レビュー
» 2016年09月14日 22時15分 公開

iOS 10にしたSIMフリー「iPhone SE」で格安SIMのデータ通信を使ってみた (2/2)

[井上翔,ITmedia]
前のページへ 1|2       

mineo(Aプラン・VoLTE対応)

 ケイ・オプティコムの「mineo」では、APN構成プロファイルを手動でインストールできる。ダウンロードの際は、ドコモ回線を利用するプラン(Dプラン)用とau回線を利用するプラン(Aプラン)用を取り違えないように注意しよう。今回は、Aプラン用プロファイルをダウンロード・インストールした上で、AプランのVoLTE対応SIMを検証した。

 結果からいうと、iPhone SE単体でのデータ通信は成功したが、インターネット共有は使えなかった。インターネット共有を有効にしようとすると、KDDIに問い合わせることを求めるダイアログが表示されてしまうのだ。ケイ・オプティコムによる動作検証でも、この検証と同じ結果が出ている。

au回線MVNOのテザリング表示 au回線を利用するMVNOサービスでは、テザリングを有効にしようとするとKDDIに問い合わせる旨が表示される

 通信速度は17時25分頃に計測した。上りの通信速度は12.36Mbpsと非常に良好だったが、下りの通信速度は2.87Mbpsとまずまずの結果となった。

mineo(Aプラン)での測定結果 mineo(Aプラン)での測定結果。上りはとても良好

UQ mobile(VoLTE対応)

 UQコミュニケーションズとUQモバイル沖縄の「UQ mobile」では、APN構成プロファイルを手動でインストールできる。今回は、VoLTE対応SIMを検証した。

 結果はmineo(Aプラン)と同様で、iPhone SE単体でのデータ通信は成功したが、インターネット共有は使えなかった。9月14日現在、UQコミュニケーションズによる動作検証は行われていない。

 自ブランドでの「iPhone 5s」発売以後、UQ mobileはau(KDDIと沖縄セルラー電話)を通して販売されたiPhoneやSIMロックフリーのiPhoneでの動作検証結果を公表しなくなってしまった。その現状を踏まえると、auやSIMロックフリーのiPhoneをiOS 10にした場合の動作検証も、表立っては提示しないと思われる。

 通信速度は17時27分頃に計測した。結果は下りが8.7Mbps、下りが12.29Mbpsと快適な速度を得られた。

UQ mobileでの測定結果 UQ mobileでの測定結果。上下ともに良好

Y!mobile(おまけ)

 厳密にはMVNOサービスではないが、ソフトバンクの「Y!mobile」についても動作検証を行った。Y!mobileでは、SIMロックフリー版のiPhoneでの利用方法をFAQ(よくある質問)サイトで公開しており、そこからAPN構成プロファイルを手動でインストールできる。

 結果は端末単体での通信は可能だが、インターネット共有は有効にできない。インターネット共有をタップするとソフトバンクに問い合わせる旨が表示されるなど、au回線を使ったMVNOサービスと同様の挙動となる。

Y!mobileのテザリング表示 Y!mobileでは、テザリングを有効にしようとするとソフトバンクに問い合わせる旨が表示される

 通信速度は17時16分頃に測定した。結果は下りが10.37Mbps、上りが8.7Mbpsと、十分な速度が出ている。

Y!mobileでの測定結果 Y!mobileでの測定結果。上下ともに良好

まとめ:iOS 9のころと変わらない

 以上の検証結果をまとめると、以下のようになる。

  • ドコモ回線を使う格安SIMは、テザリングを含めた通信を正常に行える
  • au回線を使う格安SIMやY!mobileは、テザリングを諦めれば使える

 つまり、iOS 9の場合と結果は変わらないということだ。9月14日現在、iOS 9で問題なく使えている格安SIMは、iOS 10にバージョンアップしても問題なく使える

 ただし、iOS 10をプリインストールしている「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」でも同様の結果が得られるかどうかは未知数だ。発売後、ITmedia Mobileでも検証を行う予定なので楽しみに待っていてほしい。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう