ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シャッター音」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シャッター音」に関する情報が集まったページです。

【漫画】2歳娘の七五三でフォトスタジオへ! イヤイヤをかわし笑顔を引き出すプロの神対応にママ感涙
プロってすごい!(2021/11/9)

ニコン「Z 9」正式発表、メカシャッター排除 8Kを125分連続撮影 約70万円
ニコンがミラーレスカメラのフラグシップモデル「Z 9」を正式発表した。4571万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載。ミラーレスカメラとして異色のメカシャッターレスを採用した。動画は8K映像を125分連続で記録できる。(2021/10/28)

“シャッター音が消せない”日本のiPhone、海外に持っていけば鳴らない設定可能に iOS 15で
iOS 15から、日本で販売されたiPhoneを海外に持っていくとシャッター音が鳴らない設定が可能になった。(2021/9/24)

ネットで見つけた「意味が分かると怖い画像」 意味に気付くと……正体不明の「出待ち」に遭遇するホラー漫画に背筋が凍る
カーテンの先にはいったい何が……。(2021/8/21)

ライカのスマートフォン「Leitz Phone 1」、7月16日に発売
ソフトバンクが、ライカ(Leica)のスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を7月16日に発売する。Leitz Phone 1は、ライカがハードウェアからソフトウェアまでトータルで監修した初のスマートフォン。価格は18万7920円(税込み)。(2021/7/12)

写真で解説するライカスマホ「Leitz Phone 1」 AQUOS R6との違いは?
ソフトバンクが7月以降にライカのスマートフォン「Leitz Phone 1」を発売する。Leitz Phone 1の背面にはガラスを採用しているが、実際に触れるとガラスとは思えないマットな質感で仕上げられている。センサーは「AQUOS R6」と同じだが、Leitz Phone 1独自のカメラ機能も備えている。(2021/6/18)

ペット手帳:
自由気ままな猫ちゃんを撮影するのは難しい? 「うちの子をかわいく撮るコツ」が役に立つ
つれない顔もかわいい!(2021/5/23)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ソニー「α1」やっぱり凄かった 高性能を誰でも享受できるフラッグシップ
いやあ、「α1」はヤバいわ。使ってみると分かるんだけど「ああ、これは最高峰だわ」感にあふれた最強カメラなのだった。(2021/4/29)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
あなたは使っていますか? 「LivePhotos」の2つの有効利用法を考えてみた
搭載されたときには話題になった「LivePhotos」。いまだに使い続けている人は少ないかもしれないが、実はおすすめの使い方があるのだ。今回はLivePhotosについてご紹介していきたい。(2021/4/25)

いまさら聞けない自動車業界用語(12):
チーフエンジニアや経営企画でなくても、クルマの未来を考えることが必要だ
自動車の少し先の将来を考えることは、自動車産業で働く全ての人にとってプラスになるのではないかと思います。答え合わせはちょっと先。みなさんもモビリティの未来を想像してみませんか?(2021/4/5)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ソニー「α1」は“新世代の最高峰”を見せてくれた
予想を超えた「α1」の登場である。「α9」の高画素版ってことで“α9R”という名前にもできたのだろうが、あえてα1にしたところに「これがミラーレス一眼時代のフラッグシップだ」というメッセージを感じる。(2021/1/28)

ソニー「α1」速攻インプレッション プロカメラマンから見てうれしい5つのポイント
ソニーが発表したフルサイズミラーレスのフラグシップモデル「α1」(アルファワン)を早速プロカメラマンが試用。従来機からの進化や評価ポイントを見ていく。(2021/1/28)

喫茶店で一眼レフを開封する女子 声をかけたくて葛藤するマニアを描く漫画に「わかる」「シャッター音良いですよね」
やさしい世界。(2020/10/11)

“紙”でできた台湾発デジタルトイカメラ「Paper Shoot」がかわいい! 実際に撮ってみた
エモーショナルな写真が撮れます!(2020/9/23)

“カメラのレンズ形”の江戸切子のグラスが登場 キヤノン監修で伝統工芸士が製作
レンズの形状を模した「十草」など、どれも美しい……!(2020/8/23)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
【体験レポ】古戦場の血染めの滝、取材班を襲う異常現象…… 心霊・廃墟ガチ勢が行く三和交通「心霊スポット巡礼ツアー」
なお、本記事閲覧による霊障等には責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。(2020/8/15)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
独自のトリプルカメラを搭載した「TCL PLEX」、約3万円だけど実力はどう?
中国の家電メーカー、TCLから登場した約3万円スマホの「TCL PLEX」。お手頃価格ながら、トリプルカメラ搭載のお得感満載なのがウリなのであるが、実力はどうか? トリプルカメラの構成を確認しつつ、さまざまなシチュエーションで撮ってみた。(2020/3/11)

Tsukuba Mini Maker Faire 2020レポート:
つくば初の「Tsukuba Mini Maker Faire 2020」開催、自作キーボードの展示やマイコンボードの販売も
2020年2月に、つくば市で初めて開催された「Tsukuba Mini Maker Faire 2020」。その模様を教育IT関連の視点で紹介しよう。(2020/3/10)

PR:1万円未満で買えるスマホもあり 「OCN モバイル ONE」の総決算セールが熱い
格安SIMサービス「OCN モバイル ONE」を提供するNTTコミュニケーションズが、この春オススメのスマートフォンとSIMのセットを大きく割り引くキャンペーンを実施する。今回はその中でもオススメの3機種をレビューする。(2020/2/28)

Androidの「カメラ」アプリに無断で写真や動画を撮影・送信する脆弱性(修正済み)
「Googleカメラ」とSamsungのカメラアプリに、ユーザーに無断で写真や動画を撮影し、任意のサーバにアップロードできてしまう脆弱性があったとセキュリティ企業が調査結果を発表した。両社はアプリを既に修正済みだ。(2019/11/20)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
知ると欲しくなる危険なハイエンドカメラ、ソニー「α7R IV」
とどまるところを知らないソニーの勢い。6100万画素のフルサイズハイエンド機「α7R VI」は、最高画素というだけではなく、さまざまな改良や進化を遂げていた。(2019/10/26)

大好物を五感でキャッチ! ツナ愛が強い猫ちゃんの反応を描いた漫画が面白い
ツナ愛強し!(2019/10/23)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
トリプルカメラで次の一歩を踏み出した「iPhone 11 Pro」 XSと画質を比較してみた
「iPhone 11」シリーズが発売されたとたん、購入者のテンションがやけに高い。最近のiPhoneは毎回カメラ機能が上がっているんだけど、今回の超広角ほど盛り上がったことはないのでは? 本当にiPhone 11シリーズのカメラはすごいのか。「iPhone 11 Pro」と前モデル「iPhone XS」と比べつつ見ていきたい。(2019/9/26)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
「シャッター音を消したい」「真上から撮りたい」 iPhoneの標準カメラにはない機能を備えたアプリ
iPhoneの標準カメラアプリは結構便利になった。でも、シンプルすぎるがゆえに物足りないこともある。そこで、シーン別に使うと便利なアプリを紹介する。(2019/2/24)

AQUOS R2 compactやHUAWEI nova lite 3も:
mineo、「iPhone SE」を3万600円で発売 セット端末のiPhone比率は4割超えに
ケイ・オプティコムが「mineo」向けに「iPhone SE」を2月21日に発売する。カナダから調達した整備済製品。価格は3万600円。(2019/2/18)

CloseBox:
スクリーンショットのすべて(iPhone、iPad、Apple Watch編)
iOSデバイスでスクリーンショットを撮る方法について解説する。(2019/2/15)

ITmedia NEWS TV:
“今なら無料”のシェアサイクルを試して驚いたこと
(2019/1/19)

キヤノンの「EOS Kiss M」のミニチュアがカプセルトイで登場 フラッシュやシャッター音を再現
本物のカメラに装着して、「親子亀」ならぬ「親子カメラ」にできるタイプもあります。(2018/12/17)

「月にかわってお仕置きにゃ」 愛猫が美少女戦士風に変身できるカプセルトイ「ねこのセーラー服」が登場!
猫の底知れぬかわいさが怖い。(2018/11/19)

「Pixel 3/3 XL」のカメラ、セルフィーはイマイチ? “アラフィフセルフィスト”のすずまりが試した
Googleのオリジナルスマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」が11月1日に日本で発売します。この記事では“アラフィフセルフィスト”のすずまりさんがカメラ性能をチェック。期待のデュアルインカメラに対する意外な評価とは……。(2018/10/30)

Android 9 Pieをいち早く試せるスマホ「Pixel 3」と「Essential Phone」を比較する
あまりカスタムされていない素のAndroid、そして最新のAndroid OSを搭載したスマホは限られます。これらの特徴を持つのはGoogleの「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」ですが、「Essential Phone PH-1」という選択肢もあります。今回はPixel 3 XLとEssential Phoneを比較してみます。(2018/10/29)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
今一番注目されてるフルサイズミラーレス一眼、キヤノン「EOS R」
ソニー、ニコンに続きキヤノンから登場したフルサイズミラーレス一眼「EOS R」である。AFはすごく速くて暗所にも強いなど基本性能は高い。コントロールリング付きのマウントアダプターも使ってみた。(2018/10/27)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
実はボケもすごい! 8つのポイントからチェックする「iPhone XS」カメラの進化(後編)
2018年、今年も新型iPhoneのシーズンがやってきた。わたしも「iPhone XS」を購入したので前編に引き続き「ボケ撮影」や「インカメラ」などの特徴を見ていくのである。(2018/9/30)

「AQUOS Xx3 mini」がOSバージョンアップ Android 8.0に
ソフトバンクのシャープ製スマートフォン「AQUOS Xx3 mini」がAndroid 8.0にバージョンアップ。ホームアプリが「AQUOS Home」へ進化し、ロック画面の壁紙を自動で切り替える「ロックフォトシャッフル」への対応や文字入力の快適化などの機能改善も行われる。(2018/7/20)

「絶対…覗かないでくださいね」 お礼を頑張るスズメの娘がかわいい漫画「チュンの恩返し」が胸キュンな展開で人気
スズメに萌える。(2018/5/9)

ニコニコ超会議2018:
超鉄道ブース「鉄道寄席」にななめ45°、ダーリンハニー、桂梅團治師匠が登場 鉄分特濃、しかも特盛り
「横見式は使わない?」「師匠が秋になると不機嫌になる理由」……。テレビでは見られない鉄分と技を披露。(2018/4/29)

都会派の「X-T2」にアクティブ派の「X-H1」 富士フイルムの新フラグシップはどう違う?
富士フイルムのミラーレス一眼といえば、「X-T2」と「X-Pro2」のダブルフラッグシップと思われていたわけだが、その上を行く新たなフラッグシップ機が誕生した。それが「X-H1」だ。(2018/4/24)

「EOS Kiss M」は“Kiss”の名にふさわしい優れた入門機だった
とうとうキヤノンから本気のミラーレス一眼が来た! しかもこれ、スマートフォンユーザーに贈るデジカメ入門機としてはパーフェクトに近いんじゃなかろうか。デジタル一眼入門というより「デジカメ入門」だ。(2018/4/5)

アニメーター向け動画・原画チェックアプリが登場 プロじゃなくてもパラパラマンガ感覚で遊べそう
たのしい。(2018/3/27)

「ITしぐさ」にツッコミ隊:
「撮影OKならSNS投稿もいいでしょ」はトラブルの元? スマホ撮影のマナーを考える
「写真撮影がOKなら、当然SNS投稿してもいいだろう」。この考えは果たして当たり前なのだろうか。(2018/3/17)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“新生”FREETELスマホのカメラはどう? 「REI 2 Dual」と「Priori 5」を撮り比べ
FREETELの「REI 2 Dual」はデュアルカメラを搭載する3万円台のミドルレンジスマホ。一方、同ブランドの「Priori 5」は、1万円台半ばのエントリースマホ。運営元が変わった“新生”FREETELのスマホのカメラはどうなのか、撮り比べてみた。(2018/3/11)

次世代モビリティの行方(1):
自動車が目新しくない「CES 2018」は「ビジョン」から「ビジネス」の段階へ
これまでスタンドアロンな存在だった自動車は、自動運転技術の導入や通信技術でつながることによって新たな「次世代モビリティ」となりつつある。本連載では、「CES」や「Mobile World Congress」などの海外イベントを通して、次世代モビリティの行方を探っていく。第1回は「CES 2018」の自動車関連の動向をレポートする。(2018/2/22)

FREETELの新スマホが2月発売 デュアルカメラの「REI 2 Dual」と1万円台の「Priori 5」【更新】
MAYA SYSTEMが、FREETELブランドの新スマホを発表。ミッドレンジの「REI 2 Dual」とローエンドの「Priori 5」というラインアップ。直販サイトや全国の家電量販店で発売する。(2018/2/9)

「メカシャッター」と「電子シャッター」の話
狙いをさだめ、タイミングを見計らってシャッターボタンを押す。すると撮影される。当たり前の話だけど、そのときカメラ内で何が起きているのか、はその構造によって違うのだ。(2018/2/2)

持って楽しく撮って楽しい悦楽のカメラ「ライカCL」
「ライカCL」のシンプルでやや丸みを帯びた姿は伝統的な佇まいとモダンさが融合したような魅力を持つ。そして面白いことに、このカメラを使っているとモノクロで撮りたくなる。(2018/1/26)

最初に高画素の“R”が来た! ソニーの意欲作「α7RIII」
今、一番意欲的にカメラを開発し続けるメーカーといえばソニー。その主力がα7。2017年春にα9が出たので、次はα7IIIかと思われていたところに出たのが「α7RIII」である。(2018/1/5)

4K動画に対応した“カジュアル全天球カメラ”、リコー「THETA V」の実力は?
リコーの全天球カメラ「THETA」(シータ)に4K動画撮影にも大層した「THETA V」が登場。見た目は従来機と変わらないが、中身は一新されている。その実力を検証した。(2017/11/13)

「iPhone X」は電源オフ、スクリーンショット、強制再起動の方法も変わる
「iPhone X」はホームボタンがなくなったことで、物理キーを使った操作方法も変更される。電源オフやスクリーンショットなどの方法を確認しておこう。(2017/11/5)

女性客限定プロレス興行「BOYZ」がアツい! イケメンレスラーがダンス・コスプレ・生写真など常識を覆したパフォーマンスで“プ女子”が熱視線
ビアちゃんも参戦するDDTがすんごいことをやっていた。(2017/10/28)

アップルPickUp!:
iPhoneの派手な連写音を鳴らさずにお気に入りのショットを残す方法
iPhoneの連写はシャッター音が気になって外では使いづらい、そんな人向け。(2017/10/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。