ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「weekly memo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「weekly memo」に関する情報が集まったページです。

Weekly Memo:
2021年、DXを支える注目のベンダーは? 急成長中の4社を紹介
2021年、企業のDXを支援するベンダーのうち、特に注目すべきベンダーはどこか。筆者が注目するのは、自社だけでなく他社と連携したエコシステムを広げることで台頭する4社だ。それぞれの興味深いポイントを紹介する。(2021/1/12)

Weekly Memo:
2021年、DXの進展に向けた意気込みは?――各社トップの年頭メッセージから探る
2021年、エンタープライズIT分野の最大のキーワードは、2020年に引き続き「DX」だろう。さらなる進展に向けたポイントは何か。企業団体やITベンダートップの年頭所感から探ってみたい。(2021/1/5)

Weekly Memo:
企業はDXに向けて「顧客の声」をどう生かすべきか――富士通の挑戦
DXによってビジネス変革を推進する際、顧客の声をどう生かしていくか。この重要なテーマに、富士通が最新ツールを使って挑んでいる。興味深い内容なので取り上げて考察したい。(2020/12/28)

Weekly Memo:
HPEの戦略にみる「新たなDXプラットフォーム競争」とは
日本ヒューレット・パッカードが2021年度の事業戦略を明らかにした。そこから、新たなDXプラットフォーム競争の構図が浮かび上がってきた。(2020/12/21)

Weekly Memo:
SAPジャパンが目指す「真のクラウドカンパニー」とは? 社長が明かす2021年の戦略
SAPジャパン社長に2020年4月就任した鈴木洋史氏に、「2020年の総括と2021年の戦略」について取材した。2021年の目標は「真のクラウドカンパニーになる」という。どういうことだろうか。(2020/12/14)

Weekly Memo:
NECが社長交代、次期社長の新たな戦略は? 「5つの発言」から掘り下げる
NECが社長交代を発表した。順当なトップ人事のようだが、ニューノーマル、そしてDXへと時代が大きく変化する中で、新社長はどのような経営のかじ取りを進めるつもりなのか。(2020/12/7)

Weekly Memo:
AWSやMicrosoftと異なる「Google Cloud」の魅力とは、同社パートナー事業トップの話から読み解く
メガパブリッククラウドとして、AWSやMicrosoft Azureと競合する「Google Cloud」。競合サービスと異なる魅力は何なのか。同社日本法人パートナー事業トップの話から探ってみたい。(2020/11/30)

Weekly Memo:
やっとクラウド化したのに“柔軟性のないシステム”を作ってしまう企業に足りない視点とは――ガートナー
10年後を見据えた情報システムはどうあるべきか。多くの企業が頭を悩ませるこの問題に対し、ガートナーのアナリスト亦賀忠明氏が、クラウドをテーマにした講演の中で「新築」に取り掛かれ、と提言した。今回はこの話について考察したい。(2020/11/24)

Weekly Memo:
政府のデジタル化推進にみるDXの勘所とは? 平井担当大臣やIT業界キーパーソンの発言から読み解く
政府がデジタル化推進に向けて動き出した。うまく事を運ぶポイントはどこにあるのか。それは企業のDXにとっても参考になるはずだ。平井担当大臣やIT業界のキーパーソンの発言から読み解いてみたい。(2020/11/16)

Weekly Memo:
“新常態”オフィスワークのDXをどう進めればいいのか ニーズの違いから読み解く
ニューノーマル時代に向けたオフィスワークのDXは、どのように進めればよいか。日鉄ソリューションズが発表した対応サービスの基となる提案から読み解いてみたい。(2020/11/9)

Weekly Memo:
富士通の大改革にみる「日本企業のDXの勘所」とは? DX推進役へのインタビューから読み解く
富士通が全社DXプロジェクトに取り組み始めた。多くの日本企業からもDX推進のケーススタディとして注目が集まる。なぜDX企業に変わるべきなのか。全社員がDX人材になる必要があるのか。DX推進役を担うキーパーソンの話から読み解きたい。(2020/11/2)

Weekly Memo:
システムと体制の両面で取り組む企業のDXの進め方、伝授します
企業はDXをどのように進めればよいのか。クラウドインテグレーターのテラスカイが提供する「DX Ready」と呼ぶソリューションに、そのヒントがありそうだ。(2020/10/26)

Weekly Memo:
GAFAに負けるな、DX企業を目指す富士通の研究開発の注力分野とは
「IT企業からDX企業への変革」を目指す富士通。研究開発においてはどの分野に注力していくのか。その取り組みからDXに求められるテクノロジーとともに、富士通の研究開発の行方を探ってみたい。(2020/10/19)

Weekly Memo:
変わるSIerの役割 DXにどう取り組み、ユーザーにどんな価値を提供していくのか
これまで企業のシステム構築を手掛けてきたSIerにとって、DX事業をどう進めるかは重要課題だ。ユーザーにどんなDXの価値を提供できるのか。日鉄ソリューションズの取り組みから考察してみたい。(2020/10/12)

Weekly Memo:
パートナー施策にユーザー視点はあるか? SAPにみるDXの協創「デジタルエコシステム」の進化と課題
SAPジャパンがDXビジネスの推進に向けてパートナーやユーザー企業との協創による「デジタルエコシステム」に注力している。その進化と課題について考察したい。(2020/10/5)

Weekly Memo:
顔認証技術の最前線と可能性、マイナンバーとの連携を進めよ
デジタル社会では多くのケースで本人確認が求められるようになる。その技術として顔認証が注目されている。この分野をリードするNECの話をもとに、その最前線と可能性について考察したい。(2020/9/28)

Weekly Memo:
中小企業のDXは「SaaS」だけで実現できる――セールスフォースの新施策が示す可能性
企業のITにクラウドサービスが使われるようになってきた中で、特に中小企業においてはSaaSで全てカバーできるのではないか。筆者はかねてそう思ってきたが、セールスフォースの新施策を聞いて、その意を一層強くした。どういうことか、解説しよう。(2020/9/14)

Weekly Memo:
SaaS専業ベンダーとしてSalesforceに次ぐ存在になれるか――ServiceNowの新たな戦略とは
ITサービス管理を中心としたクラウドサービスを提供するServiceNowが、新たな戦略展開を図ろうとしている。SaaS専業ベンダーとしてSalesforce.comに次ぐ存在になれるか。同社の次なる一手とは。(2020/9/7)

Weekly Memo:
メガパブリッククラウドとの“仁義なき戦い”に向けたIBM Cloudの勝算とは
日本IBMがクラウドサービス「IBM Cloud」の機能強化を発表した。筆者が注目するのは、AWSやMicrosoftなどのメガパブリッククラウドと、どう違いを出していくのかだ。そこにはIBMなりの勝算もあるようだ。(2020/8/31)

Weekly Memo:
運輸業のDXを推進する「MaaS」は、コロナ禍でどう成長するのか
AWSジャパンが次世代移動サービス「MaaS」支援の取り組みを明らかにした。その内容を紹介しながら、「運輸業のDX」と目されるMaaSの今後の普及におけるポイントを探ってみた。(2020/8/24)

Weekly Memo:
「令和2年版 情報通信白書」から読み解く「日本企業のDXに向けた課題」とは
総務省は2020年8月4日、日本のICT産業における現状や課題をまとめた「令和2年版 情報通信白書」を公表した。本稿ではその中から、企業のデータ活用の現状に着目し、DXに向けた課題について考察してみたい。(2020/8/17)

Weekly Memo:
気象予測データをDXに生かせ KPMGと日本気象協会が展開する協業サービスとは
気象予測データをさまざまなビジネスに生かしてもらおうと、経営コンサルティング会社と気象情報機関が協業して総合コンサルティングサービスの提供を始めた。果たして、どんなサービスなのか。導入する企業にとってはデジタルトランスフォーメーション(DX)の足掛かりになりそうだ。(2020/8/11)

Weekly Memo:
ただのビデオ会議システムにあらず、Zoom日本法人トップが語る「Zoomの正体」
コロナ禍による在宅勤務の急増で一気に普及したビデオ会議システム「Zoom」。ただ、運営会社の日本法人トップによると、その機能はビデオ会議にとどまらないようだ。果たして、その正体とは――。(2020/8/3)

Weekly Memo:
シリコンバレーの投資家が注目する「アフターコロナ時代の技術トレンドとビジネスモデル」とは
アフターコロナ時代の技術トレンドとビジネスモデルは、これまでとどう変わるか。多くの急成長企業を支えてきた実績を持つ米国シリコンバレーの投資家が、このテーマについて講演した。その中から筆者が印象深かった話を取り上げたい。(2020/7/27)

Weekly Memo:
ただのアウトソーシングではない、情シスの“ステップアップ”にコミットするサービスを始めたIIJの思惑
企業の情報システム部門が担う業務について、品質を保証して丸ごと請け負うサービスが登場した。IIJが提供を開始した「ストラテジックITアウトソーシング」だ。ユーザーメリットとともに同社の思惑を探ってみたい。(2020/7/20)

Weekly Memo:
NECが挑む「ITエンジニアからDXコンサルタントへのシフト」は奏功するか?
NECがDX事業の強化を発表した。筆者が注目したのは、これまでITエンジニアだった人材をDXコンサルタントに育てようとしている点だ。多くのIT企業が頭を悩ませているこの問題に、同社は真っ向からチャレンジしている。果たして奏功するか。(2020/7/13)

Weekly Memo:
ハイブリッドクラウドだけではない、これからのHCIに期待される4つの役割とは
ハイブリッドITのインフラとして期待が高まっているHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)。だが、デル幹部の話によると、さらなる新たなトレンドが追い風になりそうだ。(2020/7/6)

Weekly Memo:
10年後も生き残る企業を分けるもの――HPEのCEOが説く「DXの勘所」
HPEのCEOが自社イベントで、「企業におけるDX推進の勘所」について語った。キーワードは「インサイト」と「エッジ」だ。ユーザー視点で考察したい。(2020/6/29)

Weekly Memo:
SAPの新CEOが説く「これからのエンタープライズIT」
SAPの新CEOが自社イベントで「これからのエンタープライズIT」について語った。ERP最大手の同社がDXビジネスの展開へ向けたビジョンでもある。SAPの戦略を通じて、エンタープライズITの今後について考察したい。(2020/6/22)

Weekly Memo:
AWSやMicrosoftを追撃、Google Cloudは企業のIT基盤として広がるか
コロナ禍でパブリッククラウドへの企業ニーズが高まる中、その基盤サービス市場の勢力争いでは、先行するAWSとMicrosoft AzureをGCPが追撃するという構図だ。GCPが日本企業へさらに普及拡大していく決め手は何か。Google Cloud日本法人が開いたイベントから考察してみた。(2020/6/15)

Weekly Memo:
なぜコロナ対策でRPAが“引っ張りだこ”なのか? 国や自治体で導入進む
企業や行政機関がコロナ対策としてRPAを導入する動きが活発になってきた。なぜ、コロナ対策でRPAが引っ張りだこなのか。この市場をリードするUiPathへの取材をもとに考察してみた。(2020/6/8)

Weekly Memo:
ゼロトラスト時代へ、ポストコロナに向けた企業ITの勘所
コロナ対策でテレワークが浸透するにつれ、ネットワークやセキュリティの在り方について懸念する声が高まってきている。それを踏まえ、企業はポストコロナに向けてITインフラをニューノーマルに合わせていく必要がありそうだ。(2020/6/1)

Weekly Memo:
アフターコロナの経営に必須 マネジメント視点でみた「在宅勤務」の生かし方とは
新型コロナウイルスの感染対策で、テレワークによる在宅勤務が広がっている。企業としてはこの動きを経営に生かしていきたいところだ。在宅勤務をマネジメントの視点で考察してみたい。(2020/5/25)

Weekly Memo:
富士通とNECのトップはコロナ危機について何を語ったか
コロナ危機に対して、ITベンダーはどう臨もうとしているのか。富士通とNECのトップが決算会見で、相次いで言及した。キーワードは「DX」。両氏は果たして何を語ったか。(2020/5/18)

Weekly Memo:
“ニューノーマル”を見据え、企業が取り組むべきコロナ危機対策とは
企業がコロナ危機後の“ニューノーマル”を見据えて取り組むべき課題とはどのようなものか。IBMが説く「ソリューションのベースとなる考え方」をひもときながら考察してみたい。(2020/5/11)

Weekly Memo:
ゲームチェンジを狙え――Amazon、Microsoft、GoogleのサービスがつながるNTT Comのマルチクラウド戦略とは
複数のクラウドサービスを安全に使いたい――。そんな企業の要望に、NTT Comが応えた。Amazon、Microsoft、Googleのサービスがつながる同社ならではのマルチクラウド戦略とは。(2020/4/27)

Weekly Memo:
経営力を高めよ、コロナ禍で企業に求められる「BCPの先」
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業がテレワークをはじめとして事業継続のための対策に追われている。この話になると、事業継続計画を意味する「BCP」の取り組みが注目されるが、経営者にとって本当に大事なのは「BCPの先」である。(2020/4/20)

Weekly Memo:
IBM、HPE、Cisco、SalesforceのCEOメッセージにみる「コロナ禍を切り抜けるIT企業の姿勢」とは
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、IBM、HPE、Cisco、Salesforceといった米IT大手のトップが相次いでメッセージを発信している。彼らの危機感と、現状を切り抜けるための覚悟とは――。(2020/4/13)

Weekly Memo:
なぜ、最高データ責任者が企業にとって必要か――PwCコンサルティングのレポートから読み解く
企業のDXにおいてデータの有効活用がますます重視される中、「最高データ責任者(CDO)を置くべきだ」との声が高まってきている。そう訴えるPwCコンサルティングのレポートを取り上げながら、CDOの必要性について考察してみたい。(2020/4/6)

Weekly Memo:
AWSはなぜ強い? パートナー戦略にみるクラウドビジネスの“深化”
クラウドサービス市場をリードするAWSのビジネスの最新状況が、AWSジャパンが開催したパートナー向けのイベントで明らかになった。その中から同社のビジネスの“深化”を探ってみたい。(2020/3/30)

Weekly Memo:
DXの進展で企業のサイバーセキュリティはどう変わるか
DXの進展で企業におけるサイバーセキュリティ対策は大きく変わっていく――。セキュリティソフトベンダー大手のマカフィーが先頃開いた記者会見でこう強調した。果たして、どう変わるのか。同社の話をもとに考察してみたい。(2020/3/23)

Weekly Memo:
トランスフォーメーションをデザインせよ――富士通の新会社にみるDX推進の勘所
DXにどう取り組めばよいのか――。多くの企業が抱えるこの課題に対し、富士通が2020年4月1日に事業を始めるDX新会社の取り組みから、同じくDXを推進する視点で参考になりそうなポイントを探ってみたい。(2020/3/16)

Weekly Memo:
「RPA」はエンタープライズアーキテクチャにおいて“ナニモノ”か
定型業務を自動化するRPAが日本企業で幅広く使われるようになってきた。その現状と今後の方向性について、最新の調査やキーパーソンの発言から探ってみたい。(2020/3/9)

Weekly Memo:
DX時代に注目されそうな「エクスペリエンスマネジメント(XM)」とは何か
DX時代のキーワードの1つである「エクスペリエンス(顧客体験)」。これを「マネジメント」するソリューションがにわかに注目されている。両方の言葉を略して「XM」と呼ぶこの分野、果たして何をするのか。(2020/3/2)

Weekly Memo:
SAPジャパンの事業戦略会見にみる「ITからDX時代への変化」と「ERPサポート延長の背景」
SAPジャパンが先頃、2020年のビジネス戦略に関する記者会見を開いた。4月1日付での交代を発表済みの現社長と次期社長がそろって登壇し、社長交代会見の場にもなった。今後の戦略と両氏の話から、ITからDX時代への変化を探ってみたい。(2020/2/25)

Weekly Memo:
「全国中小企業クラウド実践大賞 全国大会」にみる3つのクラウド活用ポイント
クラウドサービスを有効活用する中小企業を表彰する「全国中小企業クラウド実践大賞 全国大会」が開催された。そこから中小企業におけるクラウドサービス活用のポイントを筆者なりに挙げた。(2020/2/17)

Weekly Memo:
基幹業務システムのクラウド移行が本格化するのか――日本オラクルが語るデータベースユーザーの動向
日本オラクルがクラウド事業の強化に向けて、国内のデータセンター(DC)を拡充した。これによって、同社のデータベースをはじめとしたソフトウェアをオンプレミスで利用している企業はクラウドへ向かうのか。同社の幹部に聞いてみた。(2020/2/10)

Weekly Memo:
セキュリティだけじゃない、企業はデジタルリスクにどう対処すればよいか
デジタルリスクといえばセキュリティやプライバシーのことだと思われがちだが、実はもっと幅広く、企業経営に直結する話だ。果たして、どんなリスクがあってどう対処すればよいのか。(2020/2/3)

Weekly Memo:
大阪リージョン発表のAWSが日本企業のクラウド利用に見る「DXに向けた変化」とは
AWSジャパンがクラウドサービスにおけるユーザー企業への支援を一段と強化している。その背景に、ITとDXへ向けたユーザー企業の取り組みの変化が見て取れる。(2020/1/27)

Weekly Memo:
SIerは「ローカル5G」ビジネスで主役になれるか――日鉄ソリューションズに聞く
地域限定で産業用への活用が期待される新たな移動体通信技術「ローカル5G」。多くの企業や自治体などが参入するとみられるが、中でもICTに精通するSIerはどんな役割を果たすのか。SIer大手の日鉄ソリューションズに聞いた。(2020/1/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。