ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Cinema Display」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Cinema Display」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Mac mini (2018) 、4年ぶりの新モデルはどこがどう違う?
4年ぶり、待望のモデルチェンジとなったMac mini。以前のモデルとはどう違うかMACお宝鑑定団が細かくチェックした。(2018/11/8)

Just Mobile、Appleディスプレイなどにもマッチするアルミ削り出しデザインのターンテーブル
フォーカルポイントは、iMac/Appleディスプレイの設置に向くアルミ製ターンテーブル「Just Mobile AluDisc」の取り扱いを開始した。(2013/5/21)

Twelve South、iMac/Thunderbolt Displayの背面にHDDなどを置けるスタンドアクセサリ
フォーカルポイントは、米Twelve South製となるApple製ディスプレイ用スタンドアクセサリ「Twelve South BackPack v3」の取り扱いを開始する。(2013/4/24)

Twelve South、iMac/Thunderbolt Display用の小物入れ付きディスプレイスタンド
フォーカルポイントは、米Twelve South製となるiMac/Thunderbolt Display用ディスプレイスタンド「Twelve South HiRise for iMac」を発売した。(2012/11/2)

全デザイナーにカラーマネジメント液晶ディスプレイの恩恵を:
PR:「ColorEdge CX240」で“信頼できる色”を手に入れる、仕事がもっとはかどる
カラーマネジメント液晶ディスプレイを導入すれば、デザイン業務の効率化や完成度の向上が期待できる。とはいえ、「そんなことは分かっているけど、とても高くて導入できないから、ちょっといい通常のディスプレイでガマンするしかない」といったデザイナーは少なくないだろう。ナナオの「ColorEdge CX240」は、「いつかは、カラーマネジメント液晶ディスプレイ!」と願う、こうしたユーザーにとって福音となるかもしれない。(2012/8/30)

これで最新インタフェースが無駄にならない:
Thunderboltを内蔵した「Apple Thunderbolt Display」
Thunderbolt対応のMacBook AirとMac miniの発表に合わせて、その最新インタフェースを内蔵した27型ワイドの液晶ディスプレイも登場した。(2011/7/20)

最薄部10ミリ以下の世界へ:
日本HPの“極薄”フルHD液晶「x2301」と「L2201x」を眺め回す
日本HPが立て続けに極薄のフルHD液晶ディスプレイを投入した。1つが法人向けの「L2201x」、もう1つが個人向けの「x2301」だ。どちらも洗練された薄型ボディを特徴とする。(2011/6/16)

LCDを追随する有機EL、電子ペーパー:
ディスプレイ技術の止まらない進化
液晶ディスプレイは、旧来型のブラウン管を置き換えるものとして、広範な用途で主役の座を射止めた。そして、液晶ディスプレイは、現在も継続的に改善されている。しかしながら、有機ELディスプレイや電子ペーパーなども、少しずつではあるが用途を拡大しつつある。では、それぞれのディスプレイ技術には、どのような特徴があり、どのような進化を遂げているのだろうか。(2011/5/1)

驚くべきは中身か外見か:
新型「MacBook Pro」を眺めて思う本当のすごさ
来日したMacBook Pro担当者の説明を聞いた林信行氏が、MacBook Proのユニボディデザインについて改めて思うこと。(2011/3/1)

MacBook Proがアップデート、サンダーボルトとは?
アップルは24日、MacBook Proをアップデートした。最大の特徴は、新たにI/Oインタフェーステクノロジー、Thunderbolt(サンダーボルト)が搭載された点。13インチモデル、10万8800円から。(2011/2/25)

iPhoneのテレビ電話「FaceTime」、Mac向けにも提供
MacからほかのMacやiPhoneにテレビ電話できる「FaceTime for Mac」がβ公開された。(2010/10/21)

ついに16:9をサポート:
アップルが27型ワイドの新型LED Cinema Displayを9月に発売
アップルが新たに投入したLED Cinema Displayは画面サイズが27型ワイドに大型化し、2560×1440ドットの解像度をサポートする。(2010/7/27)

ユニボディ構造のMac mini
アップルは6月15日、ユニボディ構造の新しいMac miniを発表した。グラフィック性能が2倍、HDMIポートおよびSDカードスロットを搭載し6万8800円から。(2010/6/18)

サーバモデルも登場:
CPUやメモリ容量を強化した小型デスクトップPC――「Mac mini」
液晶ディスプレイを省いた小型デスクトップPC「Mac mini」がモデルチェンジし、CPUやメモリを強化した2モデルのほか、サーバモデルも登場した。(2009/10/21)

フォーカルポイント、MacBook用の縦置きスタンドなど
フォーカルポイントコンピュータは、MacBook/Pro用の縦置きデスクトップスタンド「BookArc」など2製品を発表した。(2009/8/26)

Mac mini Trilogy III:
新型Mac miniでVistaをサックリ動かした
新型Mac miniをMac OS X Leopard、Windows XPで動かしてきたMac mini Trilogy。3部作の完結編では、Windows Vistaを導入してテストを行った。(2009/3/16)

Mac mini Trilogy I:
見た目は旧式、中身はCoolな新型Mac miniをチェックした
3月3日にフルモデルチェンジしたMac mini。プラットフォームをインテルからNVIDIAに移行した新モデルを360度チェックする。第1回目はMac OS X編だ。(2009/3/9)

オールインワンデスクの新標準:
24インチ時代が今から始まる――新型iMacで自信を見せるアップル
新しいデスクトップ型Macファミリーの発表に合わせて、国内でもiMacのプレス向け発表会が開催された。新型iMacは我々に何をもたらしてくれるのか。(2009/3/4)

16スレッド同時処理が可能:
アップル、“Nehalem”世代に生まれ変わった「Mac Pro」
プロシューマー向けの「Mac Pro」もフルモデルチェンジした。アルミのタワー型ボディはそのままに、CPUをNehalem世代に移行するなど、内部を一新している。(2009/3/4)

Snow Leopard Ready!?:
システムを一新してFireWire 800とMini DisplayPortを備えた新型Mac miniが登場
iMacの発表に合わせて、アップルがMac miniをフルモデルチェンジした。内部システムを一新して、新型MacBookと同じGeForceチップセットの採用がトピックだ。(2009/3/3)

バッテリー駆動が最長8時間に:
アルミユニボディの17インチMacBook Proが登場
アップルがアルミ筐体のユニボディデザインを採用した17インチMacBook Proを発表した。17型ノートでは世界最小、最軽量。バッテリー駆動時間は最長で約8時間に延びた。(2009/1/7)

新型MacBookまとめ:
「正直、買おうか迷っている」――新型MacBookレビュー総括編
初代MacBookユーザーである筆者が、買い換えを前提に新型MacBookを試用して数日が経過した。いよいよ決断を下さねばなるまい。(2008/10/22)

開封からパッドの操作まで:
新型MacBookの仕上がりを動画でじっくり鑑賞する
“速く、強く、美しく”生まれ変わったMacBook。今回はパッケージを開け、新型のボディを眺め回し、トラックパッドを操作した様子を動画でお届けする。(2008/10/21)

気になるポイントをチェック:
新しい「MacBook Pro」は誰のためのマシンか?
MacBook Proの試用を始めて数日が経った。まずは本格的なレビューではなく、製品の位置付けや、外観を含む感覚的な部分でのファーストインプレッションを書こうと思う。(2008/10/21)

ヨドバシAkibaに聞いてみた:
新型「MacBook」が迎えた初めての週末、売れ行きは?
アルミボディを採用した新しいMacBookが発売され、最初の週末が過ぎた。PC USERのアクセスランキングでもその注目度の高さはうかがえるが、実際の売れ行きはどうだろうか?(2008/10/20)

まずはXPで:
新型MacBookでWindows XPを走らせた
アルミ削りだしの“ユニボディ”に身を包んだ新型MacBook。早速、新モデルのパフォーマンスを計測した。ただしWindows XPで。(2008/10/17)

Appleスペシャルイベント詳報 後編:
新型MacBookで大画面ディスプレイを活用すべし
米Appleのスペシャルイベント現地リポート後編では、新型MacBookファミリーに導入された「Mini DisplayPort」と、24型「LED Cinema Display」にフォーカスする。ちなみにパロアルトでは、新型MacBookがまだ買えませんでした。(2008/10/16)

在庫は潤沢:
新型MacBookが即日店頭に――アップルストア銀座をのぞいてみた
アップルストア銀座にて、アルミボディの新型MacBook/MacBook Proの販売が開始された。今すぐ触りたい、買いたい、そんな人はアップルストアの店頭へ。(2008/10/15)

元麻布春男のWatchTower:
アップルの新型MacBookファミリーに共通するもの
アップルのMacBookシリーズがフルモデルチェンジを果たした。さまざまな部分で共通点を持つ新ファミリーの特徴をまとめた。(2008/10/15)

60秒で分かるアップル新製品:
アップルがアルミ仕様の新型MacBookファミリーを投入
アップルがノートPCのラインアップを一新。アルミ削り出しの新ボディとLEDバックライトの液晶、ガラス製トラックパッドの採用がトピックだ。(2008/10/15)

中身は別物?:
グラフィックス性能を強化した「MacBook Air」は11月上旬に出荷
MacBook Airの新モデルは、基本性能の向上とストレージの増量が見どころ。下位モデルは21万4800円から購入できるようになった。(2008/10/15)

iMacライクな新型ディスプレイ:
アップル、Mini DisplayPort付きMacBook用の24型「LED Cinema Display」
LED Cinema DisplayはLEDバックライト搭載の24型ワイド液晶ディスプレイ。MacBookファミリーとはMini DisplayPortで接続し、充電用のMagSafe電源アダプタも内蔵する。(2008/10/15)

GPUは内蔵/外付け切り替え可能:
アップル、新アルミボディにMini DisplayPort搭載の「MacBook Pro」
アルミ削り出しの新ボディを採用したMacBook Proが発売された。GPU切り替え機能やMini DisplayPort、ボタンのないガラス製トラックパッドを備えている。(2008/10/15)

WWDC'08基調講演速報:
携帯電話からコンテンツプレーヤーへ脱皮した「iPhone」
スティーブ・ジョブズ氏らによるWWDC基調講演は、全編iPhoneにフォーカスした内容となった。ライバルはニンテンドーDS? PSP!?(2008/6/10)

WWDC'08いよいよ開幕:
9時42分に、未来が呼んでいる――「WWDC 2008」直前リポート
2008年のWWDCがいよいよ幕を開ける。史上初のチケット完売、そして会場に掲げられたiPhoneのバナーには「The Future Calling」の文字。iPhoneを主役に据えた今回のWWDCでは、何が発表されるのか。(2008/6/9)

USB-RGBを追撃:
DVI対応のUSBディスプレイアダプタ「REX-USBDVI」――ラトック内覧会
ラトックシステムがプレス向けに実施した内覧会に、USB 2.0でマルチディスプレイ環境を実現する「REX-USBDVI」が展示されていた。DVIに対応したハイエンドチップを搭載する。(2007/7/19)

Cinema HD Displayでも使えるMac用DVI切り替え器発売――ラトック
ラトックシステムは、Macintosh専用モデルとなるDVI対応のPC切り替え器「REX-220CUDP」を発売する。WUXGA解像度にも対応する。(2007/7/18)

iPhone発売へのカウントダウン──Apple直営店に巨大iPhoneが登場
いよいよ6月29日に米国での発売を迎えるAppleの「iPhone」。発売直前の米国内のApple直営店の様子をお届けする。(2007/6/28)

新iMacの発表は? iPhoneの披露は?:
WWDC 07まもなく開幕――ついに“Leopard”の詳細が明らかに
アップル主催のWorldwide Developers Conferenceがいよいよ開幕する。すでにさまざまな憶測が流れ始めているが、はたして今年は何が発表されるのか。(2007/6/11)

Macの「もう1つの仮想化ソフト」VMwareがβ4に
Intel Mac用仮想化ソフトがParallelsに対抗する機能を搭載し、製品版に向けて一歩進んだ。(2007/6/8)

国内最北端のアップルストア:
iPodイベントで札幌は変わるのか?
あなたの街にiPodがやってくる――アップルの地域密着型キャンペーンが札幌でも始まった。デザイナーやミュージシャンがApple Store Sapporoに集結し、熱い一週間を迎える。(2007/6/4)

アップル、Cinema Displayの価格を改定――約8〜10%値下げ
アップルは、液晶ディスプレイ“Cinema Display”シリーズ計3製品の価格を改定を行なった。(2007/4/5)

ついに真実が明かされる――Macworld Expo 2007開幕前夜
この夜が明ければ、待ちに待ったMacworld Expoが開幕する。基調講演が行われるMoscone Center Westの前にはすでに熱心なファンがつめかけていた。(2007/1/9)

Appleのタイムマシンを体験――「Leopard」インタビュー
Apple Computerが来春発売を予定している次世代OS「Leopard」について、同社幹部のフランク・カサノバ氏に話を聞いた(2006/10/16)

Mac Proを見てきました:
アップルストア銀座の8月15日
CPUに5100番台のXeonを搭載し、フルクアッド化した最強のMacこと「Mac Pro」の姿を見に、直営店のアップルストア銀座に足を運んだ。(2006/8/15)

今後数年間は「HDMI 1.3」で十分――HDMI Licensing
HDMI Licensingは、先月末に発表した新バージョン「HDMI 1.3」の説明会を催した。(2006/7/14)

新約・見てわかる パソコン解体新書:
第1回 パソコン解体新書ができるまで
「見てわかるパソコン解体新書」が、オンライン版で復活することになりました。(2006/6/1)

「4倍高速」なMacBook Pro、魅力は何倍?
インテル版Mac miniの発売も始まり、製品ラインアップの約半分がインテルCPUに移行したアップル。現在、新生Macで唯一のノートPC製品であるMacBook Proの実力と可能性を探ってみた。(2006/3/15)

“画質”にこだわるデジカメユーザーのための液晶ディスプレイ術:実践編
PR:写真を思う存分楽しみたいのなら、良いディスプレイを正しく使おう
前編・後編と2回にわたって掲載してきた「“画質”にこだわるデジカメユーザーのための液晶ディスプレイ術」。連載の締めは、製品レビューや撮影テクニック紹介を数多く手がける第一線デジカメライターの荻窪圭氏にご登場いただき、「写真と液晶ディスプレイとカラーマネジメントの関係」を語ってもらった。(2006/1/20)

MacWorld Expo 2006:
写真で見る「MacBook Pro」
スティーブ・ジョブズ氏の基調講演でその存在が明らかにされた、「MacBook Pro」。MacWorld Expoの会場では、この新型機へ実際に触れることができる。注目の新型を写真で紹介。(2006/1/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。