ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「総務」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「総務」に関する情報が集まったページです。

政治的介入の懸念:
TSMCのアリゾナ工場設立、米議員が差し止めを要求
米上院少数党院内総務のChuck Schumer氏と、その他2人の民主党議員が、TSMCが米国アリゾナ州に建設を予定している半導体工場のプロジェクトについて、差し止めを要求した。(2020/5/25)

auが「ケータイ」「ルーター」向けの新料金プラン 12月26日から提供
2020年1月から改正電気通信事業法と関連する総務省令・ガイドライン類がスマートフォン以外の端末にも本格適用される。それに伴い、auがケータイとWi-Fiルーター向けの新たなプランを発表した。(2019/12/23)

漫画で防犯呼びかけ 神奈川県警、Twitterのフォロワー数倍増ねらい 「若者が読んで祖父母世代に伝えて」
 防犯情報を効果的に発信しようと、神奈川県警では現在、生活安全総務課犯罪抑止対策室の公式ツイッターで防犯をテーマとして企画された「防犯漫画」を連載している。(2019/11/29)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(5):
契約前作業なんて当たり前?――常務は分かってくれない
オンラインショップ「スマホ・デ・マルシェ」の開発が始まって、早2カ月。開発は順調に進んでいるが、契約がまだ結ばれていないことが発覚した。担当の小塚は、承認を止めている総務担当常務に手続きを進めてくれるようお願いしに行くが……。(2019/10/31)

富士通、村田製作所が大臣賞:
CEATEC AWARD 2019、受賞企業を発表
2019年10月15日に開幕する展示会「CEATEC 2019」(シーテック 2019)の主催者であるCEATEC実施協議会は10月14日、CEATEC 2019に展示される技術、製品、サービスなどの中から優れたものを表彰する「CEATEC AWARD 2019」(シーテック アワード 2019)の受賞企業を発表した。富士通が総務大臣賞、村田製作所が経済産業大臣賞を受賞した。(2019/10/14)

PR:日本HPの多機能液晶ディスプレイ「E243d」は総務部の救世主だ!――テストで分かったお勧めの理由
日本HPの“ドッキングモニター”こと「HP EliteDisplay 23.8型ワイドドッキングモニター E243d」は、接続するPCを選ばない高い柔軟性と、最新の機能を備えた注目の1台だ。そのうたい文句は本当なのか、試してみた。(2019/9/24)

特別企画:働き方改革を加速させる新しいコミュニケーションのヒント Vol.5:
PR:総務部門の真の働き方改革とは?
働き方改革の主役ともいえるのが総務部門。しかし、改革のために自分たちが忙しくなりすぎてしまっては元も子もない。負担を軽くする方法は……。(2019/10/9)

面倒な勤怠管理業務を省力化できる
就業状況を一元的にリアルタイムで“見える化”して手軽に勤怠管理する方法
「働き方改革関連法」の施行により、従業員の就業管理がますます重要になっている。総務・人事部門の作業を減らすとともに、従業員や管理職に負荷をかけることなく正確な就業管理が実現できる「就業管理システム」とは何か。(2019/9/4)

エアコン直撃を防ぐファンを自作したスーパー総務スタッフ現る 原材料費わずか数百円で実現
弊社にもほしい。(2019/8/29)

auが「アップグレードプログラムEX」などの新規受付を9月30日で終了 市場環境の変化を受けて
au(KDDIと沖縄セルラー電話)の機種変更サポートプログラムが、9月30日をもって新規申し込みの受け付けを終了する。電気通信事業法の改正とそれに伴う総務省令の改正や楽天モバイルの新規参入など、事業環境の変化を受けた判断だ。(2019/8/1)

オートモーティブ インタビュー:
空飛ぶクルマは日本の規制で実現しない? 経産省の思いは
2018年夏、経済産業省は何を狙って空飛ぶクルマに関する官民協議会を立ち上げたのか。経済産業省 製造産業局 製造産業技術戦略室長の三上建治氏と同局 総務課 課長補佐の牛嶋裕之氏に話を聞いた。(2019/6/6)

菅官房長官が掲げた「令和」墨書がPDFデータで公開中 内閣府Webサイトにて
墨書データの使用については条件に該当し、大臣官房総務課長が使用を認めた場合のみ可能です。(2019/5/16)

形だけの業務改善になっていないか
全ての関係部門を幸せにするワークフローはどう構築すればいいのか
ワークフローの効率化は、営業、人事、総務、経理、情報システムなど、企業のさまざまな部門で必要とされる。形だけの効率化ではなく、部門間の連携までを見据えた真の効率化を実現するにはどうすればいいのだろうか。(2019/3/18)

山口土木が堅牢PC「Latitude Rugged」を現場で活用、工期が3分の2に短縮し売り上げ倍に
ICTの全面的な活用を導入し生産性向上を図る山口土木は、デルの高耐久タブレット「Rugged」を現場で積極的に活用している。導入を決定したのは、同社の取締役 統括技術部長兼総務部長・松尾泰晴氏。「プロの土木アスリートとして、新しい建設業のスタイルをつくる」を掲げ、業務効率化の実績は業界内でも高く評価されている。(2019/3/6)

創業52年・年間100万食を販売「あづま給食センター」:
PR:オフィスのランチ難民を救え 老舗のオフィス向け宅配弁当メーカー、ITで起こす配達革命
慢性化する都心のオフィス街での「ランチ難民」。老舗企業向け弁当メーカー「あづま給食センター」がITを活用した弁当宅配サービスに取り組む。職場の総務担当を通さずキャッシュレスでも決済できるのが特徴。(2019/3/1)

使用感を徹底レポート:
PR:「月刊総務」編集長&若手営業が体験!  “才色兼備”なEIZOディスプレイは実務にどう役立った?
総務・人事部門向け専門メディア「月刊総務」の豊田健一編集長と若手営業担当者が、デザイン性と高機能性が特徴のEIZO社製ディスプレイ「FlexScanシリーズ」を体験。日々の業務にどう役立ったのか?(2019/2/26)

クラウド勤怠管理システムの選び方
情シスが知っておきたい、人事のお仕事カレンダー
勤怠管理業務のシステム化プロジェクトは、人事や総務と情報システム部門が密に連携して進める必要がある。「人事部門の繁忙期」を知らずにいると、思わぬところでトラブルが起きかねない。(2019/2/18)

PR:総務部門注目の「LINE WORKS」 ワークスタイル変革の“切り札”となる4つの理由とは?
ワークスタイルの変革をサポートする存在として、総務担当者が注目しているのが、ビジネスチャットツール「LINE WORKS」だ。LINEがなぜ変革の切り札になるのか。そこには、LINEならではの4つの理由がある。実際に現場でどのように活用できるのか、ソリューション提供を担うKDDIに聞いた。(2018/12/25)

「知らなかった」では済まされない:
違反すると懲役刑や罰金刑も! 「残業時間の上限規制」の影響を弁護士に聞いた
2019年4月から働き方改革関連法が施行される。「残業時間の上限規制」など関連法の内容と、企業団体の人事・総務に求められる具体的な対応を、TMI総合法律事務所パートナーの近藤圭介弁護士に聞いた。(2018/12/20)

「Web給金帳Cloud」が進化:
PR:まだ「紙」を使っていますか? 総務部門の働き方改革、成功のカギは「オフィス文書の手渡し廃止」
インターコムが提供する給与明細電子化サービス「Web給金帳Cloud」が進化。これまでも、明細のペーパーレス化が総務の「働き方改革」につながることから支持を集めていたが、新たに辞令など明細書以外のファイルの配付にも対応。ユーザー企業の規模を問わず、あらゆるオフィス文書をクラウド上で配ることができる仕様に進化した。(2018/11/27)

スキャンマンの取り組み:
PR:総務はたったの1人? 「何でもデジタル化すればいいわけではない」
派遣型スキャン代行サービスを提供する「スキャンマン」は2013年設立当初からバックオフィスのデジタル化に積極的に取り組み続けてきた。これまでどのような試行錯誤を重ねてきたのか。杉本社長にそのノウハウについて話を聞いた。(2018/11/20)

働き方改革にもつながる:
PR:人事総務担当者のイライラを解消! 社員の質問に自動回答してくれるAIチャットボットが登場
(2018/11/19)

「月刊総務」豊田編集長に聞く:
総務や人事が働き方改革の“ボトルネック”になっていないか?
企業で「働き方改革」をリードする立場にある総務部門や人事部門。このミッションを遂行する上で彼ら自身の働き方も焦点になってくる。事情に詳しい「月刊総務」の豊田編集長に勘所を聞いた。(2018/10/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
常識を「非常識」に徹底するマツダの働き方改革
マツダの働き方改革について書きたいと思う。あらかじめ断っておくが、マツダの働き方改革は、いわゆる総務・人事の領域の話ではない。それは徹底的にクルマづくりの話なのだ。(2018/10/22)

CEATEC 2018:
金属や水の上でも特性が下がらない小型アンテナ、工場見える化の課題を解決へ
京セラは、「CEATEC JAPAN 2018」において、金属や水の上でも特性が低下しない小型アンテナ「Amcenna(アムセナ)」を披露する。Amcennaを組み込んだ無線振動センサーモジュールも開発中であり、自社工場や顧客による実証試験の後、早ければ2019年内にも事業化したい考え。なおAmcennaは「CEATEC AWARD 2018」の総務大臣賞を受賞している。(2018/10/16)

情シスの相棒は総務だった!? 会社を救う最強タッグ(3):
PR:“普通”のスマホは利用禁止!? 海運男子のIT活用を支える「総務系情シス」
製造業や流通業など、現場の力が強い業種はIT化が進みにくいといわれる。しかし、全国に拠点を持つ海運会社「ハヤシ海運」では、経営企画部の活躍によって、ペーパーレスやタブレット導入といった業務のIT化を進めている。(2018/10/15)

情シスの相棒は総務だった!? 会社を救う最強タッグ(2):
PR:高級ファッション専門店「バーニーズ ニューヨーク」のIT活用 そのカギは、情シスと総務のゆるい連携
「情シス」と「総務」。同じ管理部門でありながら、会社が大きくなればなるほど、足並みがそろわなくなるのが一般的だ。しかしバーニーズ ジャパンでは、情シスと総務の“ゆるい”連携で、ITによる業務効率化を進めている。(2018/8/27)

妻に怒られて定年延ばす人も:
「65歳定年制」導入から4年 オリックスのシニア社員は活躍しているのか
他社に先駆けて「65歳定年制度」を導入してから4年がたったオリックス。制度の利用者は活躍しているのか。「HR EXPO」のセミナーで、グループ人事・総務本部 副本部長の直井厚郎氏が実態を明かした。(2018/7/12)

働き方改革の基本は“勤怠管理”にあり
マンガで解説:仕事が終わっても直帰できない“タイムカードの呪縛”
「外出先からタイムカードのためだけに会社に戻るなんて面倒だ。その上、残業が多いと言われても困る」。現場からそんな不満を突き付けられた人事・総務が取るべき対策は?(2018/6/14)

会議の生産性向上への第一歩
総務部門の悩み「使っていないのに会議室が取れない」問題をIoTで解決する
従業員からは「会議室が足りない」「空予約を何とかして」と突き上げられ、経営層からは「労働生産性向上を」とプレッシャーがかかる。総務部門の悩みをどう解決する?(2018/2/19)

属人化はどう防ぐ?:
「1人総務」驚異の働き方のカギ
複雑で多岐にわたる総務の仕事。そんなバックオフィス業務を「デジタル化」でたった1人でこなしている企業がスキャンマンだ。「1人総務」を可能にするカギを聞いた。(2017/5/29)

漫画家の高井研一郎さん亡くなる、79歳 「おそ松くん」のキャラデザなど
ビッグコミックで「総務部総務課山口六平太」を連載していた。(2016/11/14)

総務大臣賞に「ンダモシタン小林」「寝冷えネコのオムライス」など:
「2016 56th ACC CM FESTIVAL」贈賞式が開催、広告×デジタル企画が台頭
全日本シーエム放送連盟は「2016 56th ACC CM FESTIVAL」の贈賞式を開催。総務大臣賞/ACCグランプリとして宮崎県小林市のPR動画「ンダモシタン小林」(インタラクティブ部門)などが表彰された。(2016/11/3)

“ITソムリエ”を目指してTBWA HAKUHODOの情シスがやっていること
博報堂とTBWAワールドワイドのジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社、TBWA HAKUHODOは今、情シス改革の真っ最中だ。現場視点で課題を解決し、生産性を高めていくために、情報システム部門はどんな取り組みをしているのか。総務部の部長を務める古川健司氏に聞いた。(2016/10/18)

総務・人事・経理ワールド2016:
16年のトレンドは“働きやすく、おいしい”オフィス
働きやすくするためのサービスや技術は進歩している。その進化が一堂に会する「第11回 総務・人事・経理ワールド2016」のレポをお届けする。(2016/7/15)

PR:新年度の準備、いろいろとツラすぎるのですが――頼られ情シスがズバッと解決!
新年度の準備がこんなに大変だとは――。そんなため息をついている情シスはいませんか?「組織変更や異動に加え、新卒の対応や中途入社も多いから作業フローがどんどん複雑化する」「人事や総務と連携して作業を進めることが多いから確認事項が増える」などなど。そんな新年度の悩みを“頼られ情シス”はどうやって解決するのでしょうか?(2016/5/31)

スピン経済の歩き方:
マスコミ報道を萎縮させているのは「権力」ではなく「中立公平」という病
総務大臣が公平性を欠く放送を繰り返した放送局の電波停止に言及したことについて、ジャーナリスト6人が「発言は、憲法や放送法の精神に反している」などと声明を発表。西側諸国のジャーナリズムは「政治的中立性」といったスローガンを放棄しているのに、なぜ日本は支配されているのか。(2016/3/15)

特集:FinTech入門(6):
金融庁はFinTech革命にどう向き合うのか?――新たな決済サービス、キャッシュマネジメントサービス、電子記録債権、XML電文、国際ローバリュー送金、そして規制改正
金融とITの融合によって多様で革新的な金融サービスを生み出す原動力になると期待されるFinTech。FinTechは日本の金融システムに何をもたらそうとしているのか? 1月20日に開催された「BINET倶楽部セミナー」では、金融庁総務企画局企画課で企画官を務める神田潤一氏が「日本におけるFinTechの活性化に向けた金融庁の取り組み」と題して講演を行った。(2016/3/2)

戦略総務への道:
PR:海外出張手配をビジネス戦略に生かす! 日立システムズ×H.I.S.の新ソリューション
事業のグローバル展開の加速に伴い、多くの日本企業では海外出張が急増している。しかし一方で、海外出張にまつわる事務作業が肥大化し、総務や経理といった管理部門の負担が大きくなっているのだという。それを解決する手段はあるのだろうか……?(2016/1/22)

国連機関ITUへの功績が認められ小尾氏に総務大臣賞
国連機関ITU(国際電気通信連合)への功績が認められ、小尾敏夫教授に総務大臣賞が贈られることになった。小尾教授は、ITmediaエグゼクティブのアドバイザリーを務めている。(2015/5/14)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務の仕事――夏(7〜9月)
総務の仕事には、季節に応じて毎年定例的に行うものがあります。今回は、7〜9月にかけての夏季の仕事のなかから、車両使用に関する問題と、防災・安全についてまとめました。(2015/3/18)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務の仕事――春(4〜6月)
総務の仕事には、季節に応じて毎年、定例的に行うものがあります。今回は、4〜6月にかけての春の仕事のなかから、新入社員の受入れと株主総会にまつわる法務事務を取り上げます。(2015/3/11)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
「情報」に関わる仕事を知る
時代とともに総務の仕事は変化していますが、一方で変わらない原理原則もあります。今回は、仕事の生産性について紹介します。(2015/3/4)

事務ごよみ:
期限切れの契約や労使協定のチェックを――3月の事務ごよみ【総務・法務】
社員の身分証明書や会社事務所の賃貸借契約など、年度末が期限切れのものがあれば、必要に応じて更新や期限延長など所定の手続きをします。法定保存年限の定めのある帳票や、自社で保存年限を決めている文書類についても確認しましょう。(2015/2/27)

事務ごよみ:
情報管理体制のチェックを――2月の事務ごよみ【総務・法務】
毎年2月は「情報セキュリティ月間」です。顧客情報や社員の個人情報などを取り扱う自社の情報管理体制に不備はないかをチェックしましょう。(2015/2/4)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
「もの」に関わる仕事を知る
総務が行う用度品や固定資産などの管理の仕事は、一般的に「庶務業務」とよばれています。庶務業務はこまごまとした仕事で期限も明確ではないことが多いため、とかくおろそかにされがちです。(2015/1/19)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
人が育つ土壌をつくる
総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を紹介する本連載。今回は社員の特性や能力を活かす適材適所の配置と、キャリア教育について考えます。(2015/1/6)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
「採用から退職まで」の手続きを知る
総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を紹介する本連載。今回は重要な経営資源の1つである「ヒト」に関わる仕事、採用と退職の手続きについて解説します。(2014/12/26)

事務ごよみ:
年始の行事運営や事務手続き、年始回りを計画的に――1月の事務ごよみ【総務・法務】
年始の行事は職場のコミュニケーション向上や士気高揚の意味合いからも、しっかり行いたいもの。早めに準備を整え、気持ちよくスタートさせましょう。(2014/12/22)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務の代表的な仕事、「法定事務」を知る
総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を紹介する本連載。今回は、総務の代表的な仕事である「法定事務」について、制定の背景や立法の趣旨を解説します。(2014/12/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。