ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サティア・ナデラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サティア・ナデラ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Microsoftの1〜3月決算、クラウドとゲームが好調
Microsoftの1〜3月決算は、前四半期に続けてパンデミックの巣ごもり需要で2桁台の増収増益だった。Web会議サービス「Teams」のDAUは1億4500万人を超えた。(2021/4/29)

視点:
縦割り・タコつぼ打破のための9か条
企業統治にルールと権限は必要である以上、多かれ少なかれ、官僚的な要素は不可欠であるが、過度な官僚化は「縦割り」を招き、自己の利益を優先する「タコつぼ」がいたるところに発生する。(2021/4/26)

「Microsoft Ignite Recap Community Day」をダイジェストで紹介:
PR:Microsoftの“今と未来”が分かる「Microsoft Ignite 2021」の見どころをギュッと凝縮!――日本のコミュニティリーダー厳選の発表内容総まとめ
Microsoftが自社の最新テクノロジーとその展望を披露する年次カンファレンス「Microsoft Ignite」。そのMicrosoft Igniteを聴講した日本の技術コミュニティのリーダーが“特に気になった発表内容”を厳選して紹介する日本独自の振り返りイベント「Microsoft Ignite Recap Community Day」をダイジェストでお届けする。(2021/4/22)

Weekly Memo:
クラウド市場競争は次なるステージへ、Microsoftによるヘルスケア企業「2兆円買収」の背景
Microsoftがヘルスケア分野で多くの顧客を持つ音声認識サービス企業を2兆円余りで買収すると発表した。クラウドサービスを強化するのが目的だが、この動きの背景にはどのような市場の勢力図があるのか。(2021/4/19)

Microsoft、音声認識のNuanceを262億ドル(約2兆円)で買収すると正式発表
Microsoftが音声認識大手のNuance Communicationsを買収すると発表した。買収総額は197億ドル(約2兆1551億円)。AzureやTeamsなどにNuanceの技術を統合し、主に医療業界向けソリューションを強化する。(2021/4/13)

IntelのゲルシンガーCEO、「米国の新半導体工場立ち上げに200億ドル投じる」
2月にIntelのCEOに就任したパット・ゲルシンガー氏が「IDM 2.0」戦略を打ち出し、米国内での2つの半導体工場建設に200億ドル(約2兆1726億円)投じる計画や、7nmプロセスの実現について語った。(2021/3/24)

Googleさん:
GoogleとMicrosoftのいがみあい、過激なレベルに メディアへの対価支払い問題で
MicrosoftのCEOがサティア・ナデラさんになってから、しばらく穏やかだったMicrosoftとGoogleの関係に、また亀裂が入りそうです。きっかけは、記事で儲かってるGoogleはメディアにお金を払うべき、という風潮にMicrosoftが「あからさまに日和ってる」(by Google)こと。(2021/3/14)

Microsoftが金融、製造業、NPO向けクラウドソリューションを新たに発表 その目玉機能は
「Microsoft Cloud for Financial Services」「Microsoft Cloud for Manufacturing」「Microsoft Cloud for Nonprofit」はそれぞれ金融サービス、製造業、非営利団体のニーズに特化する。(2021/2/26)

Windowsフロントライン:
Microsoftのイベントは2021年もデジタル化が続くのか
2021年7月まではリアルイベントを開催しないと宣言し、完全なデジタルイベントを展開している米Microsoftだが、今後の動きはどうなるのだろうか。現状を整理した。(2021/2/15)

Googleさん:
Googleが「Stadia」のオリジナルゲーム製作をあきらめた理由
Googleが、ゲームクラウド「Stadia」のオリジナルゲーム製作のために立ち上げたスタジオを閉鎖する。「アサシン クリード」などを手掛けたカリスマが率いるチームは解散。オリジナルゲームは生まれなかった。(2021/2/14)

Microsoft、リモートワーク時代の新イントラネット「Viva」発表
Microsoftがリモートワーク時代の“従業員体験プラットフォーム”、「Microsoft Viva」を発表した。「Microsoft 365」と統合されており、同日からパブリックプレビューを試せる。(2021/2/5)

Microsoftの10〜12月決算、コロナ禍で売上高・純利益ともに過去最高
Microsoftの2020年10〜12月期決算は、コロナ禍の在宅勤務と巣ごもり需要により、売上高、純利益ともに過去最高だった。ナデラCEOは「(コロナ禍による)DXの夜明けを推進する」と語った。(2021/1/27)

GM傘下の自動運転Cruise、Microsoftなどから20億ドル調達 Azure採用
MicrosoftがGM傘下の自動運転システム企業Cruiseとの提携と同社への新規株式投資を発表した。Cruiseはクラウドプラットフォーム「Azure」を採用し、自動運転車の商品化を推進する。Microsoftやホンダなどからの20億ドル超の出資により、Cruiseの評価価値は約300億ドルになる。(2021/1/20)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
黄昏の時期に入ったx86
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年を通して振り返ってみて感じた「x86」への筆者の見解をお届けする。(2021/1/18)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(3):
Microsoft TeamsをDXのハブに、ローコードツール連携など最新オススメ機能とは
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第3弾は、「新たなコラボレーション環境がもたらすDX」を見ていく。(2021/1/14)

PR:企業内のデータ管理から分析まで統合する「Azure Purview」と「Azure Synapse Analytics」の威力
(2020/12/18)

Windowsフロントライン:
最新の四半期決算にみるMicrosoftとWindowsとPCの関係
新型コロナウイルスの影響で好調な決算を残したMicrosoft。クラウドシフトが反映された結果だが、Windowsの行く末が今後の同社を左右するという。その理由は?(2020/11/9)

Microsoft決算、コロナ禍の在宅勤務需要で過去最高の純利益
Microsoftの7〜9月期決算は、売上高は12%増、純利益は過去最高の30%増だった。コロナ禍による世界的な在宅勤務の増加でクラウドとSurfaceが、また、“巣ごもり需要”でゲーム事業も好調だった。(2020/10/28)

Microsoft、「フォールアウト」のZeniMaxを75億ドルで買収 PS5独占ゲームは独占のままに
クラウドゲーミングに注力するMicrosoftが、「フォールアウト」や「Doom」のゲームスタジオBethesdaなどを擁するZeniMaxを75億ドルで買収する。Xbox Game Passの拡充が目的だ。(2020/9/22)

製造マネジメントニュース:
海外生産立ち上げをHoloLens2で遠隔支援、武蔵精密工業のニューノーマル対応
日本マイクロソフトが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響下における中堅中小企業の事業継続に向けた支援について説明。製造業の取り組み事例として、自動車部品メーカーの武蔵精密工業が、「HoloLens2」による海外生産立ち上げの遠隔支援について紹介した。(2020/9/14)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
なぜ? 中国アプリTikTokに米トランプ大統領が異例の圧力
中国発の動画共有アプリ「TikTok」に対して、米国のトランプ政権が異例の圧力をかけている。圧力をかける根拠は、アプリが「プライバシーを侵害し、安全保障上の脅威となっている」というものだが、その証拠は見つかっていない。なぜTikTokが標的とされたのだろうか?(2020/8/12)

トランプ米大統領、TikTokのMicrosoftによる買収を容認も「9月15日までに決まらなければ国内使用禁止」
MicrosoftがTikTokサービスの買収で中国ByteDanceと交渉中であることについて、トランプ大統領は、9月15日までに話をまとめなければTikTokを米国で使用禁止にすると語った。(2020/8/4)

マイクロソフト、TikTok米国事業の買収に向けて交渉を継続すると明らかに
「MicrosoftはTikTok買収に向け交渉していたが、大統領の反発を受けて中断した」と報じられていました。(2020/8/3)

Microsoft、TikTok買収を検討中と正式発表 「トランプ大統領とも会談済み」
Microsoftが、米国でのTikTok運営権を中国ByteDanceから買収する計画を正式に発表した。ナデラCEOがトランプ米大統領に相談し、計画を進めている。トランプ氏はTikTokの米国での使用を禁止すると語っていた。(2020/8/3)

Adobe Experience Cloud事業責任者が語る:
ベールを脱いだAdobeの「ヘッドレスサービス戦略」とは?
Adobeがデジタルトランスフォーメーション(DX)支援の中核製品と位置付けるAdobe Experience Cloudは、企業にどんな価値を提供するのか。事業責任者へのグループ取材で明らかになった今後の戦略を解説する。(2020/7/30)

Microsoft決算は増収減益 “巣ごもり需要”でXbox売上高が64%増、Surfaceも好調
Microsoftの4〜6月期決算は、売上高は13%増、純利益は15%減でいずれも予測を上回った。コロナ禍による“巣ごもり需要”でOffice 365、Xbox、Surfaceが好調だった。(2020/7/23)

多拠点に散在するデータを保護し、リスク化するダークデータを管理する:
PR:データ保護対策がカギ ニューノーマルの向こうに見える「DXの次」とは
感染症を発端に企業の変革が急加速し、「DXの次」を目の前にデータ保護の問題は深刻化している。エッジで激増するデータやサイバー攻撃の高度化、セキュリティリスクにつながるダークデータなど、多角的に広がる課題にどう対処するべきか。(2020/7/14)

コスト、セキュリティのリスクをどう回避するか:
PR:ポストコロナ時代、ITを主体的に活用するための鉄則とは
新型コロナウイルス感染症をきっかけに、テレワークが急速に浸透している。今回のパンデミックは多くの企業に対し、ビジネスを遂行する上でITが不可欠であることを改めて痛感させた。しかし、急な変化に伴って“従来のリスク”が一層高まることも忘れてはならない。ポストコロナ時代に、ビジネスを効率的かつ安全に推進するために不可欠な取り組みとは何か。(2020/6/24)

Withコロナ:
アフターコロナで不可欠となる“Teams”や“WVD”の活用事例、日本マイクロソフト
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、米マイクロソフトが提供するコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」とDaaS(Desktop as a Service)「Windows Virtual Desktop(WVD)」の利用が世界各国で拡大していることを受け、日本マイクロソフトはアフターコロナの働き方改革に有効なツールとして普及を推進している。(2020/6/16)

#BLMを表明する米IT企業トップたち
黒人男性ジョージ・フロイド氏の白人警官の暴行による死を契機に高まっている「#BLM(Black Lives Matter)」に、AppleやGoogleをはじめとする多数の米IT企業のCEOが人種差別反対を表明した。(2020/6/5)

Microsoft、「Azure Arc enabled Kubernetes」をプレビュー公開 OpenShift、Rancherなどとも統合可能に
米Microsoftが「Azure Arc enabled Kubernetes」をプレビュー公開。Azureを中心にAWSやオンプレミスなどを含むマルチクラウド基盤を構成するサービス「Azure Arc」をKubernetes対応にしたもの。Red Hat OpenShift、Canonical Kubernetes、Rancher Labsにも対応する見通し。(2020/5/28)

製造マネジメントニュース:
新しい働き方“ニューノーマル”は人手作業をロボットの遠隔操作で実施
日本マイクロソフトは2020年5月27日、新型コロナウイルス感染症(COVID−19)対策とその先にある“ニューノーマル(新常態)”に向けた取り組みについてオンライン記者会見を開催。中堅中小企業やスタートアップ企業などに向けたテレワーク支援の現状と、“ニューノーマル”を目指すスタートアップ企業の事例などを紹介した。(2020/5/28)

Microsoft、バーチャル「Build 2020」を5月19日から48時間、無料で開催へ
Microsoftの年次開発者会議「Build 2020」が、日本時間の5月20日午前0時から48時間通しでオンラインで開催される。新型コロナウイルスの影響で物理的な開催は断念したが、登録すれば抽選もなく、無料で参加できる。(2020/5/1)

Microsoft決算、新型コロナの影響は“ミニマル” 「Teams」のDAUは7500万人超
Microsoftの1〜3月期決算は、新型コロナの影響は最小限で、予想を上回る増収増益だった。Web会議サービス「Microsoft Teams」のDAUは6週間前から70%増え、7500万人を超えた。(2020/4/30)

よくわかる人工知能の基礎知識:
2020年は量子コンピュータ元年? 実用化の可能性やAIとの関係を考える
最近話題の量子コンピュータとは一体何なのか。基本的な知識と、実用化の可能性を探る。(2020/4/3)

ビル・ゲイツ氏、Microsoftの取締役を辞任 テクノロジーアドバイザーは継続
Microsoftの共同創業者、ビル・ゲイツ氏(64)が同社取締役を退任する。自身の慈善団体での取り組みへの関与を増やすため。テクノロジーアドバイザー職には留まる。(2020/3/14)

「Edge」と「Chrome」 企業が選ぶべきWebブラウザはどちらか【後編】
「Edge」と「Chrome」の“新・ブラウザ戦争”に勝者がいない理由
同じ「Chromium」ベースとなったWebブラウザ「Chrome」と「Microsoft Edge」。企業向け標準Webブラウザの地位を懸けた両者の争いは、何をもたらすのか。(2020/2/24)

Windowsフロントライン:
NRF 2020にみるMicrosoftとクラウドの切っても切り離せない関係
世界最大規模の小売業界展示会「NRF 2020 Retail's Big Show」でオープニングキーノートの講演を行ったMicrosoftのサティア・ナデラCEO。そこから見えてきた、同社の取り組みや今後を見ていく。(2020/2/10)

LinkedInのワイナーCEOが会長に 後任CEOは製品担当上級副社長
Microsoft傘下のLinkedInで11年CEOを務めたジェフ・ワイナー氏が退任し、現在製品およびユーザー体験担当のライアン・ロスランスキー上級副社長が後任を務める。ワイナー氏は会長として留まる。(2020/2/6)

Microsoft、2030年までに「カーボンネガティブ」になると宣言 10億ドルファンド設立
Microsoftが2030年までにカーボンネガティブ(排出するよりも多くの二酸化炭素を除去する)になり、2050年までに同社が創業以来排出してきた二酸化炭素をすべて除去するという目標を掲げた。関連技術開発のために向こう4年間で10億ドルを投じるファンドも設立した。(2020/1/17)

製造マネジメントニュース:
NTTとMicrosoft、新たなデジタルソリューションで戦略的提携
Microsoftと日本電信電話は、ユーザーのデジタルトランスフォーメーションを推進する新たなデジタルソリューションの提供に向けた戦略的提携に合意した。ICTインフラやクラウド、AIなど両社の強みを融合させる。(2020/1/9)

2020年のクラウド業界も予測:
2019年、AWS以外が「マルチクラウド」をあおった理由――相次いだ買収劇と勢力図の変化を解説しよう
競合同士による協業やクラウドベンダーによる他社の買収劇が相次いだ2019年。読者がよく耳にしたのが「マルチクラウド」「コンテナ」といった用語だったのではないか。その裏側には、これまでの競争の形を大きく変えた各ベンダーの思惑がある。(2019/12/25)

Windowsフロントライン:
Microsoft TeamsとSlackは舌戦で火花を散らす
SlackとMicrosoft Teamsの舌戦が激しさを増している。これまでの経緯とこれからをまとめてみた。(2019/12/16)

ハイブリッドクラウドが向かう先【前編】
Microsoftの「Azure Arc」は「Anthos」や「AWS Outposts」と何が違うのか?
Microsoftは「Azure Arc」の投入でハイブリッドクラウド分野をより強化する狙いだ。Azure Arcとは具体的にどのようなサービスで、競合ベンダーのハイブリッドクラウド製品/サービスと何が違うのだろうか。(2019/12/12)

Googleさん:
Google創業者コンビの引退は「逃げ」? 彼らはこれから何をやるのか
社内では労使問題、対外的にはプライバシーや独禁法問題が山積みのGoogleとその親会社Alphabetの手綱をスンダー・ピチャイさんに預けたペイジ&ブリンの2人はどこへ行くのでしょう。(2019/12/8)

AppleやTeslaなど多数のIT企業CEOが米政権の「パリ協定」残留求める公開書簡に署名
AppleやTeslaなど多数のIT企業CEOが米政権の「パリ協定」残留求める公開書簡に署名(2019/12/3)

製造業DX:
PR:マイクロソフトの製造業担当トップが強調する、DX4つの論点とその前提にあるもの
製造業向けのデジタルトランスフォーメーション支援に力を入れるマイクロソフト。製造業がDXを進める上で重要視すべきポイントは何か、またマイクロソフトが支援する中でどういう点を重視しているのか。マイクロソフトで製造業分野を統括するチャリオン・アルカン氏に話を聞いた。(2019/11/25)

業務を効率化するITツールの最新事情:
Microsoftとのコラボで注目 Steelcaseが目指す新しい仕事場の形
世界的なオフィス家具メーカー、Steelcaseが考える新しいオフィスの形とは?(2019/10/31)

世界を読み解くニュース・サロン:
アップルの“告げ口”でサムスンに危機? 貿易戦争を揺るがす一声
米アップルのクックCEOが、トランプ大統領に“告げ口”をしている。対中関税制裁でアップルは大きな影響を受けるが、競合の韓国・サムスンは対象にならないからだ。アップルとトランプの関係は深く、今後のサムスンのビジネスに影響を及ぼすかもしれない。(2019/10/17)

石川温のスマホ業界新聞:
マイクロソフトがAndroidで2画面デバイスを開発――世間を驚かす提携を次々に仕掛けるサティア・ナデラCEO
Microsoftが「Surface Duo」というデバイスを2020年末に発売することを発表した。2画面でスマートフォンとしても使えるということ以上に、Googleと提携してAndroidを搭載することが驚きだ。(2019/10/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。