ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Torque」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Torque」に関する情報が集まったページです。

10月9日は「TORQUEの日」 京セラが記念プレゼントキャンペーンを開催
10月9日は、京セラのタフネス端末ブランド「TORQUE(トルク)」の記念日。これにちなんで、同社はTORQUEユーザーを対象とするプレゼントキャンペーンを実施する。(2019/10/9)

「TORQUEを出したらカシオさんが喜んでくれた」 京セラに聞く、タフネス携帯の歴史
京セラの高耐久ケータイとスマートフォンの累計集荷台数が1000万を突破した。京セラがタフネス携帯の開発を始めた経緯、各ブランドの違い、耐久性能にまつわる京セラならではの技術、ユーザー属性などについて聞いた。(2019/8/12)

Mobile Weekly Top10:
「Galaxy Fold」いよいよ発売へ/「dアカウント」のセキュリティコード通知で注意喚起
先行レビューで破損事故の相次いだフォルダブルスマートフォン「Galaxy Fold」。破損につながる部分を改善した上で、9月中に一部地域で販売開始すべく準備が進められています。(2019/7/29)

タフネススマホ「TORQUE」を愛する理由と、改善してほしいところ 現役ユーザーに聞く
京セラは、高耐久性スマートフォン「TORQUE G04」と、登山アプリ「YAMAP」のコラボ企画 として、TORQUE G04専用アクセサリーの開発を行う。この企画の第1弾として、7月10日に「登山とTORQUEに関する座談会」が開催された。座談会では、TORQUEの現役ユーザーがさまざまな思いを語った。(2019/7/22)

京セラの高耐久携帯、世界で累計出荷1000万台を突破
京セラは、同社の高耐久ケータイとスマートフォンの世界累計出荷台数が1000万を突破した。「Dura」「TORQUE」シリーズなど北米を皮切りに世界各地で製品化し、11年で達成となった。国内最新モデル「TORQUE G04」は8月下旬に発売する予定。(2019/7/5)

高耐久スマホ「TORQUE」に2年ぶりの新モデル カメラ機能を強化 auの2019夏モデルで
au京セラが高耐久Androidスマートフォン「TORQUE」シリーズの新製品を8月下旬に発売する。(2019/5/13)

Antec、アルミパネル14枚を組み合わせたオープンフレーム型PCケース
リンクスインターナショナルは、米Antec製のオープンフレーム型PCケース「Torque」の取り扱いを開始する。(2019/1/21)

「カメラと動画でワクワクを」 au 2018年夏モデルの狙い 5月下旬に“発表会”も
KDDIは、2018夏の端末ラインアップを発表。カメラと動画にフォーカスしたスマホ6機種、フィーチャーフォン1機種の計7機種を投入する。夏モデルのコンセプトは? auならではの魅力とは?(2018/5/15)

シニア・子ども向け端末も:
KDDIが春モデル発表 初のHuawei製スマホなど安価な機種充実
KDDIがスマートフォン・タブレットの2018年春モデルを発表。同社初となる中国Huawei製のスマホ「HUAWEI nova 2」など6機種を、1月下旬〜2月下旬に発売する予定。(2018/1/9)

10月9日は「TORQUE(トルク)の日」 東京・昭島でオーナーズイベントを開催
京セラのスマートフォン・ケータイブランド「TORQUE(トルク)」。ブランド名にちなんで同社が10月9日を「TORQUEの日」として日本記念日協会に申請したところ、それが認定された。第1回記念日をオーナーとともに祝うイベントを開催することも決定した。(2017/9/6)

「TORQUE G03」があればアクションカメラはもういらない? 最新タフネススマホをじっくりチェック
auの京セラ製タフネススマホの最新モデル「TORQUE G03」が6月下旬以降に発売される。前モデルのG02から何が変わったのか? ファーストインプレッションをお届けしたい。(2017/6/2)

au 2017年夏モデル発表 ホームIoTサービスも開始【画像追加】
KDDIが、2017年夏モデルを発表した。スマートフォンが7機種、フィーチャーフォンが2機種。家庭内で利用するIoTサービスも開始する。(2017/5/30)

TORQUE X01が「最強のタフネスケータイ」である理由は? auのユーザーイベントで体験
auでは6年ぶりのタフネスケータイ「TORQUE X01」が発売された。そんなTORQUE X01をいち早く試したいという人のために、KDDIと京セラがイベントを開催。京セラが「最強のタフネスケータイ」と呼ぶ理由は?(2017/2/24)

石野純也のMobile Eye(1月3日〜13日):
KDDIが「学割天国U18」で“段階制”のデータ定額を打ち出した理由
KDDIがauの春モデルと春商戦に向けた学割を発表した。auの学割は“段階制”のデータ定額が最大の特徴。MVNOやY!mobileに対抗し、若年層を獲得しておきたいKDDIの思惑が見え隠れする。(2017/1/14)

防水・防塵、耐衝撃 6年ぶりのタフネスガラケー「TORQUE X01」、auが発売
au春モデルとして、タフネスケータイ「TORQUE X01」が登場。アウトドアを楽しむユーザー向けに、米軍の基準を満たす高い防水・防塵、耐衝撃性能などを備える。(2017/1/11)

TORQUEオーナーズイベント第2弾は「イルカでGO」 高耐久デモがもっと“手荒”に
その“タフネスさ”から、特別な体験がエスカレートしているauのTORQUEオーナーズイベント。メーカーの反応と今後も展開を聞いた。(2016/8/10)

TORQUEオーナー至福の熱い夜 潜入!「au × TORQUE オーナーズイベント」
京セラ史上初という高圧洗浄機「ケルヒャー」を使った防水性能デモや、氷の中に閉じ込めたTORQUEに電話をかけてきちんと着信するという温度耐久デモも披露した。(2016/7/11)

「ポタフェス」で披露:
カスタマイズして遊べる米TORQUEのヘッドフォン&イヤフォン、モダニティが販売
モダニティは、TORQUEのヘッドフォン「t402v」およびイヤフォン「t096z」を国内で販売する。スタイルと音質をカスタマイズできるユニークな製品だ。(2016/7/8)

京セラの“洗える”スマホ「DIGNO rafre」を洗濯機で洗うとどうなる!?
うっかり洗濯機で洗ってしまいました。大変申し訳ありません。(2016/4/5)

京セラ、ダカールラリー参戦のホンダにタフネススマホ「TORQUE」を提供
京セラは、砂漠やジャングルなど過酷な環境を走破する「DAKAR RALLY 2016」へ二輪部門で出場するホンダ・レーシングへ高耐久スマートフォン「TORQUE KC-S701」を提供する。(2015/11/18)

Mobile Weekly Top10:
Apple Watchを2カ月使って分かったこと/auのメール障害、発生からまもなく10日目も完全復旧せず
2大スマートウォッチの「Apple Watch」と「Android Wear」を2カ月使って分かったこととは? 携帯販売ランキングでは夏モデルの存在感がますます低下しています。(2015/7/21)

故障率も低い:
“タフネス難民”希望の星 「TORQUE」の打たれ強さを確認してきた
KDDIと京セラが高耐久スマホ「TORQUE」の耐久試験を公開。一度途絶えたタフネスモデル復活の背景と、世界初という耐海水性能を実現するための開発経緯も説明した。(2015/7/16)

海中撮影もできる:
KDDI、京セラ製「TORQUE」「URBANO」を7月16日から順次発売
KDDIは、京セラ製スマホの「TORQUE G02」「URBANO V02」を7月16日から順次発売する。TORQUEは従来機からタフネス性能をアップし、世界で初めて水中でもカメラが利用できるようになった。(2015/7/15)

寒さや荷重にも耐える:
最強スマホ「TORQUE」が弱点を克服! 海中での撮影に対応
7月上旬の発売を予定しているauの「TORQUE G02」は、世界初となる耐海水性能を備えるスマホだ。従来機種のTORQUE G01からどう進化したのかを踏まえ、そのタフネスっぷりを紹介したい。(2015/5/25)

石野純也のMobile Eye(5月11日〜22日):
3キャリアが夏モデル発表――スマホ、フィーチャーフォン、サービスの違いは?
この2週間は、大手3キャリアが新機種や新サービスを発表し、モバイル業界が大いに盛り上がった。今回は、そんな3キャリアの発表内容から読み取れる戦略の違いを解説したい。(2015/5/24)

「最強、再び」――世界初、海水中で使えるスマホ「TORQUE G02」 auが発売
au夏モデルの「TORQUE G02」は、世界で初めて海水に対応した防水機能を備えたスマートフォンだ。(2015/5/14)

IGZO液晶搭載:
作戦エリアがさらに拡大! 世界初の“耐海水”スマホ「TORQUE G02」
あの「TORQUE」がさらにタフネスに。今度の「TORQUE G02」は耐海水性能を備え、海中でのカメラ撮影も可能になった。非接触充電の「Qi」に対応し、端子カバーを開けずに充電できるようになったのもポイントだ。【画像追加】(2015/5/14)

価格別 LTE対応SIMフリースマホまとめ――「ディスプレイ、本体サイズ、重さ」編
多数のSIMロックフリースマートフォンが登場し、選択肢が広がってきた。そこで、LTEに対応するSIMロックフリースマホのスペックを比較する。まずはディスプレイ、本体サイズ、重さをまとめた。(2015/5/4)

Mobile World Congress 2015:
海外で存在感放つ京セラ、勝利の方程式は「高耐久×法人」
コンセプトは「高耐久」。バルセロナで開催された「MWC 2015」の京セラブースは“ラグド”系の高耐久スマートフォンで埋め尽くされていた。(2015/3/23)

Mobile World Congress 2015:
注目すべき発表を総復習!――「MWC 2015」開幕前日レポート
Samusungの「Unpacked」イベントに始まり、ソニー、HTCなど各社が新端末をお披露目するとうわさされているMWC 2015の見どころを予習していこう。(2015/3/1)

京セラ、ソーラー充電できる「TORQUE」ベースのスマートフォンを開発
京セラは、太陽光充電できる「TORQUE」ベースの高耐久なスマートフォンのプロトタイプを「MWC」2015で展示する。(2015/2/27)

石川温のスマホ業界新聞:
ソニー平井一夫社長がモバイル事業で「他社との提携」を明言 ━━相手になるのは中国メーカーか、それとも日本メーカーか
2月18日に経営方針説明を行ったソニー。同社の平井社長はテレビおよびモバイル事業について他社との提携を検討していることを明かした。(2015/2/27)

京セラが欧州のスマートフォン市場に参入、「TORQUE」を投入
京セラは、タフネス仕様のスマートフォン「TORQUE(KC-S701)」を今春から欧州に投入する。(2015/2/13)

「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2014」開催――ノミネート製品が決定!
2014年を代表するスマートフォンを選定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」を開催。まずはノミネート製品「10ベスト」を発表します。(2014/12/15)

サファイアガラスをディスプレーに採用
徹底レビュー:あり得ない強靭さ、京セラ“高耐久性スマホ”「Brigadier」はどこまで耐えられるか
Brigadierは厚みがあって、決して見た目がよいとはいえない。だが、耐久性に優れた本体と非常に強靭なサファイアガラスのディスプレーは検討に値する。(2014/11/9)

5.5型って大きすぎません?:
「大きいスマホは欲しくない」人のための小型スマホ5選
大画面スマホが主流になりつつあるが、携帯性や操作性の面で、画面と本体サイズが小さなスマホを好むユーザーがいる。そんな一人である筆者が選ぶベスト5とは?(2014/9/11)

開発陣に聞く「TORQUE G01」:
京セラが限界に挑んだ“最強スマホ”「TORQUE G01」 国内向けモデルのポイントとは?
米国国防総省の物資調規格に準拠した京セラの“高耐久”スマホ「TORQUE G01」。北米市場では10年以上の実績がある同社のタフネス端末だが、国内のau向けモデルは今回が初めて。その開発背景を担当者に聞いた。(2014/9/8)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第14回:
Huawei、LG、ASUS、freetel――注目メーカーの最新SIMロックフリースマホ
2014年は、さまざまなメーカーがSIMロックフリーのスマートフォンを投入し始めた。ミッドレンジからローエンドモデルが中心だが、キャリアが販売する端末よりも安く購入できるのが魅力でもある。4月以降に発表された注目機種と注意点などを紹介したい。(2014/7/25)

京セラ、「TORQUE」発売記念イベントを8月2日・3日に開催――エクストリームパフォーマンスを生披露
京セラは8月2日・3日の両日、東京ミッドタウンで「TORQUE G01」の発売を記念したイベント「TORQUE extreme Fes.」を開催する。(2014/7/18)

石野純也のMobile Eye(5月12日〜23日):
ドコモ夏モデルとVoLTEの狙い/好発進の「au WALLET」/au回線を活用した「mineo」の新しさ
この2週間は、ドコモ夏モデルの発表や、ケイ・オプティコムのMVNO参入、au WALLETの開始など、モバイル業界のニュースがにぎわった。今回はこれら3つを取り上げたい。(2014/5/23)

写真と動画で解説する「TORQUE G01」
京セラの「TORQUE G01」は、MILスペックに準拠したタフネススマホ。かつてKDDIが販売していた「G'zOne」シリーズのファンや、個性的なスマホを求めるユーザーにオススメだ。(2014/5/12)

石野純也のMobile Eye(4月28日〜5月9日):
au夏モデルの独自性/au WALLET提供の狙い/ソフトバンクが発表会を行わない理由
5月7日にはKDDIが夏商戦向けの新機種やサービスを発表し、話題を集めた。スマホやタブレットはもちろんのこと、特に力を入れて発表したのが電子マネーサービスの「au WALLET」だった。一方でソフトバンクモバイルは当面発表会を行わないという。(2014/5/10)

機種を問わずに使えるauのAndroidスマホ向けホームアプリ「au ベーシックホーム」が5月下旬から提供
auのAndroid搭載スマホ向けホームアプリ「au ベーシックホーム」が登場。使用頻度の高いアプリの配置や追加/削除を簡単に行える。(2014/5/9)

KDDI夏モデルは大画面に高速通信 電子マネー「au WALLET」は「使わなきゃ損」
KDDIがau夏モデルスマートフォンと電子マネー「au WALLET」などの新サービスを発表した。キャリアごとの差が見えにくくなる中、ネットワークの安定性や速さだけにとどまらない総合的な満足度を追求していきたいという。(2014/5/8)

CAとWiMAX 2+対応機種を投入:
KDDIの2014年夏モデル、下り最大110Mbpsの「WiMAX 2+」を無料で利用可能に
KDDIが発表した2014年夏向けのスマートフォンおよびタブレットは、一部機種を除いてキャリアアグリゲーションとWiMAX 2+に対応。さらにWiMAX 2+対応機種はこれを無料で利用できる。(2014/5/8)

Mobile World Congress 2014:
京セラコンセプトモデルに見る「曲がるディスプレイの価値」
個性的なデバイスをアピールする京セラは、2〜3年後の登場を想定したスマートフォンとウェアラブルデバイスのコンセプトモデルをMWC2014のブースで公開していた。(2014/3/11)

Weekly Access Top10:
STAP細胞で注目の理研、Webから寄附の申し込みできますよ
先週は世紀の大発見「STAP細胞」が日本中で話題でした。理研にはWebから寄附の申し込みができます。(2014/2/3)

京セラの防水・防塵・耐衝撃仕様のLTEスマホ「Torque」、3月下旬に国内で販売――通信はドコモのXi
米Kyocera Communicationsが2013年にSprint向けに投入したLTE対応スマホ「Torque」(トルク)が、3月下旬に国内で発売される。ネットワークはドコモのものを利用する。(2014/1/27)

京セラの防水・防塵スマホ「TORQUE」国内投入 米軍事規格準拠
米国防総省軍事規格に準拠した防水・防塵の高耐久性Androidスマートフォン「TORQUE」(トルク)を京セラが国内投入へ。(2014/1/27)

石野純也のMobile Eye(11月11日〜11月22日)その2:
京セラが米国で好調の理由/3万円未満のタブレットで攻めるNEC
今回の「Mobile Eye」2本目では、北米市場でシェアを伸ばしている京セラの戦略と、250グラムの軽量7インチタブレット「LaVie Tab S」を発売したNECのタブレット戦略を取り上げる。(2013/11/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。