レビュー
» 2013年12月30日 12時13分 UPDATE

「Xperia Z1」の“ここ”が知りたい 第8回:「Socialifeニュース」と「Social live」はどんな感じ?――「Xperia Z1」

Xperia Z1は「ハイスペック!」「カメラ!」というイメージがあるものの、Xperiaシリーズを最初から注目していた人なら、Xperiaは「SNS」に力を入れていた印象があるのではないだろうか。Xperia Z1ではどんな設定やアプリがあるのかを確認してみた。

[小林誠,ITmedia]
photophotophoto 「Xperia Z1 SO-01F」(写真=左)と「Xperia Z1 SOL23」(写真=中、右)。ボディカラーは2機種ともパープル、ホワイト、ブラック

質問:Xperiaならではの「Socialifeニュース」とは?

 Xperia独自のアプリとしては「Socialifeニュース」が挙げられる。SNSだけでなく、Web上のニュースを時系列で表示するアプリだ。アプリを開いたばかりだと、「ヘッドライン」の最新のニュースが配信されている画面になり、右にフリックすると、それぞれの媒体の記事へと画面が移る。最後に詳しい記事を読みたい場合は「Webページを開く」をタップすればよく、アプリ内で元記事のあるWebページに飛ぶ仕組みだ。

 この「ヘッドライン」の最上部にSNSのアカウントを追加するアイコンがある。タップするとTwitterとFacebookのアカウントを追加でき、その後、ヘッドラインにはTwitterやFacebookでつながっている人たちが投稿した記事も掲載される。

 Socialifeニュースにはウィジェットも用意されており、タイル状の画像で最新の投稿がチェックできるタイプと、ウィジェットをタップするとFacebookとTwitterに同時投稿するものがある。

 派手なアプリではないものの、最新のニュースをチェックしつつ、友達や同僚のツイートなども見られるので便利なアプリといえるだろう。

photophotophoto 「Socialifeニュース」のヘッドライン。最新のニュースが並ぶ。「S」のフキダシアイコンをタップすればSNSの登録ができる(写真=左)。好きなニュースを自由に集めて、自分に最適な情報を集めることが可能だ(写真=中)。Socialifeニュースのウィジェット。上は時系列順にタイルが並んでおり、上下にフリックするとタイルが切り替わる。下の小さな横長のウィジェットは、SNSへの投稿用だ(写真=右)

質問:カメラに用意された「Social live」とは?

 SNS関連の機能として、もうひとつ紹介したいのが「Social live」だ。カメラの撮影モードとして用意されており、Facebookにリアルタイムで短い動画を投稿できる面白い機能だ。

 短い動画といっても、最長10分まで撮れる。公開範囲は友達だけにすることもできるので、必ずしもすべての人に公開する必要はない。使い方も最初にFacebookアカウントと連携するだけ。誰でも簡単に使える。ただしとても気軽に使えるので、逆に変な動画を投稿して炎上、なんてことにならないように注意したい。

 撮影中は閲覧者数やコメント、「いいね!」の数がカメラの画面に表示され、また「リアルタイム」と書いたが、投稿後も動画は残っているので、見逃した人が後から再生することも可能だ。このとき撮影した動画はFacebookに投稿されるだけでなく、ちゃんとXperia Z1の本体にも保存されているので、「ムービー」アプリで自分の配信した動画をチェックすることもできる。

photophoto 「Social live」を起動すると、最初に動画の見出しと、プライバシーの設定で公開範囲を決められる。「カスタム」を選択すると、友達を選択して見せられる(写真=左)。「Social live」で撮影&ライブ配信中の画面。画面左下に閲覧者数などが表示されるのが分かる(写真=右)
photo 配信した動画はFacebookからちゃんと確認できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.