ニュース
» 2010年01月07日 17時30分 公開

2010 International CES:Sony Press Conferenceで「未発表VAIO」のデバイスマネージャーに迫る (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

VAIOにもCULVノートがやってきた

 VAIO YシリーズはCPUにCULV版を採用したVAIO初の「CULVノートPC」となる。13.3型ワイドの液晶ディスプレイ(解像度は1366×768ドット)を搭載して、重さは4ポンド(約2キロ)になるが、価格を抑えるために光学ドライブを内蔵しない。バッテリー駆動時間は8時間を見込んでいる。システムプロパティやデバイスマネージャーで確認した限り、CPUは動作クロック1.3GHzのCore 2 Duo SU7300であると思われる。

VAIO初のCULVノートPCとして登場する予定のVAIO Yシリーズ(写真=左)。こちらのキーボードもアイソレーションタイプを採用する(写真=右)

VAIO Yシリーズの左側面と前面(写真=左)。同じく右側面(写真=中央)。液晶ディスプレイ天面(写真=右)

展示されていたVAIO Yシリーズで確認したシステムプロパティ(写真=左)とデバイスマネージャー(写真=中央)、そしてWindows エクスペリエンスインデックス(写真=右)。こちらも、製品版がこのスペックとパフォーマンスでいくとは限らない

 Atomを載せたVAIO Wは、ボディデザインはそのままだが、内部構成を最新の「Pine Trail-M」に変更してあった。スタッフの説明によると、「性能の向上はわずかだったが、消費電力の削減に大きな効果があった。バッテリー駆動時間は1時間は延びたのではないか」と述べている。

 また、VAIO Wでは、再生素材を利用した「W Series Notebook Eco-friendly PC」も紹介されていた。

展示されていたVAIO Wのボディデザインは従来と同じだが(写真=左)、システムプロパティを確認すると「Atom N450」が確認できた(写真=中央)。ブースには再生素材を利用したVAIO Wも紹介されていた(写真=右)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう