ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「恵安」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「恵安」に関する情報が集まったページです。

恵安、FreeSync対応の28型4K液晶ディスプレイ
恵安は、4K表示に対応した28型ワイド液晶ディスプレイ「KWIN28」の販売を開始する。(2019/4/22)

週末アキバ特価レポート:
4連ディスプレイアームも256GB microSDXCカードも5000円台
PayPayフィーバー終了によって引いた潮もあるが、年末に突入する週末のアキバ自作街は目玉アイテムが目白押し。ディスプレイアームなど特価対象としてレアな製品も安く入手できる。(2018/12/15)

週末アキバ特価レポート:
未使用のPC-9821が当たる! TOEIスタンプラリー2018が始まる
東映無線各店で創立72周年を迎えた秋のスタンプラリーが始まった。税込み1万6980円の960GB SSDなど豊富な特価の他、スタンプラリーの景品としてPC-9821の未使用品も注目が集まっている。(2018/9/1)

週末アキバ特価レポート:
QNAP「TS-231P」が税込み6480円! オリオ恒例のアウトレットセール
修理上がりや展示上がりのNASキットを中心としたアウトレットセールをオリオスペックが開催。Intel SSDの開封品やジャンクPCケースなども用意している。(2018/8/25)

週末アキバ特価レポート:
8TB HDDが税込み1万9000円切り アキバ複数店で実施
特価ベースで大容量HDDの最安値がここ最近大幅に下がっている。税込み2万円を割った先週末の勢いをそのままに、大型連休に差しかかって1万9000円をも切ってきた。(2018/4/28)

恵安、IPX5防水設計のエントリー10.1型Androidタブレット
恵安は、防水筐体を採用した10.1型Androidタブレット「KWP10R」を発表した。(2017/7/26)

ちょっと気になる入力デバイス:
1万円でタイプライター気分にひたる 変態配列メカニカルキーボード「KFK51N」レビュー
恵安から発売された1万円のタイプライター風キーボードをじっくりねっとりレビューする。(2016/8/2)

恵安、Windowsタブレット新ブランド「WIZ」を発表――2製品を投入
恵安は、Windows搭載8型タブレット「KBM85-B」、10.1型2in1タブレット「KBM100K」の2製品を発表した。(2016/7/25)

価格はQwerkywriterの6分の1:
余計な機能が省かれたタイプライター風キーボードが恵安から登場 税込9980円(価格修正)
9980円のタイプライター風キーボードが恵安から発表された。リターンバーや動かないプラテンノブなどは付いていない。(2016/6/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
高いけどカッコイイ! 超高級デザインケース「S-Frame GOLD」がアキバで話題
デザイン性と価格が飛び抜けたPCケース「S-Frame GOLD」がIN WINから登場した。過去の名品と同じく「高いけれど売れそう」と期待されている。(2015/2/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
イチから自作したくなる新製品ラッシュ――持ち運べる工具箱風ケースや裏まで白い限定マザーなど
とても物欲をそそるけれど、魅力を生かすには丸ごと自作する必要がある。そんな新製品がさまざまなジャンルでみられた一週間。今回は4つのトピックスを一貫したテーマで紹介していこう。(2014/12/15)

取り急ぎ、Devil's CanyonでPCMark 8を:
発売直前! 「Core i7-4790K」速攻レビュー
“Devil's Canyon”こと「Core i7-4790K」は、まもなく発売。ここでは、Devil's Canyonの特徴を整理して、その実力を速報として紹介する。(2014/6/13)

タッチ&Ultrabookの普及、そして円安:
「PCのデフレは終わった、価格勝負以外の需要創造を」――今後のPC販売動向はどうなる?
家電販売店のPOSデータを集計するBCNがデジタル機器の売れ行きを分析、今後の動向を予測する記者会見を開催した。タッチパネル搭載機の増加やUltrabookの普及で、PCの価格は上昇傾向にあるという。(2013/7/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
A4-5300よりも高くなる? “1ドル100円超え”の影響示す新APU「A4-4000」
キャンペーンが成功して好調なAMDのAPU「A」シリーズに最下位モデル「A4-4000」が登場。円安の影響で初登場時の価格が“ちょい高”なのは仕方ない……か?(2013/5/20)

恵安、1万円を切る7型Androidタブレット「M703S JP」
恵安は、Android 4.1.1を搭載した7型タブレット端末「M703S JP」を発売する。(2013/3/14)

タブレットの低価格化が加速:
8000円前後の7型タブレット「M702S」、恵安から
恵安の「M702S」は、実売8000円前後と低価格な7型Androidタブレット。縦位置で幅116ミリ、厚さ11.2ミリ、約300グラムのボディを採用する。(2013/3/12)

2012年のアキバまとめ(後編):
「Windows 8」やSSD、「NUC」で盛り上がったアキバの下半期
「Windows 8」の文字がパーツ街でよく見られるようになったのは下半期から。新OSを中心に、大容量SSDやAMDの「Trinity」、小型PC規格「NUC」などがアキバに熱気を注ぎ込んだ。(2012/12/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
中心にあったのは「コンパクト」――2012 AKIBA PC-DIY EXPO 冬の陣
週末、大型自作PCイベント「2012 AKIBA PC-DIY EXPO 冬の陣」とLian Liのイベントが開催された。小型パーツを中心に進む未来が見えてきたぞ!(2012/12/17)

週末アキバ特価リポート:
アウトレットと特価品で大容量ストレージが作れる週末のアキバ
多くのショップでいろいろな特価品が売られるのがアキバの魅力。いろいろなパーツを組み合わせて道具を作れるのが自作の魅力。2つの魅力を食わせると、さらに美味しい!!(2012/11/3)

LED照明:
LED電球で明るさが不足、12社の54製品が景表法違反
節電のためにLED照明の導入機運が高まる中、製品の購入に注意を要することが明らかになった。消費者庁が6月14日、電球型LEDランプを販売する12社の54製品について、白熱電球と比べた明るさが不足しているとして、景品表示法に違反していることを公表した。(2012/6/15)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年6月27日〜7月3日):
首位は三菱「RDT233WLM」──現在売れ筋の液晶ディスプレイをチェック
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年7月第1週版】(2011/7/14)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年6月20日〜6月26日):
23型クラスで実売1万円台──海外メーカー製液晶ディスプレイも売れ筋
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年6月第4週版】(2011/7/6)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年6月13日〜6月19日):
3D対応の三菱製IPS液晶「RDT233WX-3D」、前回の53位より再浮上
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年6月第3週版】(2011/6/30)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年5月23日〜5月29日):
ハイクラス志向のグラフィックスカードは「GeForce GTX 560 Ti」が人気
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年5月第5週版】(2011/6/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
大型連休中にヒットしたパーツと、これから売れるパーツ
アキバのPCパーツショップでは、大型連休と通常の日で売れるモデルに差があるという。ゴールデンウィークにヒットしたモデルを振り返りつつ、これからの定番を占ってみよう。(2011/5/9)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年3月21日〜3月27日):
販売再開と同時にASUS製品が急浮上──Intel 6マザーはどれが人気?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年3月第4週版】(2011/4/4)

ショップのダメ出し!:
全部込みで10万円――春から始めるPC自作ライフ!(AMD編)
3月、4月といえば新生活のスタートシーズン。新たにPCを購入しようという人も多いはず。完成品のPCを買うのもいいけど、それならいっそ自分好みのPCをイチから自作してみませんか?(2011/3/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバで深夜販売まで計画される「FF14」のスゴい人気
「ファイナルファンタジー XIV」のPC版コレクターズエディションが9月22日に発売される。その直前のアキバには同ゲームのポスターやロゴがあふれており、特需といえる状態で盛り上がっていた。(2010/9/21)

矢野渉の「金属魂」Vol.8:
Pentium & Pentium Proに見るCPUの品格
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。第8回はインテル製CPUの思い出だ。(2010/2/3)

恵安、USBスティック型のアナログビデオキャプチャー「K-BD MAKER」
恵安は、USBスティック型筐体を採用したビデオキャプチャー「K-BD MAKER」を発表。Sビデオ/コンポジット入力に対応する。(2009/4/30)

恵安製SSD「K-SSDS-VSM」シリーズにウイルス混入の可能性
恵安は、同社製2.5インチSSD「K-SSDS-VSM」シリーズにウイルス混入の可能性があると発表。無償点検を実施する。(2009/4/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
久々に登場する大物「Core i7」の情報公開が進む、発売日は?
11月初旬から姿を現してきたインテルの新CPU「Core i7」。アキバで情報公開のスピードが増し、ラインアップや予定価格を公開するショップが出てきた。発売日はいつ?(2008/11/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
“クビ”の緊張から解き放たれたAMD陣が、アップを始めました
秋葉原で行われたユーザーイベント「AMD 秋の大収穫祭」では、好調に売れ続けるRADEON HD 4000シリーズやAMD 790GXの製品紹介とデモのほか、最近影が薄かったCPUのロードマップも公開された。(2008/10/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
「1TバイトHDDのオマケがつくなら……」Windows Home Server日本語版の予約販売が始まる
8月30日発売予定の「Windows Home Server日本語版」。アキバ各ショップはすでに予約を受け付けており、豪華な特典も用意していた。で、また深夜販売はやるの……?(2008/8/23)

ねとらぼ:
「MiWi」「Vii威力棒」――中国から“Wiiそっくりさん”続々
Wiiにそっくりなゲーム機が中国から続々登場し、一部は日本でも売られている。(2008/5/16)

恵安、フロント電源配置の省スペースATXケース「KLX-800」
恵安は、電源ユニットを前面下部に配置した省スペース型PCケース「KLX-800」を発売する。microATXケース相当の筐体でATXマザーの搭載に対応した。(2007/6/18)

恵安、ロープロ対応/Dual DVI装備のRadeon X1550搭載グラフィックスカード
恵安は、GPUにRadeon X1550を採用するPCI Express x1接続対応グラフィックスカード「H155HMF256EDDE1LN-R」を発売する。(2007/3/29)

恵安、業界最高の1200W出力ATX電源「GAIA 1200W」
恵安は、定格出力1200ワットを実現するハイエンドATX電源「GAIA 1200W」を発表した。ATI Physics Graphics Card対応コネクタを標準装備している。(2007/3/15)

コインを数える“知能型デジタル貯金箱”
投入したコインを識別できる“知能型デジタル貯金箱”が登場した。(2006/12/22)

恵安、12V 6系統/1100ワット出力対応の“超ハイエンド”ATX電源「GAIA 1100W」
恵安は、定格1100ワット/ピーク1200ワット出力をサポートするハイエンドATX電源「GAIA 1100W」を発売する。(2006/12/22)

恵安、出力800ワットの“準最強”ATX電源「KT-800EAJ」
恵安は、出力800ワット/12V出力4系統を装備するATX電源「ELEPHANT MAX800W」を発売する。(2006/10/16)

恵安、ピーク1100ワットATX電源「ELEPHANT-MAX」
恵安は、出力1000ワット/12V出力3系統を装備するハイエンドATX電源「ELEPHANT-MAX 1000W」を発売する。(2006/10/6)

PCケース:
恵安、マザーベースが引き出せるアルミPCケース「KLI-G50」シリーズ
恵安は、引き出し式のマザーボードベースやメッシュサイドパネルを採用するアルミ製PCケースの発売を開始した。価格は1万9800円前後。(2006/3/15)

2006年2月:
5分で分かった気になる、2月のアキバ事情
1月に続き、グラフィックスカード新製品が多数登場した2月のアキバ。ほかにも、さまざまな特徴を持つキーボードや、外付けHDDケースなどの新製品ラッシュなどもあり、この月には珍しく毎週新製品が多数登場した。(2006/2/28)

恵安、カードリーダー搭載で単体コピーも可能なHDDフォトストレージキット
恵安は、内蔵カードリーダーからのPCレスコピー機能を備えるUSB外付けHDDケース「KPD-2500」シリーズを発表した。価格は6800円前後。(2006/2/9)

恵安、USB&SDのハブリッドメモリカードを発売
恵安は、USB端子を本体に搭載するハイブリッドSDメモリカード「PSd」シリーズの発売を開始する。ラインアップは128Mから2Gバイトモデルまで5種類。(2006/1/30)

自作本舗、休止からの録画にも対応した廉価TVキャプチャーカード
恵安は、同社ブランド「自作本舗」より、休止からの録画にも対応するTVキャプチャーカード「JH-TV7131R PRO」を発売した。価格は4500円前後。(2006/1/25)

恵安、NDAS採用の外付けネットワークHDDケース
恵安は、ネットワーク接続HDDをローカル認識可能とする「NDASテクノロジー」を採用するLAN接続外付けHDDケース「KNSR-3500」シリーズを発表した。(2006/1/25)

グラフィックスカード:
恵安、オーバークロック版X1600XT搭載グラフィックスカード「H160XTQT256GDDN」
恵安は、RADEON X1600XTを搭載するオーバークロック仕様のPCI Expressグラフィックスカード「H160XTQT256GDDN」を発売した。(2005/12/22)

X1300のCrossFire正式サポートも──ATI主催イベント「ATI Winter Festival '05」
12月3日、秋葉原ダイビル、ATI主催の製品紹介&デモ展示イベント「ATI Winter Festival '05 〜ATI strike back with Radeon X1K Family」が開催された。(2005/12/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。