写真で解説する「GALAXY S」(外観編)

» 2010年10月05日 17時22分 公開
[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが発表したSamsung電子製のAndroidスマートフォン「GALAXY S」は、薄型軽量ボディとディスプレイの美しさにこだわったモデル。GALAXY Sの「S」には「Smart Life」「Superior」「Synchronized」「Stylish」「Sexy」「Simple」といった意味が込められており、これらのコンセプトはデザインにも反映されている。グローバル端末との比較も交え、外観の主な特徴を見ていこう。

photo 「GALAXY S」

 ボディサイズは約64(幅)×122(高さ)×9.9(厚さ、最厚部約12)ミリで、海外版とほぼ同じ。重さは海外版から1グラム増した約119グラムだが、iPhone 4(約137グラム)やXperia(約139グラム)よりも約20グラム軽い。約9.9ミリのスリムなボディも大きな特徴だ。

 デザインやパーツなどは基本的に海外版を踏襲しており、異なるのはロゴや表記のみ。表面は、海外版にはディスプレイの上に「SAMSUNG」ロゴがあるが、日本版には「NTTdocomo」ロゴがある。裏面は、海外版には「Google」と「SAMSUNG」ロゴがあるが、日本版には「GALAXY S」ロゴと「SAMSUNG SC-02B」の表記がある。ボディカラーはメタルブラック1色。

photophotophoto 左から、日本、ドイツ、韓国のGALAXY S。ボディ形状は、物理キーパッドを備えないフルタッチ型。片手でもしっかり持てる
photophotophoto 左から、日本、ドイツ、韓国のGALAXY S。デザインは同一だがロゴや表記が異なる

 表面に備えた物理キーは、ディスプレイ下部にあるホームボタンのみ。その左右にはサブメニューの呼び出しとクリア操作が可能なセンサーキーがある。内蔵メモリは16Gバイトあり、スマートフォンの中では大容量といえる。外部メモリは最大32GバイトのmicroSDHCに対応する。バッテリー容量は1500mAh。外部接続端子はMicro USB、イヤフォン端子は3.5ミリとなっている。

photophoto 先端にMicro USB端子(スライドカバー付き)と3.5ミリのイヤフォンジャック(写真=左)、下端部に通話用マイクと、バッテリーカバーを外すための窪みがある(写真=右)
photophoto 左側面にはストラップホールと音量調節キー(写真=左)、右側面には電源キーがある。電源キーはディスプレイを消灯する(誤操作防止ロックをかける)際にも使う(写真=右)
photophoto ホームボタンと2つのセンサーキーを搭載。センサーキーは操作時に点灯する
photophoto 裏面下部がふくらんでいるので、手にフィットしやすい(写真=左)。500万画素CMOSカメラを搭載(写真=右)
photophoto microSDスロットはバッテリーカバー内部にあるが、バッテリーを外さずにmicroSDを着脱できる(写真=左)。1500mAhのバッテリーパックを用意。交換もできる(写真=右)
photophoto XperiaやiPhone 3GSと並べてみた

 GALAXY Sが搭載するスーパー有機EL(Super AMOLED)は、110%の色再現性、1万:1の高コントラストを実現。さらに、従来の有機ELよりも透過率と反射率が向上し、透過率は従来の80%から97%に上がり、反射率は20%から4%に下がっている。透過率が増したことで画面の奥行き感がなくなり、コンテンツがディスプレイと一体となったかのように表示される。また、有機ELは屋外では見にくいケースが多かったが、スーパー有機ELならその心配は無用といえそうだ。視野角も広いので、複数人で映像や写真などを見る際にも重宝する。

 このスーパー有機ELは、タッチセンサー用の「パネル」と、ディスプレイとセンサー間の「空気層」をなくすことで、上で述べたような美しい表示が可能になった。その結果、ディスプレイが従来の有機ELから約2分の1薄くなっている。これはSamsung電子独自の技術で実現したものだ。

photophoto スーパー有機ELは、優れた色再現性、広視野角、素早い応答速度を実現。パネルと空気層を除くことで、薄型化にも成功した
photophotophoto 左がTFT液晶、右がSamsung GALAXY Sのスーパー有機EL。スーパー有機ELの方が色鮮やかに表示されており、斜めからでも見やすい
photophotophotophoto ホーム画面は7ページを用意(写真=左端)。3ページ分のアプリがプリセットされている(写真=左中、右中、右端)
photophotophotophoto Flashサイトも表示できる(写真=左端)。GALAXY SやGALAXY Tab向けのFlashゲームがドコモマーケットで提供される(写真=左中)。日本語入力システムには「iWnn」を採用しており、テンキーモードではフリック入力も可能(写真=右中、右端)
photophotophotophoto キーボードをなぞって入力できる「swype」も利用できるが、現在のところ日本語は対応していない
photophoto 隠れた(?)便利機能として、スクリーンキャプチャ機能も備えている。クリアキーを押しながらホームボタンを押すと、キャプチャを取れる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  4. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  7. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  8. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  9. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年