ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「財政政策」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「財政政策」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

米中貿易摩擦の本質は何か? “気分”には影響しても、米経済のトレンドには影響せず 日興アセット神山氏
制裁関税などの交渉の行方ばかりがニュースとして注目されるが、そもそも何が米中の”摩擦”なのか。批判の対象は、中国の知的財産権保護の不十分さ、国営企業優遇による競争排除、補助金によるダンピング支援だ。米国は中国にこれらの問題の解決を要求してきたが、トランプ大統領は実際に追加関税というアクションを取ったところが新しい。(2019/10/15)

21年3月オープンへ:
「テーマは命」 渡邉美樹氏がワタミ代表に復帰 “目玉政策”は被災地に開く農業テーマパーク
ワタミが陸前高田市に農業テーマパークを開設する。農園やエネルギー事業などノウハウを結集し6次産業モデルを展開する。ワタミの代表取締役に復帰した渡邉美樹氏はこれまで復興に携わってきたが、まだまだ不十分だと考えているようだ。オープンは21年3月を予定し、年間35万人の来場を見込む。(2019/10/8)

“いま”が分かるビジネス塾:
れいわ新選組も掲げる異端の経済理論「MMT」って何? その“強烈な弊害”まで徹底解説
れいわ新選組も掲げる経済理論「MMT」。話題だが意外とまだ知らない人も少なくないのでは?人ごとでないその新規性と弊害を徹底解説。(2019/8/19)

G20が最終リミットか:
それでも、くすぶる「消費増税延期」論
政府は5月下旬の月例経済報告で「緩やかに回復」の表現を維持した。このため、政府・与党内では予定通り10月に消費税率が10%に引き上げられるとの見方が強まり、金融市場でも増税延期待望論はしぼんだ。それでも延期論はくすぶり続けている。(2019/6/11)

令和時代の「インパール作戦」か?:
激増する“ワンオペ管理職” 「かりそめの働き方改革」が日本をダメにする
日本では1人仕事をする「ワンオペ管理職」が激増している――。ワンオペが増えること、ノウハウは受け継がれることなく消滅し、結果的に組織として生産性は下がってしまう。(2019/5/23)

働けど働けど報われない理由:
ブラック企業だけじゃない 「ワンオペ管理職激増」の深層
長時間労働、ワンオペ地獄、給料が上がらない、人材に投資しない……。「働き方の不条理」はなぜ生まれるのだろうか?(2019/3/7)

慶應義塾大学大学院・岸博幸教授が語る:
デジタル化は社会にとって脅威か?
日本政府が推進する第4次産業革命。ここでのキーワードの1つが「デジタル化」だが、それは産業や社会にどういったインパクトを与えるのだろうか。元官僚で、慶應義塾大学大学院の岸博幸教授に話を聞いた。(2018/2/27)

矢野経済研究所 国内CAD/CAM/CAEシステム市場調査:
成熟化した国内CAD/CAM/CAE市場の救世主は3Dスキャナー?
矢野経済研究所は「国内のCAD/CAM/CAEシステム市場」に関する調査結果を発表した。(2016/11/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ一流の人は歴史を学ぶのか――名言に学ぶ「見通す力」の作り方
「先が見えない世の中」とは言われるが、パソコンもデータ分析も発達していない時代に、過去や経験に学ぶことで、時代を切り開いてきた人がいる。竹中平蔵先生が考える今学ぶべき歴史と名言とは。(2016/3/3)

kintoneでベテランのノウハウをツール化
「あの人じゃないと分からない」をなくす、中小企業こそできる案件管理システム作成術
今野製作所は1961年創業の老舗企業だ。「油圧爪付きジャッキ」の受注設計生産で業績を回復した秘策は、ベテラン営業の顧客要求の引き出しノウハウをkintoneで可視化し、情報共有するシステムを作ったことにある。(2016/2/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
バブル崩壊が生んだBセグメントの隆盛
バブル崩壊以降の長引く日本経済の低迷によって、消費者の意識は大きく変容してしまった。「いつかはクラウン」と言いながらクルマを何度も買い替える時代は終わり、皆が軽自動車とBセグメントを買い求めるようになった。(2015/8/31)

世界を「数字」で回してみよう(15) ダイエット:
人類は、“ダイエットに失敗する”ようにできている
今回から新シリーズとしてダイエットを取り上げます。ダイエット――。飽食の時代にあって、それは永遠の課題といっても過言ではないテーマになっています。さて、このダイエットにまつわる「数字」を読み解いていくと、実に面白い傾向と、ある1つの仮説が見えてきます。(2015/5/14)

安倍政権の命運を左右する?:
アベノミクス第3の矢を実現する10のイノベーション【前編】
安倍政権が推し進める経済再生政策の「第3の矢」を実現する上で重要な役割を担っているのが、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」だ。年間予算がそれぞれ数十億円に達するSIPの10のプログラムについて、「SIPシンポジウム」の講演内容に沿って前後編に分けて紹介する。(2014/12/5)

Google的アプローチは不可能
イングランド銀行CIOが語る銀行ITの課題
銀行のIT部門が直面する課題について、英国中央銀行であるBank of Englandのジョン・フィンチCIOに聞いた。(2014/2/13)

国際CIO学会研究大会講演会「日本産業の未来」:
CIOに求められるのはIT活用のセンス──産官学の協力で日本の競争力を向上する
IT産業競争力の現状と課題を企業のCIOはどのように認識し、どのように対応しようとしているのか。このとき産官学でどのような取り組みを推進していけばよいのだろうか。(2014/1/28)

甚さんの「コミュニケプレゼン」大特訓(4):
6W2H抜きで生まれたハンパな? キッチンマット
今回はキッチンマットを分析だ! キッチンをよく使う女性ならどういうマットが欲しいか、エリカちゃんと一緒に6W2Hで考えよう。(2014/1/17)

藤田正美の時事日想:
2014年、日本の株価に影響を与えるのは中国か、それとも中東か
年初に日経平均株価が大きく下がった日本。アベノミクスで景気は上向きだが、景気回復への懸念は国外にも多い。2014年に日本が注目すべき国際情勢とは。(2014/1/8)

2014年スタート:
成長・発展にいざ挑戦、ICT各社のトップが新年に込めたメッセージ
2013年は日本経済の緩やかな回復基調が感じられ、東京五輪の開催決定など明るい話題もみられた。2014年はこうした流れを受けて、さらなる成長や発展への挑戦を誓う声が目立つ。ICT各社の年頭のメッセージをお届けする。(2014/1/6)

20〜49歳の投票率1%低下で、年間13万5000円の損? 大学教授らが試算
20〜49歳の投票率が1%低下すると、年間で13万5000円損をする――東北大学大学院経済学研究科の吉田浩教授と学生らがこんな試算を発表した。(2013/7/18)

藤田正美の時事日想:
ユーロ圏の銀行に経営破たんのきざし
欧州の銀行のPBRは1を割っている。割安というよりも投資家が怖くて手を出せないともいえる。日本の銀行がバブルがはじけて以来、不良債権処理が大変だったのと同じ状況だ。(2013/7/17)

アベノミクスは終わったのか? 経済再生は世界に誇る大都市圏、東京・大阪・名古屋から
日本の大都市が世界に誇る利点とは? 経済アナリストの増田悦佐氏の著書から、今後の日本が経済復興するために伸ばしていくべき要素を取り上げます。(2013/6/28)

心技隊流「未来を創るヒント」:
アベノミクスの雰囲気を味方に! 町工場だって経済対策!
われわれも待ってるだけじゃなく、積極的に動こう! ――心技隊おかしらが説く、町工場でも実行できる経済を元気にする方法とは。(2013/6/6)

藤田正美の時事日想:
アベノミクスが抱える不安要素とは
金融政策と財政政策を組み合わせて、日本経済を回復させようというアベノミクス。しかし、その行く先にはさまざまな懸念点がある。(2013/3/4)

「仲良くしていく以外、道はない」――丹羽宇一郎元大使が語る、今後の日中関係
尖閣諸島をめぐる対立から、まだ回復していない日中関係。2012年12月まで中国大使を務めた丹羽宇一郎氏は日本外国特派員協会で行った会見で、「日中両国は仲良くしていく以外、道はない」と述べ、尖閣諸島問題については棚上げが適切という認識を示した。(2013/1/31)

「断固たる決意で強い経済を取り戻す」――安倍首相所信表明演説全文
安倍首相は1月28日、衆参両院本会議で就任後初の所信表明演説を行った。「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」という“三本の矢”で、経済再生を推し進める方針を明らかにした。(2013/1/28)

株高円安は日銀の不熱心さを露呈させた――浜田宏一氏が語る金融政策のあり方
安倍晋三首相の金融政策のブレーンとして内閣官房参与に就任したイェール大学名誉教授の浜田宏一氏。日本外国特派員協会で行った講演で、日本銀行はより積極的な金融緩和を行うべきだと主張した。(2013/1/21)

ビジネスニュース 業界動向:
2012年の半導体売上高は米州が好調
米州(南北アメリカ)における2カ月連続の成長に後押しされ、2012年11月の世界半導体売上高は上昇し、例年の値を上回った。それでも、2012年の世界半導体売上高が前年を上回ることはありそうにない。(2013/1/8)

藤田正美の時事日想:
中国にどう対抗するべき? 日本外交の未来を考える
日本にとって中国は最大の貿易相手国。しかし、中国は資源のシーレーンを防衛するため、太平洋進出の野望を隠していない。こうした中、中国の動きに対抗するために、日本はどのような外交戦略をとるべきなのだろうか。(2013/1/7)

伊吹太歩の世界の歩き方:
イタリアでパーティ大好き元首相が復活か? 繰り返されるおバカ発言
日本では自民党の安倍総裁が首相に復活した。一方、イタリアでもあのお騒がせ元首相が政権復帰に動いている。あのシルビオ・ベルルスコーニ元首相だ。(2012/12/27)

藤田正美の時事日想:
ユーロ圏の統合深化、次のステップは中央銀行の統合?
一向に出口が見えない、ユーロ圏の債務危機。ユーロ崩壊を避けるための次のステップとして考えられるのは、中央銀行の統合である。(2012/7/30)

藤田正美の時事日想:
豊かな国は貧しい国を援助するべきか――ユーロをめぐる難問
欧州危機でギリシャのユーロ離脱が現実の問題として語られるようになっている。今までのようにユーロ圏を維持するためには何が必要か。それは富を豊かなところから貧しいところに移行する仕組みである。(2012/5/28)

藤田正美の時事日想:
明るいクリスマスを迎えられるか? EU統一財政案の行方は
今週行われるEUのサミット。そこで提案されるのは現在の統一通貨をさらに一歩進めて、統一財政に近付けようという案である。これがまとまらないと、年末にかけてまた金融市場が混乱するかもしれない。(2011/12/5)

藤田正美の時事日想:
高まるユーロ解体リスク、回避のポイントは3つ
英エコノミスト誌が最新号で懸念しているユーロ圏解体のリスク。それを避けるためには3つのことがポイントになるという。(2011/11/28)

藤田正美の時事日想:
ドイツとフランスが対立、欧州危機は誰が救うべきか?
ギリシャの債務危機に端を発する欧州危機が収束する気配が見えない。その一因は、国債の買い入れをめぐって、ドイツとフランスの意見が対立していることにある。(2011/11/21)

藤田正美の時事日想:
ジョージ・ソロス氏が説く、大恐慌を防ぐための3つのステップ
ひょっとしたら世界大恐慌に陥るかもしれないというときに、日本政府はどこまで警戒しているのだろうか。今回の時事日想はフィナンシャルタイムズ紙に掲載されたジョージ・ソロス氏の一文を基に、今後の世界経済を占ってみたい。(2011/10/3)

藤田正美の時事日想:
覚悟しなければいけない……次の“金融ツナミ”に
欧州が金融不安で揺れている。米格付け会社S&Pが、イタリア国債の格付けを引き下げたからだ。もしイタリアが債務不履行という事態に陥れば、世界経済への影響はリーマンショックどころではないだろう。(2011/9/26)

誠 Weekly Access Top10(2011年9月3日〜9月9日):
2000年以降、「資質を問われて」辞める閣僚が急増している
野田内閣が発足して早々、放射能に関する発言が問題視されて鉢呂吉雄経済産業大臣が辞任することとなった。過去のデータを調べてみると、不祥事や問題発言が原因で辞めた閣僚は2000年以降急増しているようだ。(2011/9/16)

藤田正美の時事日想:
何が世界経済を変調させたのか?
米国債の格下げを機に、世界の金融市場が大荒れとなっている。この状況をもたらせた根本的な原因は何なのか。デマンドサイドとサプライサイドから分析した、ゲイビン・デービス氏の意見を紹介する。(2011/8/22)

藤田正美の時事日想:
米国債格下げで金利は上昇する? いや、そんなに単純じゃない
米国債がトリプルAの格付けから滑り落ちたことから、その先行きが危ぶまれている。しかし、英紙フィナンシャルタイムズでピーター・タスカ氏は、国債市場はそんなに単純な動きをしないと主張する。(2011/8/15)

藤田正美の時事日想:
岐路に立つユーロ――存続派の声を紹介しよう
ユーロは存続するのか、それとも統一通貨からさらに統合を進めるのか、岐路に立っている。前回、「ユーロは失敗だった」との議論を取り上げたが、今回は「ユーロは維持すべき」という人の意見を紹介しよう。(2011/8/8)

“経済危機に勝つ”リスクマネジメント(3):
「経済は回復基調」を疑い、 自社の方策を再考せよ
日本政府や一部メディアなどによる「経済は回復基調にある」とする見解は、本当に信じても良いものなのだろうか? 世の中の流れを見誤れば、自社の進むべき方角も見誤る。自社の行く末を考える前に、ここは1つ勇気をもって、自分の目で、“現実”を再確認しておきたい。(2010/6/16)

高年収者に聞いた“入閣してほしい民間人”、トップは「孫正義」氏
かつて内閣の一員として、堺屋太一氏(経済企画庁長官)や竹中平蔵氏(経済財政政策担当大臣など)ら民間人が登用されたことがあったが、年収750万円以上のビジネスパーソンが入閣してほしいと思っている民間人は誰なのだろうか。ビズリーチ調べ。(2010/6/16)

藤田正美の時事日想:
鳩山政権に、“お金”が集まらない日
民主党への政権交代が起きたものの、いまだ経済政策の背後にどんな理念があるのか、よく分からないという人も多いのでは。「2010年度予算は過去最大」「4年間は消費税を引き上げない」など、このままでは投資家が“愛想”をつかすかもしれない。(2010/2/22)

中国ビジネス最前線:
さらなる国際化を目指す「中国のハワイ」
世界経済フォーラムのアジア版である「ボアオ・アジア・フォーラム」が毎年開催されるなど、中国を代表するリゾート地である海南島。10年後には世界トップクラスの観光島を目指すという。(2010/2/3)

中国ビジネス最前線:
中国が29位に上昇 世界競争力ランキング
世界経済フォーラム発表した2009年度版「世界競争力ランキング」によると、中国大陸部の競争力は昨年の30位から1ランク上昇して29位となった。(2009/9/16)

二大政党が描く日本の将来像は――自民党×民主党 政策公開討論会
言論NPOは7月1日、東京都港区のANAインターコンチネンタルホテルで全5回を予定している「自民党×民主党 政策公開討論会」の第1日目を開催した。第1日目のテーマは「将来ビジョンと政権担当能力」、自民党、民主党の各議員が日本の将来ビジョンを語った。(2009/7/2)

何かがおかしいIT化の進め方(41):
“変化”を模索する世界(前編)
何か明るいニュースはないか、よい兆しはないかと目を凝らすがなかなかみつからない。厳しい時代を迎えるが、かすかにでも光がみえてくることを期待したい。(2009/3/26)

経営のヒントになる1冊:
今の日本政治に多大な示唆――「大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清」
積極的な財政政策により「日本のケインズ」と呼ばれる一方で、その容姿から「ダルマ宰相」と親しまれた高橋是清。戦時中、日本を守るために命懸けで軍部と闘った勇姿に学ぶべき点は多い。(2009/2/28)

中国ビジネス最前線:
中国経済、2009年度の展望と課題
国内外からさまざまな試練を受けた2008年の中国経済。世界的な金融危機がはびこる中、自国の経済成長にも陰りが見えると中国政府は予測する。(2009/1/8)

中国ビジネス最前線:
国際市場、中国の会計基準を評価
EUが評価したことにより、国際資本市場が初めて中国の会計基準を受け入れることになった。(2008/12/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。