ニュース
» 2015年05月08日 11時00分 UPDATE

省電力プロセッサも方針転換:「Zen」とHBMで大きく変わるAMDのCPUとGPU (2/2)

[本間文,ITmedia]
前のページへ 1|2       

HBM採用GPUは第2四半期の“業界イベント”で発表

 一方、GPUでは第2四半期中に次期ハイエンドGPUを投入することを明らかにするとともに、このGPUでは広帯域メモリ技術のHBM(High Bandwidth Memory)を競合に先駆けて採用するとした。HBMは、DRAMダイを積層し、GPUと同じ半導体パッケージ上に搭載する。GPUコアとDRAMダイをパッケージ上で接続することで、グラフィックスカードでは実現できなかった広帯域をサポートする。ペーパーマスター氏によれば、HBM技術の採用により、消費電力あたりのパフォーマンスは、現在グラフィックスカードで主流のGDDR5に比べて3倍に、消費電力は半分以下に抑えることができると、その優位性をアピールする。

kn_amdfad11.jpgkn_amdfad12.jpg HBMの概要(写真=左)。2016年にはエネルギー効率が大幅に向上する第3世代のGCNアーキテクチャ採用製品を投入する計画だ(写真=右)

 スー氏は、このHBMを採用する新GPUを第2四半期中の業界イベントで発表、同社のグラフィックスカード製造パートナーから採用製品を投入する予定であること説明する。さらに、2015年後半にはデスクトップPC向けGPUのラインアップを一新し、フルレンジで新製品に移行する計画も明らかにした。なお、AMDはこれに先駆け、投資家向け会議当日に、新しいモバイルGPU「AMD Radeon M300」シリーズと、OEM向けデスクトップGPUの「AMD Radeon 300」の出荷を開始したことも発表している。

kn_amdfad13.jpg HBM採用のデスクトップPC向け新世代GPUは、2015年第2四半期中に市場投入する予定だ

ARMはAMD独自路線に

 AMDはさらに、ARMコアベースの次期CPUとAPUに関するアップデートも行なった。まず、“Seattle”(シアトル)の開発コード名で、2014年にサンプル出荷を開始している64ビット版 ARM CPUは、「Opteron A1100シリーズ」の名称で、2015年後半より順次市場展開を開始する。このCPUは、CPUコアにRM Cortex-A57を採用し、IoTのゲートウェイやストレージシステム、Webフロントエンドサーバなどをターゲットにする。

kn_amdfad14.jpgkn_amdfad15.jpg AMD発のARM 64ビット版 CPU“Seattle”には、Opteron A1100シリーズの名が与えられた(写真=左)。2016〜17年のデータセンター市場向けCPUとAPUのロードマップ(写真=右)

 その一方で、AMDは2015年に市場投入を予定していた「Sky Bridge計画」(x86 APUとソケットを共用して共通のプラットフォームを使えるようにする)をキャンセルし、20ナノメートルプロセスルールで製造する予定だった64ビット版 ARM APUのSky Bridgeについても、開発を中止した。これにより、AMDにおけるARMベースのCPUとAPUは、2017年に投入を計画している同社独自のARMアーキテクチャコアとなる“K12”ベースに開発リソースなどを集中することになる。

kn_amdfad16.jpg AMD独自のARMコアとなる“K12”は、2017年の市場投入を目指して開発を進めている

 また、AMDはCPUやGPU、APUなどのSoC開発を加速させるべく、半導体設計のモジュラー化を実現。Zen以降の製品では、CPUコアやGPUコア、アクセラレータなどを、さまざまな構成で組み合わせられるよう、内部インタフェースの共通化や最適化などを図る。これにより、x86系 CPUコアとARMコアで、イチから別々に半導体設計する必要がなくなり、開発期間も短縮できる。

 AMDとしては、このモジュラー構造の採用により、最新のCPUやGPUアーキテクチャへの進化を進め、各市場におけるパフォーマンスと省電力において、近い将来にリーダーシップを確立できる体制を整えたい考えだ。AMDはその1つのターゲットとして、2020年には、現行のAMD Aシリーズ(Kaveri)と比べて、25倍の電力効率を実現する「20×25」計画も明らかにしている。

kn_amdfad17.jpgkn_amdfad18.jpg AMDはSoCやCPUを構成するCPUコアやGPUコア、アクセラレータなどモジュール化を加速し、新製品の開発期間短縮とリソースの集中を図る(写真=左)。2020年までに、現行のKaveriコアベースのAPUに比べて25倍以上の電力効率を実現する計画も進めていく(写真=右)

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.