ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「宮坂学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宮坂学」に関する情報が集まったページです。

ヤフー、持ち株会社化で「Zホールディングス」に 目指すは「PayPay」の収益化
ヤフーが10月1日をめどに持ち株会社制に移行すると発表。社名を「Zホールディングス」に変更し、「Yahoo!JAPAN事業」を分割した「ヤフー」と、金融子会社を統括する中間持ち株会社をその下に新設する。増収増益に向け、広告事業の強化と「PayPay」の収益化を目指す。(2019/4/25)

「内省と対話」を繰り返して得たもの:
麻布、東大、興銀……エリートコースをあえて捨てた男の仕事論
25万部超えのベストセラー『1分で話せ』の著者、Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さんに、ポスト平成時代の働き方を聞いた。(2019/3/1)

今秋サービス開始へ:
ヤフー、仮想通貨事業に参入 ビットアルゴに資本参加
 ヤフーは4月13日、仮想通貨交換業者のビットアルゴ取引所東京に子会社を通じて資本参加すると発表した。ビットアルゴ取引所東京は今秋、サービスを再開する予定。(2018/4/13)

ヤフー、仮想通貨事業へ参入 18年秋にサービス開始
ヤフー子会社が、ビットアルゴ取引所東京へ資本参加を決めた。ヤフーグループのサービス運営やセキュリティのノウハウを生かし、同取引所は18年秋にサービスを始める。(2018/4/13)

購買データを取得:
“データの会社”目指すヤフー、スマホバーコード決済に参入 税金も払える
ヤフーがバーコード決済サービスに参入。「ヤフー公式アプリ」がバーコードの読み込みと表示に対応し、税金や公共料金、加盟店での買い物が可能になる。今春〜今秋にかけて段階的に実装する。(2018/3/28)

ソフトバンクグループの宮内副社長が取締役に 上場検討に伴い経営へ専念
ソフトバンクグループは、代表取締役副社長の宮内謙氏を取締役とする人事異動を3月23日に発表。併せてソフトバンクの経営の独立性を確保するため、孫正義氏は代表権のない取締役会長となる。これらの措置はソフトバンクの上場検討に伴うもの。(2018/3/23)

スパコン初心者のヤフーが省エネ性能世界2位の「kukai」を作るまで
2017年6月に発表されたヤフーのスーパーコンピュータ「kukai」。省エネ性能世界2位を誇り、より大規模なディープラーニング処理を従来より低コストで行える。しかしヤフーは、もともとスパコンを作るつもりではなかったという。(2018/3/12)

ヤフー、即戦力となるエンジニア獲得へ 新卒でも「年収650万以上」提示
ヤフーはこのほど、30歳以下で就業経験のない入社希望のエンジニアに初年度から年収650万円以上を提示する「エンジニアスペシャリストコース」を設け、採用を始めた。(2018/3/6)

“データの会社”目指す:
ヤフー、即戦力の新人エンジニアに年収650万円以上を提示
ヤフーが、特定の条件を満たした新人エンジニアに年収650万円以上を提示していると明らかにした。起業経験や技術書の執筆経験があるエンジニアのみ選考に応募できる。即戦力を獲得し、データビジネスを強化する狙い。(2018/3/6)

ヤフー「いい買物の日」好調 「無理してポイントをばらまいているわけではない」
ヤフーの宮坂学代表取締役社長は、2017年度第3四半期の連結業績で、「Yahoo!ショッピング」などショッピング事業の取扱高が過去最高を更新し、1804億円となったと話した。(2018/2/2)

ヤフー社長交代、経営陣も一新 ネットを愛する「ネットネイティブ」世代に
ヤフーは1月24日、新執行体制への移行について発表した。次期社長に就任予定の川邊健太郎副社長は、「社会に出た時からインターネットを使いこなし、活用の仕方を熟知しているネットネイティブ世代での経営になる」と話す。(2018/1/24)

データに強い会社に変える:
社長交代のヤフー、宮坂・川邊両氏が明かした「目的と舞台裏」
ヤフーが社長交代を発表。宮坂学社長が退任し、後任には川邊健太郎副社長が就く。記者会見で、宮坂・川邊両氏がその目的と舞台裏を明かした。(2018/1/24)

ヤフー社長交代 宮坂氏から川邊氏に 「若返り」重視
ヤフーの宮坂学氏が6月に代表取締役社長を退任し、代表権のない取締役会長に。(2018/1/24)

「若返りを図る」:
ヤフー、社長交代 川邊副社長が昇格、宮坂社長は会長に
ヤフーが社長交代。「社員と近い年齢に若返りを図る」といい、川邊健太郎副社長が社長に昇格する。宮坂現社長は代表権のない取締役会長に就任予定。(2018/1/24)

増収減益のヤフー、Eコマースとデータドリブンに引き続き投資
ヤフーの2017年4〜9月期の連結業績は、増収減益。Eコマース事業拡大やデータドリブン化に向けた投資が利益を圧迫したが、引き続き投資する考えだ。(2017/10/27)

減益要因だが……:
ヤフー、ショッピング事業への投資に手応え
ヤフーが2018年3月期第2四半期(17年4〜9月期)の連結業績を発表。広告事業が好調で増収だが、ショッピング事業への投資が響き減益となった。(2017/10/27)

「ステマ」指摘も:
ヤフー通販の広告問題 宮坂社長「メディアと小売りは別物」
ヤフーがコマース事業に注力。業績好調の一方で、「Yahoo!ショッピング」の広告に関する問題も指摘されている。ヤフーはどのようにコマース事業を展開していくのか、決算会見で宮坂学社長が語った。(2017/7/29)

ヤフー宮坂社長「Eコマースにパワーを集中」「ニーズないサービスやめる」
「ニーズがなくなっているサービスはやめ、Eコマースなどにパワーを集中させる」――ヤフーの宮坂学社長が、決算説明会で今後の展望を語った。(2017/7/28)

ヤフーのスパコン「kukai」 ヤフートップや音声認識技術に活用
7月28日の決算説明会で、ヤフーの宮坂社長がスーパーコンピュータ「kukai」の活用について言及。コンテンツのパーソナライズ精度向上などに役立てるという。(2017/7/28)

次期の「3つの方針」も発表:
ヤフー、初の営業減益 アスクル火災が思わぬ打撃
ヤフーが2016年度通期の連結決算を発表。売上高は過去最高を更新したが、通期としては初の営業減益に。アスクル関連の反動減と、物流センター火災の損失が影響した。広告事業はスマホ向けが好調。(2017/4/26)

「3つの分野でナンバーワン目指す」:
ヤフー、過去最高売上高を更新 スマホ広告とEC好調
ヤフーが2016年4〜12月期(17年3月期第3四半期累計)の決算を発表。売上高が前年同期比41.7%増の6309億円と、同期の過去最高を更新。スマートフォン広告売上高とショッピング事業がけん引した。(2017/2/3)

KDDI、ソフトバンクが「学割」発表:
携帯大手、若年層の取り込み強化 格安スマホに対抗
大手キャリアが、若年層の取り込みに注力している。年明け以降、KDDIが「auの学割天国」を、ソフトバンクが「学割モンスター」を相次いで発表。料金プランの内容はほぼ同じだが、追加の特典を充実させて差別化を図るという。(2017/1/17)

3つの「SUPER」でおトク感を演出――ソフトバンクの2017年春商戦
ソフトバンクが、2017年春商戦のキャンペーンを発表した。3つの「SUPER」を掲げて、1年の中で一番の商戦期を戦う。(2017/1/16)

ヤフー、週休3日制を検討 数年内の導入目指す
ヤフーが週休3日制の導入を検討中。全従業員5800人を対象に、数年内の実現を目指しているという。(2016/9/26)

IT関連53団体・5000社束ねる「日本IT団体連盟」設立 政策提言・人材育成へ
IT産業に関わる53団体を束ねる連合体「日本IT団体連盟」が設立。IT業界の意思を1つにまとめ、政策提言や人材育成を行う。(2016/7/25)

「セキュリティエンジニアになるには?」 「知恵袋」で高2が質問、業界トップから回答続々
「セキュリティエンジニアになるには、大学と専門学校どちらに進むのがいいか」――「Yahoo!知恵袋」の質問に、大学教授など一線の専門家が次々に回答している。(2016/4/20)

World Marketing Summit Japan 2015 リポート:
IoTを「気持ち悪い」と感じる消費者の気持ちをどう変容させる? ヤフー宮坂社長らが語る
2015年10月13〜14日に開催された「World Marketing Summit Japan 2015」。「デジタルマーケティングへの挑戦」と題したセッションに登壇したキーパーソンらによるディスカッションの概要をお届けしよう。(2015/10/28)

World Marketing Summit Japan 2015 リポート:
デジタルマーケティングの第一人者が提唱する「オールウェイズオン」のマーケティング思考
2015年10月13〜14日に開催された「World Marketing Summit Japan 2015」。「デジタルマーケティングへの挑戦」と題したセッションに登壇したキーパーソンの講演の概要をお届けしよう。(2015/10/15)

孫正義氏、ヤフー会長を退任 “後継者”アローラ氏に交代
孫正義氏がヤフー会長を退任。“後継者”のニケシュ・アローラ氏に交代する。(2015/5/22)

ヤフー、「Yahoo!ニュース個人」書き手支援を強化 報酬7割増、コメント欄に専用枠
専門家などが「Yahoo!ニュース」に直接記事を執筆する「Yahoo!ニュース個人」で、書き手支援を強化。報酬を1.7倍に増やすほか、「Yahoo!ニュース」の各記事のコメント欄に書き手専用のコメント枠を設ける。(2014/12/1)

いまどきオフィスの勘所:
なぜコロプラは新入社員に家具を作らせたのか?
コロプラがオフィスを拡張した。ともすれば、オフィス作りは“他人ごと”になりがちだ。オフィスに愛着を持ってもらうためには?(2014/10/1)

北海道とYahoo!JAPANが包括連携協定 トップページで地域向け情報発信
北海道とヤフーが包括連携協定を締結。スマホ版Yahoo!トップページで地域住民向けに道や自治体が情報発信する試みなど、幅広い分野で協力していく。(2014/9/29)

ヤフオク!×BOOKOFF「ヤフOFF!」渋谷にオープン 持ち込むだけで出品代行
ヤフオク!とBOOKOFFとコラボ店舗「ヤフOFF!」がオープンした。ヤフオク!への出品代行を店頭で受け付けるほか、Yahoo!プレミアム会員向けのプレゼントなども行う。(2014/9/26)

「頭から氷水」動画、日本にも広がり 孫社長や山中教授も 難病患者支援のソーシャル運動
頭から氷水をかぶる動画を公開するALSチャリティー運動「Ice Bucket Challenge」の波が日本でも急速に拡大。孫正義ソフトバンク社長や京大の山中伸弥教授などが挑戦している。(2014/8/20)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
ヤフーとの連携は? PHSはどうなる? ワイモバイル寺尾氏に直撃
いよいよスタートした「Y!mobile」。ヤフーとの関係や連携サービスは今後どうなるのか? 料金と端末ラインアップ、ネットワーク構想も含め、取締役兼COOの寺尾氏に話を聞いた。(2014/8/12)

ポスト・スマホを体験:
すべての人にネットを――六本木に「Y!mobile」のコンセプトショップがオープン
8月1日にスタートした「Y!mobile」。東京・六本木にはコンセプトショップの「ワイモバイル六本木 Internet Park」がオープンし、ワイモバイル寺尾氏、ヤフー宮坂氏が今後を語った。(2014/8/1)

石川温のスマホ業界新聞:
爆速で中止が決まったヤフーのイー・アクセス買収騒動――今後、ソフトバンクとイー・アクセスの一体化が実現するか?
当初予定していたイー・アクセスの子会社化を中止すると発表したヤフー。協業ブランドとして展開する「Y! mobile」の今後を予測してみた。(2014/5/30)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
間もなく合併して新会社に ウィルコムとイー・モバイルの足跡を振り返る
6月に合併する予定のイー・アクセス(イー・モバイル)とウィルコム。定額音声通話や高速なモバイルデータ通信など、今日では当たり前になったサービスをいち早く提供してきた両社の歩みを振り返ってみたい。(2014/5/20)

ソフトバンクとも協業の予定:
ヤフー、イー・アクセスの子会社化を中止――「Y! mobile」は“協業”で展開
ヤフーは、6月2日に予定していたイー・アクセスの子会社化を中止した。イー・アクセスとウィルコムの合併は予定通り行われる。(2014/5/19)

「ヤフ!OFFに」――「BOOKOFF」で買い取り「ヤフオク!」で販売 ヤフー・ブックオフ提携の狙い
ヤフーとブックオフが提携。「BOOKOFF」で買い取った品を「ヤフオク!」で販売し、BOOKOFFの在庫流通の活性化とヤフオク!の品揃え強化を図る。(2014/4/24)

「東洋経済オンライン VIDEO」公開 三木谷社長インタビューから「モテの極意」まで
ビジネス動画サイト「東洋経済オンライン VIDEO」がオープン。社長インタビューから「モテの極意」まで幅広くラインアップしている。(2014/4/21)

データ基盤にも積極投資:
“爆速×ビッグデータ”でヤフーが実現したこと
月に580億ものページビューを叩き出す巨大サイト「Yahoo! JAPAN」。そこで収集、蓄積された“ビッグデータ”を効果的に活用して、ビジネスに貢献しようと日夜奮闘するデータ専門部隊がある。(2014/4/16)

石野純也のMobile Eye(3月17日〜28日):
新キャリア「Y!mobile」の狙い/Android Wearの可能性/ドコモのパケット接続料値下げの影響
この2週間の中では、3月27日にヤフーがイー・アクセスを買収して新キャリア「Y!mobile」を発表したことが大きなトピックだった。Android WearやWearable Tech EXPOなどでウェアラブル端末も脚光を浴びた。ドコモがMVNOに対してパケット接続料値下げしたことにも触れたい。(2014/3/28)

俺たちは第4のキャリアじゃない:
インターネットキャリアを掲げる「Y!mobile」誕生
Yahoo! JAPANがイー・モバイルとウィルコムを買収する。「第4の通信キャリアではない」と言い切る新キャリアが目指す姿とは。(2014/3/27)

新キャリア「Y!mobile」始動 ヤフー、イー・アクセスを子会社化 Androidスマホ拡販へ
ヤフーがイー・アクセス+ウィルコムを買収し、「Y!mobile」ブランドで携帯キャリア事業に参入。Android端末を中心としたスマートフォン拡販に注力し、「Yahoo!JAPAN」サービスのさらなる拡大を狙う。(2014/3/27)

イーからワイに:
ヤフーがイー・アクセスとウィルコムを買収 新会社は「ワイモバイル」
ヤフーは、イー・アクセスとウィルコムが合併して誕生する新会社を買収すると発表した。新会社の名称は「ワイモバイル」。(2014/3/27)

ヤフー、イー・アクセス+ウィルコムを子会社化 日本初「インターネットキャリア」として携帯事業展開
ヤフーがイー・アクセスを子会社化。日本で初めての「インターネットキャリア」をうたい、携帯事業「Y!mobile」を展開する。(2014/3/27)

「ご当地EC革命」 全国の特産品を「Yahoo!ショッピング」で販売 自治体が商品を“キュレーション”
全国の自治体と連携した特産品の販売が「Yahoo!ショッピング」でスタートした。まずは陸前高田市など19の自治体が参加。今後、国内の全自治体・約1700の参加を目指す。(2014/1/15)

特集:DevOpsで変わる情シスの未来(番外編):
「爆速」の意外な中身とは?
「リーンスタートアップ」を体現するものとして注目されているヤフーの「爆速経営」。その活動の中身とは意外なまでに地道でひたむきなものだった。今回の書評記事「情シスの本棚」は、特集「DevOpsで変わる情シスの未来」の番外編としてお届けする。(2013/12/10)

「爆速」というスローガンの裏の現場:
ヤフーは、「リーン」にどう取り組んでいるか
「爆速」をスローガンにスピード感のある事業運営を目指すヤフー。同社のソフトウェア開発の現場ではどういう取り組みが進められているのか。これを同社CMO室の河合太郎氏が講演で話した。(2013/10/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。