レビュー
» 2010年05月29日 16時15分 公開

これぞ夢の共演!?:VAIO PをiPadの外付けキーボードとして使ってみた (2/2)

[前橋豪,ITmedia]
前のページへ 1|2       

実用性はさておき……

 iPadのソフトウェアキーボードは、慣れれば指数本を使って意外に早く入力できるが、タッチパネルなので押下した感触がなく、VAIO Pのハードウェアキーボードのほうが軽快に入力できる。入力する文章が長文になるほど、外付けキーボードの効果は高くなるハズだ。

 ちなみに、iPadを横位置にした場合の幅は242.8ミリで、VAIO Pの幅(245ミリ)とほとんど同じになる。思わずiPadをVAIO Pの液晶ディスプレイに立てかけて使いたくなるが、実際にやってみると、iPadの重さでVAIO Pが後方にひっくり返ってしまい無理だった。

 VAIO P自体がWindows 7のフル機能を使えるミニノートPCであり、Bluetoothキーボードとしては消費電力が高いことも考えると、わざわざiPadの外付けキーボードとして使うことの実用性には疑問符が付くが、こうした“遊び”は純粋に楽しい。ガジェット好きでVAIO PもiPadも即買いしたというツワモノは、ソニー&アップルによる“夢のコラボ?”を一度は試してみるのもいいだろう。

Sony Style(ソニースタイル)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう