ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Game Center」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Game Center」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

アドウェア入りアプリ50本、インストール回数は計3000万回――不正アプリをダウンロードしないためには
Avast Softwareは、「Google Play Store」でアドウェアが仕込まれたアプリ50本を発見したという。問題のアプリでは全画面広告を執拗(しつよう)に表示したり、別のアプリをインストールするよう仕向けたりしていた。(2019/4/24)

ゲーミングスマホ「ROG Phone」日本上陸 12万円弱で11月23日発売
ASUSが「COMPUTEX TAIPEI 2018」で発表したゲーミングスマートフォンが日本に上陸する。オーバークロックしたプロセッサを始めとして、ゲームを楽しむ上で重要な機能をふんだんに詰め込み、純正オプション品も豊富に用意している。(2018/11/16)

パワーとデザイン、合体アクセサリーに興奮! ゲーミングスマホ「ROG Phone」実機レポート
COMPUTEX TAIPEI 2018で発表されたASUSのゲーミングスマートフォン「ROG Phone」。高度なゲームプレイをするのはもちろん、スマートフォンとして使っても快適な操作ができます。実際にこの製品を触ってみると久しぶりにワクワク感が高まりました。(2018/6/12)

Apple、ユーザーデータをダウンロードするサービスをEU以外でも提供へ
Appleが、ユーザーが自分のデータとプライバシーを一元管理するWebサイト「データとプライバシー」を開設した。Appleが保管している個人データのダウンロードやアカウントの削除などが可能になる。まずはGDPRが施行されるEUで有効になり、他の地域でもすべての機能が利用可能になる。(2018/5/24)

iPhoneを振り返る:デザインを一新、人間の目を超えた“Retinaディスプレイ”を搭載 「iPhone 4」
2010年に発売されたのが、4世代目となる「iPhone 4」。iPhone 3GSまでの丸みを帯びたデザインを一新し、ガラスとステンレスを組み合わせたスクエアな形状に。ディスプレイの解像度もアップし、「Retinaディスプレイ」と名付けられた。(2017/8/16)

「iOS 10」の開発者β版で純正プリインストールアプリの削除が可能に
iPhoneやiPadにプリインストールされているが使わないApple純正アプリを、「iOS 10」では削除できるようになりそうだ。開発者向けβ版では、「カレンダー」や「天気」などを削除できる。(2016/6/14)

Apple Watchの動作が劇的に速くなる 「watchOS 3」はこの秋無料で配信
現状は、ちょっとアプリを操作するとすぐに待ち時間が発生する「Apple Watch」ですが、この秋リリース予定の「watchOS 3」ではこの動作速度が劇的に改善されるようです。新機能も多数リリースされます。(2016/6/14)

“ぐっ”と操作してグッ!となる
iPhone 6sで「お、これ便利」と思わずいいたくなる「3D Touch」テクニック集
最新のiPhoneで新たに加わった「Peek」「Pop」。フリックだけだった2次元操作の世界から“押す”ことができる3次元操作によってiPhoneの可能性は、みんなが今思っている以上に広がるはずだ。(2015/11/14)

「iOS 9.1」配信開始――Live Photosの機能改善や絵文字の追加など
Live PhotosでiPhoneを動かしたときの録画を自動で回避するほか、150以上の絵文字が追加される。(2015/10/22)

カタチは同じでも“s”シリーズ史上最大の跳躍:
「iPhone 6s」が生み出す新たな潮流――林信行が1週間使って見えたもの
いよいよ発売を間近に控えた「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」。米国で行われた製品発表の直後からiPhone 6sゴールドモデルとiPhone 6s Plusのスペースグレイモデルを使い続けている林信行が、この1週間で感じた新シリーズの魅力を語る。(2015/9/22)

iPhoneの不要なプリインストールアプリ、「削除できるように」とクックCEO
Appleのティム・クックCEOはニューヨーク滞在中に受けたBuzzFeedのインタビューの中で、iPhone内の“使わないのに消せない”プリインストールアプリの一部を、将来的には削除できるようにすると語った。(2015/9/16)

iOS SDKとSwiftで始めるゲーム作成入門(1):
初心者でもiOS 9/tvOS向け2Dゲームが作れる標準フレームワークSpriteKitの基礎知識とチュートリアル
iPhoneゲームをSwift言語で作成してみたいという初心者向けにiOSのゲームフレームワークを使った作り方を一から解説する入門連載。初回は、SpriteKitの概要とサンプルゲームの動かし方、主要なクラスやメソッドなどを紹介する。GameplayKitなど他のゲームフレームワークの概要も。(2015/9/17)

神尾寿のMobile+Views:
Appleらしい「ユーザー体験の再発明」――iPhone 6s/6s PlusとiPad Proが作り出す新たなスタンダード
2015年のApple新商品発表会では、iPhone 6s/6s Plusをはじめ、iPad Pro、Apple Pencil、新しいApple TVといった多彩な製品が披露された。今回の発表で、Appleは世界に何を示したのか。あらためて振り返ってみたい。(2015/9/10)

ビジネスで使うなら知っておきたい
頑固なPC派も思わず納得、「iPhone」「Android」の簡単管理とは
昨今の職場にはモバイルが浸透し、Windows PCの管理者はモバイル端末がもたらす新たな課題に直面している。幸い、米Appleも米GoogleもモバイルOSの企業向け機能を強化している。(2015/6/19)

「協働学習」を支えるIT基盤に
桐蔭学園が「iPad」「MDM」「フィルタリング」を導入、選定の決め手は?
桐蔭学園は米Appleのタブレット「iPad」の導入に併せて、モバイルデバイス管理(MDM)とWebフィルタリングを導入した。その製品選定の理由とは。同校担当者に聞いた。(2015/6/17)

Apple Watchの「アクティビティ」でバッジを集めたくなったらやるべきこと
Apple Watchに用意されているアクティビティアプリは、目標を達成すると成果としてバッジが獲得できます。カラフルで美しいデザインのバッジを集めたくなったら、そこそこ厳しい条件の目標を達成していく必要があります。(2015/5/20)

歩数を測るだけじゃない:
iPhoneを歩数計(万歩計)にできる便利アプリ5選
毎日の運動量を把握するのに、いきなり活動量計を買う必要はありません。実はiPhoneアプリを利用するだけでも、1日にどれくらい歩いているか、どれくらいカロリーを消費しているかの目安はある程度知ることができます。(2015/3/20)

詳細な追加情報公開!:
新たに明らかにされた「Apple Watch」の主な機能
Appleが、11月27日頃に「Apple Watch」に関する情報ページを更新し、Apple Watchの主要な機能の解説が、これまでより詳細なものになっています。これを見ると、Apple Watchの新たな機能をいくつか知ることができます。(2014/11/29)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
CDを飛ばしてゾンビをなぎ倒せ! ヒットチャートの曲で遊べる「Zombie Tunes」
iTunes Storeの音楽ランキングを利用したアプリは数多くあるが、今回紹介する「Zombie Tunes」は、ランキングを使ってゲームを楽しむというユニークなもの。CDを飛ばしてゾンビをなぎ倒そう。(2014/11/18)

GACKTさんがゲーム実況!  365日毎日更新で1本目は「ロックマン2」
なぜかネスレの企画でGACKTさんが毎日名作ゲームを実況プレイする。(2014/7/1)

「Google Play ゲーム」、AndroidとiOS混合マルチプレイが可能に
AndroidとiOSでプレイできるオンラインゲームサービス「Google Play ゲーム」で、AndroidとiOSのクロスプラットフォームでのマルチプレイが可能になる。(2014/3/18)

安全運転で高得点を狙え! 現実の運転がドライブゲームになるARアプリ「漫画ドライブ」
ゼンリンデータコムとクロスフェーダーは、現実の運転操作がスコアに反映されるiOS向けARゲーム「漫画ドライブ」をリリースした。(2013/11/28)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
同じ音を探し当てる神経衰弱アプリ「音感検定」
「音感検定」は、神経衰弱のゲームを楽しみながら音感トレーニングを行えるアプリだ。普通のトレーニングアプリでは続かないという人も気軽にチャレンジできる。(2013/11/5)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
「VOCALOID」の技術を使ったiPhone向けの歌声合成ゲーム「ボカロダマ」
今回紹介する「ボカロダマ」は、ヤマハの「VOCALOID」(ボーカロイド)技術を活用したゲームアプリの第1弾。ボカロ好きにはおなじみの曲も入っている。(2013/10/11)

Apple、東京で11月に「iOS 7 Tech Talks」を開催
Appleが、アプリ/ゲーム開発者に「iOS 7」の新機能活用法などを解説するイベントを世界6都市で開催する。申し込み受付は9月27日まで。(2013/9/26)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
iPhoneが学習時間を教えてくれる! 「アラームで毎日学習・英単語帳」
毎日忙しい社会人にとって、勉強を習慣化するのは簡単なことではない。しかし、今回紹介するiPhoneアプリ「アラームで毎日学習・英単語帳 英語の時間」を利用すれば、朝の時間帯も効率良く使えるようになるかもしれない。(2013/9/13)

あの名曲で遊ぼう:
ヤマハ、VOCALOIDの技術を搭載した歌声合成ゲームアプリ「ボカロダマ」
ヤマハがiOS向けゲームアプリ「ボカロダマ」を公開。歌声合成技術「VOCALOID」の新技術を搭載し、ゲームの進行に応じてリアルタイムに合成された歌声を聴かせてくれる。(2013/9/12)

Google、マルチプレイヤーゲームハブ「Google Play Games」を発表
「Google Play Games」は、Appleの「Game Center」のような、マルチプレイヤーゲームを一元管理できるAndroidアプリだ。(2013/7/25)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
英語の“r”と“l”を聞き分けよう! iPhone用トレーニングアプリ「英語耳ゲー」
今回はちょっと趣向を変えて学習アプリをご紹介。日本人が英語を修得する上で、ハードルになりやすい「r」と「l」の違いを聞き分けるためのアプリだ。(2013/7/16)

WWDC 2013所感(後編):
新しいアップルと、デザインが持つ本当の意味
ティム・クック時代の新生アップルは、ハード、OS、アプリ、サービス、さらには会社そのものまで再デザインした。林信行氏がWWDC 2013の内容を読み解く。(2013/7/2)

「Myst」の続編「Riven:The Sequel to Myst(日本語版)」配信開始
サン電子がiPhone/iPod touch/iPad向けゲームアプリ 「Riven: The Sequel to Myst (日本語版)」がリリース。脱出ゲーム「Myst」の続編だ。(2013/2/4)

Windowsネットワーク管理者のためのiPhone/iPod touch入門:
第14回 iPhone/iPod touch/iPadでアプリケーションのインストールを制限する
社員に支給するiPhoneに無用なアプリケーションをインストールさせたくない…… アップルの無償ツール「iPhone構成ユーティリティ」を使ったアプリケーションのインストール制限方法を解説する。(2012/11/28)

Apple Special Eventリポート:
MacとiPadで積極攻勢――新時代の幕を開けたApple
10月23日(現地時間)に米国で開催されたAppleのSpecial Eventで、先に発売されたiPhoneやiPod、そしてMacBook Airを除くほぼすべての製品ラインアップが刷新された。ポストPC時代を推進し、IT業界のトレンドを牽引するAppleは、どこまで飛躍するのかを考える。(2012/10/24)

米Appleイベントまとめ:
ジョブズ不在を乗り越えた過去最強のラインアップ――「iPad mini」「13インチMacBook Pro Retina」「薄型iMac」に見るアップルらしさ
米国で行われたAppleのメディア向けイベントで、Retinaディスプレイを搭載した13型MacBook Proや、極薄ボディに生まれ変わったiMac、7.9型のiPad miniなど、年末を飾る新製品が一挙に公開された。林信行氏が現地からリポート。(2012/10/24)

「iOS 6」アップデート、配信開始
さまざまな機能向上や心機能を盛り込み、「iPhone 5」に標準搭載される最新OS、「iOS 6」の配信が日本時間の9月20日未明に始まった。(2012/9/20)

どっちも最薄:
アップル、薄くカラフルになった「iPod touch」と「iPod nano」を発表
アップルは、新しい「iPod touch」および「iPod nano」を発表した。いずれもデザインを一新し、iPod touchには、初めて5つのボディカラーを用意している。(2012/9/13)

広田稔のMacでいクマー(9):
「ことえり」超入門! 絶対に覚えたいMacで日本語を始める13のコツ
からかいのネタにされることが多い「ことえり」ですが、やればできる子なんですよ。(2012/9/7)

広田稔のMacでいきます(8):
独断と偏見で選ぶ!! Mountain Lionで感じた「10の便利」
Mac連載第8回では、Mountain Lionの“じわじわ”くる便利機能トップ10を独断と偏見でピックアップする。リモート操作でのドラッグ&ドロップが地味だけどうれしい。(2012/8/1)

Mac App Storeで提供開始:
アップル、最新Mac OS「OS X Mountain Lion」を発売
Mac App Storeで最新OS「Mountain Lion」のダウンロード販売が始まった。価格は1700円。(2012/7/25)

ついに解禁:
たった1700円で最高のクラウド世代Mac OSが手に入る――「OS X Mountain Lion」
ついに待望の次期OS「OS X Mountain Lion」がリリースされた。細かい改良を重ね、200を超える新機能でブラッシュアップしたMoutain Lionは、iCloud連携でiOSの勢いも取り込み、さらに進化していく。その特徴を林信行氏が解説!!(2012/7/25)

Amazon、「Kindle Fire」のソーシャルゲームサービス「GameCircle」スタート
「Amazon GameCircle」は、Kindle Fireでプレイ中のゲームをクラウドにセーブしたり、ユーザー同士でスコアを競ったりできるソーシャルゲームサービスだ。(2012/7/12)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
iOSとMac OS Xの進化は行き詰まるのか、それとも
WWDC 2012でアップルの製品開発面における強さを再確認すると同時に、iOS、Mac OS Xといった“基礎部分”の進化に関しては、どこか迷いのようなものを感じた。それはなぜなのか。(2012/6/19)

D89クリップ(48):
Retina ディスプレイを搭載し、薄型化した
Apple WWDC 2012キーノート現地レポート。Retinaディスプレイを搭載したMacBook Proや、iOS 6でさらに進化したSiriなど、注目の内容を紹介する(2012/6/12)

200+の新機能で1700円:
アップル、「OS X Mountain Lion」を7月に発売
アップルは、最新Mac OS「OS X Mountain Lion」をApp Store経由で7月より販売する。価格は1700円で、Lion発売時の2600円からさらに安くなった。(2012/6/12)

Retinaディスプレイ搭載、新MacBook Pro発表 2880×1800ピクセル「世界最高の解像度」
Retinaディスプレイを搭載した新MacBook Proが登場。15.4インチで解像度は2880×1800ピクセルと「ノートPCでは世界最高の高精細」だ。(2012/6/12)

広田稔のMacでいくもん:
新旧Macのデータ移行で覚えておくべきいくつかのこと
WWDCの開催が迫り、Macの新製品を期待している人も多いはず。そこで今回は新マシンをゲットしたときのために、データ移行のあれこれを紹介する。特にLion使いは読んでおくべし。(2012/5/31)

広田稔のMacでいぎだいッ(6):
新しいiPadと一緒に使いたい! 定番アプリ30選(後編)
前回に引き続き、「新しいiPad」で使いたいアプリ30選の後編をお届けします。今回は電子書籍、教育・学習、ゲームの3カテゴリからオススメアプリをピックアップ!(2012/5/11)

広田稔のMacでいくなら(5):
新しいiPadと一緒に使いたい! 定番アプリ30選(前編)
今回は「新しいiPadと一緒に使いたいアプリ30本」を紹介。前編では、ビジネス、マルチメディア、ライフスタイルの3カテゴリから15本を取り上げる。あなたのオススメは?(2012/4/25)

App Town ゲーム:
ベル打ちで高得点を目指す――iPhone/iPad用向けタイピングゲーム「ポケベル」
カヤックが、公衆電話のプッシュボタンを正しくポケベル打ちして高得点を目指すタイピングゲームアプリ「ポケベル」をリリース。(2012/4/17)

あの時代よカンバック:
ポケベルをもっとも早く正確に打てるのはわたしだ アプリで「ポケベル」復活?
ピポピピポッピピポポピッピポピッポ ピピッ(##)――「ナニシテルノ?」。ベル打ちタイピングゲーム「ポケベル」がiPhone/iPad用アプリでリリース。(2012/4/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。