レビュー
» 2010年12月09日 17時42分 公開

写真で解説する「DELL Streak 001DL」独自UI「DELL Stage」を試す(3/3 ページ)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

スマートフォンの基本機能は?

photo 最大4倍のズームが可能

 カメラは約500万画素CMOSのアウトカメラと約30万画素CMOSのインカメラを搭載。静止画の撮影サイズは2592×1944ピクセル。シャッターキーか画面のシャッターアイコンを押すと撮影できるが、任意の個所に触れてフォーカスを当てて撮影することはできない。画面をダブルタップするとズームする。撮影の設定はシンプルで、フラッシュのオート/オン/オフ、ホワイトバランス、明るさと、位置情報のオン/オフを設定できる。

 静止画撮影時は、端末の向きに応じてメニューも縦向きと横向きに切り替わるが、動画撮影は横画面に固定される。動画の撮影サイズは最大800×480ピクセル(30fps)で、HDサイズの撮影には対応していない。

photophotophotophoto フラッシュ(写真=左端)、ホワイトバランス(写真=左中)、明るさ(写真=右中)の設定ができる。Android標準のフォトビュワーを用意(写真=右端)
photophotophoto 端末を横向きにするとUIも横画面になる(写真=左)。サブメニューで「Front-Facing Camera」を選ぶとインカメラに切り替わる(写真=中)。動画の画質設定(写真=右)

 日本語入力システムはiWnnを採用しており、QWERTYキーボードとテンキーを利用できる。テンキーはフリック入力にも対応している。ただ、テンキーは片手で入力するには少々幅が大きいが、両手で打つにはキー数が少ないので、横向きのQWERTYキーボードを両手で打つのがよさそうだ。

photophotophotophoto iWnnのQWERTYキーボード。変換候補の「+」を押すとキーボードが消えてさらに多くの候補が表示される(写真=左端。左中)。文字アイコンを長押しすると、入力方法の変更などができる(写真=右中)。テンキーでは上下左右のフリック入力が可能(写真=右端)
photophotophotophoto かな入力から英数カナ変換も可能(写真=左端)。英語の予測変換にも対応している(写真=左中)。iWnnの設定画面(写真=右中、右端)
photophoto Softbankメールアプリを使ってS!メールを利用できる

 5インチの大型ディスプレイを備えているだけあり、ブラウザは1画面にたくさんの情報を表示できる。Android 2.2対応なのでFlashのページもスムーズに閲覧できる。操作面でやや気になったのが、ブラウザのサブメニュー。「新しいウィンドウ」「終了」「ブックマーク」「ウィンドウ」「再読み込み」「その他」の6項目がサブメニューに表示されるが、ここに「進む」がない。1ページ前に「戻る」操作はクリアキーから行えるが、進む操作は「その他」から「進む」を選ぶ必要がある。進むの操作で3ステップを要するのは少々面倒だと感じた。

photophotophotophoto 1画面にたくさんの情報を表示できる(写真=左端)。ダブルタップをすると、読みやすい文字サイズになるよう自動でレイアウトを調整してくれる(写真=左中)。ブラウザのサブメニュー(写真=右中)。「その他」から利用できる項目(写真=右端)
photophoto ブラウザの設定(写真=左)。ブックマーク一覧はサムネイルで表示される。この画面にはURLの横にある☆アイコンからもアクセスできる(写真=右)
photophoto 横画面なら左右にスクロールせずに閲覧できそうだ(写真=左)。Flashもしっかり表示できる(写真=右)
photophoto Twitterクライアントの一覧性も高い。左は「Twitter」、右は「twicca」

 タブレット端末は、その大きなボディから携帯性の点では不利だが、001DLのサイズは大きすぎず、小さすぎず、うまくバランスが取れている。電話機として必要十分な機能も備えているので、“1台目”の用途にも耐えられそうだ。ブラウザや電子書籍、SNSなどで積極的に情報にアクセスしたい人にお勧めしたい。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.