ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブラーバ」最新記事一覧

0時スタート:
Amazon、1日限定でプライム会員向けのタイムセール 6000以上の商品が対象
アマゾンジャパンは、7月12日にプライム会員限定のタイムセールを実施する。(2016/7/11)

ボディーはシルバーに:
「デュアルバーチャルウォール」が付属する「ルンバ876」発売――消耗品がもれなくもらえるキャンペーンも
セールス・オンデマンドは、米iRobotのロボット掃除機「ルンバ876」を発売する。本体をスタイリッシュなシルバーに一新したほか、新たに「デュアルバーチャルウォール」が付属。発売に合わせてキャンペーンも実施する。(2016/5/10)

癒しの空間に花粉はいらない!――吉祥寺のハンモックカフェ「マヒカマノ」の試み
吉祥寺駅から徒歩数分の場所にある「mahika mano」(マヒカマノ)は、客席のほとんどがハンモックという珍しいカフェ。この時期になると花粉症のお客さんも見受けられるようになり、店長さんは頭を悩ませていました。(2016/2/23)

ルンバとブラーバを活用する「徹底!床”ロボ”掃除」サービス、カジタクが提供
ロボット掃除機「ルンバ」とふき掃除ロボット「ブラーバ」、そしてさまざまな家事を組み合わせたハウスクリーニングサービスが登場した。(2015/12/3)

朗報:
猫がのったらどうなる? “目”を獲得した「ルンバ980」の気になるところ
カメラを使用するvSLAMを搭載し、より効率的に掃除できるようになった「ルンバ980」。しかし、カメラが上にあるということは、猫がのったときの動きが気になるところ。“ルンバ猫”は生き残れるのか?(2015/9/30)

夏に気になる床のベタベタ:
「床拭きロボットによる雑菌除去率は99.9%」 セールス・オンデマンドが発表
iRobotの床拭きロボット「ブラーバ」を販売するセールス・オンデマンドが、第3者機関による調査結果を発表。ブラーバを使うと、床の雑菌を99.9%除去できるという。(2015/7/17)

交換用クロスを多めに付属 急速充電スタンドを省いた床拭きロボット「ブラーバ371j」発売
セールス・オンデマンドは、iRobotの「ブラーバ371j」を発売する。急速充電スタンドを省き、交換用クロスを多めに同梱(どうこん)した。(2015/5/26)

週刊デジ押し:
30秒で分かるぞうきんがけロボット「ブラーバ380j」の魅力
動画で話題の製品を紹介する「週刊デジモノ押しの逸品」。その魅力に、思わず欲しくなってしまうかも!?(2015/4/25)

iRobot研究(2):
すべては人を助けるため――iRobotのロボット哲学
ロボット専業メーカーとしての地位を確立した米iRobot。同社のロボットを語る上で欠かせないキーワードが、“ワンミッション、ワンロボット”という考え方だ。(2015/3/6)

満足度97%:
セールス・オンデマンド、床拭きロボット「ブラーバ380j」の店頭販売を開始
セールス・オンデマンドは、4月から床拭きロボット「ブラーバ380j」の店頭販売を開始する。合わせてユーザーアンケート結果の一部も公表。(2015/3/4)

iRobot研究(1):
困難に直面しても「楽しかった」――「ルンバ」登場までの軌跡
ロボット掃除機の先駆けであり、今やその代名詞にもなっている米iRobotの「Roomba」(ルンバ)。どのような人たちが、何を考えて作り出したのだろうか? 同社の歴史を紐解いてみよう。(2015/3/4)

ふき専用掃除ロボット「ブラーバ380j」、その実力を探る
iRobotの「ブラーバ380j」は、人の代わりに面倒なふき掃除をしてくれる“お掃除ロボット”。家の中では素足で過ごす日本人にとって、床の汚れやホコリは気になるもの。ブラーバは期待に応えてくれるのだろうか?(2014/12/30)

「ルンバ」の動きは“ランダム”ではない――米iRobot、コリン・アングルCEOの哲学
同じ場所を何度も往復して掃除するルンバは「非効率的」と言われることも多い。米iRobotのコリン・アングルCEOが、そうした指摘に真っ向から反論した。(2014/11/11)

「ルンバ」に続くヒット商品となるか:
米iRobotの床拭きお掃除ロボ「ブラーバ」はどれだけ実用的か(動画あり)
「ルンバ」シリーズを手掛ける米iRobotの新型ロボット、「ブラーバ380j」が上陸した。「床拭き」専用となる本製品を試用した感想を、動画を交えながらお伝えしたい。(2014/8/22)

「見ているだけの人生はつまらないよ!」――古川享氏がシニアに伝える最新技術
講演で語られた数々の最新技術をまとめてレポートする。(2014/7/28)

ルンバに続くお掃除ロボ第2弾「ブラーバ」は床拭き専用 今回もペットとしても愛でられる?
今度は水拭き・乾拭きができるお掃除ロボット登場。(2014/7/1)

「ルンバ」に続く第2弾は雑巾掛けロボット「ブラーバ」 から拭き/水拭き、どちらもOK
から拭き/水拭き、どちらもOKの床拭きロボット「ブラーバ380j」が発売される。「ルンバ」に続く、iRobotのお掃除ロボ第2弾だ。(2014/7/1)

拭き掃除もロボットにおまかせ! iRobotの「ブラーバ380j」日本上陸
セールス・オンデマンドは、米iRobotの家庭用掃除ロボット第2弾「ブラーバ380j」を発売する。から拭きと水拭きの両方に対応した床の拭き掃除専用ロボットだ。(2014/7/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。