連載
» 2013年05月02日 13時23分 UPDATE

山根康宏の中国携帯最新事情:第9回 約400社が乱立する中国スマートフォンメーカー (1/2)

世界最大のスマートフォン市場となった中国では、毎週新製品が登場している。当然、メーカーも増えていて、2012年末には377社がスマートフォンを製造している。

[山根康宏,ITmedia]

国内スマートフォンメーカーの総数は377社

 中国工信部の報告によると、2012年末時点の中国国内スマートフォンメーカー数は実に377社だったという。年間1000万台以上を売り上げるメジャーメーカーが規模を拡大する一方で、10万台規模の零細メーカーも3G加入の急増に乗じて販売数を伸ばしている。中国のスマートフォン市場は成長が競争を上回っており、新規参入メーカーの数は今後も増えていくだろう。

 中国の繁華街を歩くと、無名なメーカーが店舗を開設して新製品のキャンペーンを行う光景を毎月見かけるようになった。中国では2012年に入ってから新規参入メーカーが増えており、その多くはスマートフォンを手がけている。しかも、既存の中国大手メーカーのモデルと同じスペックで日常利用する分にはまったく問題ない製品を次々と市場に送り出している。

 中国でも海外メーカーの製品を数多く販売しているが、中国メーカーのシェアは年々高まりつつある。確かに、中国国内の携帯電話、スマートフォンのシェア1位はどちらもSamsungで、ほかの海外市場と同様、中国でも強い。しかし、2位以下の顔ぶれを見ると、ほかの国とは大きく状況が異なり、中国のメーカーがずらりと名前を連ねる。すでにこの連載で新興勢力となる中国の有力5社「中華酷聯海」を紹介したが、それに続く中国メーカーが次々と参入している。

kn_yamane04_01.jpgkn_yamane04_02.jpg 2年前は無名だった「Thl」も今では中国各地に店舗を出店する(写真=左)。中国最大の移動体通信事業者「中国移動」の専門店舗に並ぶスマートフォンには中国メーカーのモデルも多い(写真=右)

 中国の調査会社「iiMedia Research」の報告によると、2012年における中国国内スマートフォンの総販売台数は1億6900万台だった。メーカーの順位とシェアは1位がSamsungで22.5パーセントだが、2位はLenovoで10.7パーセント、3位がHuaweiで9.9パーセント、4位がCoolpadで9.5パーセント、5位がZTEで8.9パーセントと続き、2位から5位を中国メーカーで占める。Appleは7.7パーセントで6位、HTCは4.7パーセントで8位、Nokiaは大きく順位を落とした11位で3.1パーセントとベストテンの圏外になった。一方で、GioneeやXiamiといった中国メーカーが10位内に入るなど、海外メーカーのシェアを着々と奪っている。

kn_yamane04_03.jpgkn_yamane04_04.jpg 中国でもシェア1位と強さを見せるSamsung(写真=左)。中国メーカーに押されながらもApple人気は根強い(写真=右)

 このように中国メーカーが躍進する中国市場において、何社がスマートフォン製造を手がけているのだろうか。中国工信部の報告によると、2012年末時点でスマートフォンを製造する中国国内メーカーは実に377社にも達している。この数には、いわゆる山寨機と呼ぶネットワーク認証を受けない未認可の製品メーカーを含めていない。正規のメーカーに山寨機メーカーを加えると、400社以上が存在するという。

kn_yamane04_05.jpgkn_yamane04_06.jpg 日本では見かけないメーカーの広告も中国の街中では普通に見かける(写真=左)。山寨機もスマートフォンばかりとなった。山寨機メーカーは今でも数十社以上ある(写真=右)

 販売価格帯と販売シェアをiiMedia Researchの報告で確認すると、1000元から2000元(日本円で約1万6000円から3万2000円)の「1000元スマートフォン」が最も多く、販売数全体の42.9パーセントで7250万台となる。次いで1000元以下の製品が34.9パーセントで5898万台、2000〜3000元の製品が14.6パーセントの2518万台と続く。このように、中国におけるスマートフォンで最も売れているのはミドルレンジ以下の普及価格帯から低価格帯のモデルだ。

 iPhoneの中国における実売価格は、iPhone 4 8Gバイトモデルが3008元、iPhone 5 16Gバイトモデルが5288元と、販売価格帯的には中国市場販売台数シェア8.3パーセントを占める“高価格帯”に属している。今後もiPhoneは販売数を伸ばすだろうが、低価格帯で製品がひしめき合う中国市場で大幅に数を伸ばすのは難しそうだ。

 約400社も存在するという中国のスマートフォンメーカーにはどのような顔ぶれがそろっているのだろうか。中国最大手のオンライン携帯電話販売サイト“北斗星携帯網”のWebページには、中国で代表的なメーカー名として58社を並べている。この中から、AppleやSamsungなどの海外メーカーを除外すると、中国メーカーとして42社が残る。この中にはスマートフォンを手がけていないメーカーもあるが、それにしてもこれだけでもかなりの数だ。

kn_yamane04_07.jpgkn_yamane04_08.jpg 北斗星携帯網のホームページ。左の欄に代表的なメーカー58社が並ぶ(写真=左)。無名なメーカーだからといって侮れない製品も多い(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.