ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジネススキル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビジネススキル」に関する情報が集まったページです。

ビジネスを成功に導く「相談の力」:
効果を最大限引き出す 相談相手の選び方
(2024/5/16)

ビジネスを成功に導く「相談の力」:
「自分は知っている」は思い込み――山中哲男氏が「経営者こそ相談すべき」と語るワケ
(2024/5/9)

ビジネスを成功に導く「相談の力」:
事業が行き詰る一番の要因は「計画」? 参考にしたい3つのステップ
(2024/4/18)

クラウドの2大資格どちらを取る?【後編】
“有能エンジニア”が選ぶCompTIA資格「Cloud+」と「Cloud Essentials+」の違い
「CompTIA Cloud+」と「CompTIA Cloud Essentials+」は、どちらもクラウドサービスに関わるエンジニアに役立つ資格だ。それぞれ扱う知識の領域や深さにどのような違いがあるのかを解説する。(2024/4/16)

【新連載】ビジネスを成功に導く「相談の力」:
新人よりも経営者の方が苦手? 「相談」がもたらす4つのメリット
(2024/4/15)

日本初、縦読みマンガで学べるサービス登場 ドコモからスピンアウト イラスト制作に生成AI活用
日本初の縦読み学習マンガサービス「LearningToon」の提供をSUPERNOVAが始める。同社はNTTドコモからスピンアウトした企業で、社員の研修やスキルアップをマンガで支援する。イラスト制作には生成AIを活用している。(2024/4/2)

勝ち続けるためのリスキリング:
幹部候補生を「3年間で倍増」させる 岡山の老舗SIerの挑戦
幹部候補生を、今後3年間で50人→100人に増やすという。その取り組みとは。(2024/3/8)

ITエンジニアが投票した「ITエンジニア本大賞2024」発表 単体テストの考え方/AWS運用ノウハウ/ プロジェクトマネジメントの基本が全部わかる、など
ITエンジニアが投票によって技術書やビジネス書を選ぶ「ITエンジニア本大賞 2024」の結果が発表された。(2024/1/17)

嫌われる上司の「デスク爆弾」 ストレスフリーな雑談は、どうすれば生まれる?
オフィスでデスクワークをしていて、不意に上司や同僚から声をかけられる――。「デスク爆弾」との造語も生まれているのだとか。ストレスのかからない「ちょうどいい雑談」はどうすれば生まれるのか。(2023/11/24)

Cybersecurity Dive:
CISAは1300人以上のサイバーセキュリティ人材をどうやって集めたのか?
サイバーセキュリティ人材の不足が全世界で叫ばれている。これを解消するために企業が取り組むべきことは何か。CISAが注意すべき2つの要素を紹介した。(2023/11/12)

「ながら見」半数以上:
ビジネス系動画を見る理由 「知らない言葉の意味を知る」「情報収集」を抑えた1位は?
YouTube利用者の約4割がビジネス系動画を視聴しているとナイル(東京都品川区)による調査で明らかになった。(2023/10/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
全て「管理職のせい」なのか? 昭和おじさん社会が抱える、ある問題点
「マネジメントスキルが低下している」「従来のマネジメントでは成果が上がらない」――日本の企業が思うように伸びない一因として、管理職の問題が言及されることが多い。企業も管理職の育成に課題を感じているようだ。しかしその一方で、全て「管理職のせい」と考えると見落としてしまう重大な問題点がある。それは何かと言うと……。(2023/10/27)

マネジメント力を科学する:
第19回:企業・組織から自律していく人たち。そんな自律型人材に愛される組織を作るポイント
個人も、世の中がどう変化するのかを自分で考えながら、自分の本当にやりたいことに近づく準備とアクションを自分でするべきだし、しなければならない。(2023/10/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下への接し方は大丈夫? 関係性向上のカギは「笑い」
ビジネスにおいて、なぜ「笑い」が必要なのか。それは、多くの職場では、人間関係が原因となり起こっている問題が数多くあるからだ。(2023/10/12)

Supply Chain Dive:
AIチャットbotが人間の仕事を奪えない5つの理由
チャットbotや取引の自動化は業務効率の向上に役立つが、サプライヤーは交渉や問題解決のために依然として人間との対話を必要としている。(2023/9/28)

「AI」時代のキャリアとは【第5回】
AI系キャリアを志すための「スキル」と「学習方法」 資格は必要?
需要の高まるAI人材としてのキャリアを歩む上で、周りとの差別化を図るためにはどのようなスキルが役に立つのか。スキルを身に付けるために効果的な手法とは。(2023/9/5)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
“人の心を動かすプロ”である管理職が理解すべき「部下全員が活躍する上司力5つのステップ」
ダイバーシティが進んだ現在、職場を取り巻く環境も、20年前とは大きく変わっている。以前とは違い、「右向け右」という画一的な号令では部下が動かない現在、管理職に求められる新たな「上司力(R)」とは何なのだろうか。(2023/8/29)

PR:最前線ビジネススキルを学べる講座を1200円から! ChatGPTからPythonまで夏のビッグセールでお得に受講するチャンス!
(2023/8/22)

PR:世界9億人超が利用する「LinkedIn」とは? つながりの構築からリスキリングまで、日本法人新トップに効果的な活用方法を聞いた
(2023/7/11)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「リスキリングで中高年が活躍!」の猛烈な違和感  ホンネは「低賃金労働者ほしい」か?
「中高年の転職」や「成長産業への人材移動」の必要性が声高に論じられるようになった。16日に閣議決定された「骨太の方針」でも、成長産業への人材移動と人への投資が強調され、政府の支援も計画されている。しかし、企業が欲しいのは経験者だという一面も。こうした動きは、何のため、誰のためのものなのか?(2023/6/23)

「計画力」を身につける:
「成果」を上げるために、何が必要なのか
「計画力」は、経済産業省が提唱した社会人基礎力(「前に踏み出す力・考え抜く力・チームで働く力」の3つで構成)の1つに挙げられており、ビジネスを行っていく上では欠かせない能力であると言えます。 では、計画力を身につけるためには、何が必要なのでしょうか。(2023/5/30)

マネジメント力を科学する:
第14回:ビジネススキルとしてのEQの価値・意味、使い方
経営者やリーダーが発揮すべきEQ、「感情的知性」のファーストステップは「心の鍵を開ける」こと。(2023/5/23)

職種や業種で認知、関心に大きな乖離:
一大ブームの生成系AI、だが54%が「聞いたこともない」 関心の低い業種は?
PwCコンサルティングは、「生成型AIに関する実態調査2023」の結果を発表した。生成型AIそのものをまだ認知していない人が過半数を占め、職種や業種によって生成型AIに対する認知、関心に乖離があることが分かった。(2023/5/22)

編集部コラム:
生成AIの企業利用はどうなる? ガイドライン整備を急ぐ日本の状況
生成AIの利用促進に向けて、現行法の解釈やリスクを企業がどう判断すべきかを示したガイドラインが公開されました。現在議論されているリスクと国際的な「温度感」はどうなっているのでしょうか。(2023/5/10)

マネジメント力を科学する:
第13回:経営者力のOSとなるEQ。今すぐできる、EQ力を高める3つのトレーニング法
5つの力からなる「経営者力」を下支えしているのは、EQ。(2023/4/25)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
管理職は「感情労働」 反発する部下やプレッシャーをかける上司と、どう戦う?
業務量の増加や世代間ギャップなど、管理職の悩みは尽きない。生き残りに必死でプレッシャーをかけてくる上司や経営層と、労働環境に不満をため込む部下に挟まれ、現場で孤軍奮闘する。そんな現実の中、管理職はどのように自分の仕事をとらえ、働くべきなのか──?(2023/4/14)

ITエンジニア経験者に人気の求人ランキング 2位は「アマゾンジャパン」 1位は? OpenWork調べ
ITエンジニア職経験者が最も閲覧した求人は何か。社員の口コミなどを掲載する就職・転職プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが調査し、結果を発表した。(2023/4/13)

通るか通らないか:
「提案力」を高めるにはどうすればいいのか 3つが必要
今年はエポックメイキングな年であり、ビジネスの現場での厳しさはかつてないものになるのだろう。 これまでのようにうかうかしていられない。先輩社員から見ても、新人とはいえ見る目も変わる。新人だろうがなんだろうが今すぐ提案力を磨いて勝負に出る必要があるのだ。(2023/4/3)

タイパも意識:
何を学べばいいか分からない 社員3万人に「気付かせる」日立の大規模リスキリング
リスキリングの注目が高まる中、いったい何を学ぶべきなのか、分からない社員も少なくないはず。ジョブ型を導入する日立は、社員3万人を対象に、大規模なリスキリングに取り組んでいる。社員に「気付かせる」仕組みとは?(2023/3/30)

マネジメント力を科学する:
第12回:「EQ」が高い人に失敗者なし!人選のプロが調べた、CEO選抜の成功法則
ビジネスの特性にはいろいろなものがあるが、「経験」と「EQ」と「IQ」この3つが高いとビジネスの成功率が高いということが分かっている。しかしこれらの組み合わせによる失敗率の比較に面白い結果が見られた。(2023/3/29)

600人に聞いた:
新人研修、企業の悩みどころは? 「マナー習得」「やりがいの持たせ方」を上回った1位は
企業は新入社員研修に、どのような悩みを抱えているのか。通信教育大手のベネッセが、新入社員研修に関わる人材育成担当者約600人にアンケートを実施したところ、「自社への定着・早期離職を防ぐこと」(34.7%)との回答が最も多かった。(2023/3/22)

DXだけではない:
「語学」「時事ニュース」が人気? 博報堂が約200の研修を提供し、見えてきたこと
昨今注目を集める「リスキリング」。「DX」についての学習というイメージが強いが、博報堂ではより幅広い分野のコンテンツを提供。200ものコンテンツを用意している狙いとは?(2023/3/15)

給料を上げたい:
高めたいビジネススキル 2位「語学力」、1位は?
リスクモンスターは「ビジネススキルアップに関する意識」の調査結果を発表、ビジネスパーソンの44.0%が「ビジネススキルの向上を望んでいる」ことが分かった。(2023/3/7)

ありがたい話なのか:
相次ぐ賃上げ表明は、いよいよジョブ型賃金時代の到来か
大企業を中心に賃金アップの表明が相次いでいる。もはや給与アップができることが一流企業の証であるかのような雰囲気ですらある。当然これは働き手にとっては大歓迎の話だ。 しかし、本当にビジネスパーソンにとってありがたい話なのだろうか。(2023/3/2)

マネジメント力を科学する:
第11回:世界の潮流は「これからのリーダーはEQの高いリーダー」。日本にも根付くか?
グローバルの人材会社であるアデコ社が2020年に、世界8カ国で「パンデミック後に何が変わるか」を調査した結果「これからはEQの高いリーダーが求められる」とある。さて日本では……。(2023/2/28)

ビジネスモデルを分析:
「DXバブル」「エリート学生に人気」で急拡大 コンサル業界に立ちふさがる“由々しき問題”とは
コンサル業界がDXバブルで規模を拡大している。今後、さらなる成長をするには何が必要なのか。筆者は一方で見落としてはいけない“由々しき問題”があると指摘する。(2023/1/31)

マネジメント力を科学する:
第10回:2025年にビジネスパーソンに求められるビジネススキルは、EQ
いまグローバルのトップクラス経営者たちから2020年代の必須ビジネススキルとして認識されている「EQ」とは。(2023/1/24)

今日のリサーチ:
フリーランスに求められたスキル 上位に「営業」「SNS運用」「動画編集」など――ランサーズ調査
ランサーズは、フリーランス市場における「2022年必要とされたスキルランキング」を公開しました。また、検索キーワードを基に2023年のスキルトレンドも予想しています。(2022/12/29)

男性はビジネス関係が人気:
2023年、挑戦したい習い事ランキング 「英語」と並んで女性1位を獲得した“一石三鳥”の習い事とは?
2023年に挑戦したい習い事に関する調査結果が明らかになった。男女別、ランキング形式で発表されている。女性の1位は、2つ。一つは「英語」で、もう一つは?(2022/12/15)

PR:「今の仕事はやりがいしかない」――未経験でもDX人材に 就業支援も行うリスキリングプログラムとは
(2022/12/1)

タイの富豪が仕掛ける一手:
ハーバードでMBA取得、調達額は700億円超 格闘技団体「ONE」トップに聞く事業拡大の展望
11月19日にシンガポールで開催する格闘技イベント「ONE 163: AKIMOTO VS PETCHTANONG」。(2022/11/18)

業務アプリの内製化でデジタル人材を育成:
PR:「自分たちでやるしかなかった」――エン・ジャパンのDX推進リーダーが語る、人材・組織づくりの秘訣とは
(2022/10/18)

採用担当300人に聞く:
ITエンジニアの中途採用 不合格理由の2位は「技術力不足」、1位は?
レバテックは、企業の中途採用担当者300人を対象に、ITエンジニアの選考についての調査を実施した。その結果、エンジニアの中途採用では技術力と同等にコミュニケーション能力を重んじる傾向にあることが分かった。(2022/8/26)

三井物産と富士通はデジタル人材をどう育成している? 「DXのための人材育成」の在り方とは
DXが進展する中でデジタル人材育成への取り組みが急務となっている。「G資格」「E検定」を主宰するJDLAと「大人の学び」に取り組むベネッセが今求められているデジタル人材育成の在り方について、三井物産と富士通の事例も交えて紹介した。(2022/8/24)

マネジメントの真髄:
タイム・マネジメントの本質とは? 自分を導くリーダーシップのこと
タイム・マネジメントという言葉には、「マネジメント」と入っているため、何かを管理するというイメージがありますが、タイム・マネジメントの本質は、自分自身をどこに導くのか、自分はどのような姿を目指すのかという、リーダーシップと言っても過言ではありません。(2022/7/22)

マネジメント力を科学する:
第4回:役員になる人が持つ意外な姿勢と、役員選出時に決め手となる想定外の力とは
上司・マネジメントに当たる人は、人を使う力だけでなく、自分が人に使われる力が重要。その最たる人が、リクルート創業者の江副浩正さん。(2022/7/20)

ITワード365:
【ITワード365】ターゲティング広告/ハイパーオートメーション/デジタルアダプション/データサイエンティスト/サーバレス/ハッシュタグ/Transformer
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/6/30)

Q&A 総務・人事の相談所:
「DX人材の育成を任された」 人事部は何から取り組むべきか?
「社内のDX人材を育成したい」と経営者から言われました。今まで取り組んだ実績はありません。人事部として何から始めればいいでしょうか?(2022/6/28)

ポジティブな表現:
就活生は「自己PR」で、どんな言葉を使っているのか
新卒オファー型就活サービスを運営するi-plugは、2023年に卒業する予定の学生がOfferBoxに登録する「自己PR」と「私の将来像」の記述欄で使用する言葉を調査。その結果、自己PRでは……。(2022/5/13)

キャリア支援:
パソナが「アスリート社員」募集 淡路島・全国で50人、月給21万5000円
パソナグループは3月25日、現役・引退後のアスリートやコーチなどを「アスリート社員」として募集すると発表した。兵庫県淡路島と全国のパソナグループ各社で50人採用。競技活動と仕事の両立や、引退後のセカンドキャリアを支援する。(2022/3/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。