ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「窪田順生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「窪田順生」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
なぜ「うなぎビジネス」が盛況なのか “うなぎのぼり”が続きそうな3つの理由と大きな不安
「うなぎビジネス」の評価が“うなぎ上り”だ。これまでの高級食パン専門店ブームなどとは異なる道をたどりそうな予感がするが、なぜそう思うかというと……。(2024/7/10)

スピン経済の歩き方:
街中でEV車はそれほど見かけないのに、なぜ「使われない充電器」がたくさんあるのか
EV充電器のインフラ整備ビジネスが盛り上がっているが、実際の稼働率はどうなのか。事業者や東京都、経産省の担当者に聞いてみたところ……。(2024/7/3)

スピン経済の歩き方:
「百貨店閉店でにぎわいが消えた」キャンペーンに、新聞が“チカラ”を入れる理由
ここ数日、百貨店閉鎖に関連して地方の悲観的な報道が続いている。だが実際には、近くで新しい商業施設の“にぎわい”があるエリアもある。なぜこのようなギャップが生まれてしまったのか。(2024/6/26)

スピン経済の歩き方:
サウナーの次はアワラー? 「人工炭酸泉」がじわじわ広がる、3つの理由
最近、温泉・入浴施設では「サウナブーム前夜」の時と同じような「トレンドの変化」が感じられる。「人工炭酸泉」だが、なぜそう思うかというと……。(2024/6/19)

スピン経済の歩き方:
なぜ「自動車不正」問題は起きたのか “どうでもいい仕事”があふれる残念な現実
トヨタを含む自動車メーカーで起きた認証不正問題は、他業界でも起きる可能性がある。そこには日本企業の「ブルシット・ジョブ」が関係しているが、どういうことかというと……。(2024/6/12)

スピン経済の歩き方:
「富士山ローソン」問題 黒い目隠し幕にたくさんの穴、なぜ区分けしなかったのか
山梨県富士河口湖町にある“富士山ローソン”の向かいに設置した「黒幕」に、穴が開けられていたようだ。この不毛なイタチごっこを見ていると、日本がなかなか「オーバーツーリズム」を解決できない理由がよく分かる。なぜかというと……。(2024/6/5)

スピン経済の歩き方:
なぜヒグマ駆除が「日当8500円」なのか 背景に、働く人の責任感に甘えすぎる問題
北海道空知地方の奈井江町がヒグマ駆除のハンターたちに提示した日当が8500円だとして騒動になっている。周辺の自治体が「賃上げ」する中、なぜ同自治体だけ低賃金なのか。考えられる理由は……。(2024/5/29)

スピン経済の歩き方:
衰退するシャープは「日本そのもの」か “世界の亀山モデル”が失敗パターンにハマった理由
シャープが、テレビ向け大型液晶パネルの生産を2024年9月末で終了すると発表した。同社はまるで「世界の変化に対応できず」衰退していく「日本そのもの」のようだ。なぜかというと……。(2024/5/22)

スピン経済の歩き方:
なぜマックで“客への反撃”が増えているのか いまだ続ける「スマイル0円」との関係
マクドナルドの店員が客にブチギレしている様子の一部始終がSNSで拡散され、話題となっている。1月には迷惑客への対応で英雄視されたマッククルーもいたが、なぜこのような事態になっているのだろうか。(2024/5/15)

スピン経済の歩き方:
「外国人嫌いの国は経済が停滞する」は本当か いや、日本には当てはまらないシンプルな理由
米国バイデン大統領が「日本は外国人嫌いで移民を望んでいない」などと発言したが、日本の移民受け入れ状況は実際のところどうなのか。経済との関連性を見ると……。(2024/5/8)

スピン経済の歩き方:
観光業で働く人のためにも「GWは廃止すべき」 こう提言しても、何も変わらなかった理由
大型連休に入り、観光地を中心に各地で混雑が起きている。筆者は約10年前からゴールデンウィークは廃止すべきと提言しているが、なぜかというと……。(2024/5/1)

スピン経済の歩き方:
スバル、山崎製パン、キリン……相次ぐ“事故” 問題の根っこに何がある?
2月にはスバルや山崎製パン、4月にはキリンビールの工場でも、事故死が発生している。なぜ今、「工場死」が相次いでいるのか。(2024/4/24)

スピン経済の歩き方:
「生ドーナツ人気」をブームで終わらせるのはもったいない、これだけの理由
生ドーナツがブームとなっているが、かつてのタピオカミルクティーやから揚げとは異なる可能性を秘めている。生ドーナツ人気を終わらせないためには、どうすべきか。(2024/4/17)

スピン経済の歩き方:
小林製薬の「紅麹」問題 「機能性表示食品」見直しの背景に何があるのか
小林製薬によるサプリメント健康被害問題を受け、「機能性表示食品制度の見直し」を行うべきとの動きがある。業界に与えるインパクトや、今後考えられるシナリオは……。(2024/4/10)

スピン経済の歩き方:
物流2024年問題で叫ばれる「多重下請撤廃」 それでも“水屋”がなくならないワケ
物流の「2024年問題」がいよいよ本格化していく。全日本トラック協会が「多重下請構造」について「2次下請までと制限すべき」と提言しているが、筆者はそう簡単になくならないと考えている。なぜかというと……。(2024/4/3)

スピン経済の歩き方:
「シーチキン 虫混入動画」で会社側が訴えても、逆にリスクになってしまう理由
シーチキンに虫が購入していたとする動画について、「はごろもフーズ」側が不可解な点があると指摘。SNS上では投稿者へ謝罪を求める声が上がっている。もし虚偽の動画だった場合、メーカー側は信用毀損(きそん)で訴えるべきなのか。(2024/3/27)

スピン経済の歩き方:
「イトーヨーカドー」はなぜ大量閉店に追い込まれたのか “撤退できぬ病”の可能性
なぜイトーヨーカドーは大量閉店に陥る事態になってしまったのか。同店がかかえる本質的な問題は……。(2024/3/20)

スピン経済の歩き方:
外国人は「ジブリパーク」を称賛するのに、なぜ日本人は「高い」と感じるのか
外国人観光客に人気の「ジブリパーク」だが、国内では「高い」などの理由で反応がイマイチのようだ。今後ジブリパークが生き残るために、筆者が提案することは――。(2024/3/13)

スピン経済の歩き方:
優秀な若手がどんどん辞めていくが、「社内運動会」をやっても防げないワケ
パナソニックが若手社員約1200人を対象に実施した「社内運動会」が話題になっている。「組織間の交流」が目的だったが、若手社員の反応はどうだったかというと……。(2024/3/6)

スピン経済の歩き方:
「日の丸半導体」栄光は復活するのか “TSMCバブル”の落とし穴
TSMC熊本工場の開所が「日の丸半導体復活」につながるとの見方もあるが、実際はどうなのか。かつて「半導体立国」を掲げたマレーシアの現状を見てみると……。(2024/2/28)

スピン経済の歩き方:
「株価がバブル超え!」と騒いでいるうちは、日本経済が上向かないワケ
株価上昇や春闘でベア獲得など、「大企業」「上場企業」に焦点を当てた報道が目立っている。しかし、このままでは残念ながら日本経済が上向くことはない。残る利益アップの道は……。(2024/2/21)

スピン経済の歩き方:
ワークマン「職人を軽視してる」批判は気にしなくていい、これだけの理由
「#ワークマン女子」などが好調なワークマンが、既存顧客である職人から叩かれているようだ。しかし同社としてはまったく気にする必要ないと考える。理由は……。(2024/2/14)

スピン経済の歩き方:
EVシフトで「トヨタは遅れている」は本当か
世界的なEVシフトの中、エンジン不正が騒がれているトヨタグループ。日本は本当に世界から遅れをとっているのだろうか、それとも……。(2024/2/7)

スピン経済の歩き方:
『セクシー田中さん』の悲劇で加速する 日本マンガ実写化ビジネスの海外流出
テレビドラマ化した漫画原作者が亡くなるという悲劇が起きてしまった。同じことを繰り返さないために、日本のコンテンツビジネスで求められることとは――。(2024/1/31)

スピン経済の歩き方:
みんな「値上げ」しているのに、なぜマックは「もう行きません」と叩かれるのか
多くの企業が値上げを実施する中、叩かれる企業とそうでない企業がある。なぜこんな「不平等」が起きるのか。理由は……。(2024/1/24)

スピン経済の歩き方:
「値下げで過去最高益」のイオンが、賃金を上げなければ非常にマズいワケ
「値下げ」は消費者にとって喜ばしい話のようだが、実は日本全体の視点で考えると、あまり喜ばしい話ともいえない。その理由は……。(2024/1/17)

スピン経済の歩き方:
“クレイジー”な日本の避難所を救う 「ムービングハウス」とは何か
能登半島地震で被災した人の多くが、未だに体育館で雑魚寝をするような生活を送っている。今こそ国をあげて日本中にムービングハウスを「備蓄」すべきではないか。(2024/1/10)

スピン経済の歩き方:
「ダイハツが34年も不正していた」と聞いても「でしょうね」としか感じないワケ
国内軽自動車新車販売シェアNo.1を17年連続獲得しているダイハツがボロカスに叩かれている。1989年から34年にわたって放置されていた不正が発覚したからだ。だが……。(2023/12/26)

スピン経済の歩き方:
なぜ「サマンサタバサ」はここまで追い詰められたのか 「4°C」との共通点
「サマンサタバサ」が崖っぷちに追い込まれている。ボーナスの支給がないほど業績が低迷しているわけだが、なぜここまで追い込まれているのか。「4°C」との共通点があって……。(2023/12/20)

スピン経済の歩き方:
なぜ会社員もせっせと「裏金」をつくってしまうのか 日本にはびこる「員数主義」
(2023/12/12)

スピン経済の歩き方:
ゼクシィの「同性カップル広告」狙いはどこに? 背景に未曾有のブライダル不況
結婚情報誌「ゼクシィ」の広告が話題になっている。JR渋谷駅の近くに、同性カップルや事実婚のカップルを起用したところ、賛否両論の声が……。(2023/12/5)

スピン経済の歩き方:
「大阪王将」会長が部下の言葉を遮って、ダメ出しをしたのはなぜか
バラエティ番組に登場した、「大阪王将」を運営するイートアンドホールディングスの文野直樹会長CEOが批判されている。部下の話を途中で遮ってダメ出ししたところ、ネット上で「パワハラではないのか」といった指摘が出ているのだ。(2023/11/28)

スピン経済の歩き方:
「9時〜17時勤務を嫌がる米国人女性」に喝! サラリーマンが患う“症候群”とは
会社で「9時から17時まで働く」ことはおかしいのか。「むしろ短い」「もっと働け」といった声も聞こえてきそうだが、米国の若い女性がこのことを訴えて話題になっている。SNSなどの反応を見ていると、日本を蝕む“病”がはびこっていて……。(2023/11/21)

スピン経済の歩き方:
「信者ビジネス」は嫌われているのに、なぜイケてる企業は“テキトーな名前”をつけるのか
「アップル信者」「アムウェイ信者」といった言葉があるが、ビジネスの世界で「信者をつくる手法」は成功の法則とされている。しかし、日本では……。(2023/11/14)

スピン経済の歩き方:
「ゆで太郎」の“弟分”「もつ次郎」が、急成長しているワケ
立ち食いそばチェーン「江戸切りそば ゆで太郎」の弟的存在の「もつ次郎」が急成長している。店舗が増えているのは併設店が多いからだが、シナジー効果を発揮していて……。(2023/11/7)

スピン経済の歩き方:
「渋谷に来ないで作戦」は成功か ハロウィーン対応を誤れば、街が衰退する
10月31日はハロウィーンだ。渋谷の街には「ハロウィーンイベントの会場ではありません。」と書かれた垂れ幕が掲げられているが、この作戦は成功するのか。成功したら成功したで、街にとっては……。(2023/10/31)

スピン経済の歩き方:
33都道府県に流通する弁当は“駅弁”なのか 吉田屋食中毒の元凶
食中毒患者を出した駅弁メーカーの「吉田屋」が謝罪会見を開いた。筆者の窪田氏は、会見の内容は「成功」したように感じるが、一つ気になることが残ったと指摘する。それは「33都道府県に流通する弁当は“駅弁”なのか」問題だ。(2023/10/24)

スピン経済の歩き方:
「スナック」がニッポンの成長産業になる、これだけの理由
スナックが注目を浴びている。日本人というよりも、外国人観光客が「日本文化」を楽しむために、スナックツアーが盛り上がっているそうだ。人口が減少していく日本で、スナックは成長産業になる……?(2023/10/18)

スピン経済の歩き方:
「値上げ=客離れ」はどうなった? ココイチの業績が好調なワケ
「1000円を超えるなんて、高い」「高級路線にかじを切ったのか」――。数年前からカレーチェーン「ココイチ」が、SNSで叩かれている。しかし、直近の決算を見ると、好調の数字が並ぶ。なぜギャップが生まれているのかというと……。(2023/10/10)

スピン経済の歩き方:
「SMILE-UP.」社名を変えても“再生”は難しい なぜ日本企業は素人を「社長」にさせるのか
ジャニーズ事務所が社名を「SMILE-UP.」に変更すると発表した。「社名を変えても“中身”は同じでは?」といった指摘が出ているが、どうすれば変わることができるのか。(2023/10/3)

スピン経済の歩き方:
「シン・ナウシカ」「実写版 トトロ」! ジブリ子会社化でありうるか
あのスタジオジブリが日本テレビの完全子会社になる。「これでジブリはアニメ制作に専念できる」といった声が出ているが、本当にそうなのか。企業買収の世界は……。(2023/9/26)

スピン経済の歩き方:
日本のタクシーは本当に大丈夫なのか 海外との“差”が広がる
海外で「完全無人タクシー」の運行が始まっている中で、日本でどのような動きがあったのか。個人タクシーの年齢を80歳まで引き上げたり、外国人労働者の受け入れを拡大したり。日本の未来はどうなるかというと……。(2023/9/19)

スピン経済の歩き方:
トヨタはセーフで日産はアウト! 「ジャニーズリスク」と大企業はどう向き合うか
契約を打ち切ったら「いじめ」と叩かれて、継続をしたらしたで「人権意識がヤバい」と叩かれる――。ジャニーズの問題で、頭を抱えている企業の担当者も多いはず。いわゆる“ジャニーズリスク”と企業はどう向き合えばいいのか。(2023/9/12)

スピン経済の歩き方:
損保ジャパンとテレビ局はなぜ似ているのか 「ヤバい取引先」をかばう会社の特徴
テレビ局とジャニーズ事務所の「もたれあい」に厳しい批判が寄せられている。どういうことかというと……。(2023/9/5)

スピン経済の歩き方:
処理水をめぐって“愛国サンドイッチ”の危険性 企業が「日本人」とうまく接する方法
日本のホテルや飲食店に、音声読み上げソフトを用いてこんな嫌がらせ電話がかかってきている。原発の処理水をめぐって、バッシングが起きているわけだが、中国ビジネスを展開していくうえで気をつけなければいけないことがある。それは日本人で……。(2023/8/30)

スピン経済の歩き方:
中小企業にお金を“バラ”まけば、労働者の賃金が上がらないワケ
中小企業の倒産が、コロナ禍を上回るペースで増えているという。こうした報道を目にすると「早く補助金をバラまかないと、大変なことになる」といった声が出てくるが、バラマキに効果はあるのか。(2023/8/22)

スピン経済の歩き方:
なぜスーパーのレジで“PayPay渋滞”が起きるのか 大手流通の存在がチラリ
スーパーでQRコード決済「PayPay」を使うと、時間がかかることがある。店員さんは急いで作業しているものの、レジには長蛇の列ができることも。便利なサービスであるはずなのに、なぜ渋滞が起きてしまうのか。(2023/8/15)

スピン経済の歩き方:
大正製薬がサントリーを痛烈批判! 「業界の慣習を守れ」リリースは、なぜ世間に響かないのか
大正製薬のリリースが物議を醸している。サッカーの三浦知良のCM起用をめぐって、サントリーウエルネスを批判しているわけだが、いまひとつ共感を得られていない。その理由は……。(2023/8/8)

スピン経済の歩き方:
ビッグモーターの“叱責LINE”に驚愕 なぜ社長の息子は「恐怖政治」にハマったのか
ビッグモーター騒動が収まらない。兼重宏一前副社長の「恐怖政治」に注目が集まっているが、なぜ“叱責LINE”などを行っていたのか。(2023/8/1)

スピン経済の歩き方:
“安いニッポン”の救世主になるのか 「価格変動制」はわれわれの心も変える
需要が少ないときは価格を安くして、需要の多いときは高くする――。そんな「価格変動制」が着々と広まっている。価格が変動する最大のメリットは何か。それはわれわれの価値観を変えることであって……。(2023/7/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。