ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Fitbit」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Fitbit」に関する情報が集まったページです。

Google、子ども向けスマートウォッチ「Fitbit Ace LTE」を230ドルで発売へ
Googleは、Fitbitブランドの子ども向けスマートウォッチ「Fitbit Ace LTE」を発表した。米国で230ドルで発売する。運動するほど長く遊べる3Dゲームを搭載する。(2024/5/30)

2023年度のスマートウオッチ市場が初の前年度比マイナス、24年度以降は回復の見込み MM総研の調査から
MM総研は、5月23日にスマートウオッチの国内販売台数の推移/予測に関する調査結果を発表。2023年度通期(2023年4月〜2024年3月)の国内販売台数は375.8万台(前年度比3.7%減)で、調査以降初の前年度比マイナスとなった。(2024/5/27)

改札にクレカかざして乗車、ほぼ全ての東急線で15日から 事前のチケット購入不要に
東急電鉄はタッチ決済に対応したクレジットカードなどを使用した後払い乗車サービスの実証実験を、世田谷線を除く東急線全駅で5月15日より開始する。タッチ決済対応のデビットカードやプリペイドカード、クレジットカードを設定したスマートフォンなども利用できる。(2024/5/10)

Tumblr親会社のAutomattic、Appleと「iMessage」で争ったBeeper買収
Androidでの緑のフキダシ問題でAppleといたちごっこを繰り広げたBeeperを、WordPressやTumblrを持つAutomatticが買収した。BeeperのCEOはAutomatticで、引き続きユニバーサルメッセージングアプリを推進していく。(2024/4/10)

もう待ったなし! Matterで広がる快適ライフ:
ミリ波レーダーで高度な検知を実現する「スマート人感センサーFP2」を試す 室内の転倒検出や睡眠モニターも実現
人感センサーの多くは赤外線を使っており、センサーの範囲に人がいる、いないということしか検知できないものがほとんどだ。「スマート人感センサーFP2」はミリ波レーダーを使用しており、高度な検知が可能だ。実機を試してみた。(2024/3/28)

Google、FitbitアプリにGeminiベースの対話型アドバイスAI搭載へ
Googleは、傘下のFitbitのモバイルアプリに生成AI「Gemini」ベースの対話型アドバイスAIを搭載すると発表した。まずは一部のFitbit Premiumユーザーにラボ機能として今年後半に提供を開始する。睡眠とワークアウトのバランスなどについてアドバイスしてくれる。(2024/3/21)

「Fitbit Charge 6」が23%オフの1万8280円【Amazon新生活セール】
Amazon.co.jpが3月5日23時59分まで実施している「Amazon新生活セール」。「iPhone 13 Pro Max(シエラブルー)」の容量1TBがセール対象になっている。記事内は全て税込み。(2024/3/1)

Google、「クイック共有」など1月のFeature Dropsを紹介
Googleは、「Pixel 8」の新色「Mint」の発表に合わせ、Pixelの新機能紹介ブログ「Feature Drops」の1月版を公開した。米国ではPixel 8 Proの「温度計」で体温測定ができるようになる。(2024/1/26)

「Googleアシスタント」で“使われていない”17の機能を削除へ 選択と集中で
Googleは、音声アシスタント機能「Googleアシスタント」で「あまり活用されていない」17の機能を削除すると発表した。前日には同社がGoogleアシスタント担当者を含む数百人のリストらを発表している。(2024/1/12)

Google、音声アシスタントやAR部門で大規模リストラ FitbitのパークCEOも退社
Googleは、Pixel、Nest、Fitbitなどを担当するハードウェア部門、AR部門、「Googleアシスタント」担当部門を再編すると、複数のメディアに認めた。その一環で、Fitbitの2人の共同創業者も退社する。(2024/1/11)

NTTデータ、カプセルホテルを開設へ 眠りのデータを収集・活用 24年7月オープン
NTTデータは、2024年7月にカプセルホテルを開業すると発表した。睡眠解析に特化したコンセプトで、本人同意のもとで宿泊者の睡眠データを取得する。(2023/12/6)

NEWS Weekly Top10:
大人には分からない? 「Roblox」の何が面白いのか、小2にインタビューしてみた
筆者の家の子ども達の間では最近、「Roblox」(ロブロックス)が流行っている。筆者は普段、子ども達が遊ぶゲームを一緒に楽しむことが多いのだが、Robloxに限っては、まったく食指が動かなくて困惑している。(2023/11/20)

GoogleマップとYouTube Musicに対応したフィットネストラッカー「Fitbit Charge 6」を試す
Googleに買収された、Fitbitのフィットネストラッカー最上位モデルとなる「Fitbit Charge 6」が登場した。従来モデルとの違いや多機能な製品を試してみた。(2023/11/14)

Google、Fitbit製品を約30カ国で販売停止
Googleが数カ月前から一部の国と地域でFitbit製品の販売を停止していたと米メディアが報じた。Googleはメディアに対し、Googleのハードウェアポートフォリオを調整するためと説明した。(2023/11/10)

今どき! 買いどき! デジモノ道案内!:
Googleの新型スマートウォッチ「Pixel Watch 2」はどこが変わった? 試して分かったこと
Googleの「Pixel Watch 2」は、第2世代となる新型スマートウォッチだ。どこが変わって何が変わらなかったのか、実際に試して分かったことをお伝えする。(2023/11/10)

石野純也のMobile Eye:
“スマホなし”でも存在感示すファーウェイ 武器はスマートウォッチと日本特化のアイウェア
米国の制裁を受け、スマートフォンの開発に急ブレーキがかかってしまったファーウェイが製品ラインアップを大幅に転換。制裁の影響が少ないスマートウォッチやワイヤレスイヤホンといったウェアラブル製品やモニター、タブレットといったジャンルに特化している。製品ラインアップの数は、むしろスマホを定期的に発売していたころよりも多彩といえる。(2023/10/21)

「Pixel Watch 2」では初代の不満点が解消された? 実際に使って分かったこと
Googleがスマートウォッチ「Pixel Watch 2」を10月12日に発売した。Google ストア価格はLTEモデルが5万9800円(税込み、以下同)、Wi-Fiモデルが5万1800円だ。見た目は初代からほとんど変わらないが、どのような進化を遂げたのかをチェックした。(2023/10/18)

「Pixel Watch 2」登場、速く・軽く・長持ちに ワークアウトも自動検知 1.2万円アップ
米Googleは10月4日、新作スマートウォッチ「Google Pixel Watch 2」を発表した。同社製スマートウォッチの2代目で、初代モデルから軽量化、省電力化、パフォーマンス向上など、スマートウォッチとしての性能を底上げしている。価格は前モデルより1万2000円高い5万1800円から(Wi-Fiモデル、LTEは5万9800円)。(2023/10/5)

Pixel 8だけじゃない、Googleイベントで発表の生成AI機能まとめ
Googleが年次イベント「Made by Google」で発表した多数の生成AI機能をまとめた。「Pixel 8 Pro」の高度なカメラ機能や「Pixel Watch 2」のストレスマネジメント機能、Webアプリや「レコーダー」のコンテンツ要約機能など、盛りだくさんだった。(2023/10/5)

より正確に心拍を計測できてバッテリー持ちも良くなった「Pixel Watch 2」登場 約5.2万円から
Googleのスマートウォッチ「Pixel Watch」に第2世代が搭載する。パッと見では初代からの変更点は少ないように思えるが、SoC(プロセッサ)の刷新、光学式心拍センサーの改良など、細かい部分で大きな変更が行われている。【訂正】(2023/10/4)

Fitbitが新型トラッカー「Charge 6」を発表 心拍数測定機能を向上してGoogle マップにも対応 2万3800円
Google傘下のFitbitはフィットネストラッカー「Fitbit Charge 6」を発表した。Fitbitトラッカーとしては最も正確な心拍数測定機能を実現した他、YouTube MusicやGoogle マップを利用できるようになったことが特徴だ。(2023/9/29)

「Fitbit Charge 6」は物理ボタン復活で2万3800円
Google傘下のFitbitは、フィットネストラッカー「Charge 6」を発表した。物理ボタンが復活し、「Googleマップ」やSuica対応の「Fitbit Pay」が使える。バッテリー持続時間も伸びた。(2023/9/29)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Windows 11の大型アップデートが9月26日に実施 Copilotのプレビューも/OpenAIが「DALL-E 3」を発表 「ChatGPT」統合
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、9月17日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/9/24)

Google、Androidの新機能を紹介 ウォレットへのカード画像追加など
Googleは、Androidの複数の新機能を発表した。Googleウォレットへの物理カードのバーコード登録や、「スナップショット」の強化などだ。「Lookout」の日本語対応も発表された。(2023/9/6)

Google、10月4日に新ハードウェア発表イベント開催 次期Pixelシリーズなど
Googleは10月4日に新ハードウェア発表イベント「Made by Google」を開催すると発表した。日本時間の午後11時スタートだ。前日にはAppleが9月12日にスペシャルイベントを開催すると発表した。(2023/8/31)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
GoogleがFitbitアプリのリニューアルを発表 今秋めど/7型のゲーミングPC「ONEXFLY」がIndiegogoに登場
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、7月30日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/8/6)

スマートウォッチ国内シェア 米アップルが8年連続首位、2位以下は?
MM総研は、「スマートウオッチの国内販売台数の推移・予測に関する調査」を実施した。メーカー別の台数シェア1位は「Apple」で日本でスマートウオッチが販売されて以来8年連続の1位となった。(2023/7/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Google Pixel Tablet」を競合製品と比較 第2世代Nest Hubの代わりにはならないと思った理由
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回はGoogleが投入した「Pixel tablet」をチェックしよう。(2023/6/26)

スマートウォッチ、2022年度は390万台販売 7年連続で過去最高に
MM総研は、5月23日に「2022年度通期 スマートウォッチ市場規模の推移・予測」の調査結果を発表。国内販売台数は390.3万台(前年度比13.7%増)で、2024年度には500万台突破、2026年度には600万台規模を見込む。(2023/5/23)

製造マネジメントニュース:
NTTデータ、健康データを活用したサービスの検証ができるラボ開設
NTTデータは、実データを使って健康データを活用した商品やサービスの検討や検証ができる「Health Data Bank共創実証ラボ」を開設した。社員モニターの経年健診結果などを、利用企業の検証内容に対応したデータ形式で提供する。(2023/4/19)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Microsoftが4月度セキュリティ更新プログラムを公開/Office 2013のサポートが4月11日で終了
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、4月9日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/4/16)

Fitbitへのログイン、Google アカウント必須に 新規ユーザーは2023年夏頃から
米Googleは4月11日(現地時間)、ウェアラブルデバイス「Fitbit」へのログインにGoogle アカウントを利用できるようにすると発表。Fitbitの既存ユーザーは2025年までに移行を完了する必要がある。新規ユーザーは2023年夏頃からGoogle アカウントが必須となる。(2023/4/12)

Fitbit、アカウントをGoogleに統合へ 既存ユーザーは2025年までに移行必須に
FitbitがGoogleアカウントからのログインに対応した。既存ユーザーは2025年までにGoogleアカウントへの移行が必要になるという。(2023/4/12)

AWSの資格試験を全ての新入社員に 凸版印刷が新人研修で
凸版印刷が、4月21日まで行う新入社員研修で、全新入社員にAWSの認定資格試験を受験させると発表した。「今後のビジネスにおいて必須スキルであるクラウドに関する知識を早期に習得することで、凸版印刷のDXを強化する」という。(2023/4/4)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Microsoftが2023年3月セキュリティ更新プログラムを公開/「Google Workspace」にジェネレーティブAI導入でビジネス文書の自動生成を支援
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、3月12日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/3/19)

Mobile Weekly Top10:
エックスモバイル×ホリエモンの「HORIE MOBILE」 “個人推し”のMVNOサービスは受け入れられるか?
エックスモバイルが堀江貴文氏と組んで新しいMVNOサービス「HORIE MOBILE」を立ち上げました。著名人“個人”を推すMVNOサービスは非常に珍しいものですが、果たして契約者数はどこまで伸びるのでしょうか……?(2023/3/18)

Pixelの新機能紹介「Feature Drop」、順番待ち代行の「代わりに待ってて」や「Pixel Watch」の転倒検出など
Googleが2023年最初の「Feature Drop」を発表。ユーザーの代わりに電話の順番待ちをする「Hold For Me」の日本での提供開始など。Pixel Watchの転倒検出機能も利用可能になった。(2023/3/14)

ドコモ、Fitbitブランドのスマートウォッチ/トラッカー3機種を発売 9490円から
NTTドコモは、Fitbitブランドのスマートウォッチ「Versa 4」、トラッカー「Ace 3」「Inspire 3」を発売。ドコモショップとドコモオンラインショップで取り扱い、価格は9490円〜2万7800円(税込み)。(2023/3/10)

Netflix、ナイキのトレーニング動画配信へ
NetflixはNikeのトレーニング動画「Nike Training Club」の配信を開始する。Nikeの認定トレーナーによる多様なワークアウト動画を大画面で視聴できる。まずは30時間分のプログラムを12月30日に提供開始。(2022/12/22)

12月の「Pixel Feature Drop」、Pixel 7のVPNや「クリア音声通話」など盛りだくさん
GoogleがPixel端末の新機能を3カ月ごとに紹介する「Feature Drop」の12月版を公開した。Pixel 7シリーズで無料で使えるVPNなど盛りだくさんだ。「Pixel Watch」の新タイルも登場する。(2022/12/6)

小寺信良のIT大作戦:
この先スマートウォッチはどこへ向かうべきか? 日本には世界にまだない“巨大なニーズ”がある
Googleが同社初となるスマートウォッチ「Pixel Watch」を発売したことから、またあらためてスマートウォッチに注目が集まっている。(2022/12/5)

100%米国資本のファウンドリー:
TSMCに「相手にされない」企業を狙う、SkyWaterの戦略
米国のファウンドリーであるSkyWater Technology(以下、SkyWater)のCEO(最高経営責任者)を務めるThomas Sonderman氏は、数十億米ドル規模の重い設備投資を顧客に移行して、コストの大部分を担ってもらうという新しいタイプの半導体ファウンドリーを構築している。(2022/12/2)

Suicaも使えます:
円安下でも手頃な価格 Googleの初スマートウォッチ「Pixel Watch」を使った正直な感想
Googleが初めて投入したスマートウォッチ「Pixel Watch」は、円安傾向のご時世の中、日本での価格が比較的手頃に抑えられている。「Googleのスマートウォッチってどう?」と気になっている人に向けて、その実態を正直に記していこうと思う。(2022/11/29)

Google、ヘルスケアとフィットネスデータを一元管理するアプリ「ヘルスコネクト」(β)公開
Googleはユーザーのヘルスケアおよびフィットネス関連データを管理医するアプリ「ヘルスコネクト」のβ版をGoogle Playストアで公開した。Google Fit、Fitbit、Samsung Healthなどによるデータへのアクセスを一元管理できる。(2022/11/15)

Pixel Watch本音レビュー 使って分かった「気に入ったところ」と「困ったこと」
Googleが10月13日に発売した「Pixel Watch」は、Google初のスマートウォッチだ。スマートウォッチ向けOSを提供している一方でApple Watchと比べると約7年半の後れを取っているが、本体デザインやUIは好印象を持てる。(2022/11/14)

Pixel Watchには何が足りない? Apple Watchユーザーが見た課題
Google初のスマートウォッチ「Pixel Watch」。Apple Watchユーザーが見た課題は何か。マップ、決済、心電図機能?(2022/11/2)

「Pixel Watch」と「Apple Watch」のスペックを比較 機能面で大きな差があり
Googleは10月13日、同社初となるスマートウォッチ「Pixel Watch」を発売しました。スマートウォッチでシェア1位のApple Watchとは何が違うのでしょうか。Apple Watch Series 8と比べると、Pixel Watchの方が価格が安い分、機能面では差がついています。(2022/10/21)

「Pixel Watch」約4万円は高いか安いか Google初のスマートウォッチの実力は?
米Googleから初のスマートウォッチ「Pixel Watch」が登場した。同社は、2019年にフィットネストラッカーで世界トップのFitbitを買収しており、Pixel Watchはそのテクノロジーを取り入れているという。買収から3年を経て投入されるスマートウォッチの出来栄えをチェックしてみた。(2022/10/13)

「Pixel WatchでSuica」先行レビュー 注意点は?
Google初のスマートウォッチ「Pixel Watch」がいよいよ発売となる。日本向けモデルは「Suica」が使えることが特徴だが、先行して使ってみるチャンスを得たので、利用方法を簡単に紹介する。(2022/10/13)

「Pixel Watch」国内発表、交通系はSuicaのみ対応 ECGの日本実装は?
グーグルは10月7日、「Google Pixel Watch」を国内でお披露目した。会見には米Googleトップのスンダー・ピチャイCEOも駆けつけ、「昨日、ニューヨークでPixel 7とPixel 7 Pro、Pixel Watchで次の一歩を踏み始めた。今日、それらを日本に紹介できることを嬉しく思う」と述べた。(2022/10/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。