ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フライトシミュレータ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フライトシミュレータ」に関する情報が集まったページです。

「ありがたやー」「最高でした」 年に一度の激レア飛行「JAL 2020年初日の出フライト」に乗ってみた
「特別感」がすごい! 数千メートル上空で見た初日の出と富士山の様子をどうぞ〜。(2020/1/6)

飛行機の滑走路は「平らで長い」とは限らない 世界は広い……! 超絶ハードな空港
オーバーランしたらと思うとぞっとします。(2019/10/8)

マシーナリーともコラム:
どうしてロボットゲーは流行らないのか? タニタのツインスティックがイイ感じだったので勝手に「ロボゲーについて語る会」をやりました
なぜ身体は闘争を求めるのに一向にロボットゲーは流行らないのか……。(2019/9/10)

総支配人「好きすぎて」 旅客機のコクピットをまるっと再現 羽田エクセルホテル東急の「ブッ飛びフライトシム客室」はなぜできたのか
うひょぉぉぉ! 興奮止まりませんでしたよこりゃ。【写真50枚】(2019/8/26)

水曜インタビュー劇場(737公演):
えっ、ホテルの部屋にフライトシミュレーター? “機長”になれる企画が面白い
羽田空港第2ターミナル直結の「羽田エクセルホテル東急」に、ちょっとユニークなモノが登場した。パイロットが訓練で実際に使うものと同等の「フライトシミュレーター」だ。客室のベッドをひとつ取り除いて、なぜコックピットを設置したのか。ホテルの総支配人に話を聞いたところ……。(2019/8/21)

スマートモビリティーで激変する乗り物と移動のかたち:
最新鋭ドライブシミュレータに見たバーチャルとリアルの曖昧な境界
日産の最新型ドライブシミュレータを体験して考えたこと。(2019/7/26)

マジで置いちゃった! 「フライトシミュレーター」がある客室、羽田エクセルホテル東急に爆誕!
これはSUGEEEEEE! 大人も子供も喜ぶやつ。(2019/7/19)

製造マネジメントニュース:
試験飛行が3000時間を超えたSpaceJet、2020年に飛翔するか
三菱重工業は2019年7月12日、東京都内で「2019年度事業戦略説明会」を開催し、リージョナルジェット機「Mitsubishi SpaceJet(旧MRJ)」の開発概況や民間機、防衛宇宙事業の展望を説明した。(2019/7/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバのベテラン店員をうならせる“空中マウス”が登場
指先と指の腹で別個に入力し、ボディーの傾きを使っても操作できる「Swiftpoint Z」の店頭販売が始まった。同時に、つまんで空中操作も可能な超小型マウス「ProPoint」も登場し、アキバのベテラン店員諸氏をうならせている。(2019/6/17)

Microsoft、Azure AI採用のフライトシム新作を2020年提供へ
Microsoftが人気シミュレーションゲーム「Microsoft Flight Simulator」の久しぶりの新作を2020年に「Xbox Game Pass」で提供すると発表した。Azure AI、衛星データ、4K撮影データでリアルで美しいシミュレーションを楽しめるとしている。(2019/6/10)

ITはみ出しコラム:
「一線を越えたARの軍事利用」に反対するMicrosoftの従業員たち
米Microsoftが大幅にスペックアップした「HoloLens 2」を発表。進化したAR(拡張現実)のテクノロジーは、軍事にもどんどん入り込みつつあります。そんな中、同社が米陸軍省と交わした契約について、従業員有志が反対運動を始めました。(2019/3/3)

G空間:
地理空間情報科学で未来をつくる「G空間EXPO2018」、G空間を駆使した最先端技術が集結
地理空間情報(G空間)をテーマにしたイベント「G空間EXPO2018」が2018年11月15日、東京・お台場の日本科学未来館にて開幕した。主催は国土交通省。入場料は無料(常設展示を見る場合は入館料が必要)で、会期は2018年11月17日までの3日間。(2018/11/17)

うぉぉ和製メッサー「飛燕」日本にここだけ!! 飛行機&戦ゲー好きの聖地「かかみがはら博物館」へ行ってみた
日本最大級、航空と宇宙を同時に体験できる博物館。航空機の魅力にたっぷり浸れます。【写真46枚】(2018/8/20)

VRニュース:
VRの歴史は意外と長く、学生たちは失禁やもちもち感を再現する
デルは2018年7月24日、都内で「VR研究会 第1回会合」を実施した。「VR研究会」は同社が2018年3月に設立した産業向けVRの普及を推進するための組織である。今回の特別講演には奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域 サイバネティクス・リアリティ工学研究室 教授 清川清氏が登壇。(2018/8/16)

お値段たったの5億8000万円 ホンダのジェット機に上位版、航続距離を伸ばした新型機「HondaJet Elite」登場
かっこぇぇぇぇ、1機いかがですか?(写真36枚)(2018/5/28)

ドローン:
上下二重反転ローターで薬剤散布性能を高めた産業用ドローン
ヤマハ発動機は、産業用マルチローターのプロトタイプ「YMR-01」を発表した。6軸ローターの左右2軸を「上下二重反転」とする8枚ローター式を採用し、1フライトあたり1haの連続散布能力を備えた。(2017/10/31)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第22回 Dockerで3Dゲームを動かす――稼働編
ここまでDocker環境で3Dゲームを稼働させるための準備や方法などをみてきました。それでは実際に自動車や飛行機、鉄道のシミュレータを稼働させてみます。(2016/5/18)

いまさら聞けないHILS入門(1):
HILSとは何か
最新の高級自動車は200個ものコンピュータを搭載しているといわれる。ECU(電子制御ユニット)と呼ばれるこのコンピュータが、正しく動作するかどうかを試験するテスト装置として注目を集めているのがHILSだ。本連載では、HILSの導入や、HILSを使ってECUのテストを行うための基本的な知識の提供を目指す。連載第1回は「HILSとは何か」だ。(2016/4/27)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第21回 Dockerで3Dゲームを動かす――構築編
前回はDocker環境で3Dゲームを稼働させるゴールや方法などについてご紹介しました。今回はその環境を構築していく上でのポイントや注意点を解説します。(2016/4/27)

スピン経済の歩き方:
なぜ三菱自動車は不正に走ったのか 「技術屋の頑固さ」が落とし穴
三菱自動車が燃費データ不正問題で大きく揺れている。経営陣が積極的に情報を開示しないので、マスコミ各社はそのスタンスを痛烈に批判しているが、筆者の窪田氏は違うポイントに注目している。それは……。(2016/4/26)

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(1):
HoloLensのAR世界を疑似体験できる、エミュレーターの基礎知識とインストール、基本的な使い方
拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する本連載。初回は、その概要と環境構築方法、基本的な使い方について。(2016/4/14)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第20回 Dockerで3Dゲームを動かす――準備編
非常に深い関係にあるゲームとコンピュータ。今回からDockerの環境で3Dゲームを稼働させる方法についてご紹介していきます。まずはその目的や方法、必要な環境などについてみていきましょう。(2016/4/13)

今年もあの笑顔がやってきた JALのスタッフがキレッキレな”踊ってみた”動画を公開、ガチダンサーもいるよ!
楽しそうに踊ってますね!(2016/4/7)

PC周りをコックピット風に改造する匠あらわる 「こういう環境でフライトシュミレータやりてぇ」など話題に
ロマンがありあまる。(2016/3/10)

集え! 栄誉ある人柱たち:
PR:君が考える「さいきょうのZ170A GAMING M5しすてむ」を教えてくれ
インテルの最新CPUアーキテクチャを採用した“Skylake”こと第6世代Coreプロセッサー・ファミリーが登場。対応する最新マザーボードを使ってみたくはないか?(2015/8/7)

de:code 2015基調講演:
Windows 10、クラウド、モバイル、IoT、そしてHoloLens──全方位で逆襲するマイクロソフト
日本マイクロソフトは2015年5月26〜27日にエンジニア向けイベント「de:code」を開催した。本稿では、近年のマイクロソフトを取り巻く市場環境と二つの大きな戦略を見ながら、de:code 2015の基調講演の模様を凝縮してお伝えする。(2015/6/15)

ニコニコ超会議2015:
疲れたのでファーストクラスで帰らせてくださいJALさん
スヤァ……。(2015/4/25)

3月25日「ニコニコ超会議2015発表会」:
JAL門外不出のファーストクラス客席&現役CA最高のおもてなし体験
ステップカーも登場!(2015/3/25)

組み込み開発ニュース:
ホンダジェットに専用フライトシミュレータ、パイロットを育成
ホンダの子会社であるHonda Aircraft Company(HACI)は、小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」のパイロット訓練用フライトシミュレータの導入、設置を発表した。(2015/2/26)

ゲーム嫌いも知っておきたい3D CG/VRのエンタープライズ活用事例〜Unity Solution Conference 2014まとめ
ゲーム開発で有名なUnity。医療や建築、ヘルスケア、観光などゲーム以外の活用事例をイベントリポートでお届けする。(2014/12/25)

Maker Faire Tokyo 2014:
未来きたあああああ! Oculus Riftでメ―ヴェ飛行体験!
ナウシカ……よい風使いになったな。(2014/11/26)

仕事をしたら“空”を飛べた:
えっ、前の飛行機を抜いてもいいの? パイロットの知られざる世界
パイロットといえばエリート中のエリートというイメージがあるが、飛行機を操縦しているときどんなことを考えているのだろうか。JALでボーイング777の機長を務める近藤さんに話を聞いたところ、意外な答えが返ってきた。(2014/6/18)

価格は4億5000万円ほど:
「HondaJet」新色塗装の量産1号機公開、2015年出荷へ
ホンダの小型ジェット機「HondaJet」の出荷が見えてきた。スイスのビジネス航空ショーで量産1号機を公開。米国連邦航空局の型式証明を取得次第、早期のデリバリー開始を目指す。(2014/5/20)

マッドキャッツ、フライトシム向けの9軸コントローラー「X-55 Rhino」
マッドキャッツは、フライトシミュレーターなどの操作に向くスティックコントローラー「Saitek Pro Flight X-55 Rhino H.O.T.A.S. System」を発売する。(2014/4/15)

がめんの なかに いる:
PCゲームと自作の祭典「ゲームパソコン&PC-DIY EXPO」で未来のゲームを体験
マウスコンピューター主催の「ゲームパソコン&PC-DIY EXPO」がアキバで行われ、PCゲームや自作を愛する多くのユーザーがつめかけた。Oculusすげえぇぇぇ。(2013/11/18)

パソコンと萌えの関係?:
「ゲームパソコン&PC-DIY EXPO」の開催迫る!! 11月17日はアキバへ
「ASCIIフェス2013 冬」と「ゲームパソコン&PC-DIY EXPO」が11月17日に秋葉原で実施される。日曜日はベルばらへゴー!!(2013/11/15)

格ゲー最強プレイヤーが集うゲーマーイベント「MAD CATZ UNVEILED JAPAN」開催──9月20日
マッドキャッツが、東京ゲームショウが開催される幕張で前夜祭的ゲーマー向けイベント「MAD CATZ UNVEILED」を9月20日に実施する。参加は無料、プロゲーマーと対戦できる試遊機なども設ける。(2013/9/2)

ナウシカのメーヴェのような飛行機作るOpenSkyプロジェクト、個展を開催
飛行機2機やフライトシミュレータなどを展示する。(2013/7/9)

ゲームが、仕事が、トレードがはかどる!:
PR:6画面“5760×2160”ディスプレイで圧倒的戦力を手に入れる
PCディスプレイの標準仕様がフルHDとなった今、より上質の作業環境を望むなら、次に狙うべきは「4K2K」なのか? 否。設置スペースさえ許せば、もっといい方法がある。そう、“超”高解像度を手軽に実現できるマルチディスプレイというさえたやり方が――。(2013/7/9)

マッドキャッツ、フライトシム向けコントローラのセット割引販売を開始
マッドキャッツは、フライトシム向け周辺機器を組み合わせたセットパッケージ計7種の販売を開始した。(2013/3/11)

レトロなデザイン:
マッドキャッツ、フライトシム向きのジョイスティック「Saitek Pacific AV8R Flight Stick」
マッドキャッツは、フライトシミュレーター向きの操縦桿型ジョイスティック「Saitek Pacific AV8R Flight Stick」を発売する。第2次世界大戦時の戦闘機をイメージしたデザインを採用した。(2013/1/31)

D89クリップ(54):
手軽に家電が作れる時代に小さな会社だからできること
プログラマなのにハードウェアを作った鳥人間の久川さん、1人家電メーカーのBsize八木さん、クラウドファンディングを興したCerevoの岩佐さんが手軽になったモノづくりを語った。「おばかアイデアを形にする方法」や「ものづくりの新しい形」とは?(2012/10/16)

TGS2012:
20万円台で本格フライトシム用コックピットが手に入る! パーソナルフライヤー「AstroWings」
同社としては初の個人ユーザー向け商品とのこと。(2012/9/21)

マッドキャッツ、サイテック製フライトシム用コントローラなど2製品
マッドキャッツは、サイテック製のフライトシミュレーター向けコントローラと、バックライト付き情報表示パネルを発売する。(2012/5/22)

マッドキャッツ、Saitek製フライトスティックなど9製品を取り扱い開始
マッドキャッツは、Saitek製となるフライトスティック/ジョイスティックなど計9製品の取り扱いを開始する。(2012/3/9)

無料で遊べるフライトシミュレータ「Microsoft Flight」リリース
Microsoftの最新PC向けフライトシミュレータ「Microsoft Flight」が公開。無料でダウンロードでき、追加で航空機などを買える。(2012/3/1)

PS3/Xbox360向け「BLADES of TIME」「蒼の英雄-Birds of Steel-」、発売日が2012年3月8日に決定
6月の「E3 2011」でも話題となったロシア・Gaijinの最新作2タイトルが、来年3月にKONAMIから発売されることが明かになった。(2011/12/14)

高いけど家庭用です:
家でもゲーセン気分 揺れて傾くレーシングゲーム用シート「D-Box VR3」
「D-Box VR3」はゲームセンターにあるレーシングゲームのように、車の動きに合わせてシートが動きます。家庭用と言っても、ちょっとお高いです。(2011/12/5)

お値段430万円、家庭用の本格フライトシミュレータ
「OVO-4 Home Flight Simulator」は、人間が1人入れる大きさの本格フライトシミュレータ。お値段もかなりのものだ。(2011/11/25)

ねっと知ったかぶりβ版(9/26〜9/30) auとソフトバンクの発表会にドキドキ
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。auとソフトバンクモバイルの新製品発表会のニュースが話題になりました。10月4日に米Appleが開催するiPhoneのイベントへの期待も高まりつつあります。(2011/9/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。