ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハローワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハローワーク」に関する情報が集まったページです。

株式会社ジンジブ提供ホワイトペーパー:
PR:自社の魅力をどう伝える? 高校生の新卒採用で取り組むべき施策とその実践法
高卒採用を成功に導くには、最新の高校情報を入手し、根拠のある採用戦略を立てるのは当然のこと、高卒採用ならではの特性を理解し自社の魅力を伝えていくことが不可欠だ。効果的な施策やその実践をサポートするサービスを紹介する。(2024/2/1)

定年退職後も失業手当はもらえるの? イマサラQ&A
40歳や50歳での退職ではなく、定年退職後に仕事を探している場合も失業手当(雇用保険の基本手当)はもらえるのですか。(2023/12/10)

施策実施から1カ月:
「年収106万円の壁」の助成金 首都圏企業の反応が薄い意外な理由
(2023/12/7)

Go AbekawaのGo Global!〜Jay Pegarido(前):
末は「神父」か「エアクラフトエンジニア」か
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はSansanの海外開発拠点、Sansan Global Development Centerにて取締役を務めるJay Pegarido(ジェイ・ペガリド)さんにお話を伺う。コンピュータとの出会いは決して早くなかったが、その出会いは文字通りジェイさんの運命を変えた。(2024/1/23)

労働市場の今とミライ:
政府による「転職のススメ」 失業給付のタイムラグ解消で何が起きる?
政府が「雇用の流動化」つまり転職の推進に熱心だ。これにより日本の賃金を上げることを狙っているが、転職の推進によって本当に賃上げが実現できるのだろうか。失業給付のタイムラグ解消やキャリアコンサルタントの支援などの具体的な施策で見込める効果と懸念点について言及する。(2023/11/9)

裁判例を交え解説:
初任給40万円超、でも残業80時間込み ベンチャーで増える給与形態、狙いや法的問題は?
サイバーエージェントが昨年、残業代80時間分を含む形で新卒の初任給を42万円に設定した発表は記憶に新しいでしょう。9月には人材事業などを手掛けるベンチャー企業・レバレジーズが同様の発表をしました。固定残業時間と大幅な初任給引き上げを実行する企業の思惑を、判例とともに考えてみたいと思います。(2023/10/31)

キャリアニュース:
一度退職した人を受け入れる企業ほど、採用活動がうまくいく傾向
リクルートが「人材マネジメント調査 アルムナイ編」の結果を発表した。「アルムナイネットワークを通じた採用」を12.3%が実施しており、アルムナイ採用を実施している企業ほど採用がうまくいっている傾向が見られた。(2023/9/29)

「出戻り社員」を採用する企業が増加 どんな効果があるの?
リクルート(東京都千代田区)が企業で働く人事担当者を対象に調査を行ったところ、半数以上の企業がアルムナイ採用を行っていることが分かった。元社員の再雇用にはどんな効果があるのだろうか。(2023/9/28)

10月から最低賃金が変わる:
最低賃金アップでも、世帯収入増が期待できないワケ 制度の「ねじれ」を読む
10月から新しい最低賃金が適用され、全国平均で時給1002円になる。最低賃金のアップにより、ここ30年横ばいの世帯収入は増えるのか? 社会保険労務士の筆者は「期待するような世帯収入増にはつながらない」と考えています。その理由と今後の展開を解説。(2023/9/27)

労働基準監督署に聞いた:
リファラル採用のインセンティブ、何万円まで法律的に問題ない? 疑問を解説
リファラル採用を取り入れる企業が増えていますが、紹介のインセンティブはいくらが一般的なのでしょうか? また、何万円までの支払いであれば法律的に問題ないのでしょうか?(2023/7/31)

経済の「雑学」:
「高校生の就職先」どうやって決まるの? 大学生とは違う「3つ」の仕組み
高校生の求人倍率が過去最高のようですが、そもそもどうやって就職先を決めているのでしょうか。大学生と違って特殊な仕組みがあって……。(2023/7/27)

原油高騰とコロナ禍でダブルパンチ:
「これ以上耐えられない」と減便 沖縄の路線バス運転手が210人減る
沖縄県の路線バスの運転手不足が深刻化している。県バス協会の集計によると、本島を走る路線バスの運転手は、コロナ禍前の2019年度に比べ210人減っている。(2023/5/9)

抜本的な対策は:
転職しやすくなる? 失業給付を迅速化「2カ月超→7日程度」 実際はどうなのか
デジタル分野など成長産業への労働移動を促すため、岸田文雄首相は2月、自己都合で離職した場合の失業給付のあり方を見直すと表明。日本経済新聞は4月11日、政府が給付開始にかかる期間を現状の2カ月以上から7日程度に短縮する方向で検討に入ったと報じた。専門家は「退職に対するネガティブな認識が変わる可能性がある」と指摘。一方で、労働移動を促すには、より抜本的な対策に踏み込む必要があるという。(2023/4/12)

寄付されたリードを破棄するよう指示、給与明細と離職票がもらえない―― 動物保護団体代表の疑惑を元スタッフが告発(後編)
元スタッフと関係者に取材しました(後編)。(2023/3/17)

職場の人間関係が悪い:
転職先の決め手 1位「仕事内容」、2位以下は?
人材会社のベクトルは「転職の決め手に関するアンケート調査」を実施した。転職経験者に転職先の決め手を聞いたところ……。(2023/2/27)

過去最低だが:
高卒で就職3年以内の離職率、沖縄は49.3% 全国平均より13ポイント高い理由は?
沖縄労働局は27日、2019年3月の高校・大学卒業者について、就職後3年以内の離職状況を発表した。高卒は前年比1.3ポイント改善の49.3%で、統計を開始した2004年以降で最も低かった。(2022/12/29)

PR:i-Constructionのキーワードは「3次元化」 長野の建築業界をリードする、いとうの挑戦
(2022/12/13)

中途採用している企業の6割が、フリーターは「採用対象」
レバレジーズが運営するフリーター・既卒・第二新卒向け就職支援サービス「ハタラクティブが「フリーターの採用意欲に関する実態調査」を実施した。(2022/12/7)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ツイッター3700人、メタ1.1万人 海外IT企業で進む人員整理 国内エンジニアバブルへの影響は?
イーロンマスク氏によるツイッターの買収で従業員の大量解雇が話題となる中、今度はメタが1万人超の解雇を発表。大きく揺れるIT業界だが、視点を移すと国内ではいまだに人手不足からエンジニアバブルが続いている。(2022/11/11)

裁判例を紹介:
定年退職後に嘱託社員として再雇用 賃金50%カットの妥当性は?
少子高齢化に伴い、高齢者活躍の土壌を整える必要性に迫られる日本。定年は60歳が一般的だが、65歳までの雇用維持、70歳までの就業機会の確保が努力義務となっている。定年退職後に嘱託社員として復帰した社員への賃金設定はいくらが妥当なのか? 社会保険労務士が解説。(2022/10/27)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
自己都合の退職でも、失業手当の支給日数が増える どんな条件?
従業員が結婚を機に、遠方にある配偶者の故郷に引っ越すことになったと報告がありました。テレワークは業務の特性上難しく、残念ながら退職することになりました。このような場合には雇用保険の取扱いに何か影響はあるのでしょうか。(2022/10/20)

フランスのハローワーク、失業者13人によるコンサート開催し企業とマッチング 雇用にも「イノベーションが必要」
本物の劇場でやっちゃう。(2022/6/22)

ビジネスも生活も充実:
PR:超・低コストで拠点開設! IT企業の「地方進出」なら新潟県がオススメなワケ
コロナ禍をきっかけに注目が集まる、企業の「地方移転」や「拠点開設」。そこでぜひ利用したいのが、新潟県が提供しているさまざまな支援制度だ。オフィス賃料や人件費の補助を手厚く用意している新潟県では、人材面でのメリットやアクセスの良さも相まって、昨今では進出企業が増えているという。本記事では、進出企業の声とともに、新潟県の魅力を解説していく。(2022/6/16)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「最近の若者はすぐ辞める」と怒る前に知るべき、「仕事が合わない」と言い出す新人の真実
“辞める新入社員”が話題になる季節だ。近年は「仕事が合わない」と話す若者が特に目立ち、連合の調査でも退職理由のトップとなっているが、これにはキャリア教育や上司とかかわりが深く関係しているという。「仕事が合わない」と言い出す新人の真実とは――。(2022/5/27)

福島県郡山市発:
地元に帰り「女性の仕事の少なさに驚いた」──それでも仕事を諦めない人のための“養成スクール”が誕生した背景
地方では、女性が就ける職業が限られている場合が少なくない。Uターンで福島県に帰り「女性の仕事の少なさに驚いた」と話すのは、ハタフルアカデミーのコミュニティマネージャーの鈴木茜さんだ。この課題を打破するため、開校したWebデザイナー養成スクールのハタフルアカデミーとは、どのようなものなのか。(2022/5/3)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
格差が広がる日本 週休3日の“貴族”と、休みたくても休めない“労働者”
「週休3日」に注目が集まっている。大企業が相次いでこうした先進的な制度を導入する陰で、休みたくても休めない労働者の存在が置き去りにされている。日本の働き方改革は、どこへ向かうのだろうか──。(2022/4/22)

産業動向:
建設業の「労働環境」「年間給与額」は全産業を上回る、労働時間は3年連続減
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2022年3月分のマンスリーレポートを公表した。今月は、建設業における最新の給与動向と労働時間を調査し、独自の視点から分析している。(2022/4/11)

沖縄県内の小規模事業所で:
「無料」と聞いていたのに、利用規約に小さな文字 悪質な求人広告の“罠" 再び増加
インターネット上に無料で求人広告を出すと勧誘され、一定期間を過ぎると高額な料金を請求されるケースが沖縄県内の小規模事業所で相次いでいる。(2022/4/5)

湯之上隆のナノフォーカス(48):
メモリ不況は当分来ない? 〜懸念はIntelのEUVと基板不足、そして戦争
筆者は世界半導体市場統計(WSTS)のデータを徹底的に分析してみた。その結果、「メモリ不況は当分来ない」という結論を得るに至った。そこで本稿では、その分析結果を説明したい。(2022/3/17)

産業動向:
2022年度公共事業関係予算は国土強靭化で、要求額以上の予算規模
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2022年2月分のマンスリーレポートを公表した。今月は、2022年度の政府予算案をもとに、国土交通省の公共事業関係予算について分析している。(2022/3/2)

ミドル&シニア活用が企業の急務に?:
50代の転職後年収が上昇中 「35歳転職限界説」はもはや過去のものか
転職市場を巡って、かつては「35歳限界説」もあったものだが、昨今50代の転職後年収が上昇中だという。その背景には、何があるのか。(2022/2/28)

猫たちの“面白立ちポーズ”がかわいくて元気をもらう! 「立ち猫」イベントが大阪・兵庫で開催
楽しそう。(2022/2/16)

産業動向:
建設技術者となる大学新卒者は10年間で1.7倍に増、女性の就職者も10年で2.5倍
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2022年1月分のマンスリーレポートを公表した。今月は、大学新卒で建設技術者として就職する学生数について独自に調査した。(2022/1/31)

産業動向:
「建設業で若者就職者の減少は改善も、さらなる若者層の獲得が必要」年齢層別の採用状況
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年12月分のマンスリーレポートを公表した。今月は、厚生労働省の「雇用動向調査」をもとに建設業における若者層と高齢者層の就職者について分析した。(2021/12/28)

産業動向:
建設業に就職した新卒者の離職率を調査「高校新卒は3年以内の離職率が4割超」
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年11月分のマンスリーレポートを公表した。今月は、厚生労働省の「新規学卒者の離職状況」の最新データから、建設業に就職した新卒者の離職率を独自に調査した。(2021/12/2)

よく分かる! 改正育児・介護休業法:
育児休業中、給付金がもらえる条件は? 社会保険料の免除は? 法改正で変わるポイント
連載「よく分かる! 改正育児・介護休業法」の第3回目は、育児休業に関する社会保険上のサポートについて解説します。(2021/11/12)

PR:“ソフトウェア検証”の老舗が「みんなの電子署名」を採用 ユーザーから信頼を得る電子署名サービスを使う意義
(2021/11/10)

100人が退職の意向:
沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ閉館 会長が説明した理由とは?
沖縄県那覇市前島の複合ビル「とまりん」内に入居するホテル「沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ」が10月31日、閉館した。経営する沖縄県内ホテル大手「かりゆし」の平良朝敬会長は……。(2021/11/2)

おしえて、キラキラお兄さん:
人生に挫折は必要ですか?
朝6時に起床、日中は訓練で心身の鍛錬に励み、勤務後も銃剣道で心身の鍛錬に励む――そんな日々を送っていた自衛官は、一度は離れたシステム開発の夢を忘れられなかった。(2021/10/27)

早すぎる役職定年:
硬直した金融業界を改革する、異色の“シニア専門家集団”とは
「早すぎる役職定年」「専門人材の不足」「過度な内製主義」といった課題を抱える金融業界。シニアを中心とした専門家集団を組織することで、それらの解決を目指すユニークな企業がある。日本資産運用基盤グループ(JAMP)だ。代表の大原氏に、金融業界の人材や組織の課題と、その解決策を聞いた。(2021/10/25)

産業動向:
「平均年間給与額は製造業よりも建設業が高い」、給与額の実態を分析
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年10月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、建設業での給与額の実態を年齢層別や職種別に分析している。(2021/10/21)

人事も現場も知っておくべきこと:
障害者雇用で「障害者ができそうな仕事を探す」企業は、既にやり方を間違えている
障害者を雇用するにあたり、多くの企業は社内で「障害者にやってもらえる仕事はあるか」と聞いて業務を探しているが、これは最適な方法ではなく、もっとうまくいくやり方があるとリクルートスタッフィングの飯尾朋子さんは言う。(2021/9/29)

産業動向:
建設業の年間平均就業時間は3年連続で減少、労働時間の実態を分析
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年9月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、総務省「労働力調査」の最新データから、建設業での労働時間の実態を分析している。(2021/9/15)

産業動向:
コロナ禍前後の技術者と技能工の需給動向「建設技能工の人材需要は逼迫化」
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年8月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、2021年上半期の建設技術者と建設技能工の需給動向を採り上げている。(2021/9/6)

相馬留美の「今そこにある商機」:
高卒には「職業選択の自由」がない? 大卒より高卒の採用が難しい理由
高校生向けの「就職合同説明会」をご存じだろうか。記者は現場に足を運んだところ、企業の話を聞くために、教師と制服姿の高校生がたくさんいたわけだが、そもそも高校生の就職はどのようにして決まるのだろうか。ちょっと調べると、過去の“遺産”が残っていて……。(2021/8/21)

会社に「何でもいいから出して」と言われてデザイナーが作った退職届がカオス 「花火セット」「パチンコの激アツ演出」
人事はどんな顔で受け取ればいいんだ。(2021/8/19)

産業動向:
コロナ禍でも“建設技術者”は人手不足、建設HRが市場分析
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年7月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、建設業での人手不足感について独自に分析している。(2021/8/12)

259人に聞きました:
飲食業界から異業種・異職種に転職した理由 「収入を増やしたい」を上回ったのは?
ビズヒッツは、飲食業界から異業種や異職種に転職した男女259人を対象に調査を実施。転職した理由や転職先について聞いた。(2021/8/5)

70歳の働く場:
定年後に「新天地」で挑戦する高齢者 中小企業の支援で新たな生きがい見つける
高年齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。企業にとっては継続雇用と定年延長・廃止に加え、個人事業主として業務委託契約を結ぶなどの対応を迫られている。企業の「お荷物」にならない「70歳の働く場」を考えてみた。(2021/7/28)

労働時間管理の工夫も:
ライオン流「働きがい」改革 “成長につながる”副業とは?
消費財でおなじみのライオンは、2019年7月からライオン流「働きがい改革」を推進している。今回主に取り上げる副業も働きがい改革の重要な要素の1つである。その副業も社員が他社で働くだけでなく、他社からの副業者も受け入れている。(2021/7/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。