レビュー
» 2011年01月14日 22時14分 公開

小さいだけじゃありません:写真で解説する「IS05」 (2/2)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 ソフトウェアでも細かいバージョンアップが図られている。ホーム画面はIS03と同じOcean Observations製のものが採用されているが、新しいOS(Android 2.2)とチップセットにより、試作機ながらIS03よりも軽快に動作する印象だ。詳細はこちらの動画記事を参照してほしい。

photophotophotophoto Ocean Observationsおなじみの、カード型のメニューを採用。矢印に触れるかカード全体をフリックすると、ページが前後に切り替わる

 IS01やIS03では起動中のアプリ一覧を呼び出して終了できるが、1つずつ終了させる必要があり、一括終了はできない。IS05ではこれを改善し、「すべて終了」アイコンから一括終了が可能になった。ステータス画面には無線LAN、Bluetooth、GPSなどの設定を変えられるアイコンなどが加えられ、より多くの設定ができる。IS03では受信しかできなかった「赤外線」アプリも改善し、IS05では同アプリ経由で画像やアドレス帳データの送信も可能になった。

photophotophotophoto 起動中アプリ一覧に「すべて終了」アイコンが追加され、一括終了が可能になった(写真=左端、左中)。ステータス画面の項目もIS03より増えている。画面回転のオンとオフも下のアイコンから変更できる(写真=右中)。こちらはIS03のステータス画面(写真=右端)
photophotophoto IS03と同様の設定一覧

 ソフトバンクの「GALAPAGOS 003SH」と同様の「TapFlow UI」を採用したことも特筆すべき点だ(関連記事)。このUIにより、カメラ利用時にはよく使う機能が大きなアイコンで表示され、「ピクチャー」アプリでは(登録した)人物やイベント、撮影場所ごとに写真が表示される。アドレス帳では登録した人物ごとにTwitterやmixi、メールなどの履歴や写真を表示できる。

※初出時に「IS03も2.2にアップデートすることでTapFlow UIが利用可能になる予定」(説明員)との記述がありましたが、IS03では「2.2にアップデート後もTapFlow UIは利用できない」(KDDI)とのことです。お詫びして訂正いたします。

photophotophotophoto 静止画の撮影画面。左下のアイコンをタップすると、サブメニューが大きなアイコンで表示される(写真=左端)。撮影サイズは最大8M(2448×3264ピクセル)(写真=左中)。撮影モード一覧(写真=右中)。「TapFlow UI」により、よく使う機能ほど大きく表示される(写真=右端)
photophotophoto 多彩なシーン設定を用意(写真=左、中)。「All Menu」からリスト形式のメニューも利用できる(写真=右)
photophotophotophoto 新たに用意された「ピクチャー」アプリから、写真のサムネイルを人物やイベントなどのテーマごとに表示できる
photo 7種類のフォントを内蔵している

 文字フォントも拡張し、IS03に内蔵されていた「モリサワ 新ゴ R」「LC明朝」「SHクリスタルタッチ」「Droid Sans」に加え、女性に好まれそうな「モリサワ陸隷」「モリサワ 丸フォーク M」「モリサワ はせトッポ R」といったポップなテイストの書体も採用している。展示されていたモデルでは初期状態ではモリサワ はせトッポ Rが設定されていたが、実際にどのフォントが設定されるかは未定。

 このほか、IS05では電源キーとホームキーを同時に押すことで画面キャプチャを撮れる。ただしワンセグの画面はキャプチャできない。また説明員によると、アプリによってはホームキーを押した時点でホーム画面に戻ってしまう可能性もあるという。ともあれ、Android端末で画面キャプチャを撮るには(一部機種やアプリ使用時を除き)SDKをインストールしたPCと端末を接続する必要がありハードルが高いので、これはうれしい対応だ。

photophotophoto 電源キーとホームキーを同時に押すと、画面キャプチャが撮れる(写真=左)。キャプチャ画像は「コンテンツマネージャー」などから呼び出せる(写真=中、右)

 ブラウザはFlash Player 10.1に対応し、PC上のFlashコンテンツを閲覧できる。ワンセグ、おサイフケータイ、Eメール(@ezweb.ne.jp)、グローバルパスポートCDMA、Skype au、jibe、au one ナビウォーク、LISMOなどはIS03に引き続き利用できる。

photophotophotophoto 標準のブラウザ。ダブルタップすると読みやすいサイズに画面が拡大、縮小される(写真=左端、左中)。サブメニュー(写真=右中)。ブックマーク一覧(写真=右端)
photophotophotophoto ワンセグの操作画面。フレーム補間や画質設定にも対応している
photo 横画面では下部に操作アイコンが表示される
photophotophotophoto 日本語入力システムには「iWnn IME-SH edition」を採用。フリック入力(写真=左端)、入力ミスの補正(写真=左中)、ワイルドカード入力(写真=右中)に対応。QWERTY配列のキーも利用できる(写真=右端)
photo 横画面でのQWERTY入力も可能
photophotophoto 文字入力の設定一覧

 IS05は一見するとIS03の廉価版に見えるが、Android 2.2や新しいCPUを採用するほか、UIにも磨きがかけられており、IS03から着実に進化していると感じた。ディスプレイやカメラはIS03からスペックダウンしているものの、「幅55ミリ」のコンパクトボディは大きな魅力。機能とサイズのバランスがうまく取れたモデルといえる。IS03ユーザーにとっては複雑な心境かもしれないが、画面キャプチャなどソフトウェアの一部は、今春を予定しているAndroid 2.2へのアップデートにより利用可能になる予定。2.2へのアップデートはIS05の発売と同時期になる見込みなので、IS03ユーザーは落胆(?)せずに続報を待とう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう