ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モンスターストライク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モンスターストライク」に関する情報が集まったページです。

2023年10〜12月にZ世代に流行ったもの 3位「ちょんまげ小僧」、2位「ちいかわ」、1位は?
LINEヤフーが運営する「LINEリサーチ」は、若年層の流行に関する定点調査(2023年下半期)の結果を発表。12月期(10〜12月)の1位は「BeReal」だった。(2024/1/25)

「モンスト」ユーザーから能登義援金950万円 「チャリティオーブ」約6万セット買われる
MIXIが能登半島地震被災者への義援金として、約6000万円を日本赤十字社に寄託。うち約950万円は、スマートフォンゲーム「モンスターストライク」で募った「チャリティオーブ」による寄付金だ。(2024/1/19)

KDDI、通信料金・電気料金の減免や支払い期限の延長など 無料でデータ復旧も
KDDIは1月2日、1日に石川県能登半島で発生した地震災害に伴う支援措置として、「通信料金などの支援措置」「受付手続きの緩和」「PC・スマートフォンなどのデータ復旧サービスの支援措置」「電気料金の支援措置」「携帯電話の貸し出し」を行うと発表した。(2024/1/2)

エンタメ×ビジネスを科学する:
『原神』爆発的ヒットの要因は、「無課金勢」を見捨てない設計にある
スマホゲームに触れたことがあれば、まず知らない人はいないであろう中国発のゲーム『原神』。ここまで巨大なゲームコンテンツとなった要因を分析する。後編。(2023/11/30)

工事現場で保護した“餓死寸前の子猫”は今―― 目を疑うほど美しく育ったビフォーアフターに感動!
よかった……!(2023/6/24)

2022年、ユーザーが最も課金したスマホゲーム 3位「FGO」、2位「ツムツム」 3年連続の1位は?
2022年のモバイルゲーム市場を調査した結果が発表となった。ユーザーが最も課金したゲームがランキング形式で明らかになっている。3年連続で1位を獲得したのは何だったのか。(2023/6/15)

PR:「モンスト」シリーズ最新作の駅内広告がどうかしてる「RT数に応じて傾けていって、正しい位置に戻したい」らしいけど、絶対ムリだろそれ
RTされた分だけ、グルグルグル。水平でピッタリ止まるか……!?(2023/5/16)

角川アスキー総合研究所調べ:
2022年の国内アプリ売上ランキング 2位『ウマ娘 プリティーダービー』、1位は?
KADOKAWAグループのメディア総合研究所である角川アスキー総合研究所は、2022年の世界のモバイルゲームのコンテンツ市場などに関する調査を実施した。(2023/4/21)

ITmedia Security Week 2023 春:
導入から3年、不正アクセス0件――MIXIが「ゼロトラスト」セキュリティに至るまでの課題と解決方法
2023年3月に開催された「ITmedia Security Week 2023 春」の「クラウド&ゼロトラスト」ゾーンにおいてMIXI 開発本部 セキュリティ室 室長 亀山直生氏が「MIXIにおけるゼロトラストの取り組み」と題して講演した。(2023/3/31)

WBCの日本優勝で野球ゲームにも追い風
野球の世界一決定戦「ワールドベースボールクラシック」で日本代表が14年ぶり3度目の世界一に輝いた。テレビやSNSがWBC一色になる中、その余波はゲームにも波及している。(2023/3/28)

2月15日から:
スシロー、モンストと初コラボ 限定グッズでゲームユーザーにも訴求
回転寿司チェーン「スシロー」を運営するあきんどスシロー(大阪府吹田市)は、スマホアプリ「モンスターストライク」(モンスト)とのコラボ商品を2月15日から3月31日まで期間限定販売すると発表した。コラボ限定カードやグッズを用意し、ゲームユーザーに向けて訴求する。(2023/2/9)

「Twitter有料化」なら移行先候補は“mixi”? 多くのユーザーが注目、トレンド入り
イーロン・マスク氏が「Twitterの有料化」について検討中である──そんなうわさがTwitter上で話題になっている。これが広まり、11月9日午後5時時点で「Twitter有料化」が日本のトレンド1位に入った。一方、それに続き2位には「mixi」が入った。(2022/11/9)

Z世代が選ぶ「好きなスマホゲーム」 3位『マインクラフト』、2位『ディズニーツムツム』、1位は?
中国バイドゥの日本法人は、「Z世代が選ぶ!!好きなスマホゲームランキング」を発表した。(2022/10/23)

LINEリサーチが4700人にアンケート:
Z世代の流行ランキング 3位「スプラトゥーン」、2位「TikTok」、1位は?
LINEリサーチは、四半期ごとに実施する若年層(15〜24歳)を対象とした「最近流行っているコト・モノ・ヒト」アンケートの最新結果を発表した。22年9月の流行調査ランキングでは「ONE PIECE」(8.0%)が総合1位となった。(2022/10/23)

パズドラ、モンスト、ドラクエ、ウマ娘などで値上げ App Storeの価格改定を受け
Appleは10月5日から、App Storeで販売する有料アプリと、アプリ内課金の価格を値上げしている。ゲームアプリの運営元も軒並み価格改定を告知。どのゲームアプリが価格改定の対象になるのかまとめた。(2022/10/6)

「ウマ娘」「パズドラ」「プロセカ」……有料アイテム価格改定ラッシュ 最高で3割値上げのゲームも
米Appleがアプリストア「App Store」の価格テーブルを10月5日から変更する。これを受け、日本のスマートフォン向けソーシャルゲームを提供する企業たちは、続々とゲーム内有料アイテムの価格改定を発表している。(2022/9/29)

「パズドラ」「モンスト」「ウマ娘」などが価格改定を発表 Appleのストア価格値上げで
(2022/9/29)

IT企業デスクツアー:
「モンスト」に携わるみんなのデスク環境 人気ゲーム支える机を写真でチェック
IT・Web関連企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。今回は以前にも紹介したミクシィで働く人のうち、スマートフォン向けゲーム「モンスターストライク」(モンスト)に携わる人のデスクを探る。(2022/9/29)

LINE流行調査:
22年下半期に流行するアニメ 3位「僕のヒーローアカデミア」、2位「呪術廻戦」、1位は?
無料通信アプリを手掛けるLINEは「22年上期における若年層の流行に関する調査」を実施した。22年上半期は3月と6月の2回実施し、TOP10が大きく入れ替わる結果になった。6月の最新調査ではアニメ「SPY×FAMILY」(12.1%)の流行が急上昇し、1位になった。(2022/7/24)

お台場で開催中の「アイドル博」出演者に熱中症多発で途中終了 トイレにドアがないなどさまざまな点で話題に
楽屋が蒸し風呂状態になっていたことが報告されていました。(2022/7/17)

親子で楽しめる:
子どもがハマっているスマホゲーム 「モンスト」「ウマ娘」をおさえた1位は?
ARINAが運営する小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、中学生以下の子どもを持つ男女を対象に、「子どもがハマっているスマートフォンゲーム」に関する調査を実施した。(2022/7/17)

世界で最もツイートされたゲーム 3位あんスタ、2位Wordle 1位は?
米Twitterが2022年上半期に投稿されたツイートの分析結果を発表した。世界で最も話題に上ったゲームタイトルは3位が「あんさんぶるスターズ!!」、2位が「Wordle」、1位が「原神」だった。(2022/7/14)

ミクシィ、新卒エンジニア向け研修資料を公開 Unityでのゲーム開発やAI、セキュリティ研修など全12種類
ミクシィは、新卒エンジニア向けの研修資料を自社ブログで公開した。同社が新卒社員向けの研修で使った資料で、iOS/Androidアプリの開発やゲームエンジン「Unity」を使ったゲーム開発などを解説している。(2022/7/5)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
モンスト脱却目指すミクシィ、ゲームの次が公営ギャンブルとスポーツ事業なワケ
今回取り上げるのはミクシィです。もともとは社名の通りでSNSの「mixi」として成長してきた企業ですが、その後は「モンスターストライク」が大ヒットしてモバイルゲームが中心の企業となっています。(2022/6/20)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
「スイッチ買ったばかりなのに、もう次のハードが出るの?」 任天堂を悩ます次世代機の投入タイミング
4回に渡りゲーム企業の決算を取り上げて、日本のゲーム業界の現状と今後について考えていきます。今回取り上げるのは任天堂です。もちろんご存じの通りで「ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)」などのハードも製作していますし、「スーパーマリオ」や「どうぶつの森」などのソフトも製作している日本を代表するゲーム企業です。(2022/6/17)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
4年間で15%→36%に カプコンの営業利益率はなぜ急上昇したのか
今回取り上げるのはカプコンです。モンスターハンターやバイオハザードなどの人気ゲームを提供している企業で、家庭用ゲーム機向けのゲームソフトをメインに提供しています。営業利益の推移を見ると、20年3月期は大きく伸びていて右肩上がりで成長を続けています。どうして利益率が伸びていたのでしょうか?(2022/6/16)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
リアルマネートレードを収益化? スクエニがブロックチェーンゲームの本命といわれるワケ
決算書といえば投資やビジネス視点で見るイメージがあると思いますが、より一次情報に近い経済ニュースでもあります。今回取り上げるのは、スクウェア・エニックス・ホールディングス(以下スクエニ)です。ご存じの通り、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーで知られている企業です。(2022/6/15)

「テイルズ オブ ルミナリア」、9カ月でサービス終了の衝撃 スマホゲーム市場規模拡大もなぜ?
「テイルズ オブ ルミナリア」のサービス終了が発表されました。同シリーズは、バンダイナムコエンターテインメントの看板の一つだけに、2021年11月に配信されてから9カ月での“打ち切り”にファンだけでなく関係者からも驚きの声が挙がっています。(2022/5/21)

人気スマホゲー3作、サブアカ所有率は2割超 目的は「ガチャ回数」「所属グループ維持」など──「ウマ娘」「モンスト」「パワプロ」調査
ゲームエイジ総研が「モンスト」「パワプロ」「ウマ娘」における複数アカウント所持率を調査した。所持率が高いのはモンストの47.6%で、所持の目的は「ガチャの回数を増やしたいため」などだった。(2022/4/14)

ミクシィの事業を支える富士通のローカル5G:
PR:スポーツを5Gでアップデート ミクシィが取り組む「これまでにない映像配信」の舞台裏
スマホゲームだけでなく、昨今ではスポーツビジネスにも精力的に取り組むミクシィ。2021年10月にローカル5Gの免許を取得し、基地局の整備などを経て22年1月にスポーツ領域における商用利用を開始した。事業部門の「これまでにない映像配信をしたい」、かつ短いスケジュール、というオーダーから始まったプロジェクトだが、どのように商用利用開始にこぎつけたのか。また、富士通のサポートはどのようなものだったのか。その全貌に迫る。(2022/3/18)

ロングセラーの挑戦:
576通りのフタで売り上げ増 明治 エッセル スーパーカップとモンストのコラボが成功した3つの理由
「明治 エッセル スーパーカップ」が初のIPコラボに取り組んだ。ミクシィが運営するスマホアプリ「モンスターストライク」とのコラボキャンペーンを実施。その理由は? 担当者を直撃した。(2022/3/28)

5Gビジネスの神髄に迫る:
意外な組み合わせ? ミクシィがローカル5Gの商用サービスを始める理由
ローカル5Gが実証実験にとどまるケースが多い中、商用環境での利活用を始めたのがミクシィだ。同社は、競輪場のTIPSTAR DOME CHIBAで実施されるPIST6 Championshipの映像を伝送し、それを会場内やTIPSTARのアプリ内で配信する映像の制作に、ローカル5Gを活用する。特殊な環境ゆえ、レース用車両に搭載する端末は自作した。(2022/3/24)

「TIGER & BUNNY 2」スポンサー企業54社発表! 不参加なのに「牛角さん」もトレンド入り
豪華な顔ぶれ……!(2022/3/13)

「DAZN」、NFTに今春参入へ ミクシィとマーケットプレイス共同運営
スポーツ動画配信サービス「DAZN」を運営するDAZN Japan Investment(東京都港区)が、今春NFTに新規参入すると発表した。ミクシィと共同で、スポーツ特化型NFTマーケットプレイス「DAZN MOMENTS」(ダゾーンモーメンツ)を提供する。(2022/2/4)

mixiのロゴがリニューアル
ミクシィは2022年4月から順次、コーポレートブランドをリニューアルすると発表した。「太く、堂々とした大文字で、世界のコミュニケーションインフラとしての信頼感、安定感、普遍性、リーディングカンパニーとしての存在感を表現」(ミクシィ)したとしている。(2022/1/5)

2021年、企業が無償公開した新人エンジニア向け研修資料 機械学習やゲーム開発、AWS入門、数学などさまざま
2021年も、さまざまな企業が自社の社内研修資料を無償公開したことが話題になった。2021年に無償公開した、企業の社内研修資料を取り上げた記事を紹介する。(2021/12/24)

技術・家庭科で「Python」を ミクシィが中学校で「プログラミング授業」を実施(後編)
渋谷区立鉢山中学校の技術・家庭科のプログラミングに関する授業に、「モンスト」などで知られるミクシィが協力した。この記事では、3回目と4回目の授業の様子を見てみよう。(2021/12/9)

「Among US!」を抑え1位になったゲームとは? 「App Store」の2021年無料ゲームランキング
Cygamesのスマートフォン向けゲームアプリ「ウマ娘 プリティーダービー」が、App Storeで年間トップ無料ゲームランキング1位を獲得した。(2021/12/3)

技術・家庭科で「Python」を ミクシィが中学校で「プログラミング授業」を実施(前編)
渋谷区立鉢山中学校の技術・家庭科のプログラミングに関する授業に、「モンスト」などで知られるミクシィが協力した。この記事では、1回目と2回目の授業の様子を見てみよう。(2021/11/26)

LINEの調査:
高校生の「好きなスマホゲーム」ランキング 男子1位は「パズドラ」、女子1位は?
日本全国の高校1年生〜3年生の男女から得た1046サンプルを元に、ランキングを作成した。(2021/11/15)

男子高校生が最もハマっているスマホゲームは「パズドラ」 リリースから9年も根強い人気
LINEは、高校生のスマートフォンゲーム事情の調査結果を発表。男子高校生がハマっているスマホゲームは、「パズル&ドラゴンズ」が支持者19.3%を獲得し、1位であることが分かった。(2021/11/11)

スマホ料金プランの選び方:
20GB超〜無制限プランを比較 楽天モバイルのコスパが光るが、低速で使い放題にも注目
大手からサブブランド、MVNOまで、主なキャリアの20GB超から無制限までのプランを比較してみた。ドコモ、au、ソフトバンクはそれぞれ5G向けに、無制限のプランを提供している。コスパの高さが光るのは、テザリングも含めて使い放題で月額3278円の「Rakuten UN-LIMIT VI」だろう。(2021/10/11)

ミクシィ、ビットバンクに70億円出資 ゲームと仮想通貨を組み合わせた新事業狙う
ミクシィは9月2日、仮想通貨取引所のビットバンクに約70億円を出資すると発表した。増資引き受けは9月30日を予定している。両社は業務提携を結び、仮想通貨とコンテンツの組み合わせで新事業を創出していく。(2021/9/2)

Twitter、ハッシュタグ誕生14周年を祝って専用絵文字公開 2021年上半期に最も使われたタグは「ウマ娘」
8月23日はハッシュタグの日です。(2021/8/23)

「ポケモンユナイト」でeスポーツ「MOBA」は日本に根付くか キーワードは知名度と「基本無料」
任天堂と中国Tencent子会社が手掛ける「ポケモンユナイト」。日本ではなじみのない「MOBA」というジャンルのゲームだ。日本での知名度こそ高くないが、海外では賞金約7億円の大会が開催される人気ジャンルでもある。ポケモンユナイトは、MOBAを日本に定着させることができるのか。(2021/8/3)

「動画で助かる」「IT基礎知識が一通り学べる」──各社が公開した新人エンジニア向けの研修資料が話題に 人気資料まとめ
IT企業が社内の新人エンジニアに向けた研修資料を無償公開して話題になっている。学べる内容はIT業界の文化からゲームエンジン「Unity」を使ったゲーム開発までさまざまだ。改めて公開内容と目的をまとめた。(2021/7/30)

ミクシィの新卒エンジニア研修資料が話題 講師は「モンスト」エンジニアなど iOS/AndroidアプリやUnity開発などを公開
ミクシィが公式ブログで無償公開している、新卒エンジニア向け研修資料と講義動画がネットで話題だ。iOS/AndroidアプリやUnity開発などを学べる内容で、「IT基礎知識の一通りのことが身につく」などの反応がある。(2021/7/30)

MVNOに聞く:
ビッグローブが新MVNO「donedone」を立ち上げる狙い なぜBIGLOBEモバイルと別ブランドなのか?
新ブランドとして社会貢献活動に対する継続的な参加を売りにした「donedone(ドネドネ)」のサービスを開始。速度を1Mbps、3Mbpsに制限する代わりに、50GBという大容量を実現した。社会貢献活動を売りにしたMVNOが登場するのは初めてではないが、大手MVNOが別ブランドとして展開するのは異例だ。(2021/7/28)

HYDEのソロ活動20周年を記念したスマホゲーム『HYDE RUN』がリリース 狙いは?
HYDE氏のソロ活動20周年を記念したスマートフォン向けゲーム『HYDE RUN』の配信を開始した。App StoreとGoogle Playで配信し、人気アーティストとのコラボによって売り上げの拡大を狙う。(2021/7/16)

月額料金から50円を寄付:
ビッグローブ、新MVNOブランド「donedone」発表 月額2728円で50GB、速度は1〜3Mbps
ビッグローブが、7月1日からMVNOサービスの新ブランド「donedone(ドネドネ)」を提供する。月額2728円(税込み)で50GBのデータ容量を利用できる2種類のプランを用意する。donedoneならではの特徴として、月額料金から50円を社会貢献団体に寄付することができる。(2021/6/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。