ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Fitbit」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Fitbit」に関する情報が集まったページです。

Google、2022年中に「Pixel Watch」(仮)発売か──Insider報道
Googleがオリジナルスマートウォッチを2022年中にも発売するとInsiderが複数の従業員の話に基づいて報じた。コード名「Rohan」の下、現在ドッグフーディング中という。(2021/12/3)

調査レポート:
「Galaxy Watch4」が「Apple Watch」のシェアを奪いSamsungが2位に浮上 WearOSのシェアも拡大
Counterpoint Reserachによる7〜9月期のスマートウォッチ市場調査によると、メーカー別ランキング1位はAppleが守ったが、「Galaxy Watch4」発売のSamsungが大きく伸び、Huaweiから2位を奪った。OS別ランキングでは「WearOS」が2位。(2021/11/24)

Amazonの秋のイベントで発表されたことまとめ ロボット「Astro」や15インチ「Echo Show」ほか
Amazonが9月28日に開催したオンラインイベントで発表された製品とサービスをまとめた。日本での発売予定は不明だが、家庭用ロボットやドローンカメラなど多様な製品が登場した。(2021/9/29)

Amazon初の画面付きフィットネスバンド「Halo View」は80ドル
Amazonは、初の画面付きフィットネスバンド「Halo View」を発表した。米国でホリデーシーズンに発売する。価格は79.99ドル(約9000円)。(2021/9/29)

Fitbit、9月28日に「Charge 5」発売 Fitbit Premium(6カ月)込みで2万4990円
フィットビットは、9月28日にフィットネストラッカー「Charge 5」を発売した。価格はFitbit Premiumの6月間メンバーシップ込みで2万4990円(税込み)となり、取り扱いはfitbit.com、Google ストア、Amazonなどで行う。(2021/9/28)

スマートウォッチの国内販売台数が200万台を突破、シェアはAppleがトップ
MM総研は、スマートウォッチの国内販売台数の推移/予測とその利用実態に関する調査結果を発表。2020年度の国内販売台数は229.4万台(前年度比19.9%増)で、メーカー別シェアのトップはApple(54.5%)となった。(2021/9/16)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「home 5G」がオンラインショップで出荷遅延/おサイフケータイ付き小型スマホ「Jelly 2」
NTTドコモが8月27日にサービスを開始した「home 5G」ですが、オンラインショップでは申し込みが集中した影響で出荷が遅れているようです。急ぎで契約したい人は、ドコモショップなどで申し込むといいかもしれません。(2021/9/2)

Fitbit、「Charge 5」を今秋発売 カラー有機ELで2万4990円
Google傘下のFitbitはフィットネストラッカー「Charge 5」を発表した。日本を含む世界のオンラインショップで予約受け付けを開始した。日本での価格は2万4990円。(2021/8/26)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
長引くコロナ禍、オフィス再開は可能か? 柔軟な従業員ケアが焦点に
オフィス再開に関連した人事系ソリューションについて。(2021/8/4)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
新型「Google Nest Hub」の睡眠モニター機能を1カ月使って分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。Googleの新型スマートディスプレイ「Google Nest Hub」を使ってみた。(2021/7/13)

Googleさん:
ソファーでうたた寝して考えた、Googleフィットネスの未来
Google傘下になったFitbitの新フィットネストラッカー「Luxe」を買いました。Googleのスマートディスプレイ「Nest Hub」の睡眠トラッカーとの、1週間分の答え合わせの結果は?(2021/7/12)

Googleの初リアル店舗、ニューヨークのチェルシーでオープン
Google初のリアル店舗「Google Store in Chelsea」が6月17日にオープンする。Pixel、Nest、Fitbitなどのハードウェア販売だけでなく、リビングに見立てたコーナーでのスマートホーム体験なども提供する。(2021/6/17)

調査レポート:
世界のスマートウォッチ市場調査、Appleの出荷台数は50%増でシェア33.5%
Counterpoint Reserachが1〜3月期の世界のスマートウォッチ市場調査結果を発表した。Appleの出荷台数が前年同期比50%増と好調で、シェアは33.5%と全体の3分の1を超えた。3位のSamsungは出荷台数は27%増だが、シェアは0.5ポイント減。(2021/5/28)

PR:チャンスか、破滅か Cookieの終焉がパブリッシャーにもたらす影響とは
(2021/5/27)

Googleさん:
実はApple Watchより歴史のあるGoogle版ウェアラブル その長く曲がりくねった道
Google I/O 2021で発表された「Wear OS by Google」とSamsungの「Tizen」の統合。まだ正式名称も定かではないウェアラブルOSのこれまでを振り返り、これからを予想します。(2021/5/22)

Google、初の実店舗を今夏ニューヨークで開店へ FitbitやPixel製品を試して買える
Googleが、初の実店舗を今夏ニューヨークのチェルシーで開店する。FitbitやPixel、Nestシリーズなどを購入できる。Apple Storeのようにワークショップやエキスパートへの相談も可能だ。(2021/5/21)

Google I/O 2021:
Google I/O 2021基調講演まとめ
Googleが2年ぶりに開催した年次カンファレンス「Google I/O」で発表したことを時系列に紹介する。詳細は各項目のリンク先を参照のこと。(2021/5/19)

Google I/O 2021:
FitbitのパークCEO、「Wear OS搭載のプレミアムスマートウォッチを開発する」
Google I/O 2021に登場したFitbitのCEOが、「Wear OS」搭載のプレミアムウォッチを開発すると語った。Wear OSはTizenと統合され、Fitbitのフィットネス機能も搭載される。(2021/5/19)

Google I/O 2021:
「Wear OS by Google」+「Tizen」=「Wear OS」
GoogleはSamsungとの提携で、両社のスマートウォッチOS「Wear OS by Google」と「Tizen」を統合し、新たなOSとすると発表した。次期「Galaxy Watch」は新OS搭載になる。(2021/5/19)

Googleさん:
Google I/O 2021に期待すること Android 12詳細の他、Fitbitの買収効果は?
2年ぶりのGoogle I/Oが日本時間の19日午前2時から開催されます。基調講演では何が発表されるのか? 「Android 12」は確実として、Fitbitの今後やWear OSについては?(2021/5/15)

Googleさん:
いびきも計測してくれる新Nest Hubを試してみた
枕元に置くだけで睡眠トラッキングができるNest Hubを1週間使ってみました。睡眠時間の他、いびきや咳も記録されます。(2021/5/2)

PayPay銀行のVisaデビット、Fitbit Payに対応
PayPay銀行は、同行が発行するVisaデビットカードが、米Fitbitのスマートウォッチなどで使える決済機能「Fitbit Pay」に対応したと発表した。(2021/4/22)

Google、睡眠モニター機能つきスマートディスプレイ「Nest Hub(第2世代)」日本でも発売 1万1000円
Googleが3月に米国で発売したスマートディスプレイ「Nest Hub(第2世代)」を日本で5月5日に発売する。価格は先代より安い1万1000円。「Soli」センサーとマイクを使う「睡眠モニター」機能付きだ。(2021/4/22)

第2世代の「Google Nest Hub」が5月5日に発売 Soliレーダーで睡眠トラッキングもOK 税込み1.1万円
一部市場では発売されている第2世代「Google Nest Home」が、日本でも5月5日にリリースされる。ユーザーの利用状況を踏まえてスピーカーを強化した他、Soliレーダーを活用したジェスチャー操作に対応し、睡眠トラッキング機能も搭載した。(2021/4/22)

Fitbit、薄型でファッショナブルなフィットネストラッカー「Luxe」発表 149.95ドル
Google傘下になったFitbitが、「Inspire 2」をよりファッショナブルにしたようなフィットネストラッカー「Fitbit Luxe」を発表した。米国での価格は149.95ドル(約1万6200円)。カラー有機ELのタッチディスプレイ搭載だ。(2021/4/20)

Googleさん:
Googleが否定した“リーク“で分かった(かもしれない)、Pixel 5a 5Gの日本発売とPixel Watchの存在
新製品リークで有名なYouTuberが流した2つのPixel関連のうわさ。Googleは1つを速攻で否定し、もう1つは放置しています。(2021/4/10)

Google、スマートディスプレイ「Nest Hub」第2世代を100ドルで 「Soli」での睡眠サポート付き
Googleが2018年に発売したスマートディスプレイ「Nest Hub」の第2世代を99.99ドル(約1万1000円)で米国などで発売した。「Pixel 4」で使えたモーションセンサー「Soli」を搭載し、ベッドサイドに置けば、身に付けずに機能する睡眠トラッカーとしても使える。(2021/3/17)

子供向けスマートウォッチ「Fitbit Ace 3」 目標達成でキャラクターが成長
フィットビットは、子供向けスマートウォッチ「Fitbit Ace 3」を発表。目標を達成するたびに変化・成長するアニメキャラクターが文字盤に登場し、コメディ映画「ミニオンズ」のデザインも取り入れている。(2021/3/10)

調査レポート:
世界のスマートウォッチ出荷台数、2020年は前年比1.5%増 トップはやはりApple──Counterpoint Research調べ
調査会社Counterpoint Reserachの2020年通年の世界スマートウォッチ市場調査結果によると、同年の総出荷台数は前年比1.5%増。メーカー別トップのAppleはシェアを6ポイントのばし、40%になった。9月発売の「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」が好調だった。(2021/3/8)

Suica対応のウェアラブルデバイス「Fitbit Charge 4」発売
フィットビットは、交通系ICカード「Suica」に対応したフィットネスウェアラブルデバイス「Fitbit Charge 4」を発売。端末上のアプリにSuicaと最大6枚のクレジットカードまたはデビットカードを登録できる。(2021/3/3)

Innovative Tech:
学生のうつ症状を85%の精度で検出 スマホと活動量計でAI監視 カーネギーメロン大学など開発
(2021/2/16)

Googleさん:
Pixelのカメラで心拍数計測、何の意味が? ちゃんとありました
「Fitbitでやればいいじゃない」「Pixel Watch(仮)でやってくれ」と思われるかもしれませんが、実は新型コロナ曝露通知API策定の中心となったチームによる壮大な構想の一環なのです。(2021/2/8)

15のメッセージングサービスを1アプリで使える「Beeper」登場 Androidで「iMessage」も
Slack、Twitter、Telegramなど15のメッセージングサービスを1つの受信ボックスで利用できる新アプリ「Beeper」。月額10ドルのサブスク制で、AndroidでiMessageを利用することもできる。Fitbitに買収されたPebbleの創業者などが開発した。(2021/1/22)

GoogleのFitbit買収が完了 日本の公取委も承認
Googleは、2019年11月に発表したFitbitの買収を完了したと発表した。昨年12月のEUに続き、日本の公正取引委員会などもこの取引を条件付きで承認したため。Fitbitは独立子会社として存続し、ブランドも残る見込み。(2021/1/15)

Googleさん:
新型コロナウイルスに覆われた2020年をGoogleさんと振り返る
Appleと協力した新型コロナ曝露通知APIから「Pixel 5」まで、Googleの2020年を振り返ります。(2020/12/25)

GoogleのFitbit買収をEUが条件付きで承認 残るは豪政府当局の承認
Googleが昨年11月に発表したウェアラブル企業Fitbitの買収を、EUの欧州委員会が条件付きで承認した。FitbitのユーザーデータをGoogleのターゲティング広告に流用しないなどの確約(コミットメント)にGoogleが同意したため。(2020/12/18)

Mobile Weekly Top10:
大手キャリアのメインブランドを“値下げ”するのは正しい?/考えてみたいサポートの「対価」
11月20日の記者会見で、武田良太総務大臣が大手キャリアのメインブランドにおける値下げを事実上要求する発言をしました。格安ブランドやMVNOなど、すでに割安な携帯電話には選択肢があるはずなのに、なぜそれを選べるようにする施策を取ろうとしないのでしょうか……?(2020/11/27)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第1回】
Apple Watchが開拓した「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」活況の訳
Apple、Googleに加えてAmazon.comも参入し、活発化する「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」市場。各社が同市場に注目する背景には何があるのか。(2020/11/23)

Fitbit、「Sense」と「Versa 3」のOSをVer.5.1に更新 通話機能追加や「Googleアシスタント」対応
Fitbitが8月に発売したスマートウォッチ「Sense」と「Versa 3」のOSアップデート「Fitbit 5.1」の提供を開始した。血中酸素濃度測定が改善される他、通話機能やGoogleアシスタントのサポート(日本では来年の予定)が追加になる。(2020/11/20)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple M1」のMacBook AirとPro、Mac miniを3台まとめて実力チェック 驚異的な性能が明らかに
いち早く「Apple M1」搭載の新型Macに触れる機会を得たので、「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」の3台を横並びで性能評価してみた。同じプロセッサでも性能に違い出るのか、そしておすすめのモデルはどれなのか。(2020/11/17)

Fitbitの旧モデル、「Sense」と「Versa 3」の「OS 5.0」にはアップデートできず
近日発売予定の新スマートウォッチ「Fitbit Sense」と「Fitbit Versa 3」は新OS「Fitbit OS 5.0」搭載。Fitbitは旧モデルをこの新OSにアップデートする計画はないと発表した。同社は開発者に、アプリの新OSへの最適化を求めている。(2020/9/28)

グーグルも注目 歩けば歩くだけ安くなる医療保険「歩くとおトク保険」
ヘルスケアデータを使った保険ビジネスが動き始めている。8月末には、グーグルの親会社であるアルファベットが保険事業に参入した。グーグルが集めたヘルスケアデータを基に保険商品を作成すれば、さまざまな可能性が考えられる。国内でも、保険スタートアップjustInCaseが始めたのが、前月の歩数に応じて保険料が割り引かれる医療保険だ。(2020/9/1)

リアルから秒速:
今秋リリース Appleの「App Clip」は、消費行動オンライン化の“出島”になる
Appleの技術戦略には、ネットビジネスのトレンドを先取りするヒントが隠れています。そんなAppleが今秋「App Clip」をリリース予定にしています。リアル世界からオンライン領域へのユーザー流入を促す仕組みとして期待されますが、劇的な起爆剤になるでしょうか?(2020/8/27)

Fitbit、ストレス管理機能付き新スマートウォッチ「Sense」、「Versa 3」「Inspire 2」を発表
Fitbitがストレスチェック機能などを搭載のスマートウォッチ「Sense」を約4万円で発売する。「Versa 3」は約3万円、フィットネスバンドの「Inspire 2」は約2万2000円だ。(2020/8/26)

EU、Googleによる21億ドルのFitbit買収の正式調査開始 結論は12月9日
欧州連合の欧州委員会が、GoogleによるFitbit買収についての調査を開始した。ウェアラブル端末から集めたデータを広告に使用することで、広告市場での立場をより強固にするかどうかを中心に調査するとしている。(2020/8/5)

ウェアラブルニュース:
2020年1〜3月期のウェアラブルデバイス出荷台数、前年同期比3割増の7258万台に
IDC Japanは、2020年第1四半期における、世界および日本のウェアラブルデバイス出荷台数を発表した。世界市場では、前年同期と比較して腕時計型デバイスの出荷台数が減少。一方で、耳装着型が大きく増加している。(2020/8/3)

「Fitbit Pay」が日本でサービス開始 ソニー銀行のVisaデビットカードと組み合わせて利用可能
ウェアラブルデバイス「Fitbit(フィットビット)」で利用できるNFCコンタクトレス決済サービスが、日本に上陸。ソニー銀行やVisaインターナショナルとの提携により、「Sony Bank WALLET」をひも付けることで、Fitbitの一部モデルでVisaのタッチ決済を利用できるようになった。(2020/7/7)

Suica決済に対応したGarminのスマートウォッチで買い物レビュー ついにApple Watch以外の選択肢が登場
Suica決済に対応したGarminのスマートウォッチをレビュー。Apple Watchなど他のスマートウォッチとも比較しつつ、Suica対応スマートウォッチとしての実力を見てみた。(2020/5/22)

ウェアラブルニュース:
ウェアラブルデバイスの2019年世界出荷台数は3億3650万台、耳装着型が躍進
IDC Japanは、2019年の第4四半期と通年のウェアラブルデバイスについて、世界と国内の出荷台数を発表した。2019年通年の世界出荷台数は、前年比89.0%増の3億3650万台で、特に耳装着型デバイスは前年比250.5%増と著しい成長が見られた。(2020/4/22)

Fitbit、新型コロナ兆候検知研究でスタンフォード大医学部と協力
Fitbitが、スタンフォード大学医学部の新型コロナウイルスの兆候検出アルゴリズムの開発に協力する。このアルゴリズムは、感染症の兆候である心拍数や血中酸素飽和度の上昇を検出し、ユーザーに警告する。米国のFitbitユーザーはアプリから参加を申し込めるようになる。(2020/4/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。