ニュース
» 2013年05月14日 14時17分 UPDATE

イー・アクセス、ソフトバンク網に対応した「ARROWS S(EM01F)」を発表

イー・アクセス初の富士通製スマートフォン「ARROWS S(EM01F)」が発表された。ソフトバンクモバイルが2月に発売した「ARROWS A 201F」がベースになっており、対応ネットワークやハードウェアスペックは同じ。8月以降に発売予定。

[田中聡,ITmedia]

 イー・アクセスが5月14日、富士通製のスマートフォン「ARROWS S(EM01F)」を発表した。8月以降の発売を予定している。

 EM01Fは、イー・モバイル向けとしては初となるARROWSブランドのスマートフォンで、ハードウェアスペックは、ソフトバンクモバイルが2013年2月16日に発売した「ARROWS A 201F」と同じ。ファームウェアを新しく書き換えており、EM01Fではワンタッチでテザリングをオンにできる「Pocket WiFi」ウィジェットを利用できるのが違い。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色で、201Fにはあったオーシャンブルーとスパークリングピンクは用意されない。

photophoto 「ARROWS S EM01F」。ボディカラーはブラックとホワイト

 201Fと同じく2.5GHz帯のAXGPと、900MHz/1.5GHz/2.1GHz帯のW-CDMAに対応するが、イー・モバイル端末で使われている1.7GHz帯はサポートしない。料金サービスについては決定次第、案内される。なお、イー・モバイルのスマートフォンには原則としてSIMロックがかけられていないが、EM01Fは201Fと同様にSIMロックがかけられている。

 OSはAndroid 4.1で、プロセッサーはQualcommの「APQ8064」(1.5GHzクアッドコアCPU)を備える。ディスプレイにはHD表示(720×1280ピクセル)対応の4.7インチ液晶を採用。空気層をなくすことで光の乱反射と拡散を低減し、色鮮やかに表示する。カメラは「Exmor R for mobile」採用の1310万画素CMOSを搭載。ワンタッチで画面ロックを解除できるスイッチ付きの「スマート指紋センサー」や、指定した人物のアドレス帳や発着信履歴などを非表示にできる「プライバシーモード」も備えた。IPX5/IPX8相当の防水とIP5X相当の防塵性能、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、NFCもサポートしている。

photophoto
「ARROWS S EM01F」の主な仕様
機種名 ARROWS S EM01F
OS Android 4.1
プロセッサー Snapdragon S4 Pro APQ8064(1.5GHzクアッドコアCPU)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約65×129×10.8ミリ
重さ 約151グラム
バッテリー容量 2420mAh
アウトカメラ 有効約1310万画素CMOS(AF・手ブレ補正対応)
インカメラ 有効約120万画素CMOS
メモリ ROM:32Gバイト、RAM:2Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約4.7インチHD(720×1280ピクセル)TFT液晶 1677万色
ボディカラー ブラック、ホワイト
主な機能 防水・防塵、おサイフケータイ、NFC、赤外線通信、ワンセグ、テザリング ほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.