員の奨学金返済を一部援助 サタケの新制度
サタケが社員の奨学金返済を援助する新制度を創設。入社後3年および5年を経過した社員に、奨学金の返済額を加算して支給する。売り手市場の中、人材確保を狙う。(2017/4/17)

2017年のテクノロジートレンド:
AIが企業と顧客の接点に アクセンチュア最新調査
アクセンチュアが発表した年次調査レポート「Accenture Technology Vision 2017」に関して、このたび日本のプレス向けに説明会を開催した。今後、AIは新たなユーザーインタフェースとなって、企業のビジネス拡大に貢献していくという。(2017/4/12)

ワークスタイル変革セミナーリポート(前編):
ワークスタイル変革は“イノベーションの武器”、成功の秘訣は
ワークスタイル変革の目的は、多彩な人材の維持・獲得を目指し、イノベーションの創出につなげること――。そんな“イノベーションの武器”としてのワークスタイル変革を起こすために必要なのは何なのか。(2017/4/4)

夢のビッグデータ相関発見エンジン、紙のリターゲティング他:
2017年、デジタルマーケティング業界エイプリルフールまとめ
日本のインターネットカルチャーの中で脈々と生き続ける「エイプリルフール」。ユニークなアイデアの中に「最先端」が垣間見られる各社の楽しい「ウソ」をピックアップ。(2017/4/1)

水曜インタビュー劇場(ピョーちゃん公演):
なぜ研修にチカラを入れている会社は、パッとしないのか
上司から「研修があるから受けてきてね」と言われたことがある人もいるはず。ビジネスシーンでよくある光景だが、グーグルで人材開発を担当してきたピョートルさんに言わせると、こうした会社は「イケていない可能性がある」という。なぜかというと……。(2017/3/8)

24時間リアルタイムでパンダが見られる生配信サービスで「今日パンダ見て終わった」現象多発
1億総パンダ監視社会。(2017/3/3)

社員のペットは家族の一員 シロップが社員犬・社員猫の生活をサポートする福利厚生施策を導入
動物病院・ドッグサロンを割安で利用可能です。(2017/3/1)

キャリアニュース:
転職理由の1位は「会社の考えや風土が合わない」――30%が回答
転職求人サイト「ミドルの転職」が「転職理由」についてのアンケート調査結果を発表。転職の理由やきっかけとして最も多かった回答は「会社の考えや風土が合わない」だった。また、年代によって転職の理由や不安要素に違いが見られた。(2017/2/17)

タイピングは得意なんです:
PR:池澤あやか、タレントとエンジニアのダブルワークを希望する
えっ、週に3日働くだけでそんなにもらえるの?――希望条件に合った仕事を選ぶはずだったのに、時給が気になる池澤さん。派遣エンジニアってそんなにもうかるの?(2017/2/17)

転職で不安な点は「年齢」:
30〜50代の転職理由、「会社と考えが合わない」が最多
30〜50代の“ミドル世代”が転職を考えた理由は?――エン・ジャパン調べ。(2017/1/30)

デジタル時代のビジネスとテクノロジー(1):
「FinTechは日本発」、ウェルスナビCEO 柴山氏が語る金融とテクノロジー
デジタル化するさまざまな業界で、先駆的な、あるいはユニークな取り組みを進める人たちに焦点を当て、ビジネスとテクノロジーの関係を語ってもらう新連載。第1回は、誰にでも活用できる資産運用サービスを起業した、ウェルスナビのCEO、柴山和久氏に聞いた。(2017/1/24)

学歴=大学名ではない:
「文系エンジニアは世界で通用しない」は本当か?〜シリコンバレーの常識
「米国では、いや日本以外の国では、理系出身者しかITエンジニアになれない」「文系エンジニアというものは海外には存在しない」――このようなウワサを聞いたことはないだろうか。日米のエンジニアが文系エンジニアについて真剣に解説する前後編。後編は、シリコンバレー在住のエンジニアが、米国の採用事情や学歴の考え方、そして文系エンジニアはシリコンバレーに存在するのか、を解説する。(2017/1/23)

人材サービス大手のランスタッド調べ:
「勤務先としての魅力がある」日本企業トップ20
勤務先として、いま最も人材を引き付ける魅力のある日本企業は?――人材サービス会社大手のランスタッドがトップ20を発表。資生堂、ニコン、村田製作所が初めてノミネートされた。(2017/1/20)

キャリアニュース:
結婚相手の勤め先に望む企業――ベスト20に製造業7社がランクイン
リスクモンスターが「第6回 この企業に勤める人と結婚したいランキング」を発表。「国家公務員」「地方公務員」が全体、男女別ともに1位、2位を占めた。また、ベスト20の中で多かった業種は製造業で、7社がランクインした。(2017/1/12)

キャリアニュース:
「企業規模と働きがい」調査――大企業と中小企業の満足度の違いは
キャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」が「企業規模と働きがい」に関する調査結果を発表。大企業に比べ、中小企業で働くエンジニアは「研修制度」「福利厚生」「会社のブランド力」の満足度が低かった。(2016/12/8)

PR:IT導入率が低い会社は“残業”が多い? 読者調査で分かったビジネスパーソンの悩み、その解決への道は
働き方を変えようという機運が高まる中、実際の状況はどうなのか。読者調査の結果を基に、現代の企業やビジネスパーソンが抱える課題とその打開策を考えてみたい。(2016/11/24)

内山信二が行く! オフィス訪問記:
社員が勝手に駄菓子屋をオープン? 自由すぎるエンジニアフロア……ドワンゴオフィスに内山信二も困惑
自然と“前のめり”で会議に臨めちゃう椅子や、駄菓子屋を開いちゃう社員、段ボールで机を囲う社員など……自由すぎるオフィスに内山信二もびっくり!(2016/11/5)

入社後のギャップ、どんなことがありましたか?
就職・転職のための企業リサーチサイトを運営するヴォーカーズは10月25日、「良くも悪くも、入社後ギャップ」調査を発表した。(2016/10/25)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(12):
自然体のセキュリティ女子3人が語る「就活に王道なし」
大企業で活躍しているエンジニアは、学生時代から意識高く技術の研さんを積み、インターンでいろいろな経験をしてきた人ばかり……とも限らないようだ。仕事を、人生を楽しむセキュリティ女子の学生時代や就活の思い出とは?(2016/10/17)

130万人を分析、「社長」の代表像は?
全国の社長130万人のデータから浮かび上がった「社長像」は……。東京商工リサーチ調べ。(2016/9/16)

30歳で年収1000万円を狙える企業はどこ?
就職・転職のための企業リサーチサイトを運営するヴォーカーズは9月13日、「30歳で年収1000万円を狙える企業」を発表した。サイトに寄せられた社員のクチコミを見ると……。(2016/9/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。