ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「宴会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宴会」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ハイクラス層の飲みニケーション?:
年収1000万円プレーヤーは飲み会で「どこ」に座るか 調査で判明
忘年会シーズンだが、年収1000万円プレーヤーは飲み会でどこに座るのか? ハイクラス層の「飲み会術」を調査した。(2019/12/4)

今年も飲み過ぎに注意! 後悔しがちな飲み会1位は「忘年会」 イッキ飲みには「時代遅れ」「かっこ悪い」「ドン引きする」の声
お酒はゆっくり会話を楽しみつつ飲みましょう。(2019/12/2)

「フラれちゃいました…」同僚のグチに本音をポロリ 飲み会の一幕描く漫画に「好き」「こんなこと言われたら酔い覚める」
こんなこと言われたらもう……。(2019/10/17)

飲み会の帰りに先輩が見せたかわいい一面に「…すこ」となる漫画 追い打ちで恥ずかしがる姿に「やめたげてよォ!(いいぞもっとやれ)」
この追い打ち感たるや。(2019/10/14)

ゲイだからこそ“飲み会の男同士のキスコール”で傷つくことも エッセイ漫画「あさな君はノンケじゃない!」インタビュー
「こういうときにふと、世間の前提条件というものを実感してしまいますね」。(2019/9/27)

PR:飲み会のとき気になっても言えないのが、「○○○のニオイ」。
(2019/8/9)

専門家に聞く:
「テープ回してないやろな」ハラスメント対策の秘密録音、どこまでがOK? 
お前ら、テープ回してないやろな−。闇営業問題に絡み、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)は、吉本興業の岡本昭彦社長(52)にこうすごまれたと明かした。ICレコーダーなどによる録音が内部告発の切り札となるケースは多いが、会議や面接、飲み会などの場で、相手に無断で録音することに問題はないのか(2019/8/2)

「宮迫さんが揃うと最高」 宮川大輔、「ガンミ!!」小籔千豊&中村アンと“白目ショット”に4ショット望む声
楽しい飲み会だったもよう。(2019/7/24)

カプコン「eスポーツ大会」丸ごと外販視野、社員旅行よりストリートファイター
カプコンは、「eスポーツ」大会の運営ノウハウを企業などの外部に提供すると発表した。社内の飲み会や社員旅行に代わるコミュニケーションツールとして大会を活用してもらい、eスポーツの裾野を広げるとともに新たな需要の開拓を目指す。将来的には外部へのパッケージ販売も視野に入れる。(2019/7/16)

新入社員、飲み会敬遠:
「社内バー」効能は 壁一面に100本もの酒
会社の上司や同僚と仕事終わりに酒を酌み交わす「飲みにケーション」。働き方改革が進み、仕事とプライベートの時間をきっちり分ける人が増える現代に、飲み会を再評価する動きが出てきた。(2019/7/12)

Android版Googleアプリのβ版に共有ボタン追加
Googleアプリのβ版で、検索結果ページの検索枠に共有ボタンが表示されるようになった。タップすると検索結果をメールやメッセージで共有できる。飲み会会場選びなどに便利そうだ。(2019/6/21)

旧友からLINEで「飲もう♪」……これってマルチ商法? 記者の“奇妙な体験”
近年、LINEなどのSNSを活用した「マルチ商法」の勧誘が増えている。筆者も、疎遠だった友人からLINEで飲み会に誘われ、参加した結果、もうけ話を持ちかけられた経験がある。本記事では、筆者の体験談を基に、あやしい勧誘の特徴を探る。(2019/5/27)

「まだ飲めそうですね」酔い度を教えてくれる学習型アルコールガジェットがクラウドファンディングに登場
飲み会で自慢したい一品。(2019/5/22)

向井理史上最高の当たり役「わたし、定時で帰ります。」5話 「セクハラしてくる会社と仕事する必要はない」
「本当にあんな飲み会が楽しい?」「相手に気を持たせるレベルでやめてます」同性に嫌われる女の葛藤がリアル。(2019/5/21)

飲み会の後、“答え合わせ”をする関係――コナリミサト×高野ひと深対談vol.1
お酒を楽しく飲む二人による飲酒対談を実施。全4回でお届けします!(2019/5/6)

「なんで行きたくない飲み会に行ったの?」 “心の中の小学生”がサラリーマンの葛藤を鋭く突いてくる漫画が考えさせられる
本当は「そういう風に」なんてなってないのにね。(2018/12/5)

とっくりでのお酌は注ぎ口を使ってはいけない? 驚きの飲み会マナーにネット騒然、プロのマナー講師に話を聞いた
「とっくりの製造元の意思を尊重することが大事」とのこと。ですよねー。(2018/11/29)

ファミマ・サークルKで先行販売:
「ウコンの力」に初のゼリータイプ誕生 飲み会前の“すきっ腹”満たす
「ウコンの力」シリーズに初のゼリー飲料が登場。全国のファミリーマート、サークルK、サンクス計1万6700店で先行発売される。ターゲット層は20〜30代の男性で、飲み会前などの利用を想定する。(2018/10/24)

会社の飲み会で「本音で話そうぜ」と言われたので遠慮せず本音を言い放った結果
「建前の本音」が求められる。(2018/10/19)

闇の宴「自分の史上最高にダサい服で集まる飲み会」開催 10万いいねを集めた優勝者のお召し物を御覧ください
飲み代がタダでも割に合わない気がしてきた……。(2018/9/19)

人気漫画『やれたかも委員会』がボードゲーム化! “やれたかもエピソード”をみんなで判定
男女の飲み会にピッタリなゲームです。(2018/9/8)

会社の飲み会では「正しいビールの選び方」がある、という謎のマナーを守りたい
新人よ、がんばるな。(2018/9/2)

「新入社員が飲み会に参加するのは失礼」 痛快な“偽ビジネスマナー本”が「常識にすべき」「広めたい」と話題に
こんなビジネスマナーなら積極的に守りたい。(2018/8/19)

いい波乗ってんね! 飲み会が盛り上がる「コール」は誰が作っているのか、歌舞伎町のホストに聞いてきた
「姫ちゃん! 今日も! いい波乗ってんね!」(2018/8/24)

「俺の若いころはさあ〜」→扇風機ぶお〜ん 会話中の「先輩風」を可視化する装置が開発
クラフトビールブランド「よなよなエール」による、会社関連の飲み会における課題への取り組み。「無礼講」がテーマのトークゲーム「無礼講ースター」もあります。(2018/8/3)

消費者の今を知る:
飲まない若者でも職場の飲み会は重視 縮小するアルコール市場、その活路は?
日本のアルコール市場は1996年をピークに縮小傾向に。さらには消費されるアルコールの種類も変容している。90年代半ばまではビールが約7割を占めていたが、今では発泡酒やリキュール、その他の醸造酒等が増えているのだ。この市場の活路は?(2018/8/3)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
中京テレビの「2次会強要禁止」、“飲み会も仕事のうち”は変わるのか
上司による2次会参加の強要禁止、社長の一言を廃止――。中京テレビが発表した働き方改革が話題になっている。一見、生産性とは関係なさそうだが、これまでの「当たり前」を問い直すという、本当の働き方改革につながる。なぜなら……。(2018/7/27)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「トップレス営業マン」と呼ばれた私が、脱社畜に成功した方法
私は社畜だった。接待、宴会芸、希望外の異動、出向、転勤、過労、鬱……。社畜らしいことは一通りやった。そんな社畜人生から抜け出すことができた理由は……。(2018/2/9)

飛び散る骨の破片:
米国の「死体実習」、舞台は高級ホテル宴会場
その「手術劇場」となった会場のすぐ外にいた医学会議の主催者は、ミニー・マウスの耳を頭に着けていた。(2018/1/11)

「NAVITIME」に社畜向け神機能追加 「終電後に帰れるルート」で始発を待たずに料金を抑えて帰る方法を提示
飲み会の日によく終電を逃してしまう人に。(2017/12/21)

えんやの銭湯イラストめぐり:
しょ、昭和だああああ! 赤じゅうたんの宴会場が風情たっぷり「蒲田温泉」は焼きそばがうまい
「えんやの銭湯イラストめぐり」11回目は東京都大田区の「蒲田温泉」を紹介。赤絨毯の宴会場がイイ味出しています。(2017/12/2)

「いらない部下、かわいい部下」:
上司を“ヨイショ”する部下が出世できなくなった理由
かつては、上司に頻繁に飲み会やゴルフをともにする「腰巾着」「太鼓持ち」スタイルの部下が可愛がられやすく、出世も早かった。しかし、現代は上司から気に入られる部下の人物像が変化しているという。その理由を解説したのが「いらない部下、かわいい部下」(日本経済新聞出版社)だ。(2017/11/27)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第568話 新スパイの必需品
スパイの必需品、次はこれか。こんな100均ショップの宴会グッズで悪の組織を一網打尽にできるのかい?(2017/11/21)

ぼっち同士で一緒に過ごせるSkype越しの飲み会が楽しそう
終わったらすぐ寝られるのもいい。(2017/11/17)

「心が折れる職場」:
部下の心を折る職場は「飲み会なし」「上司がエリート」
労働時間や給与体系に問題のない、一見すると“ホワイト”な企業でも、特定の部署でメンタル不調者が続出するケースがあるという。一体何が問題なのだろうか。(2017/11/13)

「この飲み会、手品道具2つ分だな」 手品よりも奇妙な“手品人”たちの世界
奥深くも奇妙な“閉じた”世界。(2017/11/1)

酒好きがむっちゃうれしいやつだこれ! 一升瓶にそっくりな「日本酒バッグ」がかわいいと話題に
飲み会に持っていったらウケそう。(2017/5/22)

宴会では7皿に1皿が食べ残し 農林水産省が飲食店等での「食べ残し」について注意喚起
廃棄される「食品ロス」を減らすため、外食での食べきりを促しています。(2017/5/19)

接し方のミスが部下のストレスに:
上司との飲み会で「嫌な経験した」約8割 自慢話は不評
会社の上司との飲み会、何が部下のストレスになる?――福徳長酒類調べ。(2017/5/8)

「グリーンは屋形船の上に設置」ってありえねえだろ! 東京の街中で開催された女子ゴルフツアー(?)がシュール
宴会中のビールジョッキにチップイン。(2017/3/29)

セキュリティ酒場放浪記(1):
「おれたちは日本一のCSIRTになる!」――リクルートのCSIRT飲み会に潜入してみた
「サイバーセキュリティの世界において、重要な情報は全て飲み会で交換されている」、そんなウワサが本当なのかを確かめるべく、「セキュリティ飲み会」に潜入し、その実態を探る実験的企画。今回は「リクルートテクノロジーズ編」だ。(2017/3/23)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
神田の居酒屋にロボットが来た日――“飲みニケーションロボット”の作り方
東京・神田の居酒屋「くろきん」に卓上型コミュニケーションロボット「Sota」が登場。飲み会を盛り上げる仕掛けとして、同店の来店者増に一役買っているという。居酒屋にロボット、このプロジェクトはどのようにして始まったのか。その裏側に迫った。(2017/3/7)

ハーフは美人ばかりじゃない! ハーフにはハーフの悩みがある
役所で、就職で、飲み会で……、ハーフの悩みは尽きません。(2017/2/12)

人見知りの達人:
「飲み会が苦手な人見知り」がぼっちで食事を満喫する方法
(2017/2/4)

人見知りの達人:
【図解】飲み会で会話の輪には加わらないが、かといって場の空気を壊さない程度に関わっている雰囲気の出し方
「最適な座るポジション」はここだ!(2016/12/25)

忘年会シーズン到来、失敗しないには:
仕事がデキない人の「飲み会作法」、ダメな点は?
飲み会で失敗し、職場での印象を下げないふるまい方は?――大鵬薬品工業調べ。(2016/12/2)

「家帰る 晩めしホカ弁 妻飲み会」 クックパッドに50以上「オムライス川柳」を投稿し続けている人が話題に
どれだけ悲しみながらオムライスを作り続けているんだ……。(2016/10/20)

新連載・ライザップに挑戦してみた:
なぜ人は太るのか 「ロジック」を理解していれば痩せられる
「飲み会が続いていて、お腹が出てきた」「毎日3食きっちり食べると、太ってしまう」という人も多いのでは。筆者の上阪徹氏は「ライザップ」に挑戦し、ダイエットに成功するわけだが、プログラム終了後も体重は増えていないという。その理由は……。(2016/10/17)

IoTデバイスの開発秘話(2):
スマートロックAkerunは“飲み会”から生まれた
「世界初」の後付けスマートロックである「Akerun」。同製品を手掛けるフォトシンス社長の河瀬航大氏は、「イノベーション・ジャパン」(2016年8月25〜26日/東京ビッグサイト)で講演を行い、Akerunが生まれた背景や、IoTスタートアップが乗り越えるべき3つの壁について語った。同社がAkerunを通して目指すのは、“物理的な鍵からの解放”だ。(2016/9/6)

Twitterトレンドに急浮上「スモハラ」ってなんだ? 「相撲ハラスメントかと思った」と困惑する人が続出
「かわいがりとかのこと?」「飲み会で相撲をとらせられるハラスメントかと思った」といった声も(2016/5/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。