ニュース
» 2013年02月25日 13時23分 UPDATE

Yahoo! JAPANアプリがリニューアル より見やすく、操作性を改善

ヤフーがiOSとAndroid向けに提供している専用アプリ「Yahoo! JAPAN」のメジャーバージョンアップ版をリリースした。ユーザーインタフェースを刷新し、スマートフォンからのネット利用をより快適にする仕組みを用意した。

[園部修,ITmedia]

 ヤフーが2月25日、iOSおよびAndroid向けの「Yahoo! JAPAN」アプリをリニューアルした。iOS版の「バージョン3.0.0」およびAndroid版の「バージョン2.0.0」はすでに配信が始まっており、App StoreやGoogle Playから無料でダウンロード可能だ。すでにアプリを利用中の場合は、アプリをアップデートをすれば新バージョンに更新される。

 今回のアップデートでは、これまで提供していたYahoo! JAPANアプリからユーザーインタフェースを刷新。Yahoo! JAPANの各種サービスを利用しやすく整理した上で、ニーズの高い天気予報や今日の運勢、テレビ番組表などをページ上部からアクセスしやすくした。これまで一番目立つ形で配置されていたYahoo!トピックスの話題は、9つタブでカテゴリーを切り替えながら各8本の記事タイトルを一覧できる形に変更している。Twitterで盛り上っているワードがわかる「話題なう」も利用できる。

 このほか、必要に応じてYahoo! ニュースの「トレンド情報」、Yahoo! ショッピングの「おすすめ情報」、Yahoo! ロコの「周辺の人気グルメ店」など、さまざまな情報を、好みの並び順で表示可能。アプリ内ブラウザの「あとで見る」で登録したページをまとめて表示するなど、便利な機能も備えた。

 ユーザーインタフェースは、電車の中などで利用されることを想定して、片手で縦にスクロールするだけで多くの情報にアクセスできるよう設計されている。またニュース記事は先読み機能を備えるため、一度ネットにつながる環境でアプリを起動すれば、その後はオフラインでも主要な記事が読めるなど、使い勝手も向上。検索機能はWebサイトや画像、動画に加え、TwitterやFacebookのリアルタイム検索も可能だ。

 iOS版では、地震や津波など、災害情報の速報や号外ニュースをプッシュで通知する機能も用意。厳選したおすすめコンテンツの情報なども、ユーザーの設定に応じて配信する。

PhotoPhotoPhotoPhoto 新しくなったYahoo! JAPANアプリ。これまでは、トピックス情報が大きく表示され、下部に各種サービスのアイコンが並んでいたが、サービスへのアクセスのしやすさはそのままに、トピックス情報がより細かくチェックできるように変更されたほか、Twitter上で盛り上がっているキーワードをピックアップする「話題なう」なども提供。さらに下には、ユーザーが好みのサービスを追加していける
Button
Button

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.