ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VDSL」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Very high-bit-rate Digital Subscriber Line

加入電話やフレッツ光で過大請求、NTT東西
NTT東西は11月16日、両社が提供している加入電話やフレッツ光マンションタイプなどの利用者に本来よりも多い金額を請求をしていたと発表した。(2018/11/16)

「ドコモ光」は何がお得なのか? 他社にない優位性は?――NTTドコモに聞く
「いくら安くなるのか分かりにくい」という声が多く挙がっている「ドコモ光」。結局のところどれだけお得になるのか? auやソフトバンクと比べてどうなのか? これらの疑問をドコモの担当者にぶつけてみた。(2015/2/20)

KDDIの大人の社会科見学的「電波調査ツアー」(前編):
「11ac」対応のau Wi-Fi SPOTで“実測200Mbps以上”の超高速通信を体験
KDDIが、下り最大150Mbpsモバイルネットワークを体感できる大人の社会科見学的「電波調査ツアー」を実施。au電波調査ツアーレポートの前編では、11ac対応のau Wi-Fi SPOTが導入されているエクセルシオールカフェと、海ほたるで電波測定を実施した。(2013/11/29)

PR:ギガぐっさんで光ぶっ太い! UCOM光ってどこがいい?
最近ネットを使っていると見かける「ギガぐっさん」の文字。TwitterやFacebook、そして交通広告などでよく見かける、光る衣装に身を包んだぐっさんこと山口智充氏の画像……。実はこれ、UCOM光が展開する、光インターネット回線のキャンペーンなのだ。(2012/3/5)

低消費電力の差動伝送規格:
SLVSインタフェースをFPGAで活用せよ
SLVSは、データ信号を高速かつ低消費電力で伝送する用途において、LVDSに替わって利用される機会が増加しているデータ伝送規格である。FPGAにSLVSを実装する場合には、LVDSを実装する場合とは異なるさまざまな知見が必要になる。本稿では、SLVSの概要と、FPGAにおける応用例を紹介する。(2011/9/20)

節電DIY:
パソコンの節電どうしてる? MSの「Windows PC節電策」を試してみた
PCの節電に関してはマイクロソフトが発表した「Windows PC節電策」が参考になる。ただ、OSによって本当に消費電力が変わるのか、など疑問も残る。そこで実際に試してみた。(2011/8/26)

企業のモバイル活用の最高峰は:
「MCPCアワード 2011」のグランプリ候補が出そろう
モバイルを活用したシステムの導入で成果を上げている企業や団体・自治体を表彰する「MCPCアワード」の、グランプリ候補の事例が出そろった。4月22日にグランプリが決定する。(2011/4/7)

ビジネスニュース 事業買収:
メディアテックが無線チップベンダーのRalink Technologyを買収へ
台湾の半導体ベンダーであるMediaTek(メディアテック)は、新たな市場開拓を目指し、台湾のRalink Technologyを買収する契約に合意した。(2011/3/17)

アナリストの視点:
通信関連市場の現状と将来の展望
ブロードバンドの普及やNGNなど、通信市場を取り巻く状況は変化している。通信機器やシステム、サービスに関する市場はどう変化していくのか。分析結果から、現状と将来の展望を伝える。(2010/2/23)

各種保護素子の使いどころを知る:
DSLシステムの保護回路
DSLでは、電話回線などの既存の回線を利用してデジタルデータ通信を行うことができる。このDSLのシステムには、雷サージなどの外部ノイズからの保護を実現する回路が必須だ。そして、その回路は、信号品質に影響を及ぼさないよう設計しなければならない。本稿では、ヒューズやTSPD、GDTなどの素子を用いて各種DSLシステムを保護する手法を紹介する。(2009/4/1)

伝統に“新しい風”:
iPhoneを利用した展示会ガイダンス――老舗百貨店 松屋が採用
老舗の百貨店の一角が、iPhoneやiPod touchを手にした人々でにぎわっている――松屋銀座本店でこんな光景を目にすることができる。展示会の会場ガイダンス用端末として、iPhoneやiPod touchが利用されているのだ。(2008/8/29)

帯域幅拡大:
すべての放送を光ファイバー1本で――「スカパー!光」の新サービス
スカパー!とNTT東日本が「スカパー!光」の伝送帯域を拡張する。これにより、BSデジタル放送の全チャンネルはもちろん、「e2 by スカパー!」やスカパー!のHD放送、2011年以降のBS新放送まで、「日本の放送がすべて光ファイバー1本で」視聴できることに。(2008/6/23)

NTTコムがマンション向け光サービスを料金改定、最大約262円の値上げ
NTTコミュニケーションズは9月より、マンション向け光インターネット接続サービスの月額利用料金を改定する。この改定によって、最大262.5円の値上げとなる。(2007/5/28)

Deutsche Telekom、IPTV拡大などの戦略を発表
ブロードバンド事業とモバイルインターネット事業に注力、中核事業以外は売却する――Deutsche Telekomが事業計画を明らかにした。(2007/3/2)

通話、映像、データのトリプルプレイの実現に向け:
多様化が進む広帯域ネットワーク
ブロードバンド環境が普及するに従い、ユーザーからの要求レベルもさらに高まってきた。今求められているのは、音声通話、映像配信、データ通信の「トリプルプレイ」の実現である。しかし、これを可能にする広帯域ネットワークの方式はいくつも存在し、それぞれに利害得失がある。そこで本稿では、個々の方式のメリットや課題、関連企業の動向などを整理してみたい。 (2006/10/1)

ソフトバンクBBに聞く、PLCの課題と展望
ネットワークケーブルも無線LANもいらないLANインフラとしても期待されるPLC(電力線搬送通信)だが、実用化への課題はまだ存在する。(2006/8/14)

インタビュー:
集合住宅の味方、電話や動画にも強いVDSL2
ADSLチップなどで知られるセンティリアム・コミュニケーションズは、新たに「VDSL2」のチップをリリースした。IP-TV、VoIP、高速データ通信のトリプルプレイが快適になる理由とは?(2006/7/12)

アッカのFTTHにOCNが対応
(2006/3/29)

Deutsche Telekom、MicrosoftのIPTVを採用
Deutsche TelekomはMicrosoft TV IPTV Editionを利用して、ドイツでコンシューマー向けにIPテレビサービスを提供する。(2006/3/22)

ACCAが個人向けFTTHに参入
(2005/11/24)

小寺信良:
急速に拡大するVOD事業の夢と現実(後編)
前回はVODが抱える問題として3つの縛り(ISP/回線網/PC)を説明したが、今回は実際にVOD導入から視聴までをテストしてみた。加入したオンデマンドTVへのインタビューも紹介。(2005/8/8)

小寺信良:
ケーブルテレビに見る“放送網とIP網の未来”
日本のブロードバンド普及の位一翼を担ってきたCATV。映像とIPの未来を見るならば、今CATVが一番面白い。「ケーブルテレビ2005」会場での展示から「放送とIP網の可能性」を考えてみた。(2005/6/20)

どう使う? 高速電力線通信
松下、三菱電機、ソニーの3社が高速電灯線通信(PLC)普及に向けたアライアンスを先日発表した。だが、技術的には面白いこのPLCも、クリアすべき課題が山積しており、それを乗り越えてまで実現させる意味があるのか、筆者には分からない。(2005/1/17)

エフビット、マンション向けに1Gbps回線を設置。VoDも
エフビットコミュニケーションズは、中規模以上のマンション向けに最大1Gbps回線を追加し、ビデオ・オン・デマンドなどの映像コンテンツ配信サービス「ギガタウン」を開始する。(2004/11/4)

「Yahoo!BB 光」スタートへ 1Gbpsを共有
ソフトバンクBBがFTTHサービスへの参入を正式発表。10月5日から受け付けを開始する。最大1Gbpsのアクセスラインを最大32ユーザーで共有する仕組みで、既存サービスに比べ高品質で安定しているという。(2004/10/4)

NTT西、Bフレッツ マンションタイプの利用料金やVDSL装置の値下げなど改定を実施
NTT西日本は、Bフレッツ マンションタイプの利用料金とVDSL装置の値下げなど、サービス内容の改定を実施する。いずれも9月1日より適用される。(2004/8/24)

1台のSTBでネットもVODも 松下がホテル・マンション向けサービス
最大15Mbpsの高画質映像を再生できる。STBにPCを繋げばネット接続も可能だ。(2004/8/17)

JANIS、「LR(ロングリーチ)VDSL」を利用した下り最大60Mbps/上り10Mbpsのサービス
JANISは、「LR(ロングリーチ)VDSL」を利用した最大で下り60Mbps/上り10Mbpsのサービス「ウルトラ60Mコース」を8月から開始する。(2004/7/28)

ケーブルテレビ2004
同軸ケーブルが“光”を超える? 「c.LINK」の仕組み
テレビの同軸ケーブルを使い、現在のFTTHを超える270Mbpsの伝送速度を実現する新しい通信技術「c.LINK」が「ケーブルテレビ2004」に登場した。松下はHDTVの伝送を前提としたホームネットワークを、またブロードネットマックスはマンションの構内ネットワークシステムを出展している。(2004/6/24)

TI、200Mbpsの新DSL規格「UDSL」を提案
米Texas Instrumentsは現行のインフラとの互換性を備えた、新しい高速DSL規格を発表。1.22〜1.83キロという基地局から比較的遠い距離でも利用可能で、距離が短ければ、200Mbpsのスループットを出すことができる。(2004/6/15)

ヒルトンにインターネットも利用できるミーティングスペースが誕生
ヒルトン・インターナショナルは、日本やグアムなどアジア・太平洋地区で新しいミーティングスタイル「Let''s Meet!」の提案を開始した。(2004/5/26)

USEN、下り最大100Mbpsで月額2980円のVDSLサービス
有線ブロードネットワークスはこのほど、集合住宅向けFTTHサービス「BROAD-GATE01」に、下り最大100Mbpsが可能なVDSLサービス「Type V」を追加する。7月開始予定。(2004/4/30)

USEN、最大100Mbpsの集合住宅向けVDSLを月額2980円で提供
(2004/4/28)

デジタル放送に本気のJ-COM、まずはPPVとHD化
ジュピターテレコムは、2003年度の業績と今後のサービスロードマップを発表した。ロードマップは基本的に前回の内容を踏襲しているが、CS再送信チャンネルのハイビジョン化、セットトップボックスの“マルチベンダー化”など、いくつかのアップデートがある。(2004/4/14)

200本の映画を見放題〜NTTコムの「CoDen光サービス」
NTTコミュニケーションズは、「下り最大100Mbpsのインターネット接続サービス」「IP電話」「オンデマンド映像配信サービス」の3つを組み合わせた「NTT Com CoDen光サービス」を、まずは集合住宅用として7月1日より提供開始する。(2004/4/8)

上り拡張ADSLをめぐる“もう一つの論争”〜標準化の動向は?
ADSLの上り帯域拡張方式をめぐり、これまで幾度となく繰り返されてきたスペクトル管理の論争。しかし、それとは別の場所でもう1つの論争が繰り広げられている。はたして、上り拡張方式の標準はどのような形で決着するのだろうか?(2004/4/7)

NTT東、Bフレッツ マンションタイプに最大100MbpsのVDSLを採用
(2004/3/25)

日光通信、マンション向け光ファイバー「e-Broad」を提供
(2004/3/18)

コミュファ、マンション向けサービス改定で各部屋まで光ファイバー敷設
(2004/1/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。