ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

「HUAWEI Mate」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HUAWEI Mate」に関する情報が集まったページです。

Huawei、折りたたみスマホ「Mate X」発売を9月に延期
Huaweiが、今夏に予定していた折りたたみスマホ「Mate X」の発売を9月に延期する。Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」が発売前にレビュアーから壊れたと批判されたことを受け、「追加のテストを行っている」とCNBCに語った。(2019/6/16)

最大60W&PD対応のACアダプターがcheeroから登場 発売記念で2500円に
cheeroは、6月12日にUSB Type-C対応アダプター「cheero USB-C PD Charger 60W」を発売。最大60Wの高出力とコンパクトなデザインを実現し、USB PD(Power Delivery)へ対応する。プラグ部分は折り畳み可能で、すっきりと持ち運ぶことができる。(2019/6/12)

意外にゆっくり?
5Gの最初の5年に起こること
5Gの時代が始まった。これから5年間で5Gを巡ってどのようなことが起こるのだろうか。5年後にどの程度普及しているのだろうか。(2019/5/24)

米商務省がHuaweiに事実上の「禁輸措置」 スマホやタブレットへの影響は?
米商務省が、中国Huawei(ファーウェイ)とその関連会社への部品やサービスなどの輸出を事実上禁止する措置を講じると発表。同社のAndroidスマートフォンやAndroidタブレットはどうなってしまうのか、現時点で分かっていることをもとにまとめる。(2019/5/22)

トリプルカメラ搭載のSIMフリー「HUAWEI P30」が5月24日発売 7万円台後半【写真追加】
ファーウェイ・ジャパンが、最新スマートフォン「HUAWEI P30」を5月24日に発売する。MVNO各社や家電量販店が取り扱う。価格は7万7880円(税別)で、ブリージングクリスタルとオーロラの2色。6.1型のフルHD+有機ELやLeicaと共同開発した3眼カメラを搭載する。(2019/5/21)

おサイフケータイ対応:
Leicaの4眼カメラ搭載、10倍ハイブリッドズーム対応の「HUAWEI P30 Pro」がドコモから登場
NTTドコモが、2019年夏にHuawei製のスマートフォン「HUAWEI P30 Pro」を発売する。6.5型のフルHD+有機ELや、Leicaと共同開発した4眼カメラを搭載する。FeliCaや防水機能にも対応する。価格は8万円台後半の予定。(2019/5/16)

「Android Q」のβ3が登場 Pixelなど15機種で利用可能に
「Google I/O 2019」に合わせて、Androidの次世代バージョンのβ版が第3版となった。Googleの「Pixel」を含む15機種で利用できる。(2019/5/8)

Androidスマホおすすめ“3選” 9万円超のハイエンド機種(2019年版)
機能面でも最先端を行くハイエンドなAndroidスマートフォン。価格が高いゆえに購入に当たっては考慮すべき点もたくさんあります。この記事では、特に押さえたい4つのポイントと、それを踏まえたおすすめの機種をご紹介します。(2019/4/28)

IHSアナリスト「未来展望」(16) 2019年の半導体業界を読む(4):
多眼化が進むスマホ、イメージセンサー市場はレッドオーシャンに?
IHSマークイットジャパンのアナリストが、エレクトロニクス業界の2019年を予測するシリーズの第4回。最終回となる今回は、イメージセンサー/カメラについて予測する。(2019/4/24)

「HUAWEI Mate 20 Pro」、アップデートでau VoLTEに対応
ファーウェイ・ジャパンは、4月11日以降に「HUAWEI Mate 20 Pro」のソフトウェアアップデートを実施。au VoLTE機能が追加される他、Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化も行う。(2019/4/11)

シャープが折りたためる有機ELパネルを公開 スマートフォンやタブレットに?
シャープがスマートフォンなどに使える6.18インチのフォルダブル(=折りたためる)有機ELパネルを公開した。(2019/4/10)

次期三眼iPhoneは、6.1インチと6.5インチ有機ELモデル?
今年発売が予定されているiPhone次期モデルには三眼カメラ搭載が噂されている。そのさらなる詳細情報が寄せられた。(2019/4/8)

P20 Proから何が変わった? 「HUAWEI P30 Pro」のカメラ機能を徹底レビュー
3月にHuaweiの新たなフラグシップスマホ「HUAWEI P30 Pro」と「HUAWEI P30」が発表された。今回、上位モデルの「HUAWEI P30 Pro」をいち早く借りることができた。最大のセールスポイントであるLeicaの4眼カメラで撮影した作例を交えつつ、その使い勝手をレポートする。(2019/4/8)

用語とともに解説 最新スマホのカメラトレンド(2019年春)
どんどん進化するスマートフォンのカメラ。従来のカメラ用語では表現しきれない機能があったり、カメラ用語とは異なる文脈で機能を説明したりすることが増えてきた。改めて整理つつ解説しようと思うのである。(2019/3/31)

「三眼」次期iPhoneの筐体デザイン流出?
お宝の予想を裏付けるような新たなiPhone筐体デザインが公開された。(2019/3/29)

折りたたみスマホ「HUAWEI Mate X」に触れて感じた「良い/不満/気になる」ポイント
Huaweiの折りたたみスマートフォン「HUAWEI Mate X」は、閉じると6.6型/6.38型の両面ディスプレイ、開くと8型のディスプレイになる。そんなMate Xの実機に触れる機会を得た。これまでは伝えられなかった細かな情報も交えて紹介したい。(2019/3/28)

「HUAWEI P30」シリーズ徹底解説 Proは「暗所撮影」と「ズーム機能」が驚異のレベルに
Huaweiが「HUAWEI P30」シリーズを発表。「Rewrite the Rules of Photography(写真の法則を書き換える)」というキャッチの通り、カメラ機能を大きく強化した。特に進化したのが、P30/P30 Proの暗所撮影機能と、P30 Proのズーム機能だ。(2019/3/27)

「HUAWEI P30/P30 Pro」登場 Proは4眼カメラで10倍ハイブリッドズームが可能
Huaweiが新たなフラグシップスマートフォン「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 Pro」を発表した。Leica(ライカ)と共同開発したカメラ機能をさらに強化した。P30 Proは画質劣化を抑えた10倍のハイブリッドズームが可能。価格は日本円で約10万〜16万円。(2019/3/27)

三眼iPhoneいよいよ登場か?
次期iPhoneは、HUAWEI Mate 20 Proのようなトリプルカメラ仕様か?(2019/3/16)

楽天モバイルがMNO回線への移行を案内 3月14日10時以降の契約者にはSIMカードを発送
楽天が「楽天モバイル」のMVNO→MNO回線への移行に関する案内を掲載。3月14日10時以降に新規契約したMVNO回線は10月以降に順次MNO回線のSIMカードを発送するという。既存ユーザーへの対応は、今後改めて案内するという。(2019/3/14)

中国ディスプレイメーカーも本格参入 2019年は「折りたたみスマホ」ラッシュになる?
SamsungやHuaweiが相次いで「折りたたみ(フォルダブル)スマホ」を発表している。中国のディスプレイメーカーもそれに対応するディスプレイの生産を始めており、2019年中には中堅メーカーまで含めて折りたたみスマホが流行するかもしれない。(2019/3/10)

Huaweiが米政府を提訴 「セキュリティ脅威の証拠を示せていない」
Huaweiが3月7日、米連邦裁判所に、国防権限法899条の合憲性を問う訴訟を提起した。Huawei製品の販売を制限する措置が違憲であることと、制限措置の禁止を訴える。記者会見でHuawei幹部は、セキュリティの脅威となる証拠を示せていないことを強調した。(2019/3/7)

MWC19 Barcelona:
5G祭りだった「MWC19 Barcelona」 展示されていた5G&折りたたみスマホを一挙チェック
2019年内に日本でもプレサービスが始まる「5G」。世界に目を向けると、2019年内に本格的な商用サービスを始めるキャリアもあります。それを受けて、MWC19 Barcelonaでも5Gスマートフォンの実機、あるいはプロトタイプの展示が相次ぎました。(2019/3/5)

Mobile Weekly Top10:
Xperiaハイエンドは「XZ3」から「1」へ/ミドルレンジXperiaは日本に上陸する?
ソニーモバイルコミュニケーションズが、MWC19 Barcelonaに合わせてXperiaスマートフォンの新モデルを4機種発表しました。ハイエンドの「Xperia 1」の国内発売はほぼ確実だと思うのですが、注目はミドルレンジ3機種を国内で発売するかどうかです。(2019/3/4)

MWC19 Barcelona:
「HUAWEI Mate X」の実機に触れた! 折りたたむ様子を写真と動画でチェック
「HUAWEI Mate X」は「5G」 と「フォルダブル」という2つの最新トレンドを兼備する未来感があふれる端末。MWC19 Barcelonaで最も注目を集めたスマホといっても過言ではない。わずかな時間だが、実機に触れたファーストインプレッションをお届けしよう。(2019/3/4)

MWC19 Barcelona:
Huaweiの折りたたみスマホ「Mate X」開発秘話 なぜ外折り? 日本発売は?
MWC19 Barcelonaで折りたたみ型の5Gスマホ「HUAWEI Mate X」を発表したHuawei。同社はなぜ折りたたみスマホを手掛けたのか。コンシューマー ビジネス グループ CEO、リチャード・ユー氏にグループインタビューで話を聞いた。(2019/2/28)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
旧正月明けの深セン電脳街で「HUAWEI Mate 20 Pro」の新色を発見
2019年の旧正月は2月5日。中国ではその前後を含み1週間程度がお正月休みとなります。深センは2週間程度休みになることもあるため、電脳街もそれに合わせてお店が長めに休みを取ります。そんな中で、「HUAWEI Mate 20 Pro」の新色が登場しました。(2019/2/28)

MWC19 Barcelona:
Huaweiの折りたたみスマホ「Mate X」、間近で見た印象は? 写真でじっくり解説
Huaweiが折りたたみスマートフォン「HUAWEI Mate X」を発表。プレスカンファレンスの終演後、HUAWEI Mate Xの実機を間近に見て、撮影することができた。実機に触れることはできなかったが、ケース越しに見たMate Xの印象は……。(2019/2/25)

ファーウェイが“折りたたみスマホ”を発表 画面ごと中央から折り曲がる超絶機構で約29万円
グニャと曲がる。(2019/2/25)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」と「HUAWEI Mate X」は何が違うのか?
「Galaxy Fold」を発表したSamsungに続き、Huaweiも折りたたみスマホ「HUAWEI Mate X」を発表した。2機種とも、閉じた状態は従来のスマートフォンのように、開くとタブレットのように使えるのは共通しているが、何が違うのか。現時点で判明している情報からまとめた。(2019/2/25)

Huaweiも“折りたためるスマホ”発売へ 5G対応の「Mate X」、約29万円
中国Huaweiが、折りたためるスマホ「HUAWEI Mate X」を発表。「5G」にも対応する。価格は約29万円で、2019年半ばに発売予定。(2019/2/25)

MWC19 Barcelona:
折りたたみスマホにHuaweiも参戦 5G対応「HUAWEI Mate X」登場 価格は2299ユーロ(約29万円)
Samsung Electronicsに続き、Huaweiも画面が折りたためるスマートフォンを投入。Galaxy Foldとは逆に、画面が外側に開くタイプの製品で、Leica(ライカ)とコラボレーションしたカメラも搭載する。5G対応も特徴だ。(2019/2/24)

ファーウェイ、対象スマホ購入で最大1万円分の商品券をプレゼントするお客様感謝祭を開催
ファーウェイが、世界市場におけるスマホ総出荷台数が2億台を突破したことを記念するキャンペーンを開催。対象のSIMロックフリースマートフォンを購入すると、最大1万円の商品券をもれなくプレゼントする。(2019/2/22)

Huaweiが新スマホ「P30」シリーズを3月26日に発表 望遠カメラが大幅進化?
Huaweiが、スマートフォンの新シリーズ「P30」を、2019年3月26日にフランスのパリで発表することを予告している。Twitterの動画では望遠機能をアピール。2月25日からのMWC 2019では発表しないようだ。(2019/2/19)

山根康宏の中国携帯最新事情:
「iPhoneによく似た」は過去の話に 中国メーカーから革新的なスマホが続々登場
2018年は中国のスマートフォンメーカーから新たな本体デザインのスマートフォンが次々と登場した。2019年もその勢いは止まりそうにないようだ。1月にはMeizuとVivoから「完全ホールレス」なスマートフォンが相次いで発表された。(2019/2/6)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
値段相応? それ以上? 3万〜4万円台のミドルレンジスマホ3機種を撮り比べ
最近、ハイエンドモデルを中心に激しくなりつつあるスマホの「カメラ競争」。翻って、手頃な価格のミドルレンジスマホのカメラって、どうなんでしょう? シャープ、Huawei(ファーウェイ)、OPPO(オッポ)の現行3機種で撮り比べてみるのである。(2019/1/31)

「HUAWEI P20」「HUAWEI Mate 10 Pro」がAndroid 9.0へアップデート
ファーウェイは、1月28日以降に「HUAWEI P20」「HUAWEI Mate 10 Pro」のソフトウェアアップデートを実施。OSをAndroid 9.0、独自UIの「EMUI」を9.0へバージョンアップするほか、Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化も行う。(2019/1/28)

ソフトバンクの「HUAWEI Mate 20 Pro」は1月11日発売 約12万円
ソフトバンクが「HUAWEI Mate 20 Pro」を1月11日に発売する。SIMフリー版は2018年11月に発売済み。価格は約12万円。(2019/1/10)

CES 2019:
米中摩擦の影響を感じさせないほどにぎわっていたHuaweiブース 目玉は?
米ラスベガスで開催中のCES 2019を取材してきた。筆者が最も気になっていたのはHuaweiの動向だ。同社は2018年と同じくメイン会場にブースを構え、スマートフォンやタブレット、ノートPCなどを展示した。(2019/1/10)

2018年のスマホカメラトレンド:AIと夜景でした
2018年のスマホカメラを振り返ってみると、やはり「AI(人工知能)」と「夜景」だったと思うんですよ。(2018/12/31)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
夜景とイルミネーションで比較! 2018年冬のハイエンドスマホカメラ
最近、夜景撮影に力を入れているスマホが増えた。ということで、2018年冬モデル5機種で夜景とイルミネーションを撮り比べてみたのである。(2018/12/30)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018:
発表! 2018年を代表するスマートフォンは?
2017年12月から2018年12月中旬までに発売されたスマートフォンの中からベストな機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」。ノミネート10機種の中から選ばれた1機種を発表します。(2018/12/28)

Huawei、2018年のスマートフォン年間出荷台数が2億台を突破 同社過去最高
HuaweiはHonorブランドを含む2018年のスマートフォン出荷台数が2億台を突破したと発表。2010年の300万台から約66倍まで拡大し、世界市場のランキングでは3位にランクイン。2018年の第2四半期と第3四半期は2位のメーカーとなり、世界市場のシェアは14.6%となった。(2018/12/27)

Mobile Mobthly Top10:
2018年のモバイル業界を振り返る(6月編):iOS対応で「+メッセージ」は普及するか/AIカメラの行き着く先
2018年の各月に読まれた記事トップ10を集計。6月は「+メッセージ」のiOS対応や「HUAWEI P20 Pro HW-01K」のカメラ機能に注目です。(2018/12/24)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
背面に4カメラを搭載 「Galaxy A9(2018)」で“カメラフォン”を目指すSamsung
2018年のGalaxy Aシリーズはカメラを大きく強化。「Galaxy A9(2018)」には4つのカメラを縦に並べる特徴的なデザインを採用しています。2019年のGalaxy S10シリーズにも搭載されるのでしょうか?(2018/12/23)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018:審査員が選ぶ「2018年を代表するスマホ」5機種
ITmedia Mobileは12月上旬、2018年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」の審査会を開催しました。審査に先立ち、審査員がそれぞれ5機種ずつノミネート候補を挙げました。今回は、委員の皆さんが推薦した機種とその理由を紹介します。(2018/12/22)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
お値段約30万円、重さ257g Samsungの高級折りたたみスマホ「W2019」に触れた
中国では数年前から高級路線を行く高価格なスマートフォンが販売されています。SamsungとChina Telecomが共同開発している「心系天下」シリーズです。その最新モデルに触れました。(2018/12/16)

ノミネート機種は10機種!――「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」
その年を代表するスマートフォンを選定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」を今年(2018年)も開催します! まず、今年の選考委員とノミネート機種をご紹介。(2018/12/14)

製品分解で探るアジアの新トレンド(34):
“余計なもの”って何? 「Mate 20 Pro」の疑惑を晴らす
Huaweiの2018年におけるフラグシップ機「Mate 20 Pro」。この機種には、“余計なもの”が搭載されているとのうわさもある。本当にそうなのだろうか。いつものように分解し、徹底的に検証してみた。(2018/12/17)

ふぉーんなハナシ:
Android 9 Pieの新「ナビゲーションバー」 普及なるか?
Android 9 Pieの目玉の1つに、Android 3.0(4.0)以来となる「ナビゲーションバー」の刷新があります。しかし、この新しいナビゲーションバー、今のところ採用率があまり高くないような……。(2018/11/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。