レビュー
» 2010年03月12日 21時54分 UPDATE

「Xperia」の“ここ”が知りたい:第4回 アドレス帳はどうやって移行する?――「Xperia」

これまで使っていた機種からXperiaへアドレス帳を移行する際、どんな方法があるのか。また、ドコモ以外のケータイのアドレス帳も移せるのか。そのほか、アドレス帳の基本的な使い勝手も検証した。

[田中聡,ITmedia]
photophoto ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Xperia」。ボディカラーはSensuous BlackとLuster Whiteの2色

質問:アドレス帳はスムーズに移行できるのか

 ケータイを機種変更した直後に行う作業の1つが「アドレス帳の移行」だ。以前使っていた端末のアドレス帳をXperiaへ移行する際、どんな方法があるのか。また、複雑な作業をせずに移行できるのか。確認したところ、アドレス帳はmicroSDとBluetooth経由で移行できた。

 microSDの場合、まず転送元のケータイのアドレス帳をmicroSDへバックアップする。操作法は機種によって異なるが、今回試したSH-01Aの場合、メインメニューの「LifeKit」→「microSD」→「個別バックアップ/復元」→「microSDへバックアップ」→「電話帳」から一括保存できる。アドレス帳はvCard形式(.vcf)で保存される。その後、microSDをXperiaへ挿入し、「連絡先」からバックアップデータをインポートすればよい。auのW61Sでも試したところ、SH-01Aと同じくvCard形式でバックアップされ、問題なくインポートできた。

photophotophotophoto まずは転送元のケータイにアドレス帳をバックアップする(写真=左端)。初期状態のXperiaで「連絡先」を起動すると、ウィザードが立ち上がるので、「連絡先をインポート」を選ぶ(写真=左中)。連絡先のサブメニューからもインポートできる。ここからエクスポートも可能(写真=右中)。続いて「SDカード」を選ぶ(写真=右)
photophoto アドレス帳がインポートされる(写真=左)。複数の電話番号やメールアドレスもしっかり移行できた。また、電話番号とメールアドレスの種類(自宅、携帯電話など)も反映されている(写真=右)

 Bluetoothを利用する場合、転送元のBluetooth対応ケータイとXperiaをペアリングし、Xperiaの「Bluetooth設定」にある「検出可能」にチェックを入れる。その後は転送元のケータイからアドレス帳データを全件送信する。SH-01Aの場合、アドレス帳のサブメニューから「データ送信」→「Bluetooth送信」→「全件送信」を選ぶ。その後、Xperiaでデータを受信するかどうかの画面が現れるので、「許可」を選ぶと転送が始まる。

photophotophotophoto 転送元のケータイとXperiaをペアリングし、「検出可能」にチェックを入れる(写真=左端)。転送元のケータイのアドレス帳をBluetoothで全件送信する(写真=左中、右中)。「サーチリスト」に現れた「SO-01B」を選択する(写真=右端)
photophoto Xperiaで「許可」を選ぶと、vCard形式でアドレス帳データが転送される

 データの件数にもよるが、転送にはそれなりに時間がかかる。348件のアドレス帳データが保存されていたSH-01Aの場合、microSDは約1分52秒、Bluetoothは約2分20秒かかった。転送元のケータイがmicroSDとBluetoothどちらも対応している場合、ペアリングが面倒ならmicroSDを、XperiaのmicroSDの着脱(バッテリーを外す必要がある)が面倒ならBluetoothを利用するといいだろう。

質問:アドレス帳の使い勝手は? 検索しやすい?

 Xperiaのアドレス帳(連絡先)は、写真+連絡先の名前が五十音順に一覧表示される。検索方法はiPhoneと似ており、画面右端をなぞることで、五十音の行頭やアルファベットの先頭に移動できる。画面上部の入力欄からキーワード検索も可能。もちろん、画面をフリックして一覧をスクロールさせることもでき、勢いよくフリックすると、しばらく自動でスクロールし続ける。このほか、「スター」を付けたデータだけを表示する「お気に入り」の項目もある。よく連絡を取る人を登録しておくと便利だ。

photophotophotophoto アドレス帳(連絡先)一覧。アクセスは「電話」アプリから。自分の電話番号もこの画面に表示される(写真=左端)。画面右端をなぞると、そのときに触れている五十音の行頭やアルファベットの先頭が表示される(写真=左中)。データの編集画面で★をタップすると「お気に入り」に保存される(写真=右中、右端)

質問:グループ分けはできるのか

 Xperiaのアドレス帳には「グループ」の項目が用意されているが、これは「電話番号のあるアドレス」や「スターを付けたアドレス」などを表示するもの。「仕事」「プライベート」など任意のグループをユーザーが作成することはできない。先ほどのアドレス帳の転送に用いたSH-01AとW61Sではグループ設定もしていたが、当然ながらこれらの設定はXperiaには反映されなかった。

photophoto アドレス帳のサブメニューから「グループを表示」を選ぶと、連絡先の表示方法を選べるが、任意のグループは設定できない

質問:データごとに着信音を変えられるのか

 着信音は、アドレス帳に登録したデータごとに設定できる。ただし着信ランプの点滅パターンは個別には設定できない。

photophoto 各アドレスデータの編集画面から着信音を変更できる

質問:写真はどうやって登録するのか

 Timescapeにも使われるアドレス帳の写真は、保存済みの画像か、その場で撮った画像を設定できる。また、シルエット風の「初期設定画像」は8種類が用意されているので、写真がないときは、とりあえずこれらの画像を使用するといいだろう。

photophotophotophoto アドレス帳の編集画面左上の「+画像」と記されたシルエット部分をタップすると、画像を追加できる(写真=左端、左中)。男女をイメージした初期設定画像は8種類ある(写真=右中、右端)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.