ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アパレル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アパレル」に関する情報が集まったページです。

気温低下で需要高まるも:
アパレル上場企業、12月は8割で前年割れ 目立つ「ワークマン」や「西松屋」の強さ
帝国データバンクが、月次売上高を公開しているアパレル上場企業24社について集計したところ、2020年12月の売上高(全店ベース)が、前年同月を下回ったのは19社だったことが分かった。(2021/1/22)

ワークマンの防水ブーツの意外な難点って? 娘の“発見”に赤面したエピソードを描いた漫画がじわじわくる
そういうのはそっと教えて!(2021/1/21)

リーマンショックに次ぐ水準:
上場企業「早期・希望退職」募集、20年は2.6倍に急増 コロナ禍で赤字リストラ目立つ
東京商工リサーチによると、2020年に早期・希望退職を募集した上場企業は93社だった。前年と比べて2.6倍に急増。新型コロナウイルスの影響で業績が悪化したことで、“赤字リストラ”に踏み切る企業が増えている実態が明らかになった。(2021/1/21)

ワークマンとの違い:
4月から「税込表示」が義務化 ”税別”のユニクロは実質値下げ? アパレルが逃れられない呪縛
4月1日より税込み価格表示が義務化される。特に商品の安さを武器に戦う企業にとっては重要な意味合いを持つ。対応として次の2つのケースで分かれることになる。本体価格+税表記で訴求している企業と、すでに税込み表記で訴求している企業。代表的な例をあげるならば前者がユニクロで後者がワークマンといったところだろうか。(2021/1/20)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(17):
曲がるだけじゃない、PCの新ジャンルを切り開く「ThinkPad X1 Fold」の価値
いわゆる「曲がるディスプレイ」を搭載した製品が2019年から市場投入され始めている。レノボが2020年10月に発売した折りたたみ可能なPC「ThinkPad X1 Fold」は、単に折りたたみ可能なだけではない、コロナ禍の中でPCの新ジャンルを切り開く可能性を持つ製品に仕上がっている。(2021/1/20)

銀座最大級の商業施設「GINZA SIX」で大量閉店 1月17日に14店舗が一斉撤退
2021年1月17日に14店舗、昨年末からでは計18店舗が閉店している。(2021/1/19)

新型コロナ関連倒産、900件を突破 半数は負債1億円未満の小規模倒産
帝国データバンクは1月18日、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産が全国で900件に達したと発表した。関連倒産の第1号案件が2020年2月26日に発生してから、327日での到達となった。(2021/1/19)

「元カノに“時効”はない」「クズほど惹かれる」 歪な性と愛を描く異才の漫画家×アイドル界の異端児・香椎かてぃ対談
2021年最も目が離せない漫画家・文野さんと、今最も心配で信仰したいアイドル・香椎さんがリアルな恋愛観をぶっちゃけました。(2021/1/18)

「やったー!」「復活嬉しすぎる」 ローラアシュレイが日本に再出店、公式ECサイトもオープン
花柄などのオリジナルテキスタイルで人気のブランドです。(2021/1/14)

旅行、飲食関連でコロナ禍が影響:
倒産件数が2年ぶり「減少」、支援策が下支え 新型コロナ関連倒産は792件
東京商工リサーチが発表した全国企業倒産状況によると、2020年1〜12月の負債1000万円以上の企業倒産件数は前年比7.2%減の7773件。2年ぶりに前年を下回った。一方、新型コロナ関連の倒産は792件に達し、旅行やアパレル関連などの大型倒産も目立った。(2021/1/13)

「オーロラリフレクターーッ!」七色に輝くマウンテンパーカーが夜道で無敵 必殺技みたいな名前の技術を搭載
反射材メーカーによる一品。(2021/1/13)

2020年の宿泊業の倒産は118件 前年比1.5倍増で約半数が新型コロナ関連
東京商工リサーチが2020年1〜12月の「宿泊業の倒産動向」調査を発表。100件代は7年ぶり。(2021/1/13)

備えあれば憂いなし:
2度目の緊急事態宣言に”楽観視”は禁物 アパレル企業が今やるべきことは
2回目となる緊急事態宣言が1都3県に出された。都心の百貨店、ファッションビルは1〜2時間の閉店繰り上げを決めた。2回目となる今回の措置に向けてアパレル企業もコロナ対応が試される事になる。そこで、考えられるリスクと乗り越えるためのヒントを著者の磯部氏はこう分析する(2021/1/13)

「良かったらお手にとってみてくださいね〜」にどう返す? 服屋に行った時のあるあるを描いた漫画に共感
緊張しているだけなんです……。(2021/1/12)

これまでにないラグジュアリーなドラちゃんがお目見え グッチが「ドラえもん」と初のコラボレーション
全部買ったらおいくらなんです……?(2021/1/12)

イヴ・サンローランが“スマート口紅” 顔写真を撮ると、似合う色を自動で調合
仏イヴ・サンローランが、スマートフォンと連携する口紅を開発。専用アプリで“自撮り”を撮影すると、顔立ちやファッションに応じた色を作成する。価格は299ドル。(2021/1/12)

緊急事態宣言で家計消費「3兆円」消失 半年後には失業者15万人、倒産“第1波”も
 昨年4〜5月以来2回目となる首都圏1都3県の緊急事態宣言は、再度の経済的打撃をもたらすことになりそうだ。専門家は、1カ月で3兆円以上の家計消費が失われると試算、企業の破綻や失業者の増加も加速すると懸念を示す。(2021/1/7)

スマートリテール:
米国AIレジレス企業と組んだ富士通、生体認証技術をリテールにどう生かすか
2020年12月、富士通がAIレジレスソリューションを展開する米国のZippinとの本格的な協業開始を発表した。ZippinのAIソリューションが持つ強みとは何か、また、富士通はレジレス分野でどのような市場展開を構想しているのか。富士通の担当者に話を聞いた。(2021/1/6)

緊急事態宣言の影響も懸念:
ユニクロや無印、ワークマンは前年越え 気温低下で12月度は好調
アパレル各社の2020年12月度の既存店売上高は前年同月比超えが相次いだ。月下旬からの気温低下が追い風となった。一方21年1月度は、首都圏を対象に発出される見込みの緊急事態宣言の影響も懸念される。(2021/1/6)

ワークマン式「しない経営」【後編】:
ワークマン土屋哲雄専務が、社員の平均年収を700万円に上げた理由
「残業しない」「ノルマを設けない」「値引きをしない」「社内行事をしない」――。他社とは真逆の取り組みともいえる「しない経営」を実践し、10年連続で増収、最高益を更新したワークマン。後編では、土屋専務が社員の平均年収を、定期昇給分を除いて100万円以上アップさせた理由を聞く。(2021/1/6)

ダイレクトな人々 第4回:
資金もコネも業界知識もなくインフルエンサーでもない一女性のブラジャーの悩みから誕生した「24hブラ」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第4回はノンワイヤーブラジャー「24hブラ」をリリースした「BELLE MACARON」と販売元であるashlynで代表取締役を務める小島未紅さんを取り上げます。(2021/1/5)

物流DX注目のTech企業が語る、コロナ禍を超えてサービスを提供する意義
日本の物流DXをリードするTech企業がコロナ禍の物流窮迫を目の当たりにして考えたのは、とても人間的な技術展望だった。物流ラストワンマイルの技術動向と併せてこれからの物流の在り方を考える。(2021/1/5)

「これからものんちゃんのヒモとして」 川崎希とアレク、個人事務所の設立を発表
アレクさんのブレなさがすごい。(2021/1/4)

数字で見る2021年注目企業:
「炎上」と「改革」で4000億円企業に コロナバブル後に真価が問われるZOZO
サービス開始からわずか17年で商品取扱高が約22倍以上に伸びたZOZOTOWN。急成長できた背景とコロナ禍でも成長し続ける強みを著者の磯部孝氏はこう分析する。(2021/1/4)

福袋のくまだよ:お正月に届いたアパレルの福袋 「いるやつ」と「いらないやつ」どっちが多かった?
わくわく感のために買ってるとこある。(2021/1/3)

ワークマン式「しない経営」【前編】:
ワークマン土屋哲雄専務に聞く 「4000億円の空白市場」をいかにして切り開いたのか
ソフトバンクグループの孫正義氏に「4000億円のホワイトマーケットをよく見つけた」と言わせた企業がある。作業服の業界で40年間トップを走るワークマンだ。2020年5月以降は常に二桁の成長を実現。11月の既存店売上高は38カ月連続で増えている。同社の土屋哲雄専務取締役にインタビューを敢行。いかにして4000億円という市場を発見するに至ったのかを聞いた。(2021/1/4)

ROLAND、デザイン模倣騒動後に各所へ謝罪行脚 今後は「結果でしっかり証明したい」「格好いい姿をまた見せられるように」
スタッフに頭を下げ、今後の思いを伝えたROLANDさん。(2020/12/28)

マネジメントで振り返る2020年:
コロナ禍の経営悪化、企業の“既往症”が影響? 2021年に向けた、マネジメントのヒントを探る
コロナ禍が猛威をふるった2020年。さまざまな業界・企業が経営悪化に見舞われた。経営コンサルタントの大関暁夫は、経営悪化した企業は“既往症”が影響しているとみる。マネジメントを軸に、1年を振り返ってみよう。(2020/12/28)

カジュアル化の流れ:
アパレル“総崩れ”はコロナのせい? 復活に必要な6つの「シフト」
コロナ禍でアパレル業界が窮地に陥っている。しかし、根本的な変革が求められていたと筆者は主張する。業界の“悪弊”を抜け出すために必要な戦略とは。(2020/12/28)

図解で分かる損益計算書の読み方:
会計クイズ どちらがZOZOの損益計算書でしょう?
前編では貸借対照表の簡単な読み方と、「どちらが任天堂でしょう?」という会計クイズを出しました。今回は、会計初学者をターゲットにした損益計算書の基礎について解説した上で、同じ用に「会計クイズ」を出します。段階利益を押さえれば、損益計算書も難しいものではありません。(2020/12/27)

どう見ても縁起物な「百式だるま」予約受付開始 配色がニュータイプすぎる「Zガンだるま」も
ご利益ありそう。(2020/12/25)

劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」のランジェリーやルームウェアが登場 「GiRLS by PEACH JOHN」とコラボ
かわいい。(2020/12/25)

コロナ禍で加速する自動車業界の勢力争い:
日産三菱ルノーのアライアンスは崩壊するか?
公共交通より安全に移動できるクルマが見直され、自動車業界の業績がコロナ禍の悪化から回復を見せている。しかしエンジン車販売規制に伴うEVシフトも見据えれば、楽観視はできないず、アライアンスなどによる連合グループは、提携解消の可能性もある。今回は世界の主要メーカーのアライアンス状況と、課題を考える。(2020/12/25)

20〜30代の女性をターゲット:
ココカラファインがD2Cの旗艦店で仕掛ける”顧客誘導戦略”とは?
ココカラファインは、新たなコンセプトの都市型大型旗艦店「ココカラファイン東京新宿3丁目店」を12月18日にオープンした。(2020/12/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ワークマンやカインズを育てた群馬発「ベイシアグループ」の正体
高成長を続けて注目されるワークマンやカインズ。これらの企業は「ベイシアグループ」に属する。1958年、群馬県に誕生した「いせや」はなぜここまで成長したのか。(2020/12/24)

今後はディズニーも:
ユニクロの「エアリズムマスク」がサンリオとコラボ デコレーションする楽しみを提案
ユニクロは人気キャラクターをプリントしたアイロンシール付きエアリズムマスクを発売する。第1弾はサンリオとコラボ。今後は、ディズニーのキャラクターも登場する予定だという。(2020/12/22)

【特集】DX人材を再定義する 人材育成から読み解く企業のDX戦略(3):
データを集めて店舗で「実験」 ワークマンのデータ至上主義の経営戦略に迫る
特集第3回は、ワークマンの企業事例を紹介する。新業態へ移行するためにワークマンが掲げた企業戦略と、それに向けた全社的なデータ分析人材の育成手法を聞いた。ワークマンの信念が伝わる経営からDX人材を考える。(2020/12/16)

運営とマネタイズの難しさ:
堀江貴文がコロナ禍で提示するミュージカル『クリスマスキャロル』 「“不要不急”こそが人間の本質」
ホリエモンこと堀江貴文が今年も舞台ビジネスの新たな可能性に挑戦している。12月9日から15日まで東京キネマ倶楽部で、 24日と25日に兵庫県のクラブ月世界Hallでミュージカル『クリスマスキャロル』を公演中だ。堀江はコロナ禍での舞台ビジネスの運営や在り方をどう展望しているのか。新たなマネタイズの方法について何を考えているのか。堀江に聞いた。(2020/12/12)

チャラ男どこいった! 「EXIT」、黒髪姿のギャップにファンのバイブスいと上がりけり
2人とも激イケ。(2020/12/11)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
伸び悩む工務店でデジタルシフトが必須な理由、コロナで変わった工務店選びの現状
SOUSEI Technologyは、このほどマイホームアプリ「knot」の導入ビルダー数が800社を超えたことを発表した。採用社数の拡大と売り上げが伸び悩む工務店を対象に、デジタルシフトを後押しするため、knotを展示会などでPRしている。(2020/12/10)

福袋購入歴40年のベテランが分析:
福袋は「企業泣かせ」? 意外な成り立ちと工夫を凝らしたコロナ禍の戦略
新型コロナウイルス感染拡大の中、例年とは違う動きを見せる「福袋商戦」。福袋を40年以上買い続けてきた筆者のMOMOTA氏はこう分析する。(2020/12/10)

東京商工リサーチ調査:
上場企業の早期・希望退職90社に――年内募集、リーマンショック後2位の水準
上場企業の早期・希望退職募集が90社に。リーマンショック後2番目の高水準。東京商工リサーチ調査。(2020/12/9)

なぜ島津製作所はノーベル賞企業になれたのか〜歴史から学ぶ成長する企業の必須要素:
最先端テクノロジーの起源は仏具
仏具は日本のものづくりの原点であり、京都の仏具商からは最先端テクノロジーをけん引するグローバル企業が生まれている。(2020/12/9)

「リンダキューブ」ポップアップストアが12月24日開催 リンダのママがTシャツになったぞ!
愛し合う2人はいつも一緒……。(2020/12/7)

最大10万円当選や20%還元など大型キャンペーンが続出 スマホ決済12月のキャンペーンまとめ
年末らしく、12月は特に大型キャンペーンが続くスマホ決済。PayPayの最大10万円を還元する「ペイペイジャンボ」や、au PAYが12月にスタートした最大20%還元キャンペーン目立つが、ドコモもdカード5周年を記念した5億円還元キャンペーンを始める。(2020/12/7)

動画でのオンライン接客、最も多い商品・サービスは?
ライフネット生命保険は、「オンライン接客に関する調査」を発表。動画でのオンライン接客、最も多い商品・サービスは?(2020/12/3)

リカちゃんが禰豆子に:
「鬼滅の刃」と「リカちゃん」がコラボ なぜ?
タカラトミーは12月3日、人気漫画「鬼滅の刃」と、着せ替え人形「リカちゃん」のコラボレーションドール2種を2021年5月に発売すると発表した。全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売り場、インターネットショップなどで販売する。(2020/12/3)

毎年実施:
ゆうちょ銀、元社長のセクハラ、大戸屋…… 2020年ワースト不祥事ランキングが発表
2020年にはさまざまな企業不祥事が発覚した。専門誌『宣伝会議』では1000人に対してアンケートを実施。ランキング化した。(2020/12/3)

あつ森の“マイグッズ”が作れるサービスがスタート! 島民スタンプ約400種類からデザインして注文できる
デザインしたグッズは1枚から注文できます。(2020/12/2)

ZOTACが公式ショップで「ZOTAC GAMING」ブランドのアパレル製品を販売
ゾタック日本は、「ZOTAC GAMING」ブランドのアパレル製品を同社Web直販で発売した。(2020/11/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。