ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モンスターストライク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モンスターストライク」に関する情報が集まったページです。

「テイルズ オブ ルミナリア」、9カ月でサービス終了の衝撃 スマホゲーム市場規模拡大もなぜ?
「テイルズ オブ ルミナリア」のサービス終了が発表されました。同シリーズは、バンダイナムコエンターテインメントの看板の一つだけに、2021年11月に配信されてから9カ月での“打ち切り”にファンだけでなく関係者からも驚きの声が挙がっています。(2022/5/21)

人気スマホゲー3作、サブアカ所有率は2割超 目的は「ガチャ回数」「所属グループ維持」など──「ウマ娘」「モンスト」「パワプロ」調査
ゲームエイジ総研が「モンスト」「パワプロ」「ウマ娘」における複数アカウント所持率を調査した。所持率が高いのはモンストの47.6%で、所持の目的は「ガチャの回数を増やしたいため」などだった。(2022/4/14)

ミクシィの事業を支える富士通のローカル5G:
PR:スポーツを5Gでアップデート ミクシィが取り組む「これまでにない映像配信」の舞台裏
スマホゲームだけでなく、昨今ではスポーツビジネスにも精力的に取り組むミクシィ。2021年10月にローカル5Gの免許を取得し、基地局の整備などを経て22年1月にスポーツ領域における商用利用を開始した。事業部門の「これまでにない映像配信をしたい」、かつ短いスケジュール、というオーダーから始まったプロジェクトだが、どのように商用利用開始にこぎつけたのか。また、富士通のサポートはどのようなものだったのか。その全貌に迫る。(2022/3/18)

ロングセラーの挑戦:
576通りのフタで売り上げ増 明治 エッセル スーパーカップとモンストのコラボが成功した3つの理由
「明治 エッセル スーパーカップ」が初のIPコラボに取り組んだ。ミクシィが運営するスマホアプリ「モンスターストライク」とのコラボキャンペーンを実施。その理由は? 担当者を直撃した。(2022/3/28)

5Gビジネスの神髄に迫る:
意外な組み合わせ? ミクシィがローカル5Gの商用サービスを始める理由
ローカル5Gが実証実験にとどまるケースが多い中、商用環境での利活用を始めたのがミクシィだ。同社は、競輪場のTIPSTAR DOME CHIBAで実施されるPIST6 Championshipの映像を伝送し、それを会場内やTIPSTARのアプリ内で配信する映像の制作に、ローカル5Gを活用する。特殊な環境ゆえ、レース用車両に搭載する端末は自作した。(2022/3/24)

「TIGER & BUNNY 2」スポンサー企業54社発表! 不参加なのに「牛角さん」もトレンド入り
豪華な顔ぶれ……!(2022/3/13)

「DAZN」、NFTに今春参入へ ミクシィとマーケットプレイス共同運営
スポーツ動画配信サービス「DAZN」を運営するDAZN Japan Investment(東京都港区)が、今春NFTに新規参入すると発表した。ミクシィと共同で、スポーツ特化型NFTマーケットプレイス「DAZN MOMENTS」(ダゾーンモーメンツ)を提供する。(2022/2/4)

mixiのロゴがリニューアル
ミクシィは2022年4月から順次、コーポレートブランドをリニューアルすると発表した。「太く、堂々とした大文字で、世界のコミュニケーションインフラとしての信頼感、安定感、普遍性、リーディングカンパニーとしての存在感を表現」(ミクシィ)したとしている。(2022/1/5)

2021年、企業が無償公開した新人エンジニア向け研修資料 機械学習やゲーム開発、AWS入門、数学などさまざま
2021年も、さまざまな企業が自社の社内研修資料を無償公開したことが話題になった。2021年に無償公開した、企業の社内研修資料を取り上げた記事を紹介する。(2021/12/24)

技術・家庭科で「Python」を ミクシィが中学校で「プログラミング授業」を実施(後編)
渋谷区立鉢山中学校の技術・家庭科のプログラミングに関する授業に、「モンスト」などで知られるミクシィが協力した。この記事では、3回目と4回目の授業の様子を見てみよう。(2021/12/9)

「Among US!」を抑え1位になったゲームとは? 「App Store」の2021年無料ゲームランキング
Cygamesのスマートフォン向けゲームアプリ「ウマ娘 プリティーダービー」が、App Storeで年間トップ無料ゲームランキング1位を獲得した。(2021/12/3)

技術・家庭科で「Python」を ミクシィが中学校で「プログラミング授業」を実施(前編)
渋谷区立鉢山中学校の技術・家庭科のプログラミングに関する授業に、「モンスト」などで知られるミクシィが協力した。この記事では、1回目と2回目の授業の様子を見てみよう。(2021/11/26)

LINEの調査:
高校生の「好きなスマホゲーム」ランキング 男子1位は「パズドラ」、女子1位は?
日本全国の高校1年生〜3年生の男女から得た1046サンプルを元に、ランキングを作成した。(2021/11/15)

男子高校生が最もハマっているスマホゲームは「パズドラ」 リリースから9年も根強い人気
LINEは、高校生のスマートフォンゲーム事情の調査結果を発表。男子高校生がハマっているスマホゲームは、「パズル&ドラゴンズ」が支持者19.3%を獲得し、1位であることが分かった。(2021/11/11)

スマホ料金プランの選び方:
20GB超〜無制限プランを比較 楽天モバイルのコスパが光るが、低速で使い放題にも注目
大手からサブブランド、MVNOまで、主なキャリアの20GB超から無制限までのプランを比較してみた。ドコモ、au、ソフトバンクはそれぞれ5G向けに、無制限のプランを提供している。コスパの高さが光るのは、テザリングも含めて使い放題で月額3278円の「Rakuten UN-LIMIT VI」だろう。(2021/10/11)

ミクシィ、ビットバンクに70億円出資 ゲームと仮想通貨を組み合わせた新事業狙う
ミクシィは9月2日、仮想通貨取引所のビットバンクに約70億円を出資すると発表した。増資引き受けは9月30日を予定している。両社は業務提携を結び、仮想通貨とコンテンツの組み合わせで新事業を創出していく。(2021/9/2)

Twitter、ハッシュタグ誕生14周年を祝って専用絵文字公開 2021年上半期に最も使われたタグは「ウマ娘」
8月23日はハッシュタグの日です。(2021/8/23)

「ポケモンユナイト」でeスポーツ「MOBA」は日本に根付くか キーワードは知名度と「基本無料」
任天堂と中国Tencent子会社が手掛ける「ポケモンユナイト」。日本ではなじみのない「MOBA」というジャンルのゲームだ。日本での知名度こそ高くないが、海外では賞金約7億円の大会が開催される人気ジャンルでもある。ポケモンユナイトは、MOBAを日本に定着させることができるのか。(2021/8/3)

「動画で助かる」「IT基礎知識が一通り学べる」──各社が公開した新人エンジニア向けの研修資料が話題に 人気資料まとめ
IT企業が社内の新人エンジニアに向けた研修資料を無償公開して話題になっている。学べる内容はIT業界の文化からゲームエンジン「Unity」を使ったゲーム開発までさまざまだ。改めて公開内容と目的をまとめた。(2021/7/30)

ミクシィの新卒エンジニア研修資料が話題 講師は「モンスト」エンジニアなど iOS/AndroidアプリやUnity開発などを公開
ミクシィが公式ブログで無償公開している、新卒エンジニア向け研修資料と講義動画がネットで話題だ。iOS/AndroidアプリやUnity開発などを学べる内容で、「IT基礎知識の一通りのことが身につく」などの反応がある。(2021/7/30)

MVNOに聞く:
ビッグローブが新MVNO「donedone」を立ち上げる狙い なぜBIGLOBEモバイルと別ブランドなのか?
新ブランドとして社会貢献活動に対する継続的な参加を売りにした「donedone(ドネドネ)」のサービスを開始。速度を1Mbps、3Mbpsに制限する代わりに、50GBという大容量を実現した。社会貢献活動を売りにしたMVNOが登場するのは初めてではないが、大手MVNOが別ブランドとして展開するのは異例だ。(2021/7/28)

HYDEのソロ活動20周年を記念したスマホゲーム『HYDE RUN』がリリース 狙いは?
HYDE氏のソロ活動20周年を記念したスマートフォン向けゲーム『HYDE RUN』の配信を開始した。App StoreとGoogle Playで配信し、人気アーティストとのコラボによって売り上げの拡大を狙う。(2021/7/16)

月額料金から50円を寄付:
ビッグローブ、新MVNOブランド「donedone」発表 月額2728円で50GB、速度は1〜3Mbps
ビッグローブが、7月1日からMVNOサービスの新ブランド「donedone(ドネドネ)」を提供する。月額2728円(税込み)で50GBのデータ容量を利用できる2種類のプランを用意する。donedoneならではの特徴として、月額料金から50円を社会貢献団体に寄付することができる。(2021/6/30)

ティファニー、「モンストグランプリ」トロフィー制作 初のeスポーツ向け
ティファニーが初めて、eスポーツ大会のトロフィーを制作。ミクシィが7月に開催する「モンスターストライク」の大会で、優勝チームに贈呈する。(2021/6/25)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「話す」ロボットと「話さない」ロボット、どちらが好き?
ミクシィが発売したロボットを見て思ったこと(2021/5/13)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
iモード全盛期からスマホアプリまで 20年のモバイルコンテンツと文化を振り返る
今から20年前の2001年といえば、携帯電話からインターネットサービスが利用できる「iモード」が普及し始めた頃だった。2006年頃からは、PCで人気となっていたSNSがモバイルの世界に入ってきた。その後、スマホが普及したことで、コンテンツ市場にもパラダイムシフトが起きた。(2021/4/30)

ロボット開発ニュース:
ミクシィのコミュニケーションロボットは独自AIで“雑談”に付き合ってくれる
ミクシィは2021年4月21日、深層学習技術をベースに独自開発した“雑談”用のAI(人工知能)を搭載する自律型会話ロボット「Romi(ロミィ)」の一般販売を開始した。コミュニケーションロボットに“雑談”のために深層学習技術を取り入れるのは「恐らく世界初」(ミクシィ)だという。(2021/4/22)

「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
温かい心遣いを感じる言葉の数々。(2021/2/20)

AWS障害、5時間でほぼ復旧 気象庁Webサイトなどに影響【各サービス復旧状況を追記】
米Amazon Web Services(米AWS)が提供するクラウドサービス「AWS」の東京リージョンで、2月20日午前0時ごろに障害が発生した。発生から約5時間がたった午前5時ごろまでに大部分は復旧。AWSを利用するオンラインゲームなどに影響が出た他、気象庁の公式サイトも同時刻に一時接続できない状態になった。(2021/2/20)

Cygames木村唯人専務インタビュー【後編】:
「プリコネ」大ヒットの舞台裏 一度たたんだコンテンツを復活させたCygamesの手腕とは
サイバーエージェントの連結子会社のCygamesが開発・運営する「プリンセスコネクト!Re:Dive」。モンストなどと比べると18年リリースと後発の作品ながら、トップセールスランキングでも上位に割って入る大ヒットとなっている。だが、初代「プリンセスコネクト!」は一度サービスを終了した経緯もある。いかにして、一度「店じまい」したコンテンツを復活させたのか。「プリンセスコネクト!Re:Dive」のプロデューサーを務め、Cygames専務取締役の木村唯人さんに聞いた。(2021/2/18)

年間2万レースをライブ配信、運用課題をどう解決したか:
AIによる自動編集・低遅延を実現する動画配信技術とは? ミクシィの競輪投票サービス「TIPSTAR」開発陣に聞く
ミクシィは2020年6月、スマホブラウザやアプリで競輪(KEIRIN)のライブ動画視聴と勝者投票券を購入できるサービス「TIPSTAR」をリリースした。全国に43カ所ある競輪場から年間約2万レースをライブ配信している。映像の伝送技術やAI技術について開発陣に話を聞いた。(2021/1/19)

「夢や希望もありゃしない世界」 窪田正孝×西野亮廣インタビュー、“バッシング社会”で生き抜くために
「大人になるにつれ、なくしていくものの方が多い気がしていて」。(2020/12/25)

モンストの世界、実店舗で“体験”「XFLAG STORE」閉店 「また行きたかった」惜しむ声
「モンスターストライク」などゲームの世界を体験しながら買い物や食事が楽しめる実店舗「XFLAG STORE」を来年1月に閉店へ。17年に渋谷、18年に心斎橋にオープンしていた。(2020/11/17)

「モンスト」XFLAGの常設店舗「XFLAG STORE」が閉店へ
東京・渋谷、大阪・心斎橋の2店とも営業終了に。(2020/11/16)

ミクシィの上期、純利益が前年同期比4倍に モンスト復調で「自信深めた」と木村社長
ミクシィが2021年3月期上半期の連結業績を発表。最終利益が前年同期比4.3倍の93億3300万円に拡大。モンスターストライクが好調で、木村弘毅社長は「自信を深めた」と手応えを示した。(2020/11/6)

「iOS 14」アップデートに注意 未対応アプリは「正常に動作しない可能性」も
使っているアプリのお知らせを確認しましょう。(2020/9/17)

売上高は1.4倍:
「モンスト」好調、ミクシィの最終利益4.4倍に 4〜6月期
ミクシィの2020年4〜6月の連結決算は、純利益が48億円(前年同期比4.4倍)に。売上の大部分を占める「モンスト」が好調だった。(2020/8/7)

PR:「金歯銀歯僕歯君歯……」怪物的クリエイター・くっきー!がイチから創造した「モンスト」の世界観が新しすぎる件
新しすぎる世界観きちゃった。(2020/8/11)

ミクシィが東証1部に マザーズ上場から14年
新規上場は2006年でした。(2020/6/16)

ミクシィが東証1部に
ミクシィがマザーズから東証1部に鞍替えする。(2020/6/16)

ミクシィの20年3月期、最終利益60%減も予想上回る業績 モンストの「鬼滅の刃」コラボなど貢献
ミクシィが2020年3月期通期の連結決算を発表。最終利益は前年同期比59.6%減の107億円となった。ただし、「モンスト」の他社IPとのコラボ企画が好調で、20年3月末に上方修正した業績予想をさらに上回る結果で着地した。(2020/5/18)

PR:銀魂キャラたちが考案したスマホゲームのCMが完全にカオス パロディ、爆発なんでもござれのCMを本当に広告で使う暴挙に
投票で1位になったCMを本当に配信するらしい。ミクシィさん正気ですか……!(2020/4/1)

ミクシィ、最終利益予想を2.4倍に上方修正 モンストのコラボ企画が好調
ミクシィが2020年3月期の通期連結業績予想を上方修正。モンストで実施した、他社IPとのコラボ企画による収益が好調に推移したためという。修正後の連結業績予想は、売上高が従来予想比7.8%増の1110億円、営業利益が同72.2%増の155億円、最終利益が同2.4倍の95億円。(2020/3/23)

ミクシィが業績予想を再び上方修正 「モンスト」コラボが好調
予想を据え置いていたモンスト売り上げが好調に推移。(2020/3/23)

コラボってこれかよ! R-1制した野田クリスタルの“モンスト”ネタ、本当に公式とコラボ 謎動画にファンざわつく
ストッキング姉さんが獣神化……?(2020/3/18)

「なんかやりましょうww」 “モンスト”イジりたおしたR-1王者、本家モンストが早速コラボオファー
どんなコラボになるんです?(2020/3/9)

ミクシィの19年度1〜3Q、最終利益97.5%減 モンストのV字回復ならず
ミクシィが2019年4〜12月期の連結決算を発表。最終利益は前年同期比97.5%減の4億2600万円に落ち込んだ。モンストのV字回復とはならなかった。(2020/2/7)

東京eスポーツフェスタ:
「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」決勝戦、Youtubeで生配信
eスポーツイベントを運営するRAGEは、1月11日に開催する「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント大会」の決勝を当日の17時頃からYoutubeチャンネル「esprts_RAGE」で生配信する。(2020/1/10)

6カ条を制定:
オフィスワークとリモートワークを融合「マーブルな働き方」へ ミクシィの新型コロナ対応
ミクシィは2020年7月、出社とリモートワークを選択する働き方「マーブルワークスタイル」を発表。感染対策としての在宅勤務だけではなく、コロナ禍以降の働き方を視野に入れたものだ。その内容は。(2021/1/8)

2019年、世界で最もツイートされたゲームは「FGO」
米Twitterが、2019年に世界で最もツイートされたゲームは「Fate/Grand Order」だったとブログで発表。日本はゲームに関する投稿が世界で一番多かったという。(2020/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。