ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「男女差」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「男女差」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「女性活躍」はこんなふうに:
女性活躍の「行動計画」、22年4月から義務化へ──数値目標はどう決める?
改正女性活躍推進法により、2022年4月から「101人以上の企業」にも女性活躍の「行動計画」の策定が義務付けられます。「どのような数値目標を設定すべきか分からない」「当社に女性管理職が少ないのは一体なぜなのか」──こうした課題にどう対処すべきか、社労士の島麻衣子氏が解説します。(2021/11/22)

4000人に聞いた:
賞味期限を気にする食べ物 3位「ヨーグルト」、トップ2は?
プラネットは、「エシカル消費(賞味・消費期限)に関する意識調査」を行った。賞味期限・消費期限が切れる前に食べ切る工夫をしている人は47.2%だった。(2021/11/15)

管理職の女性は「スーパーウーマン」?:
「優秀な女性社員が、管理職をやりたがらない問題」は、こう解決する
実は、成功している女性リーダーには、ある共通点があります。優秀な女性社員に、より活躍の選択肢を増やしてもらうためには、どのようなマネジメントが必要なのでしょうか。(2021/11/12)

男女500人に聞いた:
たばこを吸い始めたきっかけ 「かっこいいと思ったから」や「どんなものか気になったから」が上位に
10〜60代の一般男女を対象に「たばこを吸い始めたきっかけ」に関する調査を行った。吸い始めたきっかけで最も多かったのは「かっこいいと思ったから」(28%)だった。きっかけに男女差はあるのか、たばこを吸い始めたことを後悔しているかなどを聞いた。(2021/10/24)

コンピューティングと女子の関係【中編】
女子に人気のSTEM科目は「コンピュータ」「数学」「物理」ではなく“あの科目”
2021年夏の英国GCE A Level試験では、コンピューティングを含むSTEM科目の受験者数に男女間の差異が見られた。男子や女子は、それぞれどのような科目を主に選択したのか。(2021/10/24)

コンピューティングと女子の関係【前編】
女子は男子よりも「コンピュータ」をうまく使える? 英国試験が示す事実
コンピューティングは女子の方が男子よりも得意――。2021年夏の英国GCE A Level試験で、こうした状況が明らかになった。数字上は男女問わず前年から成績が向上したが、この見方には慎重論もある。(2021/10/17)

前年と比べて:
今年のハロウィーン「参加予定」は11.2%、否定的な理由は?
ホットペッパーグルメ外食総研は、ハロウィーンに関する調査を実施した。その結果、ハロウィーン行事参加予定者は11.2%で、前年に比べて4.0ポイント減少したことが分かった。(2021/10/15)

飲みたいシーンも調査:
炭酸水を選ぶ時に最も重視する点 2位は「価格」、1位は?
マイボイスコムは、「炭酸水」に関する調査を実施した。炭酸水をどのような時に飲むか、どんな炭酸飲料を普段よく飲むのかなどを聞いた。(2021/9/2)

一番多く履く靴ランキング1位は? 20代以上に調査
全国の20代以上の男女500人を対象に、靴に関する調査を実施。その結果、一番多く履く靴の種類1位は男女共に「スニーカー」だった。(2021/8/11)

対象企業は1281社:
「女性の成長環境がある企業」 外資系企業が1、2位を独占
オープンワークは「女性の成長環境がある企業ランキング」を発表した。1、2位は外資系企業が占める結果となった。1281社の中から選ばれた企業はどこだろうか? トップ30を見ていこう。(2021/7/29)

ビジネスパーソン500人に調査:
20〜40代が使用するビジネスバッグ1位は「トートバッグ」、平均金額は?
ビジネスパーソンを対象に行った「バッグに関する調査」の結果によると、ビジネスで主に使用するバッグ1位は「トートバッグ」だった。ビジネスバッグにかける平均金額は……?(2021/7/16)

実態調査:
高校生が好きなコーヒーチェーン 1位は「スタバ」、2位は?
友達との会話を楽しむ高校生は。どこで時間を過ごすことが多いのか。LINEリサーチが調査した。(2021/7/7)

医療技術ニュース:
世界初の大規模国際共同研究で微小血管狭心症の実態を解明
東北大学を含む国際研究グループは、国際診断基準により微小血管狭心症と診断された世界7カ国の患者について、世界初となる前向きの国際共同登録研究を実施し、臨床的特徴や危険因子、長期予後などを明らかにした。(2021/6/15)

2021年卒の新社会人「すでに退職を検討している」が50%、なぜ?
日本労働調査組合が。新社会人に退職を検討したことがあるかを聞いたところ、「ある」と答えた人は50.6%、「ない」は49.4%。4月の緊急事態宣言解除後に実施した調査では、「退職を検討したことがある」は44.0%であり、1カ月で6.6ポイント増加した。(2021/6/10)

利用が多い業態は:
「外食に人を誘いにくい」 コロナ禍で“一人外食”が増加
ホットペッパー外食総研が一人外食の実態調査を発表した。コロナ禍で一人外食が増加傾向にあるという。(2021/6/2)

男女で違い:
「ネット銀行」満足度ランキング、1位は?
oricon MEは、「ネット銀行」「外貨預金」についての顧客満足度調査を実施し、その結果を発表した。1位だったのは……。(2021/6/2)

男性は減って、女性は増えて:
「管理職になってもいいよ」と思える年収は? 男女で違い
管理職になってもいいと思える年収は? 30〜40代のビジネスパーソンに聞いたところ……。SMBCコンシューマーファイナンス調べ。(2021/3/17)

がんになっても前を向くためには、どの荷物をおろせばいいか エッセイ漫画「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?」原作者インタビュー
「“病気のしんどさ”に向き合っていくなかで、“自分が抱え込んでいたしんどさ”が分かってきた」(2021/4/2)

貯金額は「50万未満」が最多 資産を増やす行動の上位は?
15歳〜69歳の男女を対象にした「貯金」の実態と「資産形成」への意識、方法に関する調査。その結果、貯金をしている人は約7割、貯金額は「50万円未満」が最多になった。資産増加のアクションは?(2021/3/15)

取得意向はあるが……:
男性育休、満足度は男女で差 “取得できない”理由は「収入」「職場」
みんなのマーケットの調査によると、男性本人や男性配偶者が育休を取得した経験がある人は8.4%にとどまった。また、男性が育休を取得して「非常によかった」と回答した割合は男女で大きな差が出た。(2021/1/30)

制度がない場合も:
男性の6割が「育児休業を取得しにくい」――企業に求められる対策は?
「育児休業を取得しにくい」と感じる男性は57.6%で、女性に比べて28.4ポイント高い。さらに男性の24.2%は「勤め先には育児休業がない」――そのような現状が日本労働組合総連合会の調査で判明した。企業はどのような対策を取るべきだろうか。(2020/11/27)

リサーチ会社調査:
「お一人様」でも気にせず行ける店とは? 男女でくっきり違い
一般的になった「お一人様」消費。消費者の半数以上が「抵抗感が無い」と回答。ただその詳細には顕著な男女差が。(2020/11/5)

キャリアニュース:
ストレスオフ県ランキング、男性は「青森県」女性は「鳥取県」が1位
メディプラス研究所が「ストレスオフ県ランキング2020」を発表した。男性は「青森県」、女性は「鳥取県」が1位を獲得した。総合第1位は、前年から男女共に大きくランクアップした「山口県」だった。(2020/9/3)

今日のリサーチ:
コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。(2020/8/13)

今日のリサーチ:
チャットで企業へ問い合わせ 6割が経験――KDDIエボルバ調査
企業と顧客のコミュニケーションの最新動向に関する調査です。(2020/6/11)

古田雄介のアキバPick UP!:
CeleronやPentium Gまで――第10世代Core iシリーズ14モデルが店頭に並ぶ
先行の上位モデルに続き、開発コード名「Comet Lake-S」こと第10世代Core iシリーズが続々とアキバに登場した。時を同じくして「H470」「B460」「H410」チップセットを搭載したマザーボードも売り出されている。(2020/6/2)

今日のリサーチ:
サイバーエージェント子会社がオンラインデート利用実態調査 身だしなみより部屋や通信環境に注意する人が多数
「タップル誕生」ユーザーに聞いたオンラインデートの利用実態です。(2020/5/27)

「回転寿司に関する調査 2020」で興味深い結果続々 「一番人気はサーモン」「538円以上の皿には手が出ない」
食べる枚数から、コラボしてほしいアニメ(トップは「鬼滅の刃」)まで、幅広いデータが出ています。(2020/4/1)

外国人労働者の約6割が知らない「同一労働同一賃金」制度導入 国籍や年齢での理不尽な格差に疑問も
今年4月1日からの実施を前に、日本にいる外国人に調査。(2020/3/26)

誤解だらけの日韓関係を問う:
第3次韓流ブームの真相――それでも中高年が韓国に「上から目線」な訳
今の韓流ブームは「第3次」とされる。その実態と支持層について毎日新聞の外信部長が分析。ブームに反し中高年世代に「反韓」感情が強い理由とは?(2020/2/21)

女性の平均年収上位は実績の分かりやすい「コンサルティング職」 2019年度版「女性の平均年収ランキング」発表
男女のキャリアの築き方の差も数字に表れています。(2020/2/10)

今日のリサーチ:
「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。(2020/1/28)

「あまりにもひどい」 聖マリアンナ医科大の入試不正を“受験の現場”はどう見るか
「女性差別はやむをえない」という声についても聞きました。(2020/1/27)

正社員40万人のデータを集計した「平均年収ランキング2019」 全体平均は408万円、やっぱり強い「専門職」
生涯賃金も大きな差がつきます。(2020/1/20)

元ドライバーの女性ジャーナリストが斬る:
モーターショーに女性コンパニオンは本当に必要か――「男性目線マーケティング」で露呈した矛盾
きらびやかな女性コンパニオンが目立った東京モーターショー。「男性に絞った」イメージ戦略は今なお有効なのか? 元ドライバーでもある女性ジャーナリストの筆者が斬る。(2020/1/6)

日本労働組合総連合会調べ:
「#令和の就活ヘアをもっと自由に」「#KuToo」話題の一方……まだまだ「身だしなみ」に保守的な日本企業
「#令和の就活ヘアをもっと自由に」「#KuToo」などが話題になった2019年。一方で、企業内での身だしなみに関するルールは旧態依然としている現状が明らかになった。男女によってルールが異なる企業もまだまだ多い。(2019/11/19)

男性はスーツ、女性はヒール…… 職場で定める服装ルール、過半数が「最低限で良い」と回答
勤務時の服装については、#KuToo運動なども話題になっています(2019/11/15)

今日のリサーチ:
消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査」を実施しました。(2019/11/12)

今日のリサーチ:
職場におけるインクルージョンの取り組み、日本は14カ国中11位――Kantar調査
インクルージョン(包括性)とダイバーシティー(多様性)を表す指標についての発表です。(2019/11/5)

約4割が「自分の結婚のために貯蓄」している? 結婚観の男女差が相手に求める貯蓄額にも
なお約7割の人が相手がいない模様。(2019/10/16)

世界基準の部下育成法とは?:
部下を育てられない“日本のダメ上司”が必ず陥るワナ――元GE「リーダー育成専門家」が斬る
上司が部下の育成で「陥りがちなワナ」とは? GEで経営幹部育成に携わった著者が分析、すぐにできるチェック項目も。(2019/9/17)

自分を磨き、競い合い高めていくことが重要:
PR:CTF for GIRLSでも活躍する2人の女性ホワイトハッカーが語る、これからのセキュリティ人材育成
とかく「セキュリティ人材不足」が叫ばれるようになって久しいが、第一線で活躍する人材にせよ、普段の業務に必要なリテラシーを身に付けた人材にせよ、何もないところからは生まれない。日々の業務やコミュニティー活動を通して、この困難な課題に取り組んでいる2人の女性ホワイトハッカーに、その歩みと思いを尋ねた。(2019/8/29)

ディルバート(598):
昼休みに生まれる時差
一説によると、約束に対する認識は男女で差があるとか。そのせいか否か、約束の時間にやって来たディルバートに、彼女の対応は“そば屋の出前”よろしく、な感じで……(2019/3/28)

PR:男女の浮気率に大きな差がある「長崎県」、その理由は? 相模ゴムが日本の性を調査した「ニッポンのセックス」で検証動画を公開
男性は最も低い浮気率なのに対して女性は第3位。一体なぜ?(2019/3/22)

SNSなどで拡散されるフェイクニュース、中高生の8割以上は認知 半数以上が「見破る自信がない」
フェイクニュースに騙された経験や拡散してしまった経験についても調査しています。(2019/3/17)

キャリアニュース:
会社員の7割以上が睡眠に不満、約8割が仕事中に眠気
ニューロスペースが「睡眠」に関する調査結果を発表した。会社員の7割以上が睡眠に不満を持っており、約8割が仕事中に眠気を感じていた。(2019/2/13)

管理職になりたがらないワケ:
女性の“成長意欲が低い”は本当か?
女性の活躍に関してはさまざまな調査や研究が行われているが、「活躍」を阻害する要因の1つとして女性側の意欲の低さが指摘される。確かに、女性の「昇進意欲」の低さはさまざまなデータが示しているものの、それが女性の仕事への意欲全般が低いと言えるのだろうか?(2019/2/5)

無料Wi-Fi利用者の7割以上がリスクを把握するも、6割がVPNを「知らない」 安全対策に課題――カスペルスキー調査
カスペルスキーの調査によると、無料Wi-Fiの利用経験がある人の7割以上が、その利用には通信傍受などのリスクがつきまとうことを把握しているものの、対策に有効なVPNについては、約6割が「知らない」と回答。通信保護対策に関する認知は進んでいないことが明らかになった。(2019/1/29)

FANZA「同人に関する統計調査2018」発表 “あのジャンル”が老若男女で圧倒的覇権
「日本……!」と話題になる結果。(2018/12/28)

市町村でトップは:
住んでみたい都道府県はどこ? 1位は
住んでみたい都道府県はどこですか? 18歳以上の男女に聞いたところ……。NTTデータ経営研究所調べ。(2018/12/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。