ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「異動」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「異動」に関する情報が集まったページです。

期末のオブジェクト更新、毎日のパスワードリセット、何とかならないのか……:
PR:煩雑なActive Directory管理を自動化し、IT部門が本業に集中する方法
新年度を間近に控えた今、ユーザーアカウントの管理に悩み始めているIT担当者も多いのではないだろうか。人事異動や組織変更に伴い、Active Directoryの情報を変更する作業は予想以上に大変だ。どうにか効率化できないか、できれば自動化できないか――予算や時間が限定的な中でも、そんな願いに応える製品が存在する。(2020/2/17)

話題に乗じ、知人を装う「Emotet」急増中 今後は人事異動、東京五輪・パラリンピックに便乗か
コンピュータウイルス「Emotet」の被害が2019年10月から急増している。感染した端末はランサムウェアのターゲットになりやすく危険だ。今後は人事異動や東京五輪・パラリンピックに便乗して拡散する可能性もあり注意が必要だ。(2020/2/17)

製造マネジメントニュース:
トヨタは経営と現場間の階層をさらに削減、領域長は統括部長とフェローへ
トヨタ自動車が2020年1月1日付で実施する組織改正と人事異動を発表。組織改正では、幹部職の1つである領域長を「統括部長」と「フェロー」に見直すこととした。これにより、執行役員以上のトップ経営陣と、実務を担当する現場との間の階層をさらに減らして、実行力のさらなる強化とスピードアップを推し進めるとしている。(2019/12/5)

クラウド活用の課題「ID管理」運用を楽にする方法は
SaaSのアカウント管理は現場に「お任せ」情シスの負荷ゼロ運用とは
業務で利用するクラウドサービスが増えれば、情報システム部門が管理するアカウント数も増加。異動や組織改編のたびに設定変更やアカウント発行の負荷がかかる状況を打開するには? 小規模でも採用しやすいシンプルな方法を考える。(2019/11/7)

半径300メートルのIT:
退職後に突然「不正」を疑われないために、潔白な社員が今やっておくべきこと
“終身雇用”という言葉がもはや幻想になりつつあるいま、人の出入りは止められません。退職や異動の前後に思わぬトラブルを防ぐための“ITセキュリティ的に重要なポイント”を、この際見直してみましょう。(2019/3/12)

おかんマーケターの働き方革命:
マーケティング未経験の2児の母、育休明け1年半でMarketo Championになる
営業出身で2人の子の育休を終えた「おかん」が復職してマーケティング部門に異動し、成果を挙げるためにやったこと、考えたことを語ります。(2019/1/22)

製造マネジメントニュース:
ヤマハ発動機が新中計に向け大規模な組織変更、IT本部と生産技術本部を新設
ヤマハ発動機は、2019年1月1日付で行う組織変更と人事異動を発表した。社内のIT、デジタル部門を集約した「IT本部」と、全社の成長戦略を支える生産技術の構想、開発、実現に向けた「生産技術本部」の新設に加え、多くの本部組織、ユニット組織の再編も行う大規模なものとなる。(2018/12/28)

製造マネジメントニュース:
トヨタから専務と常務が消える、未来のモビリティ社会を「リアルの世界」で実現
トヨタ自動車は2018年11月30日、2019年1月1日付で実施する役員体制の変更と組織改正、人事異動を発表。役員体制の変更では、これまであった専務役員と常務役員、常務理事などの役職を廃して、専務役員を「執行役員」、常務役員、常務理事、基幹職1級・2級、技範級を「幹部職」とし、会社組織の階層数を削減する。(2018/12/3)

業務部門と情報システム部門の役割分担が鍵
ファイルサーバの無法地帯化を防止する効率的なアクセス権管理とは?
人事異動や組織変更のたびに、ファイルサーバのフォルダのアクセス権変更作業に追われる企業は少なくない。しかしこの作業を怠ると、重大なセキュリティリスクを招く。(2018/8/13)

データ拡充でABMを実現:
どこどこJPマーケットプレイスに「人事異動データ」を追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJPマーケットプレイス」に氏名や部署名、旧部署名などを含む「人事異動データ」を追加した。(2018/6/7)

製造マネジメントニュース:
マツダでトップ交代、2013年からトヨタとの協業実現に尽力した新社長
マツダは代表取締役と役員の異動を発表した。2018年6月26日に開催予定の定時株主総会と取締役会を経て正式に決定する。(2018/5/14)

スピン経済の歩き方:
「定期的な異動が生産性を落としている」説は本当か
新年度がスタートした。新たな部署に配属されて、「うまくやっていけるかな」と不安を感じている人も多いのでは。4月に「定期人事異動」を導入しいている企業は多いが、このシステムは本当に効率的なのか。ひょっとしたら生産性を落としているかもしれない。(2018/4/3)

ソフトバンクグループの宮内副社長が取締役に 上場検討に伴い経営へ専念
ソフトバンクグループは、代表取締役副社長の宮内謙氏を取締役とする人事異動を3月23日に発表。併せてソフトバンクの経営の独立性を確保するため、孫正義氏は代表権のない取締役会長となる。これらの措置はソフトバンクの上場検討に伴うもの。(2018/3/23)

常見陽平のサラリーマン研究所:
イメチェンのチャンスが来た 服を捨てよ、町に出よう!
もうすぐ4月。新しい期が始まる。イメチェンのチャンスだ。異動、昇進・昇格などにより、イメチェンがマストという人もいるだろう。そんな人たちにオススメしたい本がある。(2018/3/23)

常見陽平のサラリーマン研究所:
人事異動は“深読み”しなければいけない、これだけの理由
人事異動の季節である。「自分の上司は誰だ?」「あの人が出世するのか」といった話題がつきないかもしれないが、楽しんでばかりいてはいけない。人事異動を深読みすることで、自分の未来が変わるかもしれないからだ。どういうことかというと……。(2018/3/9)

製造マネジメントニュース:
スバルで社長交代、完成検査問題の前から経営陣の若返りを検討
SUBARU(スバル)は、社長を含む役員の異動を発表した。専務執行役員で北米事業を統括する中村知美氏が代表取締役社長兼COOに昇格する。社長の吉永泰之氏は代表権のある会長に就任し、CEOを継続して務める。(2018/3/5)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「トップレス営業マン」と呼ばれた私が、脱社畜に成功した方法
私は社畜だった。接待、宴会芸、希望外の異動、出向、転勤、過労、鬱……。社畜らしいことは一通りやった。そんな社畜人生から抜け出すことができた理由は……。(2018/2/9)

常見陽平のサラリーマン研究所:
希望の部署に異動するための「異活」を始めよう
転職などを考えている人には、異動という「社内転職」の選択肢も視野に入れてもらいたい。会社を変えずに、環境を変え、新たなチャレンジをすることができるからだ。(2018/1/19)

DeNAのエンジニアが「ゲーム」から「自動車」事業に異動して活躍できるワケ
「オートモーティブ事業本部に異動したのは2017年春ごろ。それまではゲームプラットフォームを開発していた」――DeNAのエンジニア、放地宏佳さんはそんな異色の経歴の持ち主だ。意外にもゲーム事業での経験がオートモーティブ事業でも生きているという。(2017/12/11)

製造マネジメントニュース:
トヨタがさらなる体制変更、「生きるか死ぬか」という瀬戸際の戦いに臨む
トヨタ自動車は2018年1月1日付で行う役員体制の変更と組織改正、人事異動について発表した。副社長の役割刷新、フェローポストの新設、執行役員体制の変更時期前倒しなどを行い、役員自らが役割と意識を変革し、執行のスピードアップを図ることなどが狙い。(2017/11/29)

デジタルトランスフォーメーション時代に必要な人材とは?:
「優秀な若手は5年で必ず現場へ異動」 三井住友カードの情シスキャリアパスがすごい
デジタルトランスフォーメーションを進める人材を社内で育てるのは難しい。しかし、その難題に正面から取り組んでいるのが、カード業界大手の三井住友カードだ。同社では優秀なIT部門の若手を、あえてビジネス部門へ異動させているのだという。(2017/11/28)

開発残酷物語(7):
経営者が交代し、キーパーソンも異動!――山本一郎氏が聞く、ユーザーの体制変更の影響を最小限にとどめる銀の弾はあるのか?
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は、ユーザーの体制変化が招いた失敗談を紹介します。(2017/11/21)

製造マネジメントニュース:
ヤマハ発動機で社長交代、2030年の成長に向けて若返り図る
ヤマハ発動機は、取締役会において代表取締役の異動を決定した。2018年1月1日付で代表取締役社長 社長執行役員に日高祥博氏(ヤマハ発動機 取締役 上席執行役員 企画・財務本部長)が就任し、社長の柳弘之氏は代表権のある会長を務める。(2017/11/6)

ラーメンズ小林賢太郎が異動を報告 所属事務所から名前消えファンざわつく
どうしたんだってばよ!(2017/10/17)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
現場力を高め、顧客目線でシステム開発に取り組む体制とするために 〜優秀な若手システム部員をフロントに異動〜
変化の激しいクレジットカード業界で、競争力を強化するためにIT活用は不可欠だ。若い社員を育てる秘訣(ひけつ)とは――(2017/7/26)

製造マネジメントニュース:
電動モビリティ開発と産業用ロボットの事業展開を強化、ヤマハ発動機が組織変更
ヤマハ発動機が組織変更と人事異動を発表。電動モビリティの技術開発と商品開発機能の強化、事業拡大に伴うIM事業部の再編が主な目的となっている。(2017/7/19)

クイズ! セキュリティ「20の事例」(3):
「おっ、人事異動についての添付ファイルか……」
セキュリティの基礎をゆるーいクイズでおさらいする週末連載。何かとやらかしがちな会社員「茂礼手(もれて)課長」の“ITやらかし”をクイズ形式で出題していきます。今回は添付ファイルについてのお話です。(2017/6/30)

「iTeachersカンファレンス 2017」レポート【第3回】
公立校の「教員の異動」はIT活用を阻害するか? 「1人1台タブレット」の現実策は?
IT活用を進める教育機関が直面する課題は、決して少なくない。IT活用教育を推進する教育者チーム「iTeachers」の声を基に、幾つかの課題を洗い出す。(2017/6/28)

けんじろうとコラボろう!:
新しい職場で“これをやったら嫌われる”7カ条
新入社員として、または転職や異動で新しい職場のメンバーになったとき、嫌われないためのコツを伝授します。(2017/5/30)

フォロワー2万人のロイヤルホストの公式Twitterが閉鎖を発表 担当者の異動で4年間休止、復活叶わず
「昨今、多様化するお客さまとのコミュニケーションのツールを検討する中で、今回は閉鎖を決定」したとのこと。(2017/5/9)

DMP成功まで、あと1センチ(13):
「キーマン」が去ると、プロジェクトが頓挫してしまう理由
DMPの導入や運用もスムーズに進み、一安心……といったところでリーダーが異動。途端にプロジェクトがうまくいかなくなってしまった、という経験はありませんか? 後任の能力などに理由を求めるケースも多いですが、本当の原因はそこにはないのかもしれません。(2017/4/21)

製造マネジメントニュース:
トヨタがカンパニー制をさらに進化させる、組織改正は「オポチュニティ」
トヨタ自動車は2017年4月1日付で実施する役員体制の変更と組織改正、人事異動について発表した。同社は2016年4月から、従来の「機能」軸ではなく、「製品」を軸とするカンパニー制を導入している。今回の組織改正は、2016年4月から1年間かけて進めてきた取り組みの中で出てきた新たな課題を踏まえて実施されるものだ。(2017/3/2)

俺たちの情シス 第8回 リポート:
「上司が辞めた」「異動で情シスデビュー」「Win10に四苦八苦」――情シス、悲喜こもごもの2016年
ITmedia エンタープライズ編集部主催の“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」の第8回は、飲んで騒いでこの1年を振り返る「俺情大忘年会」。この1年の出来事や思いを語り、「男子禁制の情シス女子会を開催したい」「Win10ってアレじゃない?(笑)」「情シスのやりがいって何?」など、さまざまな意見が飛び交いました。(2016/12/30)

製造マネジメントニュース:
トヨタの社内EVベンチャー、トップは4代目「プリウス」開発責任者が就任
トヨタ自動車は2016年11月30日、役員の担当変更と人事異動を発表した。同社が電気自動車(EV)の開発を加速するために新設する社内ベンチャー「EV事業企画室」に関わる内容となっている。(2016/11/30)

警視庁Twitterのユルい中の人「甲」さんが異動に 「とうとうこの日が」と別れを惜しむ声も
最後に「ミクさんマジ天使」と意味不明な供述も。(2016/9/9)

ノンプログラミングで素早いシステム構築
早稲田大学も実践した、専門知識不要の簡単データベース構築の手法とは
システムを作った人が退職や異動などして、システムの変更やメンテナンスができなくなることは少なくない。専門知識不要でその問題を解決する手法がある。(2016/6/1)

PR:新年度の準備、いろいろとツラすぎるのですが――頼られ情シスがズバッと解決!
新年度の準備がこんなに大変だとは――。そんなため息をついている情シスはいませんか?「組織変更や異動に加え、新卒の対応や中途入社も多いから作業フローがどんどん複雑化する」「人事や総務と連携して作業を進めることが多いから確認事項が増える」などなど。そんな新年度の悩みを“頼られ情シス”はどうやって解決するのでしょうか?(2016/5/31)

R25スマホ情報局:
タニタ(公式)「部署異動でいよいよ本気出す」
自由でゆるい芸風が人気のタニタ公式アカウント。SNS上でのつながりから、さらなる発展に結びつけたいと意気込む。(2016/4/19)

そして少年は自動車エンジニアになった(風雲編):
生産技術者がパワートレイン開発を担当しC言語とモデル化をマスターするまで
自動車メーカーに勤める現役の自動車エンジニアが自身の人生を振り返る。第2回の風雲編は、生産技術者として安定したポジションを得ていたところから、望んで異動したパワートレイン開発での苦闘を描く。(2016/1/7)

電気自動車:
トヨタがプラグインハイブリッド車開発に本腰、PHVシステム開発部を立ち上げ
トヨタ自動車は、2016年1月1日付で行う組織改正と人事異動を発表した。ユニットセンターでは、HV技術領域の「BR-EV・充電システム開発室」(室格)を「PHVシステム開発部」に再編する。(2015/12/21)

白色LED後発参入も実らず、撤退:
東芝 半導体リストラ、1200人が異動/退職へ
東芝は2015年10月28日、CMOSイメージセンサー/白色LED事業からの撤退や人員削減策を盛り込んだ半導体事業の構造改革策を発表した。構造改革の実施により、2017年3月期の半導体事業の固定費を2015年3月期比260億円程度削減するとしている。(2015/10/28)

「SFA」で営業ノウハウを即共有
マンガ『営業部長・谷の憂鬱』:エース級社員が3人も異動、それでも売り上げ拡大なんてどうしろと?
会社の方針で部内のエース級社員が相次いで異動する中、第2営業部・営業部長の谷は途方に暮れていた。そんな谷を助けたのは、単なるリポート自動生成ツールだと思い込んでいた、あるツールだった。(2015/9/11)

「サイレーン」が連続ドラマ化 主演は松坂桃李と木村文乃
相棒は年上の恋人、バレたら即異動。次々に巻き起こる猟奇殺人事件の裏で暗躍する美女の正体は?(2015/8/7)

ファイルサーバの「アクセス権管理」にお困りの担当者へ贈る
厄介な「アクセス権管理」の問題を解決する“情シスお助けツール”
ファイルサーバへのアクセス権の設定・変更作業は、人事異動の時期などに大量に発生する。人力では情報システム部門への負担がかかる。憂鬱な気分で作業するのは止めて、もっと楽してみませんか。(2015/6/19)

社長交代会見で明言:
カシオ、ウェアラブルデバイス事業へ参入 スマートウォッチ発売か
カシオ計算機が、代表取締役の異動を発表。新社長には樫尾和宏氏が就任する。その席上で、同社が「時計メーカーらしい」端末を開発しているとの発言があった。2016年1月のCESで披露するという。(2015/5/12)

自衛隊宮城地本Twitterの中の人、異動で海に帰る 後任どうなる?
名物公式アカウントだっただけに話題に。「前に異動は無いと言ったな。 あれは嘘だ」(2015/3/18)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
内示を受けて転職したいと思ったあなたが考えるべき、ただ一つのこと
年度末のこの季節、内示を受けて迷っている人も多いと思います。不本意な異動を命じられて「納得いかない、転職したい」と思った時、あなたがまず考えるべきこととは?(2015/3/16)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
転勤や退職で知っておくべき情報セキュリティ
多くの企業で年度末への対応と新年度への準備が始まり、転勤や退職を控えている人も少なくない。人事異動や退職で気をつけるべきセキュリティとは?(2015/2/27)

R25スマホ情報局:
送別シーズンに! ソーシャルギフト5選
異動や転職、退職など転機を迎えるこの時期。なにか気の利いた贈り物を……と頭を抱えたときに便利なのが「ソーシャルギフト」。FacebookやTwitterなどのSNSを利用して贈り物ができるという、なんとも手軽なサービスだ。(2015/2/26)

「VOCALOIDの父」、VOCALOIDプロジェクト離れ新たなチャレンジへ 「VOCALOIDの未来は明るい」
「VOCALOIDの父」として知られるヤマハの剣持秀紀さんが、同社内で新商品・新規事業にチャレンジする部署に異動し、VOCALOIDプロジェクトから離れたことを明らかに。「VOCALOIDの未来は明るい」とVOCALOIDの発展を後任に託している。(2015/1/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。