ニュース
» 2009年10月21日 02時27分 UPDATE

サーバモデルも登場:CPUやメモリ容量を強化した小型デスクトップPC――「Mac mini」

液晶ディスプレイを省いた小型デスクトップPC「Mac mini」がモデルチェンジし、CPUやメモリを強化した2モデルのほか、サーバモデルも登場した。

[ITmedia]

直販モデルでは2.66GHzのCore 2 Duoを選択可能

ht_0910mm01.jpg Magic MouseやLED Cinema Displayと新型Mac mini

 10月20日(現地時間)、アップルのエントリー向けデスクトップPC「Mac mini」シリーズがラインアップを一新した。新モデルの特徴は、165.1(幅)×165.1(奥行き)×50.8(高さ)ミリ、重量が約1.31キロのスクエアボディや、GeForce 9400Mの統合チップセットを継承しつつ、内部パーツを強化した点だ。もちろん、OSは最新のMac OS X Snow Leopardで、統合アプリケーションのiLife'09も付属する。

 ラインアップの構成は従来と同様2モデルで、CPUをはじめメモリやHDD容量が異なる。上位モデル「MC239J/A」のCPUは2.53GHzのCore 2 Duo、下位モデル「MC238J/A」は2.26GHzのCore 2 Duoを搭載。ともにFSBは1066MHzで、2次キャッシュは3Mバイトと前モデルから変わらない。メインメモリも上位モデルが4GバイトのDDR3、下位モデルが2GバイトのDDR3と従来機から倍増した。一方のHDDは上位モデルが320Gバイト(5400rpm)のままだが、下位モデルは120Gバイトから160Gバイト(5400rpm)に増加している。細かいところでは、メインメモリと共有のグラフィックスメモリが256Mバイトに共通化された(従来は下位モデルが128Mバイト)。

 そのほかのスペックは前モデルを引き継いでおり、最大8倍速の2層記録対応SuperDrive(DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)、FireWire 800、5基のUSB 2.0、Mini DisplayPort、Mini-DVI(DVIへの変換アダプタが付属)のインタフェースを採用する。通信系はギガビット対応の有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRだ。なお、直販のApple StoreではCPUを2.66GHz Core 2 Duoに、HDDを500Gバイトまで強化することができる。

 価格は上位モデルが8万4900円、下位モデルが6万2900円と、前モデル登場時からそれぞれを5000円/6900円安くなっている。原稿執筆時、Apple Storeの出荷予定は24時間以内だった。

ht_0910mm02.jpg コンパクトなボディは従来機を受け継ぐ
ht_0910mm03.jpg 光学ドライブは最大8倍速のSuperDriveだ
ht_0910mm04.jpg インタフェースも前モデルを継承している

500GバイトHDDを2基内蔵したスペシャルバージョンも登場

ht_0910mm05.jpg 光学ドライブを省いた「Mac mini with Snow Leopard Server」

 また、OSにSnow Leopard Serverを採用したスペシャルバージョン「Mac mini with Snow Leopard Server(MC408J/A)」が10万4900円で登場した。基本スペックは2.53GHz Mac miniをベースにしながら、SuperDriveを省いて2基の500GバイトHDD(5400rpm)を搭載しているのが特徴だ。

 Apple Storeでは、外付けのSuperDriveや4TバイトのNAS(Promise SmartStor DS4600 RAIDサブシステム)を追加することもできる。こちらもApple Storeの出荷予定は24時間以内となっている。

news025.jpg

「Magic Mouse」をAppleStoreで購入する
マルチタッチ対応のBluetoothマウス「Magic Mouse」。価格は6800円

news024.jpg

「Macmini」をAppleStoreで購入する
サーバモデルも登場の「Mac mini」。6万2900円から


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-