ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「Endeavor」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
EPSON Direct PC Channel - ITmedia PC USER

エプソンダイレクト、税別7万円台からの15.6型BTOノート「Endeavor NJ4000E」
エプソンダイレクトは、ビジネス向けとなるBTO対応15.6型ノートPC「Endeavor NJ4000E」を発表した。(2016/5/17)

15.6型でジャストサイズ:
PR:特定業務用途のPCにエプソンダイレクトの「Endeavor TD160E」を選ぶべき理由
公共施設で案内情報を表示するデジタルサイネージ、あるいはホテルや図書館などの検索端末――現代社会でごく当たり前にみられる風景の土台は、特定業務用途向けに開発されたPCが支えている。(2016/2/24)

エプソン、受付端末などにも向く15.6型タッチパネル一体型PC「Endeavor TD160E」
エプソンダイレクトは、15.6型タッチパネル液晶を内蔵した業務用一体型PC「Endeavor TD160E」を発表した。(2016/2/23)

エプソンダイレクト、14型スタンダードノート「NY2500S」に3万円台のエントリー構成モデルを追加
エプソンダイレクトは、同社製14型ノートPC「Endeavor S シリーズ NY2500S」のラインアップに下位構成の「バリューモデル」を追加した。(2016/2/9)

エプソンダイレクト、第6世代Coreプロセッサを採用した13.3型ビジネスノート「Endeavor NA512E」など2機種
エプソンダイレクトは、ビジネス向け13.3型モバイルノートPC「Endeavor NA512E」など計2製品の販売を開始する。(2015/12/22)

ビジネスの相棒はこれで決まり:
PR:高性能&軽量ボディの「Endeavor NA512E」で仕事がはかどる!
最新世代のCPUを搭載して生まれ変わった定番“お仕事マシン”、「Endeavor NA512E」を徹底レビュー。仕事をバリバリこなすなら、やっぱりクラムシェルタイプのノートPCが欲しい!(2015/12/22)

エプソンダイレクト、Celeron搭載で4万円台からの省スペースPC「AY331S」
エプソンダイレクトは、省スペース筐体採用デスクトップPC「Endeavor S」シリーズのバリエーションモデル「AY331S」を発表した。(2015/12/8)

エプソンダイレクト、第6世代Coreプロセッサに対応したスリムBTOデスクトップ「Endeavor MR4600E」
エプソンダイレクトは、同社製デスクトップPC「Endeavor」のラインアップに省スペース型新モデル「Endeavor MR4600E」を追加した。(2015/10/14)

エプソンダイレクト、拡張性に優れた第6世代Coreプロセッサ採用ミドルタワーPC「Endeavor Pro 5700」
エプソンダイレクトは、ハイスペック構成にも対応したプロ向けミドルタワーPC「Endeavor Pro 5700」の販売を開始する。(2015/9/29)

最高峰システムが新BTOでさらなる高みへ:
PR:クリエイティビティを加速するフラッグシップマシン「Endeavor Pro8100」徹底解剖
とにかく速いマシンが欲しいユーザーに朗報だ。エプソンダイレクトが誇るフラッグシップマシン「Endeavor Pro8100」が新BTOメニュー追加でパワーアップ。さらにハイエンドなタワー型PCへと進化した。(2015/9/29)

新世代CPUがビジネスを強力に支援:
PR:仕事もプライベートもカバーする高性能PC「Endeavor MR7400」の魅力に迫る
高性能と低消費電力をハイレベルで両立する第6世代Coreプロセッサーを搭載した高性能デスクトップPCがエプソンダイレクトから登場した。Skylake-SやM.2 SSDなど、最新アーキテクチャが実現する高いパフォーマンスと、用途や好みに合わせてカスタマイズできる豊富なBTOメニューが魅力だ。(2015/9/17)

エプソンダイレクト、“Skylake”を採用したミニタワーBTOデスクトップ「Endeavor MR7400」
エプソンダイレクトは、同社製デスクトップPC「Endeavor」シリーズにミニタワー型新モデル「Endeavor MR7400」を追加。最新の第6世代Coreプロセッサを採用したモデルだ。(2015/9/15)

エプソンダイレクト、2in1ノートPC「Endeavor TN30E」など2製品のBTOオプションにWindows 10を追加
エプソンダイレクトは、10.1型タブレットPC「Endeavor TN20E」および2wayノートPC「Endeavor TN30E」のBTOオプションにWindows 10を追加した。(2015/7/28)

エプソンダイレクト、GeForce GTX 950M搭載の15.6型ノート「Endeavor NJ5970E」
エプソンダイレクトは、15.6型フルHD液晶/GeForce搭載ノートPC「Endeavor NJ5970E」など2製品を発表した。(2015/6/9)

ビジネスを加速するフラッグシップマシン:
PR:最新GPUで生まれ変わった高性能“お仕事ノート”の決定版――「Endeavor NJ5970E」徹底分析
エプソンダイレクトの「Endeavor NJ5970E」は、通常のオフィス系ソフトだけでなく、クリエイティブワークやエンジニアリングまでをカバーするフラッグシップビジネスノートだ。(2015/6/9)

家のテレビがパソコンに!:
PR:2万円で買える小型PC「Endeavor SY01」徹底活用術
エプソンダイレクトから登場した「Endeavor SY01」は、手の平にすっぽりと収まる小型サイズを実現した話題のスティック型PCだ。どんな場面で活用できる?(2015/6/5)

エプソンダイレクト、冷却ファン内蔵型のスティックPC「Endeavor SY01」
エプソンダイレクトは、Atom搭載スティック型PC「Endeavor SY01」を発表。冷却ファン内蔵のコンパクト筐体を採用している。(2015/4/28)

お手軽8型Windowsタブレット:
PR:「Endeavor TB01S」は営業マンにとって理想のマシンか?
エプソンダイレクトから登場したWindowsタブレット「Endeavor TB01S」は、8型IPS液晶を搭載し、Officeをプリインストールしながら税抜き3万円を切るコスパが魅力だ。実際に営業ツールとして活用した結果は……。(2015/2/20)

エプソンダイレクト、薄型軽量デザインの8型Windowsタブレット「Endeavor TB01S」
エプソンダイレクトは、デジタイザーペン入力にも対応する8型WXGA液晶を備えたWindowsタブレットPC「Endeavor TB01S」を発表した。(2015/2/10)

バンガード、カメラバッグ2モデルと双眼鏡エンデバーシリーズの新製品発売
ガードフォースジャパンが、用途の異なるカメラバッグ2モデルと、「Endeavor ED」から新しい双眼鏡「Endeavor ED II」を1月16日、発売する。(2015/1/16)

エプソンダイレクト、ビジネス向けの軽量モバイルノート/タブレットなど3機種を発売
エプソンダイレクトは、ビジネス向け13.3型モバイルノートPC「Endeavor NA511E」など計3製品の販売を開始する。(2014/12/9)

まさにワークステーション品質:
PR:プロクリエイター待望のスーパーマシン「Endeavor Pro8100」登場
エプソンダイレクトの「Endeavor Pro8100」は、「Haswell-E」の開発コードネームで知られるウルトラハイエンドCPUを採用した最新のタワー型シリーズだ。マニアなコンシューマーユーザーはもちろん、プロのクリエイターやエンジニアをも満足させるワークステーションクオリティのパフォーマンスと信頼性を備えたスーパーマシンの魅力に迫る。(2014/11/19)

エプソン、X99マザー採用のハイエンド構成ミドルタワーPC「Endeavor Pro8100」
エプソンダイレクトは、ミドルタワー型デスクトップ筐体を採用したフラッグシップPC「Endeavor Pro8100」を発表した。(2014/11/18)

エプソンダイレクト、税込み8万円台からのBTO対応スリムPC「Endeavor MR4500E」
エプソンダイレクトは、スリムタワー筐体を採用するスタンダードデスクトップPC「Endeavor MR4500E」を発表。カスタマイズによりCore i7-4790Kまでの搭載に対応している。(2014/9/4)

PR:低価格Windowsタブレットの決定版か!? 「Endeavor TB20S」の実力を検証
エプソンダイレクトが投入した「Endeavor TB20S」は、10.1型IPS液晶を採用したボディに十分な性能を備え、さらに3万7800円からという低価格を実現した注目のタブレットだ。(2014/8/29)

定格4GHz動作:
エプソンダイレクト、“Devil's Canyon”を搭載可能なミドルタワーPCなどハイスペックモデルを投入
BTOでCore i7-4790Kまで搭載可能なミドルタワーPC「Endeavor Pro5600」と、ミニタワーPC「Endeavor MR7300」が登場した。(2014/8/19)

Office付きでも4万円台:
エプソンダイレクト、3万円台の10.1型Windows 8.1 with Bingタブレット「Endeavor S TB20S」
エプソンダイレクトは、OSにWindows 8.1 with Bingを採用した10.1型タブレット「Endeavor S TB20S」を発売する。(2014/7/29)

エプソンダイレクト、エントリーノートPC「NY40S」「NY2400S」でWindows 8.1を選択可能に
エプソンダイレクトは、11.6型/14型ノートPC「Endeavor NY40S」「同 NY2400S」の選択可能OSにWindows 8.1を追加した。(2014/7/1)

エプソンダイレクト、APU採用で税込み4万円台からの11.6型ノート「Endeavor NY40S」など2製品
エプソンダイレクトは、コンパクトノートPC「Endeavor S」シリーズの新モデル「Endeavor NY40S」など計2モデルの受注を開始した。(2014/6/17)

エプソンダイレクト、4万円台からの14型エントリーノート「Endeavor NY2400S」
エプソンダイレクトは、14型ワイド液晶を内蔵したベーシックノートPC「Endeavor NY2400S」シリーズを発表。4万円台から買えるCeleronモデルのほか、Core i5搭載の上位モデルも用意した。(2014/6/3)

エプソンダイレクト、4万円台からのAPU採用コンパクトPC「Endeavor ST10E」
エプソンダイレクトは、同社製コンパクトデスクトップPC「Endeavor ST」シリーズの新モデルを発表。プロセッサとしてデュアルコアAPUを採用している。(2014/5/20)

エプソンダイレクト、フルHD液晶一体型「Endeavor PT110E」にタッチ対応モデルを追加
エプソンダイレクトの21.5型液晶一体型デスクトップPC「PT110E」にタッチ対応モデルが加わる。CPUやメモリ、ストレージなど各種BTOに対応、価格は9万9750円から。(2014/2/13)

Windowsタブレット「Endeavor TN10E」で実践:
PR:業務に「プラス」する、オフィスシーンのタブレット&ビジネスPC活用指南
業務へのタブレット導入ニーズに加え、Windows XPサポート終了と消費増税という重要な課題も考慮したい2014年度導入のオフィスPC。エプソンダイレクトのビジネスタブレット「Endeavor TN10E」はそんなオフィスと社員のワークスタイルにどんな変化をもたらすか。タブレットとメインPCを効果的に併用する事例と活用のコツを紹介しよう。(2014/2/6)

特定業務に向くウルトラコンパクトPC「Endeavor ST170E」:
PR:ウルトラコンパクト+豊富なインタフェース+長期サイクル+安定性──ここに「エプソンの省スペースデスクトップ」が効く
エプソンダイレクトが据える事業の第3の柱、それが「特定業務向け」である。特定業務とは何か、どんな業務に向き、どんなメリットがあるか。その主力モデル「Endeavor ST170E」の魅力を検証する。(2014/1/30)

“赤×黒”ツートーンボディ、100台限定:
通常より約10万円安い!──エプソンダイレクト20周年記念特別モデル「Pro5500 20th Anniversary Edition」
エプソンダイレクト設立20周年記念モデルが登場する。Endeavor Pro5500をベースに“レッド×ブラック”の特別カラー+シリアルナンバー入りのケースを採用する。Core i7+GeForce GTXの高性能志向な構成ながら、通常BTO価格より約10万円もお得な感謝プライスとなる。(2014/1/28)

AMDシステムを採用:
エプソン初のWindowsタブ「Endeavor TN10E」登場、11.6型で780グラム/デジタイザー内蔵
エプソンダイレクトが、大型画面+軽量ボディのWindowsビジネスタブレットを投入。価格は7万3500円から。(2014/1/28)

「Windows 7」も選べる:
オフィスシーンに適する第4世代Core搭載の省スペースデスクトップ──「Endeavor AY330S」
エプソンダイレクトが、パフォーマンスと省スペースを両立したオフィスシーン向け小型デスクトップPCの新モデルを投入。価格は6万900円から。(2013/12/25)

XP対策もこれでOK、2014年度用オフィス導入PCに最適:
PR:フルHD搭載で7万円台から──Windows 7構成も選べる「Endeavor NJ3900E」の“XP買い換え適性度”をチェックする
エプソンダイレクトより、ビジネス業務に適するサイズ、操作性、コスト、低省電力動作を実現する“決定版?”なノートPC「Endeavor NJ3900E」が登場。XPからの乗り換えPCに向いているか、2014年度のオフィスPCとしてどう活用できるか、その実力をチェックする。(2013/12/20)

エプソンダイレクト、幅45ミリの超コンパクト筐体を実現した小型PC「Endeavor ST170E」など3モデル
エプソンダイレクトは、容積約1.6リットルの小型筐体を採用したミニPC「Endeavor ST170E」などデスクトップPC計3モデルを発売する。(2013/12/17)

もちろん「Windows 7」構成も選べる:
フルHD仕様でも7万円台から、薄型・低消費電力・高コスパな15.6型ビジネスノート──「Endeavor NJ3900E」
エプソンダイレクトが、コストパフォーマンスに優れるビジネスノートPCをリニューアル。15.6型+テンキー付きのボディを採用し、フルHD解像度のディスプレイも選べる構成を用意した。(2013/12/3)

“仕事”にこだわるあなたへ:
PR:これがWindows 7搭載可能な“Endeavor史上最高峰”シリーズ──「Endeavor Pro8000」の超高速構成に酔いしれる
エプソンダイレクトのEndeavor Pro8000は、開発コード名:Ivy Bridge-Eで知られる超ハイエンドCPUを採用した同社最高峰のタワー型PCだ。ヘビーユーザーがうらやむハイスペックの魅力に迫る。(2013/11/26)

Endeavor最高峰シリーズがリニューアル、Ivy Bridge-E+最大64Gバイトメモリを搭載可能──「Endeavor Pro8000」
エプソンダイレクトが、Endeavorシリーズの最高峰モデルをリニューアル。Ivy Bridge-E構成、64Gバイトメモリ、512GバイトSSD RAIDなどハイエンドクラスの構成でオーダー可能だ。(2013/10/8)

これが、オフィス向け液晶一体型の新スタンダード:
今、オフィスPCの入れ替えに「Endeavor PT100E」が向く理由
Windows XPサポート終了に伴い、PCのリプレースを検討する企業は多いだろう。今回は、「徹底したコストパフォーマンス」を意識するオフィスへの導入に向くエプソンダイレクトの新型デスクトップPC「Endeavor PT100E」をチェックする。(2013/9/29)

タブレットとの併用を意識した新しいPC業務スタイルの提案:
PR:今、選ぶべきオフィスPCはこれ──業務を妥協しないパワフルPC「Endeavor NJ5900E」徹底検証
「今後のオフィスPC」に必要な性能は何か。それはオフィスシーンに浸透しつつある「タブレット」と併用できる性能と位置付ける。Haswell+GeForce+15.6型フルHDのハイパフォーマンスモデル「Endeavor NJ5900E」にその資質があるかをチェックする。(2013/9/17)

しかも、こだわりのノングレアだ:
15.6型FHD+dGPU+HaswellなCore i7で11万円台から──高性能ノート「Endeavor NJ5900E」
エプソンダイレクトが、第4世代Core搭載の最上位ノートPC「Endeavor NJ5900E」を発表。15.6型フルHD+Core i7+外部GPUなど柔軟なBTOに対応する。価格は11万2770円から。(2013/7/30)

Haswell構成で8万円台から、ダウンサイズニーズに応えるミニタワーDT──「Endeavor MR7200」
エプソンダイレクトが、インテルの第4世代Core搭載デスクトップシリーズの新モデル「Endeavor MR7200」を追加。PCのダウンサイズニーズに応えるオフィスシーン向けとしてHaswell搭載構成で8万円台から用意する。(2013/6/18)

1000W電源を選択可能:
“最強構成”でオーダーできる、第4世代Core搭載ハイパワーPC──「Endeavor Pro5500」
エプソンダイレクトがHaswell搭載のハイスペックデスクトップ「Endeavor Pro5500」を発表。Intel Z87マザーと拡張性豊かなミドルタワーケースを採用し「よりハイパワー」を望む層に訴求する。BTOで1000ワット電源も選択可能。(2013/6/11)

第4世代Core+3画面出力対応の高性能スリムデスクトップ──「Endeavor MR4400E」
エプソンダイレクトがHaswell搭載の高性能デスクトップPC新シリーズ「Endeavor MR4400E」を投入。省スペース志向のスリムタワーボディを採用し、標準で3画面出力をサポートする。価格は9万5340円から。(2013/6/4)

ノートPC/タブレットを両立、「なるほど」な工夫が:
PR:これが「新時代を切り開くため」のハイブリッドUltrabookだ!──軽量・変形・フルHD「Endeavor Sシリーズ NY10S」徹底検証
仕事ではハイパフォーマンスなノートPC、外出には軽くて手軽なタブレット。──そのどちらも望むなら、Core i7の快速仕様+“ハイブリッド“なUltrabookがお勧めだ。重量約1.19キロで11.6型フルHD液晶を備える、エプソンダイレクトの新提案“スライダーUltrabook”「Endeavor Sシリーズ NY10S」の魅力を深掘りしよう。(2013/5/1)

スライドするとタブレットになるノートPC「Endeavor NY10S」
タブレットとしても使用可能なスライド式のノートPC「Endeavor NY10S」をエプソンダイレクトが発売。(2013/4/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。