ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「宴会」最新記事一覧

関連キーワード

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第568話 新スパイの必需品
スパイの必需品、次はこれか。こんな100均ショップの宴会グッズで悪の組織を一網打尽にできるのかい?(2017/11/21)

ぼっち同士で一緒に過ごせるSkype越しの飲み会が楽しそう
終わったらすぐ寝られるのもいい。(2017/11/17)

「心が折れる職場」:
部下の心を折る職場は「飲み会なし」「上司がエリート」
労働時間や給与体系に問題のない、一見すると“ホワイト”な企業でも、特定の部署でメンタル不調者が続出するケースがあるという。一体何が問題なのだろうか。(2017/11/13)

「この飲み会、手品道具2つ分だな」 手品よりも奇妙な“手品人”たちの世界
奥深くも奇妙な“閉じた”世界。(2017/11/1)

酒好きがむっちゃうれしいやつだこれ! 一升瓶にそっくりな「日本酒バッグ」がかわいいと話題に
飲み会に持っていったらウケそう。(2017/5/22)

宴会では7皿に1皿が食べ残し 農林水産省が飲食店等での「食べ残し」について注意喚起
廃棄される「食品ロス」を減らすため、外食での食べきりを促しています。(2017/5/19)

接し方のミスが部下のストレスに:
上司との飲み会で「嫌な経験した」約8割 自慢話は不評
会社の上司との飲み会、何が部下のストレスになる?――福徳長酒類調べ。(2017/5/8)

「グリーンは屋形船の上に設置」ってありえねえだろ! 東京の街中で開催された女子ゴルフツアー(?)がシュール
宴会中のビールジョッキにチップイン。(2017/3/29)

セキュリティ酒場放浪記(1):
「おれたちは日本一のCSIRTになる!」――リクルートのCSIRT飲み会に潜入してみた
「サイバーセキュリティの世界において、重要な情報は全て飲み会で交換されている」、そんなウワサが本当なのかを確かめるべく、「セキュリティ飲み会」に潜入し、その実態を探る実験的企画。今回は「リクルートテクノロジーズ編」だ。(2017/3/23)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
神田の居酒屋にロボットが来た日――“飲みニケーションロボット”の作り方
東京・神田の居酒屋「くろきん」に卓上型コミュニケーションロボット「Sota」が登場。飲み会を盛り上げる仕掛けとして、同店の来店者増に一役買っているという。居酒屋にロボット、このプロジェクトはどのようにして始まったのか。その裏側に迫った。(2017/3/7)

ハーフは美人ばかりじゃない! ハーフにはハーフの悩みがある
役所で、就職で、飲み会で……、ハーフの悩みは尽きません。(2017/2/12)

人見知りの達人:
「完全下戸、飲み会が苦手な人見知り」がボッチで食事を満喫する方法
(2017/2/4)

人見知りの達人:
【図解】飲み会で会話の輪には加わらないが、かといって場の空気を壊さない程度に関わっている雰囲気の出し方
「最適な座るポジション」はここだ!(2016/12/25)

忘年会シーズン到来、失敗しないには:
仕事がデキない人の「飲み会作法」、ダメな点は?
飲み会で失敗し、職場での印象を下げないふるまい方は?――大鵬薬品工業調べ。(2016/12/2)

「家帰る 晩めしホカ弁 妻飲み会」 クックパッドに50以上「オムライス川柳」を投稿し続けている人が話題に
どれだけ悲しみながらオムライスを作り続けているんだ……。(2016/10/20)

新連載・ライザップに挑戦してみた:
なぜ人は太るのか 「ロジック」を理解していれば痩せられる
「飲み会が続いていて、お腹が出てきた」「毎日3食きっちり食べると、太ってしまう」という人も多いのでは。筆者の上阪徹氏は「ライザップ」に挑戦し、ダイエットに成功するわけだが、プログラム終了後も体重は増えていないという。その理由は……。(2016/10/17)

IoTデバイスの開発秘話(2):
スマートロックAkerunは“飲み会”から生まれた
「世界初」の後付けスマートロックである「Akerun」。同製品を手掛けるフォトシンス社長の河瀬航大氏は、「イノベーション・ジャパン」(2016年8月25〜26日/東京ビッグサイト)で講演を行い、Akerunが生まれた背景や、IoTスタートアップが乗り越えるべき3つの壁について語った。同社がAkerunを通して目指すのは、“物理的な鍵からの解放”だ。(2016/9/6)

Twitterトレンドに急浮上「スモハラ」ってなんだ? 「相撲ハラスメントかと思った」と困惑する人が続出
「かわいがりとかのこと?」「飲み会で相撲をとらせられるハラスメントかと思った」といった声も(2016/5/19)

EE Times Japan Weekly Top10:
飲み会だって天気予報だって、技術のタネになる
EE Times Japanで2016年1月30日〜2月5日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/2/6)

仕事用スーツは“経費”にできる? まだまだこんなにあった事業費で落とせる支出
取引先のご祝儀やお香典、急に必要になったスーツ代、飲み会帰りのタクシー代――これって“経費”にできますか?(2016/1/26)

「終電を逃した時に利用する手段・場所」ランキング
あなたは社会人になってから、飲み会に参加して終電を逃したことはありますか? 20〜30代の働く男女に聞いたところ……。オウチーノ編集部調べ。(2015/12/21)

まだ間に合う! 食べ過ぎを翌日にリセットするコンビニ飯
昨晩、飲み会や接待でついつい食べすぎた……。そんなとき、翌日であればまだリベンジ可能です。ダイエットの緊急対策に使えるコンビニで買えるリセット食を紹介します。(2015/11/19)

「Slack」に投票や参加表明に使える絵文字利用の新ツール「Emoji Reactions」
チーム向けコラボレーションツール「Slack」に、メッセージへのリアクションを絵文字ボタンで表示する「Emoji Reactions」機能が追加された。複数ボタンでの投票や飲み会の参加表明などにも使える。(2015/7/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
汽笛一声「愛の出発式」、SLブライダルトレインの魅力
日本旅行と大井川鐵道がブライダルビジネスに参入した。駅で結婚式を挙行した後、SL列車で宴会を実施するブライダルプランだ。鉄道ならではの仕掛けが満載。しかし趣味に偏らず、新郎新婦、出席者にとって、末永く記憶に残る結婚式となった。(2015/5/22)

二日酔いの吐き気を抑える方法は?
楽しい飲み会の思い出を壊さないために……翌日のつらい吐き気にオサラバするための秘策をご紹介します。(2015/5/12)

R25スマホ情報局:
“日本ならでは”のSNS文化5選
TwitterやFacebookのタイムラインを眺めていると流れてくる、料理や飲み会の写真。日本人からすると見慣れた投稿だが、海外ではかなり珍しいのだとか。(2015/4/13)

“引っ張りだこな人々”の習慣:
Facebookの飲み会写真は非表示にします――デイリーポータルZ・林雄司さん
「周りが放っておかない人」に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。第2回に登場いただいたのは、デイリーポータルZ編集長の林雄司さんだ。(2015/3/19)

R25スマホ情報局:
酔ってスマホ紛失エピソード集
年末年始の飲み会で酔って注意力が散漫になり、スマホをなくしたなんて人もいるのでは? 「酔ってスマホをなくした経験」を集めてみた。(2015/1/14)

ヘルシーライフの新常識:
年の始めはファスティング――暴飲暴食の痕跡をリセットしよう!
怒涛の宴会ラッシュだった年末年始が明け、胃が、お腹が、身体が重いっ! そんなあなたにオススメなのが「ファスティング」。ダイエットのため? いえいえ、デトックスのためです。(2015/1/9)

ソフトニック:
飲み会や会議でメンバーの名字から相性を診断し座席を決定するアプリ――「名字で席決め」
「名字で席決め」は、参加者の名前を入力すると自動的に席を決めてくれるアプリです。忘年会や合コンで活躍すること間違いなしです。(2014/12/18)

知らずに飲めない:
「牛乳で胃に膜」はウソ? 忘年会シーズン、知っておきたい“お酒の常識”5選
忘年会にお正月、新年会と、これから続く宴会シーズン。お酒に関する間違った知識で、失敗してしまっていませんか?(2014/12/17)

田中圭一×ぐるなび 飲み会に使えるLINEスタンプ”風”画像を公開
「今夜はオレのおごりだ!!」。(2014/12/17)

なんだか“伸び伸びした”ヤツを試してみよう:
ネタじゃなくてマジで役立つ「セルフィースティック」がデートや旅行で大活躍
外で使うとかなり目立つ“自撮り棒”。飲み会や結婚式などで使うと人気者になれますし、撮った写真のクオリティが高いので中毒性があります。(2014/11/28)

心の動揺をおでこのランプで見破るおもちゃ「ココロスキャナー 」 タカラトミーから発売
これからの宴会シーズン、みんなで互いに嘘を見抜いて盛り上がろう。(2014/10/1)

「miCoach FIT SMART」でスマートになる夢をみた:
“ランに特化”で何が変わる? アディダスのiPhone連携スマートウオッチを試す
今日は暑いから。飲み会があるから走れないよ。仕方ないじゃない。……ええ、都合のよい理由なのは分かっています。休眠中皇居ランナーの自堕落系女子でも、ラン専用のスマートウオッチで意識が変わるのでしょうか。(2014/10/1)

風変わりな「戦隊モノ」がカルト的人気に
「飲み会」と「カラオケ」がメインの風変わりな戦隊モノドラマ、『乾杯戦士アフター?』。カルト的な人気を博している同ドラマの「大百科」が発売されました。(2014/9/25)

飲み会で上司にキレた結果
後悔のない充実した人生を送るコツとは。あなたはまだ本気出してないだけ』の著者、小玉歩さんにお話を伺いました。(2014/9/23)

アイ ラブ イザカヤ:
“食べたいガイジン”と“学びたい日本人”を「カンパイ!」でつなぐ 今どきの“生きた英会話”学習法
“ローカルな日本の食”を楽しみたい外国人旅行者と、“生きた英語を学びたい”日本人をマッチングして、楽しい「カンパイ!」のひと時を提供――。“飲み会”を通じて生きた英語が身につく「Tokyo Kanpai Summit」がサービスを開始した。(2014/7/18)

ソフトニック:
飲み会や会議、合コンなどの日程調整に便利なあの人気サービス――「調整さん」
調整さんは、複数人のスケジュールを簡単に調整できるアプリです。スマホだけでなく、ケータイやPCでも使えるので便利です。(2014/7/8)

今日バズったワードは!? ―― 「トノサマガエル」「ゴディバ」「Skype飲み会」
Skype飲み会、意外と楽しそうです。(2014/6/27)

「で、結局何が言いたいの?」と言われない話し方:
「帰りの電車で上司と一緒になったとき」の話し方
仕事や飲み会の帰りなど、偶然にも上司と同じ方向の電車に乗ることがあります。この場合は「楽しむのが目的の会議」です。今回は電車内の会話で押さえておくべきことを紹介します。(2014/6/5)

「で、結局何が言いたいの?」と言われない話し方:
飲み会での「話し方」
飲み会では、リラックスした雰囲気のなかで互いをよく知り合うことが大事です。仕事に直接関係はなくとも、どんなことができるのかを理解し合いましょう。今回は「簡潔さばかり求められているわけではない場面」での話し方について紹介します。(2014/5/22)

時代が求める「少人数チーム」の作りかた:
会議もチームも飲み会も――うまくいくのは6人まで
メンバーの数は、チームをうまく機能させるための重要な要素であり、それを見誤るとチームが機能不全に陥ってしまうこともあります。チームは“5人が最適”といわれますが、そこにはどんな理由があるのでしょうか。(2014/5/20)

3分LifeHacking:
パーティーで壁の花になってしまう人がその場を楽しむ方法
新入社員の歓迎会、送別会、新人同士での飲み会――社交的な場の増えるこの季節は、人見知りな人にとっては苦痛なものです。そのような場を乗り切り楽しむ方法をご紹介しましょう。(2014/3/28)

悪との戦いお疲れっしたーッ! 飲み会ばっかのだらしないヒーロー描く「乾杯戦士アフターV」がいい感じにダメそう
わっ! ダメな大人のニオイ!(2014/3/14)

個人情報そのやり方では守れません:
実は迷惑行為だった「友人との写真」のアップロード
友人との楽しい飲み会。「今日は、久しぶりにみんなで盛り上がりました!」というように、仲間との写真をSNS上に公開している人も少なくありません。しかし、この写真から思わぬ事態を招くことにも……。(2014/2/12)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちは、おごる回数を競う
日本人は同僚との食事や飲み会なら割勘がスタンダードですが、華僑には割勘の習慣がありません。必ず誰か1人が全員分を支払います。(2014/1/9)

「飲み会行かない」若者は成長しない?
最近の若者に嫌われがちな“飲みにケーション”。飲み会の席でのコミュニケーションの良い部分を知ることで、行ってみようという気持ちになれるかもしれません。(2013/12/25)

導入事例:
ニューオータニ、北京のホテルに基幹業務ソフトを活用したシステムを構築
中国・北京のホテルニューオータニ長富宮は、NECのソフトウェアを利用して宿泊管理、顧客管理、宴会管理、インターネット予約、ポイント管理の基幹業務システムを構築した。(2013/9/3)

走る社長の軽快ブログ:
「飲み会はニガテ」じゃもったいない! 会合を楽しむ3つのコツ
営業の仕事を「会食が苦手だから」という理由で辞めたいと思ったこともある筆者が、ある日を境に楽しめるようになった3つのコツとは?(2013/8/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。