ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「二番底」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「二番底」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

藤田正美の時事日想:
日本の総選挙より重要、米国大統領選の行方は
日本では総選挙の時期が話題となっているが、世界的には目前に迫った米国大統領選の方が注目である。この結果によって、世界経済の方向性も決まってしまうからだ。(2012/9/3)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
オトナだと深刻!? 「あれ買って!」の誘惑
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。スーパーで駄々をこねる子どもを見かけたあずさとはるか。その様子から思い出すことがあるようです。(2012/6/2)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
景況感も好悪入り混じってまちまちの展開
(2011/12/2)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
世界的な景気鈍化懸念が強まり大幅下落
(2011/9/22)

藤田正美の時事日想:
8月、市場の混乱は何を意味していたのか
日本だけでなく、世界経済の先行き不透明感が増している。英フィナンシャルタイムズ紙のチーフ経済コメンテーター、マーチン・ウルフ氏は、いまの世界経済をどのように分析しているのか。8月30日付けのコラムの内容を、かいつまんで紹介する。(2011/9/5)

藤田正美の時事日想:
何が世界経済を変調させたのか?
米国債の格下げを機に、世界の金融市場が大荒れとなっている。この状況をもたらせた根本的な原因は何なのか。デマンドサイドとサプライサイドから分析した、ゲイビン・デービス氏の意見を紹介する。(2011/8/22)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
景況感は芳しくないが大幅下落の反動もあって堅調
(2011/8/4)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
懸念材料も多く軟調な展開
(2011/5/17)

2011年の国内IT市場はマイナス4.5%の予測、2012年には復調との見方
IDC Japanは、東日本大震災の影響を受けて2011年の国内IT市場は前年比4.5%減の12兆165億円になるとの予測を発表した。(2011/4/18)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
懸念材料も多く冴えない展開
(2011/3/24)

藤田正美の時事日想:
菅総理に贈る言葉――「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」
ある調査によると、企業経営者は景気が二番底に陥る可能性は低い、と見ているようだ。しかし失業率が5%を超えるなど、明るい材料は少ない。日本経済の先行に不透明感が漂う中、菅総理は再建に必要なことを語るべきではないだろうか。(2010/12/27)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
決算期待や追加緩和期待が根強く、利益確定売りをこなして堅調
(2010/10/13)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
世界的な景気回復を織り込むように堅調
(2010/10/4)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
3連休を控えた週末にもかかわらず大幅高
(2010/9/17)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株高や円高一服を好感して堅調だが閑散小動き
(2010/9/9)

相場英雄の時事日想:
閣僚の軽い発言は、政治主導の弊害なのか
国内総生産(GDP)という経済指標をご存じだろうか? 1年間に日本国内で生産した物やサービスの総額を意味し、国の経済規模を表す指標として用いられている。しかしこの重要な指標を巡って、閣僚の軽い発言が相次いでいる。(2010/9/2)

藤田正美の時事日想:
ニホン経済を救うのは、菅直人か小沢一郎か
9月14日に民主党の代表選挙が行われるが、多くの国民は“冷めた目”で見ているのではないだろうか。菅総理と小沢前幹事長は権力争いを繰り広げるのではなく、日本の課題を浮き彫りにし、政策論争に力を入れてほしいものだ。(2010/8/30)

“経済危機に勝つ”リスクマネジメント(4):
出口戦略もおぼつかない。世界同時不況はまだ続く
一部には「経済は回復基調」との見解もあるが、世界同時不況はそれほど簡単には解決しない。これまで各国が行ってきた金融テコ入れ策から「どう手を引くか」という出口戦略の可能性を考えてみても、今回の不況がいかに根深いものかをうかがい知ることができる。企業の戦略担当者はいま一度、腹をくくり直しておくべきだ。(2010/8/12)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
主要企業の好決算や経済指標の底堅さを好感して大幅高
(2010/7/23)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州金融不安の後退や好決算発表を好感して大幅高
(2010/7/14)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
景気回復鈍化が嫌気されてダウ平均は6日続落
(2010/7/2)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
持高調整の売りも嵩んで大幅安
(2010/6/9)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
ダウ平均は大幅高だが、景気減速懸念も根強く、ナスダックは小幅安
(2010/6/9)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
売り飽き気分もあって節目での底堅さを確認する展開
(2010/6/8)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州財政危機の広がりやそれに伴う景気減速懸念が強まり大幅下落
(2010/6/8)

藤田正美の時事日想:
戻ってきた、二番底の恐怖
順調に回復してきたかのように見える世界経済だが、二番底の危険性はないのだろうか。ギリシャの債務危機や朝鮮半島の緊張などを考えれば、「二番底の可能性はない」とは言えないだろう。(2010/5/31)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
腐った日本を買い叩け!
毎週土曜連載の『カブ・ジェネレーション』。5月7日にはギリシャ危機やユーロ不安でダウ平均が一時1000ドル近く下落。ハゲタカと呼ばれたあの男もついに目を覚ましたようです。(2010/5/15)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
雇用改善への失望感や過熱感から売られて軟調
(2010/4/1)

藤田正美の時事日想:
いつまでニホンはカネを借り続けるのか 借金1000兆円時代の行方
ギリシャの債務問題が明らかになってから、「日本は大丈夫なのか?」と思った人も多いのではないだろうか。2010年度末、日本の借金は国と地方を合わせて1000兆円に達する見込みだが、この異常事態に鳩山政権が打つ手はあるのだろうか。(2010/3/8)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
芳しくない景気指標の発表を受けて軟調
(2010/2/24)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州は金融不安が一段落で反発だが、米国市場は「出口戦略」懸念から大幅下落
(2010/2/9)

「2つのIT変革」で顧客のビジネス価値創出を支援する――NTTデータ・山下社長
ビジネス環境が目まぐるしく変化する中、多くの企業では業務効率化といった従来のような考え方ではなく、外に目を向けた戦略的なIT活用を実践しつつある。そうした顧客に対してNTTデータは「2つのIT変革」をもって支援するという。(2010/2/5)

藤田正美の時事日想:
ジャパン発の“double dip”という懸念
リーマンショック以降、厳しい経済環境が続いている中、米国経済に“朗報”が流れた。昨年第4四半期のGDP成長率は年率で5.7%と、2003年以来の高い数字を残した。しかしこれで二番底懸念が消えたというわけにはいかないだろう。(2010/2/1)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
2010年、バレンタインのキーワードは“おウチLOVE”
不況が深まり、景気の二番底割れも懸念されている昨今。そんな中、バレンタインでも、高価なブランドチョコ消費よりも、安価な手作りチョコ優先という流れが押し寄せている。今年のバレンタイン、キーワードは“おウチLOVE”である。(2010/1/21)

シトリックス大古会長に学ぶ「不況期における企業の成長戦略」
この極寒の経済環境に光明を見いだしたいと考える企業は少なくない。海外展開にその可能性を見いだす企業は多いが、「いいものだから高く売れるはず」という考えではもはや立ちゆかない。本稿では、シトリックス・ジャパンの取締役会長である大古俊輔氏に不況期における企業の成長戦略を聞いた。(2010/1/14)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
世界的な景気回復を織り込むような格好で出遅れ銘柄が物色されて堅調
(2010/1/12)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
雇用統計は芳しくないが超低金利継続期待から堅調
(2010/1/12)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
迷走する鳩山政権
政権交代を歓迎する「ハネムーン期間」を過ぎ、支持率が急落している鳩山政権。日米外交、暫定税率、デフレなど課題は山積だが、いまひとつ首相の決断力が欠けているのだ。(2010/1/6)

アジアへのシフト、鮮明に
2010年の財界団体および大手企業のトップの年頭所感では、アジアをビジネス上の重要地域とする内容が多く見られた。(2010/1/5)

藤田正美の時事日想:
「アジアは重要」という考え方に、“落とし穴”はないのか
「アジア市場とともに成長する」という議論が盛んに行われているが、その考え方に落とし穴はないのだろうか。アジアとともに成長していこうとするのであれば、これまでのような輸出に頼らない、新たな経済関係を築く必要があるだろう。その新しい関係とは……。(2010/1/5)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
年の瀬にサブプライム問題を振り返ってみる
毎週土曜連載の『カブ・ジェネレーション』第39回。一連の金融不況で、保有株が大幅に値下がりしたあずさ。そのうらみを原因となった企業にぶつけようとしているようです。(2009/12/26)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
投資判断の引き上げなどに反応、景気回復を織り込む格好で堅調
(2009/12/22)

藤田正美の時事日想:
そして2010年、日本に明るい材料はあるのか
「二番底はあるのか? 2010年の景気はどうなるのか?」――といったことが気になる人も多いのでは。世界全体に見て“最悪期”は脱したようだが、日本はそうはいかないかもしれない。その理由は……。(2009/12/21)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
週末の大幅高の反動や円高を嫌気して売られるが底堅い展開
(2009/12/14)

藤田正美の時事日想:
ドバイの“火”は消えたのか……ジワジワと迫る二番底の影
アラブ首長国連邦・ドバイ首長国の金融不安がきっかけとなり、急激な円高・株安が進んだ「ドバイショック」。政府・日銀の対応を受け、過度な不安感はひとまず後退したが、ドバイの金融不安の火種はくすぶり続けているのかもしれない。(2009/12/7)

藤田正美の時事日想:
鳩山政権はこの試練を乗り越えることができるのか
日本にデフレという“妖怪”が、再び現れた。さらに円高により、「デフレが加速するかもしれない」といった懸念が高まっているが、鳩山政権はそれほど警戒心が強くないのではないだろうか。(2009/11/30)

IDC Japan調べ:
09年のIT投資予算、前年度より「増やす」企業が16.1%
IDC Japanが発表した国内企業のIT投資動向の調査結果によると、IT投資を増やすと答えた企業が5月から増加した。(2009/11/10)

新連載! 吉田典史の時事日想:
冬のボーナスが下がる? いや……来年も再来年も上がらない
ある研究所の調査によると、冬のボーナスの支給額は過去最大の下げ幅だという。「業績が低迷しているから、仕方がない。来年はきちんともらえるだろう」といった考えは改めた方がいいかもしれない。その理由は……?(2009/11/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
持高調整や信用収縮懸念の売りがかさなり大幅下落
(2009/11/2)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株高や業績回復期待から堅調だが先行き懸念も根強く上値も限定的
(2009/10/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。