ニュース
» 2016年12月15日 15時50分 UPDATE

FREETEL、訪日旅行客向けプリペイドSIMの容量ラインアップを拡充 既存容量もパッケージ一新

FREETELのプリペイドSIMカード「FREETEL Prepaid Data SIM for Japan」に、新たに3GBと5GBのパッケージが登場する。既存の1GB・2GBパッケージもデザインを一新し、全パッケージにパッケージデザインと同一の絵柄を用いたポストカードを新たに付属する。

[井上翔,ITmedia]

 プラスワン・マーケティングは12月15日、データ通信専用のプリペイドSIMカード「FREETEL Prepaid Data SIM for Japan」の商品ラインアップを拡充した。新たに「3GB」「5GB」のパッケージを用意したほか、既存の「1GB」「2GB」のパッケージについてもデザインを一新。ユーザーマニュアルやSIMピンに加え、パッケージデザインで用いた絵柄のポストカードを全パッケージに付属した。

新たに登場する「3GB」「5GB」のパッケージ 新たに登場する3GB(左)と5GB(右)のパッケージ
リニューアルした「1GB」「2GB」のパッケージ 1GB(左)と2GB(右)のパッケージはリニューアル

 FREETEL Prepaid Data SIM for Japanは、主に訪日旅行客をターゲットとした商品で、「WeChat(微信)」「Facebook」「LINE」「WhatsApp」「カカオトーク」の一部機能を除くデータ通信量をカウントしないことが大きな特徴だ。

 従来、1GB(利用期間7日)と2GB(利用期間30日)のパッケージを展開してきたが、より大容量なプランに対する需要に応えるため、3GB(利用期間30日)と5GB(利用期間30日)のパッケージを追加することになった。ポストカードの封入は、訪日旅行客の満足度を高めるためであるという。

 NTTドコモのXi(LTE)とFOMA(W-CDMA/UMTS)エリアでの通信に対応しており、SIMカードのサイズは「Micro」「Nano」の2種類から選べる。純粋なデータ通信専用で、SMS(ショートメッセージ)の送受信や音声通話には対応しない。パッケージごとのデータ通信容量を超過した場合は、利用期間が終わるまで上下最大150kbpsで通信できる。別売の「500MB リチャージクーポン」を購入すれば、1枚につき高速通信容量を500MB追加することができる。利用期間の延長には対応していないため、利用期間を超えて通信したい場合は再度SIMカードのパッケージを買い直す必要がある。

 各パッケージとリチャージクーポンの参考販売価格は以下の通り。

  • 1GBパッケージ(利用期間7日間):2280円(税別)
  • 2GBパッケージ(利用期間30日間):3480円(税別)
  • 3GBパッケージ(利用期間30日間):3980円(税別)
  • 5GBパッケージ(利用期間30日間):4980円(税別)
  • リチャージクーポン(500MB):980円(税別)

 SIMカードのパッケージとリチャージクーポンは、日本国内では同社の「FREETEL eSHOP」のほか、大手家電量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機)の店頭やAmazon.co.jpでも購入できる。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう