レビュー
» 2013年07月02日 09時44分 UPDATE

「Xperia A SO-04E」の“ここ”が知りたい:第1回 「Xperia A」と「Xperia Z」の違いは?

ドコモの2013年夏モデルで人気の「Xperia A SO-04E」。GALAXY S4とともに“ツートップ”を担い、価格面でも魅力の一台だ。一方で2月に発売した5インチフルHDディスプレイ搭載のXperia Zも、デザインとスペックの高さで人気。違いはどこにあるのだろうか?

[小林誠,ITmedia]
photo Xperia Z(左)とXperia A(右)を比較した。Xperia Zをそのまま小さくしたように見えるが、細かな違いがたくさんある。

 「Xperia A SO-04E」と「Xperia Z SO-02E」の主なスペック、対応機能・サービスを比較すると以下の通りとなる。

「Xperia A SO-04E」と「Xperia Z SO-02E」の主なスペック
Xperia A SO-04E Xperia Z SO-02E
67ミリ 71ミリ
高さ 131ミリ 139ミリ
厚さ 10.5ミリ 7.9ミリ
重量 141グラム 146グラム
画面サイズ 4.6インチ 5.0インチ
画面解像度 720×1280ピクセル 1080×1920ピクセル
Android Ver. 4.1.2 4.1.2
CPU APQ8064 1.5GHz(Quad) APQ8064 1.5GHz(Quad)
ROM/RAM 32Gバイト/2Gバイト 16Gバイト/2Gバイト
外部メモリ microSDXC(64Gバイト) microSDXC(64Gバイト)
Xi 下り最大100Mbps 下り最大100Mbps
無線LAN IEEE802.11a,b,g,n IEEE802.11a,b,g,n
テザリング ○(最大10台) ○(最大10台)
アウトカメラ 1310万画素裏面照射積層型CMOSセンサー 1310万画素裏面照射積層型CMOSセンサー
インカメラ 31万画素CMOSセンサー 220万画素裏面照射型CMOSセンサー
防水 ○(IPX5/IPX8) ○(IPX5/IPX7)
ワンセグ ○/5時間20分 △(アンテナ接続)/5時間50分
フルセグ × ×
NOTTV ×
おサイフケータイ
NFC
赤外線通信
Bluetooth 4.0 4.0
HDMI ○(MHL) ○(MHL)
バッテリー容量 2300mAh 2330mAh(着脱不可)

 明確に勝っていると判断できる部分は赤字にした。Xperia Aはコンパクトで携帯性に優れている。一方のZは大画面に力を入れているのが分かる。性能面ではほとんど差がないものの、Xperia Aの方が内蔵メモリが大きく、Zはインカメラに注力している。

 Xperiaシリーズでは付属のワンセグアンテナを別途持ち歩く必要があったが、Xperia Aではホイップ式のアンテナが収納され、これも携帯性にプラス。さらにXperia AはNOTTVにも対応している。一方、Zはワンセグの視聴時間がAよりも長い。HDMIについては2機種とも市販のMHLアダプタを使える。バッテリー容量はXperia Aが少し小さいが、着脱できる点はメリットだ。

 続いて外観を見ていこう。正面から見ると、Xperia AはZをそのまま小さくしたかのようだ。片手操作では画面全体に指が届きやすい。ステータスバーを開く操作はZよりも行いやすい。幅も細く、厚さはあるが背面に丸みがあり、Zのように縁が角張っていないので、手にフィットする。「持ちやすさ重視」であることがよく分かる。

photophoto Xperia A(左)とXperia Z(右)を握った写真。Xperia Aは強く握れば親指と中指がぶつかるほど。それくらいスリムなのだ

 全体がコンパクトになったことで、右側面の電源キーとボリュームキーが低い位置に。またボタンのデザインは似ているが、大きさはXperia Aの方が小さい。さらにXperia Aならではの機能として、右側面の下にはカメラボタンがある。カメラの起動やシャッターキーとして使える。Zでは同じ位置にスピーカーがあったが、Xperia Aでは背面に移った。

photophoto 側面のボタンを比較すると位置、サイズも変わったことが分かる。Xperia Aにはカメラボタンが追加されている(写真=左)。Xperia ZよりAの方がやや厚い(写真=右)

 左側面を見ると防水仕様のキャップ付きMicro USB端子がある。Xperia Aの方がカバーは大きい。Zでは左右側面に搭載されていたmicroSDスロット、microSIMのスロットは、Xperia Aではバッテリーを外したところにある。Aはバッテリーを着脱できるものの、microSD/microSIMを頻繁に取り外す人にはやや不便だろう。

 Xperia Aならではの機能といえば、本体正面のSONYロゴの下にあるイルミネーション。着信時に点滅、通話時に点灯を続ける。小さな機能ではあるが、イルミネーションが大きい方が不在通知に気付きやすい。

photo 通話中に点灯した青いイルミネーション。派手というわけではないが、ロゴの下で光ると目を引く

 Xperia Aの背面には、ノイズ抑制用のセカンドマイクが見当たらないが、Aのセカンドマイクはフォトライトの右側にあり、リアカバーを外すと表れる。Xperia Aの通話設定にも「マイクのノイズ抑制」が引き続き用意されている。カメラの位置はZよりも中央に寄っており、Aはシメントリー(左右対称)なデザインになっている。Zでは背面にあった赤外線ポートも、Xperia Aでは正面の右上へと位置が変わっている。

※セカンドマイクの記述を追記しました(7/2 11:59)。

photophoto 背面を比較するとXperia Aの方が丸みのあるデザインであり、指紋が目立たないウレタン塗装処理を施している。Xperia Zの透き通ったデザインとは違うので、デザイン重視だと好みが分かれそうだ

 頂部にはZになかったワンセグアンテナが収納されているが、イヤフォンジャックはZと同じく防水キャップ付きのカバーで覆われている。底部にはストラップホールがあり、Zではそのまま結べたが、Xperia Aはリアカバーを外してから取り付ける必要がある。

photophoto ワンセグアンテナが搭載されているので、外出先でもそのままスムーズに視聴ができる(写真=左)。Xperia Aのストラップホールはリアカバーを外して輪を掛けるタイプ(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.