ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モンスターストライク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モンスターストライク」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「モンスト」は不調、「パズドラ」は好調 明暗分かれた決算
「モンスト」を運営するミクシィの19年3月期は、大幅な減収減益。一方、「パズドラ」のガンホーは18年12月期は減収減益だが、直近の2四半期では復調傾向。スマホゲームの二大巨頭で明暗が分かれた。(2019/5/14)

「モンスト」苦戦のミクシィ、20年度は純利益88%減の見通し “ライトユーザー離れ”防げるか
ミクシィの2019年3月期は、大幅な減収減益。不振のモンストをてこ入れするというが、20年3月期の業績予想は純利益が88.7%減と厳しい見通しだ。(2019/5/10)

ミクシィ、今期の利益は9割減を予想 「モンスト」の落ち込みで巨額の減収減益に
ライト層の活性化が課題とのこと。(2019/5/10)

配役バッチリだな! ハリセンボン、モンストCMの『BLEACH』死神&金色疋殺地蔵が完全にハマリ役
死神役は箕輪さんしかいない。(2019/5/2)

大手チェーンなのに:
本当に同じ店? 外装をどんどん変える「焼肉きんぐ」の狙い
一般的に、大手チェーンの看板や外装は劇的に短期間で変わらない。しかし、業界大手の「焼肉きんぐ」は20年の間に、外装計画を何度も変えている。「同じ店なの?」と思ってしまうほど変化させる理由とは?(2019/3/18)

SNS依存からの脱却:
ミクシィの木村社長が語る「モンスト」と「Facebook」
SNS依存からの脱却に成功したミクシィ――。2013年にリリースしたスマートフォン向けゲームアプリ「モンスターストライク」が記録的な大ヒット作品に成長。なぜモンストだけがこれほどまでに人気を得ることができたのか。同社の木村弘毅社長に話を聞いた。(2019/3/14)

椎名桔平がドラえもんのものまねだと? のび太くんっぽい男の子と家中のドアというドアを開け放つCMの勢いがすごい
どら焼きあげるから落ち着いて。(2019/3/5)

スマホゲーム、総崩れ? 各社の“冴えない決算”
ドワンゴのゲーム事業が売上高900万円、営業赤字が8億600万円――スマホゲーム事業の立ち上げを物語る業績だ。しかし1月〜2月末、これまでヒット作を生み出してきたスマホゲーム各社も“冴えない”決算を連発した。(2019/2/19)

どれがセリフでアドリブなんだ……! 賀来賢人、「遊☆戯☆王」デュエリストになりきる姿がずっと俺のターン
キャラクターの圧がすごい。(2019/2/14)

IT監査とログ管理【第1回】
監査視点から見たログ管理 取り扱いの違いを知る
IT監査を監査人として多数実施している筆者の経験から、IT監査に資するログ管理の在り方を解説する。第1回はIT監査の目的と監査基準に触れる。(2019/2/7)

違和感仕事して! 「Get Wild」MVに登場するダンディ&スギちゃん&小島よしおが「馴染みすぎている」と話題
最初分からなかった。(2019/1/17)

大手コンサル会社も参入:
優勝賞金1億円超えも eスポーツの市場拡大は本物か
コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」。大手コンサルティング会社も事業に参入し、ゲーム業界の外へとビジネスチャンスの広がりも見せ始めた。国内でも優勝賞金が1億円を超える大会が開催されるなど話題性も手伝って、認知度も高まりつつある。果たして市場拡大の勢いは本物なのか? 普及元年になる1年の幕が上がった。(2019/1/17)

「闘会議2019」26日に開幕 スマブラ大会、VRの「クトゥルフ神話TRPG」配信も
ゲームの祭典「闘会議2019」が1月26日と27日に千葉・幕張メッセで開催される。(2019/1/15)

「アニメ好きには嬉しすぎる」 ノンスタ井上、「コードギアス」ゼロの特注コスプレ衣装に大満足
相方の石田明さんはC.C.に。(2018/12/26)

なぜミクシィがジムをやるのか:
ミクシィが手掛ける「トレーニングジム」、19年1月開業へ 競合とどう戦う?
ミクシィ子会社のスマートヘルスが、2019年1月23日に、女性専用トレーニングジム「ココサイズ」を開業する。健康状態を向上する「コンディショニング」に特化したメニューを提供する点が特徴。人工知能(AI)を活用して体の状態を診断するサービスも実施する。(2018/12/19)

世界中で最もツイートが盛り上がった日は「平昌五輪閉会式」 Twitter公式が振り返る2018年
最も話題を呼んだ個人のツイートとして、渋谷のハロウィーン騒動や「ボン・ジョヴィで盆踊り」などがとりあげられています。(2018/12/5)

「だいぶ強そう」「ジオング」 メイプル超合金、たくましすぎるセーラー戦士姿にファンの思考回路ショート寸前
タキシード仮面いなくても勝てる。(2018/11/16)

DAppsにフォーカスしたスマートアプリに聞く:
次世代のソーシャルゲーム? ブロックチェーンを使ったDAppsゲームは何を変えるのか
ブロックチェーンを活用した分散型アプリケーションの応用例として、さまざまなゲームが登場し始めている。DAppsゲームと呼ばれるこれらは、アイテムやキャラクターをユーザー自身が所有することが可能だ。これまでのネットゲームとは根本的に違う世界をもたらす、DAppsゲームとは何なのだろうか?(2018/11/9)

ピークアウト:
ミクシィが業績予想を下方修正 「モンスト」ユーザー減
ミクシィが2019年3月期通期の連結業績予想を下方修正。モンストのアクティブユーザー減が響く。(2018/11/8)

今日のリサーチ:
「荒野行動」に熱中する男女にNPS調査――テスティー
若年層プレイヤーがスマホ版バトルロワイヤルゲーム「荒野行動」を支持する理由。(2018/11/8)

池袋ハロウィンコスプレフェス2018:
多彩なコスチュームが街を染めた! 「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」2日目も人気キャラ大集結
最終日はさらなる盛り上がり!(2018/10/28)

PR:高橋名人の本気を見よ! 最速クリアで1000万円もらえる「早バババーン!!」に名人がガチで挑戦した結果
往年の16連射の力を見せてくれ……!(2018/10/18)

今石洋之&中島かずきの最新作「プロメア」、2019年劇場公開へ 
6年ごとに最新作が見られて幸せ。(2018/10/12)

PR:早いもの勝ちで1000万円! 全員にチャンスがある「早バババーン!!」チャレンジでこの先生きのこるには
チャンスは全5回。第1回は10月7日(日)19時スタート!(2018/10/5)

女性がかっこいいと思う女性になりたい ヒロインを演じた広瀬アリスが映画「モンスト」を通して見つけた理想像
10月5日の公開を前に、映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」で声優を務めた広瀬アリスさんを直撃!(2018/10/5)

Google Play、ポイントプログラム導入 アプリ購入でポイント付与、ゲーム内アイテムと交換も
Google Japanが「Google Play Points」を導入。Google Playの支払いなどで獲得したポイントを、ゲームアプリ内のアイテムなどと交換できるようになる。(2018/9/18)

窪田正孝&広瀬アリス、映画「モンスト」で初共演も息ぴったり 収録中は2人で“はだし”に
映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」完成披露試写会の模様をお届け。(2018/9/14)

きゃりーぱみゅぱみゅ新曲「キズナミ」、劇場版モンストの主題歌に
聞きたみある!(2018/9/6)

スモールスタートから重要なビジネス基盤への成長
「モンスト」の裏側を支えるログ分析システムを、ミクシィはどのように構築したか
ゲーム「モンスターストライク」(モンスト)で躍進するミクシィのデータ分析基盤を支えたのは、新しいワークスタイルだった。たった数人から始まったチームが全社を支える一大プロジェクトまで育った背景とは。(2018/10/3)

「App Store」で課金障害 複数の人気アプリが報告
一部で復旧の告知も。(2018/8/16)

App Storeで課金障害 「アイテム購入できない不具合」人気アプリが一斉告知
8月16日午前10時ごろから、App Storeで課金障害が起きているようだ。人気ゲームアプリなどが、「ゲーム内アイテムが購入できない問題が起きているため、購入を一時的に控えてほしい」といった告知を、公式Twitterなどで一斉に行っている。(2018/8/16)

「健康とスポーツ」で巻き返しなるか:
「チケキャン」失ったミクシィ、1Qは大幅な減収減益
ミクシィの2018年度第1四半期は減収減益だった。セグメント別では、閉鎖した「チケットキャンプ」などの運営事業は営業赤字。「モンスト」などの運営事業も苦戦していた。(2018/8/9)

人気スマホゲーの世界をリアルに“召喚”:
FGO3周年フェス 台風にも負けぬ熱狂が示すスマホゲーの未来像 
人気スマホゲー「FGO」の3周年記念フェスに記者が潜入取材。世界観を繊細に再現したオブジェや出し物で幅広いユーザーのニーズに応えていた。(2018/7/30)

Google Playストアで課金障害 多数の人気アプリが課金しないよう呼びかけ
Twitterでは「Google Playストア」がトレンド入り。(2018/7/17)

Google Playストアで課金障害 「アイテム購入、一時的に控えて」アプリ各社が呼び掛け
17日昼前ごろから「Google Playストア」で、購入アイテムが反映されない課金障害が起きているようだ。アプリ提供各社が、アイテム購入を一時的に控えるよう呼び掛けている。(2018/7/17)

ライバルはRIZAP?:
“チケキャン後”のミクシィ、「健康」と「スポーツ」に打って出る狙い 木村新社長に聞く
ミクシィの新社長にモンストの生みの親、木村弘毅氏が就任。閉鎖した「チケキャン」なき後、ミクシィは「健康」と「スポーツ」に打って出る。(2018/7/13)

後任は「モンスト」生みの親・木村氏:
書類送検のミクシィ森田社長、前倒しで辞任
ミクシィが、当初の予定を前倒しして社長交代。商標法違反の疑いで書類送検された森田仁基社長が辞任したため。後任には、現取締役の木村弘毅氏が就く。(2018/6/22)

チケキャン終了のミクシィ、モンスト含むエンタメ事業も売上減
ミクシィが2017年4月〜18年3月の連結業績を発表。売上高は前年比8.7%減の1890億円、営業利益が18.7%減の723億円と減収減益だった。(2018/5/10)

銀魂×モンストのコラボ、“行き過ぎた行為”でCM差し替え 違う玉をひっぱりハンティングしてしまう
ここまで平常運転。(2018/5/2)

「ゲームに出てきそう」「フィギュアみたい」 19歳のころのJOYが二次元に片足を突っ込むレベルのイケメン
FF15にもなじみそう。(2018/4/22)

GameWithだけではない「企業型ゲーム攻略サイト」の闇 かつて攻略記事をパクられたライターが考える“構造的問題”とは
勢いを増す一方、ゲームファンからは問題点も指摘される「企業型ゲーム攻略サイト」について、個人ゲームサイト「ゲームキャスト」管理人のトシさんに話を聞きました。(2018/4/5)

JeSUのプロライセンス認定タイトルに決定:
「ぷよぷよ」eスポーツに 初の大会は優勝賞金100万円
セガの「ぷよぷよ」シリーズがeスポーツに。JeSUのプロライセンス認定タイトルに決定した。4月14〜15日にJeSU認定の大会を開催する。(2018/3/12)

「モンストやっててよかった(笑)」 五輪マスコット作者の谷口亮らのモンスト「歌詞再現」イラストがカオス
谷口さん以外の「歌詞再現」イラストがいろいろおかしい。(2018/3/8)

トップチームへのボーナスは2000万円:
Supercell、eスポーツに参入 「クラロワリーグ」開催
「クラッシュ・ロワイヤル」運営のSupercellがeスポーツに参入。公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ」を発足し、世界大会を行う。(2018/3/7)

「俺を本気にさせた」 モンスト新キャラ「弁財天(CV.佐倉綾音)」にファンざわつく
激・獣神祭限定キャラとして。(2018/3/6)

新社長は「スポーツ領域」を担当:
体制一新のミクシィはスポーツ事業に「本気」なのか
6月に社長を交代し、体制を一新するミクシィ。新社長就任が決まったのは木村弘毅氏。「モンスト」立ち上げで知られる木村氏は、4月1日付でスポーツ領域を担当する執行役員に就任する。新体制のミクシィは本格的にスポーツ事業に手を広げるのか?(2018/2/28)

My SoftBank IDを詐取するフィッシングメールが出回る
フィッシング対策協議会は、ゲームのキャンペーンを装ったMy SoftBank ID詐取が目的のフィッシングメールについて発表。携帯電話番号、パスワード、設定中メールアドレスなどを入力しないよう注意を呼び掛けている。(2018/2/27)

ミクシィ社長交代 森田氏から木村氏に 「新たな成長戦略を推進」
ミクシィが、木村弘毅取締役が社長に昇格する人事を発表。現社長の森田仁基氏は任期満了に伴い退任。(2018/2/27)

2014年6月の社長就任から4年:
ミクシィ、森田仁基社長が退任 新社長は「モンスト」立役者の木村氏
ミクシィが森田仁基社長の退任を発表。新社長には「モンスターストライク」を立ち上げたヒットに導いた木村弘毅氏が内定。(2018/2/27)

日本eスポーツ連合、プロライセンス発行手数料は5000円 ジュニア3000円
日本eスポーツ連合によるプロライセンスの発行手数料が5000円であることが「闘会議2018」の公式サイトで明らかになった。(2018/2/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。