ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サティア・ナデラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サティア・ナデラ」に関する情報が集まったページです。

Microsoftの開発者向けサービス「Microsoft Dev Box」とは【前編】
Windows 365ベースのクラウドワークステーション「Microsoft Dev Box」とは?
Microsoftが開発者向けに提供するクラウドワークステーションの「Microsoft Dev Box」。開発者はMicrosoft Dev Boxを使うことで、何ができるようになるのか。機能と特徴を説明する。(2022/6/23)

Microsoftは予想を上回る増収増益 Azureなどクラウドが好調
Microsoftの1〜3月期決算は予想を上回る増収増益だった。AzureやTeamsなどのクラウドサービスやLinkedInが好調だった。(2022/4/27)

Microsoftの「Windows Powers the Future of Hybrid Work」まとめ
Microsoftはハイブリッドワークに関するオンラインイベントを開催し、“世界初のクラウドPC”と称する「Windows 365」と「Windows 11」の新機能を紹介した。発表されたことを簡単にまとめた。(2022/4/6)

Windowsフロントライン:
2022年はWindows 11普及の年になるのか
AdDuplexによるWindows 10/11のシェア動向を毎月レポートしているが、今月はWindows 11のシェア推移に話題が集まっている。(2022/4/1)

“インターネットの次の波”に乗るMicrosoft
「メタバースはゲーム用」ではない? Microsoftが積極投資する“本当の理由”
Microsoftが投資を活発化させているのが「メタバース」だ。ゲーム大手買収もメタバース事業強化の一環だが、Microsoftはメタバースをゲームのためだけの技術だとは捉えていない。同社の狙いとは。(2022/3/13)

Microsoft、クラウド好調で売上高が初の500億ドル超
Microsoftの2021年10月〜12月期の決算は2桁台の増収増益だった。コロナ禍による在宅勤務の継続で引き続きAzureやTeamsが好調だった。(2022/1/26)

CIO Dive:
ビッグテック企業にならえ GAFAMのハイブリッドワーク戦略をまとめてみた
近年、オフィスワークとテレワークを使い分けるハイブリッドワークに注目が集まっている。GAFAMのような大企業はこれに向けてどのような準備を進めているのだろうか。5社の動向をまとめた。(2022/1/19)

クラウド/コンテナ/クロスプラットフォーム/DevOps/リモート開発:
PR:最新の開発トレンドに対応すべく強化された「Visual Studio 2022」で何が変わるのか?
Microsoftは2021年11月8日、統合開発環境(IDE)の最新版「Microsoft Visual Studio 2022」をリリースした。製品名に付く“年式”が変わるメジャーバージョンアップは、2019年4月リリースの「Visual Studio 2019」以来、約2年半ぶりとなる。最新版のVisual Studio 2022では何が変わったのか。そして、それは開発者や開発組織が直面している課題をどのようにして解決してくれるのだろうか。(2022/1/6)

A-Styleフォーラム Vol.8:
Microsoftが提言するニューノーマル時代のクラウド化メリット、「目からウロコ!これからのクラウド活用術」<前編>
住宅用3DCADメーカー福井コンピュータアーキテクトは2021年10月1日、Webセミナーイベント「A-Styleフォーラム Vol.8」を開催した。建築分野におけるクラウド活用をメインテーマに、日本マイクロソフトによる基調講演をはじめ、指定確認検査機関の建築確認申請電子化の解説、実力派設計コンサルによる設計効率化テクニックの紹介など、多彩かつ充実した3時間となった。前・中・後編と3回に分けてお送りするうち、前編の今回はオープニングセッションと日本マイクロソフトの基調講演を中心にレポートする。(2021/12/21)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Google、Microsoft、Adobe、IBM、Twitter なぜインド出身CEOはイケてるTech企業を導くのか?
その秘訣(ひけつ)はどこに? トップ企業の変革や成長を担うインド人CEOのパワーに迫る。(2021/12/13)

NEC森田社長を直撃【前編】:
NEC森田社長に聞くDXを推進する「3つのキーワード」 指針は「長期利益の最大化、短期利益の最適化」
NECがデジタル化の波に乗って飛躍しようとしている。その旗振り役である森田隆之社長にインタビューした。(2021/12/10)

Microsoftがコロナ禍でも増収増益した理由【後編】
「Azure」がAWSに“大逆転勝利”するナデラ氏の秘策とは
「Microsoft Azure」はMicrosoftの成長事業だ。クラウドサービス市場でAzureのシェアをさらに拡大させ、競合Amazon Web Servicesに勝つための同社の取り組みを説明する。(2021/11/30)

Microsoftがコロナ禍でも増収増益した理由【前編】
「Azure」売れまくりの理由と、「Surface」が“売れない”理由
堅調なクラウドサービス事業が、Microsoftに好業績をもたらしている。その背景には、ユーザー企業の“ある変化”があるという。それは何か。(2021/11/24)

ゼロトラストをワンストップで:
PR:Microsoft 365で実現するゼロトラストセキュリティとModern SOC
新しいセキュリティの考え方として注目を集めるゼロトラスト。Microsoft 365で実現するゼロトラストセキュリティと、ゼロトラスト導入後の運用課題およびその解決策について紹介したウェビナーの内容をお届けする。(2021/11/22)

Weekly Memo:
2022年、Web会議はどう進化する? ZoomとTeams、2大ツールが示した未来
コロナ禍をきっかけにWeb会議が普及を続けている。実際に、国内ではどれだけ利用されているのか。また、今後はどう進化していくのか。最新情報から探る。(2021/11/8)

Microsoft傘下のGitHub、フリードマンCEOが退任 後任はCPOのドームケ氏
MicrosoftがGitHubを買収した際にCEOに就任したナット・フリードマン氏が名誉会長に退き、後任にCPO(最高製品責任者)のトーマス・ドームケ氏が就任する。ドームケ氏はMicrosoftのHockeyApp買収で同社に加わり、GitHub買収を主導した。(2021/11/4)

「Mesh for Teams」を発表:
Microsoft Teamsがメタバース対応、3Dアバターと仮想空間で現実のミーティングを再現
Microsoftがオンライン会議ツールの「Microsoft Teams」を"メタバース対応"させる「Mesh for Teams」を発表した。 3Dアバターと仮想空間を使い、 現実のミーティングや共同作業を再現する。(2021/11/4)

Microsoft、クラウド好調で純利益が初の200億ドル超え
Microsoftが発表した7〜9月期の決算は、売上高は22%増、純利益は48%増。純利益は初めて200億ドルを超えた。Azureの売上高が50%増と好調だった。(2021/10/27)

Microsoft、中国版LinkedInを年内に廃止へ 「コンプライアンス要件の高まりに直面」
Microsoftが中国版LinkedInを年内に廃止すると発表。2014年から7年間提供してきたが、「非常に困難な運用環境」のため。中国では新たにSNS要素のないジョブアプリ「InJobs」を提供する。(2021/10/15)

キーワードは「チップからクラウドまで」:
PR:テレワークで従業員が“ハッピー”になる、PC選びの決め手はどこにある?
新たに導入するPC機種選定はスペック表にあるCPUやメモリなどの数字だけを見比べていないだろうか。特にセキュリティは「後付け」で対応すればいいとなおざりにされがちだ。テレワークが普及した今、PCの選び方もアップデートすべきだ。(2021/10/11)

Microsoft、米国オフィスの完全再開を無期限延期
Microsoftは米国オフィスの完全再開時期を「予測しない」と発表した。新型コロナの不確実性を考慮し、「安全が確保された時点で再開する」としている。8月の時点では10月4日に再開する予定だった。(2021/9/10)

Microsoft、ハイブリッドワークのためのTeams関連新機能とハードウェアを多数発表
Microsoftはコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」の複数の新機能を発表した。コロナ禍下、自社で培ったハイブリッドワークのノウハウを込めた。会議室用のインテリジェントカメラやリモート用のスピーカーなどのハードウェアも発表した。(2021/9/10)

製造業DXが生む3つの価値(2):
モビリティでリアルタイム情報収集を実現、AI活用でさらに強力なツールに
製造業でも多くの関心が寄せられている「DX」。前回連載の「製造業に必要なDX戦略とは」では、製造業におけるDXへの取り組み方を3つ例に挙げて解説した。本連載では、DX基盤を構築したその先で、具体的に「何が実現できるのか」を紹介する。(2021/8/27)

「Windows 11とは何か」を深掘りする【前編】
Windowsは“民主化勢力”であり続ける――「Windows 11」でMicrosoftが貫く意志
「Windows 11」とは何者なのか。表面的な理解にとどめないためには、機能を詳細に掘り下げる前に、MicrosoftがWindows 11で何を実現しようとしているのかを把握すべきだ。同社がWindows 11を世に出す意図とは。(2021/8/6)

Microsoftの4〜6月決算、過去最高を更新 AzureやLinkedInが好調
Microsoftの4〜6月期決算は、売上高、純利益ともに2桁増で過去最高を更新した。半導体不足でWindows OEMやSurfaceの売上高は減少したが、AzureやLinkedInが好調だった。(2021/7/28)

製造マネジメントニュース:
NECがマイクロソフトとの戦略的パートナーシップを拡大
NECとマイクロソフトは、戦略的パートナーシップを拡大する契約を締結した。複数年にわたる新たなパートナーシップにより、ユーザーのクラウド導入やDX加速、事業成長を支援する。(2021/7/26)

MacやAndroidからも利用できる:
「Windows 365」をMicrosoftが発表、「Cloud PC」を実現するクラウドサービス
Microsoftは「Windows 10」や「Windows 11」(2021年中にリリース予定)を体験する新しい方法としてクラウドサービス「Windows 365」を発表した。2つのエディションがあり、2021年8月2日から提供を開始する。(2021/7/16)

「Cloud PC」の中身が明らかに:
月額制VDIサービス「Windows 365」を発表 Windows 11をクラウドで
Microsoftは2021年8月2日に、Windows 365の一般提供を開始する。同社が「Cloud PC」と呼ぶこのサービスは、Windows 10やWindows 11が稼働する仮想デスクトップ環境をクラウドで月額提供する。(2021/7/16)

MicrosoftとNECが戦略的パートナーシップを拡大、企業・公共機関のビジネスレジリエンスと事業成長を支援
MicrosoftとNECは、戦略的パートナーシップを拡大する契約を締結したと発表した。MicrosoftのAzureやMicrosoft 365、NECの5Gなどのネットワーク技術、両社のAIやIoTソリューションを活用し、企業や公共機関のクラウドシフトやDX、ビジネスレジリエンス、事業成長を支援する。(2021/7/14)

Googleさん:
Windows 11で動くAndroidアプリ その背景にあるもの
Windows 11でAndroidアプリが使える──。でもGoogleは直接関わっておらず、可能になったのはIntelとAmazonのお陰です。Microsoftは「アプリストアのお手本を目指す」と言っていますが、その背景にはSpotifyやEpicとApple、Googleとの係争があるようです。(2021/6/27)

次世代Windowsは「Windows 11」Win10ユーザーは2022年から無償アップグレード
Microsoftが「Windows 11」を発表した。2021年後半から提供を開始するが、Windows 10ユーザーがアップグレードするのは1年後になる見込みだ。同社CEOのサティア・ナデラ氏は「次世代Windowsの最初のバージョン」と説明する。(2021/6/25)

Windows 11イベントで“新しいMicrosoft Store”も発表 条件によっては開発者収益100%に
Microsoftは「Windows 11」発表イベントで、Windowsのアプリストア「Microsoft Store」も新しくすると発表した。あらゆるアプリ(Win32、.NET、UWP、Xamarin、Electron、React Native、Java、PWA)を受け入れる。独自決済プラットフォームを利用する開発者の収益は100%になる。(2021/6/25)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」番外編:
どうしたMicrosoft、どうなるWin 10? 「Windows 11」説急浮上の背景と“モヤモヤ”を解説しよう
「Win 10は最後のメジャーアップデート」って言ったじゃないか――! と、心の中で叫んだユーザーは多いのではないでしょうか。Win 10運用の課題や疑問を解説する本連載、終了したはずでしたが、急きょ番外編をお届けします。Microsoftは、ここに来て一体何をしようとしているのでしょうか? 6月25日の“Xデー”を前に、予想してみましょう。(2021/6/23)

Microsoft、サティア・ナデラCEOを兼任会長に選出 現会長は主任取締役に
Microsoftのサティア・ナデラCEOが取締役会長を兼任することになった。現会長のジョン・トンプソン氏は筆頭独立取締役に就任。同社のCEOが会長を兼任するのはビル・ゲイツ氏以来だ。(2021/6/17)

Microsoft、クラウドゲーム専用端末を開発中
Microsoftはテレビやディスプレイに接続してクラウドゲームをプレイできるようにする専用端末を開発していると発表した。年内に「Xbox Game Pass Ultimate」のクラウドゲームサービスを日本で提供開始することも発表した。(2021/6/11)

Microsoftの“次世代Windows”はやっぱり「Windows 11」?
Microsoftが間もなく発表する“次世代Windows”の名称についてのヒントとみられる動画を公開。イベント開催時間が午前11時であることやイベント告知画像の窓の影の形なども、「Windows 11」のヒントだったのかもしれない。(2021/6/11)

Windowsフロントライン:
次期Windowsはどういった姿になるのか?
米Microsoftが6月2日(米国時間)、次世代Windowsに関するオンラインイベント「What's Next for Windows」を日本時間で6月25日午前0時から開催すると予告した。その経緯報告と今後を予測してみよう。(2021/6/4)

日本時間で6月25日午前0時〜:
Microsoftが次世代Windows発表イベントを予告
米Microsoftが6月24日午前11時(米国東部標準時)から次世代Windowsに関するオンラインイベントを開催する。日本時間では6月25日午前0時からとなる。(2021/6/3)

Microsoft、“次世代Windows”発表イベントを6月25日午前0時開催
Microsoftは6月24日(日本では25日)にWindows関連のオンラインイベントを開催する。ナデラ氏がBuild 2021で“次世代Windows”としていたものについてだ。ナデラ氏とパノス・パネイCPOが登壇する。(2021/6/3)

Windowsフロントライン:
過去10年で最も重要なWindowsのアップデートとは?
Microsoftの開発者カンファレンス「Build 2021」がオンラインで開催された。Windowsを中心に最新の話題を整理してみよう。(2021/6/1)

Build 2021:
Microsoft、「Teams」向けアプリ「collaborative apps」のAPIなどを発表
Microsoftは「Teams」上で稼働するアプリ「collaborative apps」の開発ツールを発表した。開発者はアプリを「Teams Store」で公開できるようになる。TeamsのDAUは1億4500万人だ。(2021/5/26)

Build 2021:
MicrosoftのナデラCEO、「次世代Windowsを間もなく発表」
Microsoftのサティア・ナデラCEOは「Build 2021」初日の基調講演で、次世代Windowsについて語った。「間もなくこの10年で最も重要なWindowsアップデートの1つについて発表する」。(2021/5/26)

Weekly Memo:
加熱する「業種別クラウド」競争、セールスフォースの攻勢で浮かび上がってきた課題とは
クラウドサービス市場で「業種別」のソリューションを展開する動きが活発になってきた。これに伴い、同市場の次なるステージに向けた顧客獲得競争が一層激化しそうだ。この動きを筆者なりに考察してみたい。(2021/5/24)

ビル・ゲイツ氏、Microsoft従業員との不適切な関係が会長辞任の一因との報道
Microsoftの女性エンジニアが2019年、ビル・ゲイツ氏との不適切な関係について取締役会に申し立て、取締役会が調査している中、ゲイツ氏が会長を辞任したとWall Street Journalが報じた。ゲイツ氏の広報担当はそうした関係があったことを認めた。(2021/5/17)

Microsoftの1〜3月決算、クラウドとゲームが好調
Microsoftの1〜3月決算は、前四半期に続けてパンデミックの巣ごもり需要で2桁台の増収増益だった。Web会議サービス「Teams」のDAUは1億4500万人を超えた。(2021/4/29)

視点:
縦割り・タコつぼ打破のための9か条
企業統治にルールと権限は必要である以上、多かれ少なかれ、官僚的な要素は不可欠であるが、過度な官僚化は「縦割り」を招き、自己の利益を優先する「タコつぼ」がいたるところに発生する。(2021/4/26)

「Microsoft Ignite Recap Community Day」をダイジェストで紹介:
PR:Microsoftの“今と未来”が分かる「Microsoft Ignite 2021」の見どころをギュッと凝縮!――日本のコミュニティリーダー厳選の発表内容総まとめ
Microsoftが自社の最新テクノロジーとその展望を披露する年次カンファレンス「Microsoft Ignite」。そのMicrosoft Igniteを聴講した日本の技術コミュニティのリーダーが“特に気になった発表内容”を厳選して紹介する日本独自の振り返りイベント「Microsoft Ignite Recap Community Day」をダイジェストでお届けする。(2021/4/22)

Weekly Memo:
クラウド市場競争は次なるステージへ、Microsoftによるヘルスケア企業「2兆円買収」の背景
Microsoftがヘルスケア分野で多くの顧客を持つ音声認識サービス企業を2兆円余りで買収すると発表した。クラウドサービスを強化するのが目的だが、この動きの背景にはどのような市場の勢力図があるのか。(2021/4/19)

Microsoft、音声認識のNuanceを262億ドル(約2兆円)で買収すると正式発表
Microsoftが音声認識大手のNuance Communicationsを買収すると発表した。買収総額は197億ドル(約2兆1551億円)。AzureやTeamsなどにNuanceの技術を統合し、主に医療業界向けソリューションを強化する。(2021/4/13)

IntelのゲルシンガーCEO、「米国の新半導体工場立ち上げに200億ドル投じる」
2月にIntelのCEOに就任したパット・ゲルシンガー氏が「IDM 2.0」戦略を打ち出し、米国内での2つの半導体工場建設に200億ドル(約2兆1726億円)投じる計画や、7nmプロセスの実現について語った。(2021/3/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。