ニュース
» 2018年01月31日 11時55分 公開

iOS版「Microsoft Office」と「OneDrive」にアプリ間ドラッグ&ドロップなどの新機能

MicrosoftがiOS版「Office」と「OneDrive」のアップデートを発表した。Officeファイルでのリアルタイム共同編集機能やコンテンツのドラッグ&ドロップでのコンテンツの貼り付けが可能になる。アップデートはローリングアウトしていく。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月30日(現地時間)、iOS版「Microsoft Office」(Word、Excel、PowerPoint)および「OneDrive」をアップデートし、幾つかの新機能を追加したと発表した。「Office 365」ユーザーはこれらの機能を無料で利用できる。アップデートはローリングアウト中だ。

Officeでのリアルタイム共同編集

 iOS版Word、Excel、PowerPointで、複数のユーザーが任意のファイルをリアルタイムで同時に編集できるようになる。オンライン版、PC版、Mac版Officeでは既に可能なので、iPhoneおよびiPadユーザーはそれらのユーザーと共同編集できるようになる。

OfficeアプリとOneDriveアプリ間でのコンテンツのドラッグ&ドロップ(iPad)

 iPadで、Word、Excel、PowerPoint、OneDrive間でコンテンツをドラッグ&ドロップで貼り付けられるようになる。例えばWordの文書にExcelのグラフを貼ることなどができる。

 office 1 ExcelのグラフをWordの文書にドラッグ&ドロップ

OneDrive内でのファイルのドラッグ&ドロップ

 OneDrive内のフォルダ間やSharePointで、ファイルをドラッグ&ドロップで移動できるようになる。また、iPadでは、例えばiMessageなどの別のアプリのファイルもOneDriveにドラッグ&ドロップできる。

 office 2 OneDriveでのドラッグ&ドロップ

OneDriveでPhotoshopやRAWなど130以上のフォーマットのファイルのプレビューが可能に

 OneDrive上でタップすることでプレビューできるファイルの種類が増える。iOS端末にファイルを作成したアプリをインストールしていなくても、内容を確認できる。Adobe Systemsの「Photoshop」と「Illustrato」、RAW、DICOM画像などを含む130以上のフォーマットをサポートする。

 office 3 OneDriveのプレビュー機能

OfficeのVoiceOver対応

 iOS 11以降の環境で、Word、Excel、PowerPointでAppleのアクセシビリティ機能「VoiceOver」による読み上げが可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう